「御言葉は肉において現れる」選編

第九篇の言葉

わたしの家の中の民である以上、わたしの王国の中で忠義を尽くす者である以上、自分のすることなすことがわたしの要求の基準に合うようにしなければならない。ただあなたに風にたなびく雲にならせるのではなく、実質だけではなく、価値もある真っ白な雪にならせるのである。わたしはもともときよい地から来たのだから、名だけがあって、その実質がないハスの花のようではない。なぜなら、ハスの花はきよい地から来るのではなく、もともと泥から来るのだからである。新しい天が地に下る時、新しい地が大空一面に広がる時は、正にわたしが世の中で正式に働く時である。人は、だれがわたしを知っているのか、だれがわたしの降臨の時を見たのか。だれがわたしが名だけではなく、実質もあることを見たのか。わたしが手で白い雲を払いのけて、大空を注意深く見てみると、宇宙の中で、わたしの手の按配の下にない物は一つもおらず、わたしの大きな仕事が完成するために「微力」をささげない人は一人もいない。人に対するわたしの要求はそんなに高くない。なぜなら、わたしはもともと実際の神であり、わたしはもともと人を造り、しかも人を掌握している全能者だからである。人はだれが全能者の目の前にいないのか?天の果てにいても、海の果てにいても、どうしてわたしの霊の監視を避けられるだろうか?人はわたしの霊を「知っている」が、またわたしの霊を犯している。わたしの言葉はあらゆる人の醜悪な姿をはっきりさらけ出し、あらゆる人の思い、考えをはっきりさらけ出した。こうして、地上のどの人もわたしの光によって明らかにされ、わたしの監視の下で倒れてしまう。人は倒れてしまうが、自分の心をわたしから、はるかに遠ざかる度胸がない。どの被造物もわたしの業のゆえに、わたしに対して「愛情」が生じたのではないか。どの被造物もわたしの言葉のゆえに「渇仰する」心が生じたのではないか。どの被造物もわたしの愛のゆえに恋々たる情が生じたのではないか。ただサタンに堕落させられたため、人はわたしの要求する境地に達することができず、わたしの要求する「最低の基準」にさえ「懸念」を抱いていた。ましてやサタンが横暴を極め、荒れ狂い、専横に振る舞う今の時代、あるいは人がもうサタンに「踏みにじられて」、全身が汚れに満ちている時にはなおさらだ。わたしはどうして、人がすでに堕落してわたしの心を思いやらなくなったことのゆえに憂い悲しまないことがあろうか。わたしがサタンに同情するとでもいうのか。わたしが間違って愛するとでもいうのか。人がわたしに背く時、わたしは心の中でひそかに涙を流す。人がわたしに逆らう時、わたしは人を罰する。人がわたしに救われて、死人の中から復活する時、わたしは丹精込めて人を養う。人がわたしに従順である時、わたしはとても気持ちがよく、直ちに、天、地の万物は巨大な変化が起きたと感じる。人がわたしを賛美する時、わたしはどうして享受を得ないことがあろうか。人がわたしを証して、わたしに得られる時、わたしはどうして栄光を得ないことがあろうか。人のあらゆる行為はわたしに支配され、供給されるのではないとでもいうのか。もしわたしが指示しなければ、人はみなぶらぶらして何もせず、しかもおのおの「わたしに隠れて」「人に認められる」ようなことをする。あなたは、わたしの着た肉体があなたのすること、行うこと、言うことを少しも知らないと思っているのか。長年来、わたしは艱難辛苦をなめ尽くし、またこの世の苦しみを体験したが、よく考えてみれば、どんな苦難も肉体における人をわたしに失望させることができず、また何の恵まれた境遇も肉体における人がわたしに冷淡であったり、失望したり、あるいはわたしを捨てたりするようにすることができない。人のわたしに対する愛は、苦しみがないことと、楽しみがないことの間に限られるとでもいうのか。

