「言葉が肉体で現れる」選編

「言葉が肉体で現れる」選編

第六篇の言葉

霊の中の事の上で細心であるべきであり、わたしの言葉を重んじるべきであり、本当にわたしの霊と肉体、わたしの言葉と肉体を分割できない統一体と見なすことができるようにすべきである。それは、あらゆる人がわたしの前でわたしを満足させることができるためである。わたしは足で万有を踏まえて、宇宙の全景を見渡したことがあり、あらゆる人の間を歩いて、この世の辛酸苦楽を体験したこともあるが、しかし人はずっとわたしに対して真の認識を持っておらず、わたしが歩く時わたしに心を留めたこともない。わたしが黙っていて、超然たることを行ったことがないので、本当にわたしを見た人はいない。今は昔とは違うのであり、わたしは、天地創造の時から、人が見たことのない仕事をしようとし、すべての世代の中で、人が聞いたことのない言葉を言おうとする。なぜなら、わたしはあらゆる人に肉体におけるわたしを認識することを要求するからである。これはわたしの経営の手順ではあるが、人はそれを知らない。わたしははっきりと言ったが、人はやはり意識が朦朧としていて、それを説き明かすことができない。これは人の卑しいところではないか?まさにわたしが人のために補おうとするところではないか?長年の間に、わたしは人に対して何かのことをしたことがない。長年の間に、直接わたしの言がなった肉体に接触した者でも、わたしが神性の中で直接発した声を聞いたことがない。だから、人がわたしに対する認識に欠けているのは免れないことである。でもこれは、歴代の人がわたしを愛するのに影響を与えてはいない。しかし、今わたしはあなたたちに対して数え切れないほどの、計り知れないくすしい仕事をし、しかもたくさんの言葉を言った。この状況の下でも、たくさんの人はやはりわたしの前で直接わたしに逆らう。あなたのために例をいくつか挙げよう。

毎日漠然とした神に祈り、しかもわたしの心意を探り、命の感覚を探る。だが、わたしの言葉が臨んだ時、特別の眼で見るのであり、わたしの言葉と霊を統一体と見なすが、わたしの肉体を「足げにし」、わたしという人が全然このような言葉を語り出すことができず、わたしの霊の支配を受けてそれらの言葉を言ったのだと思っている。この状況についてあなたはどう思うのか?かなりの程度までわたしの言葉を信じているが、わたしの着た肉体に対して異なる程度の観念を持っていて、毎日研究しているのであり、「なぜ彼はそのようにことを行うのか?それは神から出たのか?あり得ない!わたしから見れば、彼がわたしとほぼ同じであり、彼も一人の正常で普通な人間だからである」と言う。このような状況はまたどのように解釈するのか?

以上言ったものは、あなたたちのうち、だれが具備しないのか?だれが持っていないのか?まるであなたの個人の私有財産のように、独り占めにしていて、いつまでも放棄しようとせず、また自ら進んで追求せず、むしろわたしが自ら働くのを待っている。正直に言えば、尋ね求めなくても、たやすくわたしを認識できる人は一人もいない。これらはわたしがあなたたちを教えるのに話した軽薄な言葉ではない。というのは、わたしが側面からあなたの参考のために例を一つ挙げることができるからである。

