「御言葉は肉において現れる」選編

第十篇の言葉

何といっても王国時代は以前と違うのであり、人がどうするかと関係がなく、わたしが地に下って自ら働くのであり、これは人が予想できないことであり、しかも人が達成できないことである。創世から今日までの長い年月の間に、教会の建造だけがあり、王国の建造は聞いたことがない。わたしが自分の口でそれを言っても、だれがその本質を知ることができるだろうか。わたしはこの世に下って、この世の苦しみを体験・観察したことがある。しかしそれはわたしが受肉した目的を達成しなかった。王国の建造が始まる時、わたしの言がなった肉体は正式に職分を尽くし始め、すなわち王国の王は正式に王国の中で王権を握り始める。ここから十分に分かるが、王国がこの世に下るということは、文字どおりの面があるだけではなく、さらにその実際の面もある。これは「実行の実際」の意義の一面である。人はわたしの一挙一動を観察したことがなく、わたしの一つ一つの言葉を聞いたこともない。たとえ観察しても何が発見できるのか。たとえわたしの言葉を聞いても何を知ることができるのか。天下には、あらゆる人がわたしの慈しみ、憐みの下にいる。しかし、あらゆる人はまたわたしの裁きの中にいるのであり、しかもわたしの試練の中にいるのである。わたしは人に対して憐れみ、慈しみを施したことがある、人がみなかなりの程度まで堕落していても。わたしは人を罰したことがある、人がみなわたしの玉座の前に帰服しても。しかし、人はだれがわたしの苦しい精錬の中にいないのか。どれだけの人が暗やみの中で光を模索し、探しているのだろう?どれだけの人が試練の中でもがき苦しんでいるのだろう?ヨブは信仰があるが、彼も「自分の逃れる道」を探していたのではないか。民である人は、試練の中で立つことができたが、しかしだれが口で言わず、しかも心の中で信じるのか。みな心の中で疑って口で信じるのではないか。試練の中で立つことができた人は一人もおらず、試練の中で本当に従った人は一人もいない。わたしがこの世界から顔を覆い隠すのでなければ、あらゆる人はわたしの焼き尽す眼光の中で倒れてしまう。なぜなら、わたしは人に何かをすることを要求しないからである。

王国の礼砲が放たれる時は、まさに「七つの雷が大音響を立てる時」であり、この音は天と地を震撼させ、蒼穹を震動させ、またすべての人の心の琴線を震動させた。王国の礼歌は大赤竜の国で正式に鳴り響いた。ここから十分に分かるが、わたしはもう大赤竜の国を滅ぼして、わたしの王国を打ち立てたのであり、さらに重要なことに、それは地上で打ち立てたのである。この時天使も、子たち、民たちを牧するように、遣わされて世界の各国を周遊し始める。それも次の段階の仕事の必要のためである。だが、わたしは自ら大赤竜がとぐろを巻いて横たわっている地に来てそれと「腕比べ」をする。あらゆる人が肉体の中でわたしを認識し、肉体の中でわたしの業を見た時、大赤竜の巣窟も烏有に帰し、灰燼に帰する。わたしの王国の中の民たちとして、大赤竜を骨の髄まで恨む以上、自分のすることなすことでわたしの心を満足させ、大赤竜を辱めるべきである。あなたたちは本当に大赤竜が憎むべきだと感じるのか、本当に大赤竜が「王国の王」の敵だと感じるのか。あなたたちは本当にわたしのために良い証しをする信仰があるのか、本当に大赤竜を打ち負かす信仰があるのか。これはわたしのあなたたちに対する要求である。あなたたちはこの程度まで達成するだけでいい。あなたたちはできるのか。達成する信仰があるのか。人は何ができるのか!みなわたしが自らするのではないか。なぜわたしはわたしが自ら交戦地に来たと言うのか。わたしが求めるのはあなたのやり方ではなく、あなたたちの信仰である。人はみな正面からわたしの言葉を受け入れることができず、側面から「横目で見る」だけである。それで目的を達成できるのか、わたしを認識できるのか。正直に言えば、地上の人はだれもわたしの顔を「直視」することができず、だれも純粋にわたしの言葉の真意を理解することができない。だから、わたしは地で未曾有の働きをして、わたしの目的を達成し、「わたしの本当の姿」が人の心の中に位置を占めるようにし、これによって「観念」が人の内側で支配する時代を終わらせる。