今日、わたしはもう肉体の中に安らかに住み、正式にわたしのしようとする仕事をし始めた。しかし、人はわたしの霊の声を恐れるけれども、わたしの霊の本質に背くのである。わたしがはっきりと言うまでもないが、わたしの言葉を通して肉体における「わたし」を認識するのは人にとって難しい。わたしはこう言ったことがある。わたしの要求はそんなに高くないのであり、あなたたちに完全にわたしを認識することを要求するのではなく(なぜなら、人は欠けたところがあり、それは先天的条件であるが、後天的条件は補われる機会がないからである)ただ肉体における「わたし」のすることなすことと言葉を認識することを要求するのである。要求は高くないから、わたしはあなたたちがみな認識することができ、達成することができることを希望する。汚れた世界の中で自分の汚れを脱ぎ捨て、時代遅れの帝王の家で進歩を追求すべきであり、「自分に寛容で」あってはならない。少しでも自分に対する要求を和らげてはならない。わたしが一日で言う言葉、発する声でも、あなたが身を入れて認識するのに十分であり、わたしのある一つの言葉さえも、あなたが一生の経験によって認識するのに十分である。わたしの言った言葉は、漠然としたものではなく、絵空事でもない。たくさんの人がわたしの言葉を得ることを希望しているが、わたしは彼らを相手にしない。たくさんの人がわたしの豊かさを渇望しているが、わたしは一滴の水も漏らさない。たくさんの人がわたしに会いたがるが、わたしはずっと隠れている。たくさんの人が耳をそばだててわたしの声を聞くが、わたしは目をつぶって顔を仰向け、彼らが「渇望」するからといって感動を覚えない。たくさんの人がわたしの声を恐れるが、わたしの言葉はずっと彼を「攻めている」。たくさんの人がわたしに会うのを恐れるが、わたしは意識的に現れて彼らを撃つ。人は、本当にわたしに会ったことがなく、本当にわたしの声を聞いたことがない。なぜなら、人が本当にわたしを知っているのではないからである。人はわたしに撃たれても、わたしを離れても、わたしの手の中で罰されても、やはり自分のすることなすことが本当にわたしの心にかなうかどうかを知らず、やはりわたしの心が一体だれに対して明らかにされるかを知らない。創世から今まで、本当にわたしを知った人は一人もおらず、本当にわたしを見た人は一人もいない。今、わたしが受肉したが、あなたたちはやはりわたしを知らない。これは事実ではないか。肉体におけるわたしの業、肉体におけるわたしの性質、これらはあなたが少し認識したのか。

天の上には、わたしの横たわるところがある。天の下には、わたしの安息するところがある。わたしは住む地があり、わたしは力を現す時がある。わたしが地におらず、肉体の中で隠れないなら、わたしがへりくだらず隠れないなら、天地はとっくに変えられたのではないか?民である者はとっくにわたしに「取り去られて使われた」のではないか?しかしわたしが事を行う時、知恵があり、わたしは人の不実さをよく知っているが、それに「倣わ」ず、むしろ「兌換する物」を与えるのである。わたしは霊界では無限の知恵があるが、肉体の中では尽きない知恵がある。これはまさにわたしの業が明らかにされる時ではないか。わたしは幾度人を赦し、赦免し、今日の王国時代までに至った。それなのに、わたしはまだわたしの時を延ばさなければならないのか。「もろい」人に対する憐れみをわたしは幾分増やしたが、しかしわたしの仕事が完成する時、わたしは古い仕事をして自分で自分をかき乱すことがあろうか。わたしは意識的にサタンにわたしを訴えさせるとでもいうのか。わたしは人に何かをすることを要求しない。人がわたしの言葉の実情、わたしの言葉の原意を受け入れればそれでいい。言葉は簡単であるが、その実質は複雑である。なぜなら、あなたたちは小さすぎ、しかもあまりにも無感覚だからである。わたしが肉体の中で直接奥義を啓示し、わたしの心意を明らかにする時、あなたたちは取り合わず、ただその声を聞くだけで、その意味を理解しない。わたしは底なしの憂いを感じ、肉体の中にいるが、肉体における本職を行うことができない。

だれが、わたしが事を行い、言葉を言うことを通して肉体におけるわたしの業を認識することができるのか。もし書面で奥義を啓示し、あるいは口頭で奥義を明らかに示すなら、人はみな目を丸くし呆気に取られ、みな「目を閉じてものを言わない」。どうして人はわたしの言ったことを理解できないのか。どうしてわたしの言葉は人が計り知れないのか。どうして人はわたしの業を見ることができないのか。だれがわたしを一度見るだけで覚えることができるのか。だれがわたしの声を聞いた後、それを忘れないでいることができるのか。だれがわたしの願いを顧み、わたしの心に従うことができるのか。わたしは「人」の間で生活し、行動して、人の生活を体験し、人のために万物を造った後、それは極めて良かったと感じたが、わたしはこの世の生活を享受とせず、この世の福を楽しみとしない。わたしは人を見捨てないが、また懐かしまない。なぜなら、人はわたしを知らず、人は暗やみの中で容易にわたしに会うことができず、騒々しい環境の中で容易にわたしの声を聞くことができず、わたしの言葉を識別することができないからである。だから、あなたたちのすることなすことは、うわべではわたしに従順であるが、心の中ではわたしに背いているのである。全人類の古い性質がこのようだと言ってもいい。だれが例外であるのか。だれがわたしの罰する対象ではないのか。しかし、だれがわたしの寛容の下で生活しないのか。もし人がみなわたしの激しい怒りの下で滅びるなら、わたしが天地を創造したことは何の意味があるのか。わたしはたくさんの人に忠告したことがあり、たくさんの人を励ましたことがあり、たくさんの人を公に裁いたことがある。これは直接人を滅ぼすよりずっとましではないか。わたしの目的は、人を死地に追い込むことではなく、人にわたしの裁きの中からわたしのあらゆる業を認識させることである。あなたたちが底知れぬ深みの穴から上って来る時になったら、すなわちわたしの裁きから逃れる時になったら、あなたたちの個人の思惑、計画は全部消えうせてしまい、すべての人はわたしを満足させるという志を立てるようになる。これはまさにわたしの目的を達成したのではないか。
                              

一九九二年三月一日