ペテロというと、人々はみな、口をきわめて褒めるのであり、ペテロが三度神を否み、しかもサタンのために仕えたので神を試みたことがあるが、最後には神のために逆さまに十字架につけられたなどの、ペテロに関するこれらのことをすぐに思い出す。今、わたしはあなたたちに、ペテロがどうやってわたしを認識したのか、および彼の最後の結末について重点的に話す。ペテロという人は素質がいい。しかし彼の事情はパウロと違うのであり、彼の父母はわたしを迫害する者であり、サタンに占有された悪魔であって、ペテロに教えを伝えることは不可能であった。彼という人は頭がよくて資質があり、小さい時から父母に可愛がられていた。だが、大人になった後、彼の父母の「敵」になった。彼はずっとわたしを認識することを追い求めていたので、彼の父母を離れた。なぜなら、彼はまず、天地万物はみな全能者の手の中にあり、しかもすべての積極的な事物はみな神から出るのであり、直接神から来るのであり、サタンに「加工」されていないのだと信じていたからである。彼の父母が反対面から引き立てたため、彼はもっとわたしの憐れみと慈しみを認識した。これはいっそう、彼のわたしを追い求める心を奮い立たせた。彼はわたしの言葉を食べ飲みすることを重んじただけではなく、さらにわたしの心意を探ることを重んじ、心の中はいつも慎むのであった。そのため、彼の霊の中は始終非常に鋭敏であった。だから、彼のしたすべての事はわたしの心にかなったのである。普段彼は昔の失敗した人たちの教訓と結びつけて自分を励ますことを重んじ、自分も失敗のわなに落ち込むことをひどく心配し、彼はまた歴代のすべての神を愛する人の信仰と愛を取り入れることを重んじた。そのため、彼は消極的な面だけでなく、積極的な面でも、もっと速く成長し、それにもまして、彼はわたしの前での、最も認識のある人になった。だから、想像にかたくないが、彼はもう自分のすべてをわたしの手に渡した。食べること、服を着ること、寝ること、住むことさえもわがままにせず、すべてにおいてわたしを満足させるという基礎の上でわたしの豊富を享受するのであった。わたしは幾度となく彼に試練を与えた。もちろん、彼も生きるか死ぬかというほどになったが、この数百回の試練の中で、彼は信仰を失ってわたしに失望したことが一度もない。わたしはわたしがもう彼を捨てたと言っても、彼はがっかりせず、やはり以前の実行の原則に従って実際にわたしを愛するのであった。わたしは彼に、彼がわたしを愛しても、彼を良しと認めず、最後に彼をサタンの手の中に投げ捨てると教えたが、事実が彼の肉体に臨んでいない、このような言葉の試練の中で、彼はやはりわたしに祈って言った。「神様よ!天地万物の中でどの人も、どの物も、どの事もあなた全能者の手の中にあるのではありませんか?あなたがわたしに憐れみを施す時、わたしの心はあなたの憐れみのゆえに大いに喜びます。あなたがわたしを裁く時、わたしはそれを受ける資格がないが、あなたの御業がなんと奥深いことだろうと思います。あなたは権威、知恵に満ちているからです。わたしの肉体は苦しみを受けたけれども、霊の中は慰めを得ました。わたしがどうしてあなたの知恵、御業のために賛美しないことがあるでしょうか。たとえわたしがあなたを認識した後、わたしを死なせても、わたしは喜んで受け入れます。全能者よ!あなたは本当にわたしがあなたを見ることを望まないのですか。わたしは本当にあなたの裁きを受ける資格がないのですか。わたしには、あなたが見たくないものがあるのですか。」このような試練の中で、ペテロは正確にわたしの心意を探り出すことができなかった。だが、このことから十分に分かることは、彼はわたしに使われること(人が彼がわたしの裁きを受けることから、わたしの威厳、激しい怒りを見たとしても)を誇りとしていたのであり、試練を受けたからといって苦悶しなかった。わたしの前での彼の忠心のゆえに、わたしの彼に対する祝福のゆえに、彼は数千年来の人の見本、模範となった。これはまさにあなたたちが倣うべきものではないか。なぜわたしがこんなに多くの言葉でペテロの事跡を述べるのか、ここであなたたちは多く考えるべきであり、これをあなたたちの物事を行う原則とすべきである。

わたしを認識する人は幾人もいないが、だからといってわたしは人に対して怒らない。なぜなら、人は欠けたところが多すぎるので、容易にわたしの要求する程度に達することができないからである。だから何千年もの間に、わたしは今日まで人に対して寛容である。しかしわたしは、あなたたちがわたしの寛容のゆえに自分を大目に見ないように希望する。ペテロのことを通して、わたしに対して一定の認識を得、ある程度わたしを追い求めるべきであり、ペテロのすべての事跡から以前より高い啓示を得て、人が達していない域に達するようにすべきである。全宇宙、蒼穹の中で、天地万物の中で、地の万物、天の万物はすべてわたしの最後の段階の仕事のために全力を捧げている。まさかあなたたちは傍観者になってサタンの勢力にこき使われたいのではあるまい。サタンはどんな時でも人の心の中の、わたしに対する認識を食い尽くしており、どんな時でも牙をむき出し、爪をふるって断末魔のあがきをしている。あなたはこの時にそれの詭計によって捕らえられたいのか。最後の仕事が完成する時、自分の一生を台無しにしたいのか。あなたたちはまだわたしがもう一度わたしの寛容を解き放すのを待っているとでもいうのか。わたしを認識するのを追い求めることは肝心であるが、実行するのを重んじることも不可欠である。わたしはわたしの言葉を直接あなたたちに啓示したから、あなたたちがわたしの導きに従い、もうこれ以上自分のために何かを待ち望まず、考えないことを希望する。

一九九二年二月二十七日