今、わたしは大赤竜の国に降臨しただけでなく、全宇宙にも向かっている。それゆえ、大空全体は震動している。どちらがわたしに裁かれていないのか。どちらがわたしからの災いの中で生存していないのか。至る所に、さまざまな「災いの種」が蒔かれている。これはわたしの働く方式の一つであり、人にとって疑いなく救いであり、人に対して施されるのはやはり慈しみの一つである。わたしは、もっと多くの人がわたしを認識し、わたしを見て、長年来人が見られなかったが、今では実際的な神を畏れるようにしようとする。わたしはなぜ世界を創造したのか。人類が堕落したのに、わたしは人類を全部滅ぼさない、これはなぜだろう。なぜ人類はみな災難の中にいるのか。なぜわたしは自ら肉体を着たのか。わたしがわたしの仕事をする時、人は苦さだけではなく、甘さも味わう。この世にいる人は、だれがわたしの恵みの中で生きていないのか。もしわたしが人に物質的な祝福を与えないなら、だれが世の中で豊かになれるのか。あなたたちに民の地位を得させることがあなたたちに対する祝福だとでも言うのか。もし民ではなくて奉仕者であるなら、あなたたちはやはりわたしの祝福の中で生きているのではないか。だれ一人、わたしが言葉を言う根源を探り出すことができる人はいない。人は、わたしから与えられた呼び名を宝愛しない。どれだけの人が「奉仕者」という呼び名のゆえに怨む心が生じたのだろう?どれだけの人が「民」という呼び名のゆえにわたしに対する愛が生じたのだろう?だれもわたしをごまかしてはならない。わたしの目はすべてを見ている!あなたたちのうち、だれが喜んで受け入れ、完全に従うのか。王国の礼砲が鳴り響いたのでなければ、あなたたちは本当に最後まで「従う」ことができるのか。人は何ができるのか、何を考えているのか、どこまで歩むことができるのかは、わたしがとっくに定めておいた。

多数の人はわたしの顔の光の中でわたしの焼き払いを受けている。多数の人はわたしに激励されたため奮い立ってまっしぐらに追いかける。サタンの勢力がわたしの民を攻める時、わたしが阻む。サタンの陰謀がわたしの民の生活を破壊する時、わたしはそれを徹底的に打ち砕いて、二度と戻って来ないようにする。地では、様々な邪霊がどんな時でも安息できるところを探しており、どんな時でも食い尽くすべき人の屍を探している。わが民よ!必ずわたしの顧み、守りの下にいる。決して放埓に振る舞ってはならない!決して向こう見ずなことをしてはならない!わたしの家であなたの忠心をささげるべきであり、忠心だけが悪魔の詭計に反撃することができる。絶対に以前のように、わたしの前と陰とでやり方を変えてはならない。もしそうなら、もう救いようがなくなる。わたしが言ったこのような言葉はまだ少ないのか。人はいくら戒められても古い性質を改めないからこそ、わたしは何度も忠告するのである。うんざりしてはならない!わたしの言ったことは完全にあなたたちの運命のためである!サタンが必要としているのは正にきたなくて汚れたところである。救いようがない者、放埓で制約を受けない者であればあるほど、さまざまな汚れた霊に機会に乗じられて入り込まれる可能性が大きい。ここまで来たら、あなたたちの忠心は論外であり、少しの実際もなくなり、しかもあなたたちの「志」も汚れた霊に食い尽くされて「不従順」になり、サタンの「詭計」になってわたしの仕事をかき乱す。そのために、どんな時でもどんな場所でもわたしに撃たれる恐れがある。人はみなこの事の重大さを知らず、ただどこ吹く風と聞き流すだけであり、全然慎重に扱っていない。あなたが以前したことを、わたしは覚えない。それなのに、あなたはまだわたしがもう一度「覚えなくて」あなたを容赦するのを待っているのか。人がわたしに反抗するが、わたしは気にしない。人の身丈が小さすぎるので、わたしは人に対してそんなに高い要求を出しておらず、ただ人に放埓に振る舞わず、制約を受けるように要求する。これもあなたたちが達成できないのか。多数の人は「大いに目の保養をする」ように、わたしがもっと多くの奥義を開くことを待っている。しかし、あなたが天上のすべての奥義が分かったとしても、それは何の意義があるのか。わたしに対するあなたの愛は増し加えられることができるのか。わたしに対するあなたの愛は鼓舞されることができるのか。わたしは人を過小評価せず、また人について軽々しく結論を出さない。もし人の実情ではないなら、わたしは絶対に勝手にそれを冠として人の頭にかぶらせない。あなたたちは過去のことを思い返しなさい。わたしは何度あなたたちを中傷したのか、何度あなたたちを過小評価したのか、何度あなたたちの実情によってあなたたちを見張らなかったのか、何度わたしの言葉があなたたちに心から承服させなかったのか、わたしは何度あなたたちの心の琴線に触れずに言葉を言ったのか。あなたたちのだれもが、わたしの言葉を読む時恐れおののいて、わたしに底なしの淵の穴に投げ込まれることをひどく心配するのではないか、わたしの言葉の中で試練を受けるのではないか。わたしの言葉には権威がある。しかしわたしは勝手に人を裁くのではなく、人の実情のゆえに、言葉の中の意味を絶えず人に明らかにするのである。実は、だれがわたしの言葉の中からわたしの全能を認識できるのか。だれがわたしの言葉の中の純金の部分を理解できるのか。わたしはたくさんの言葉を言ったが、だれがわたしの言葉を宝愛したのか。

一九九二年三月三日