「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

第四篇の言葉

わたしの前でわたしに仕えるすべての民は、過去のことを思い返すべきである:わたしに対する愛の中には混じり気がないのか。わたしに対する忠心はまったく純潔であるのか。わたしに対する認識は真実であるのか。あなたたちの心の中で、わたしはどのくらいの地位を占めているのか、それは完全であるのか。わたしの言葉はあなたたちの上にどれほど成就したのか。わたしをごまかすな!これらはわたしがみなはっきり知っている!今日、わたしの救いの声が発せられた時、わたしに対するあなたたちの愛は幾分増えたのか。わたしに対する忠心はいくらか純潔になったのか。わたしに対する認識は深まったのか。以前の賛美の中で、あなたたちの今日の認識のためにしっかりした基礎を築いたのか。わたしの霊はあなたたちの内側にどのくらいの地位があるのか。わたしの姿はあなたたちの内側にどのくらいの地位があるのか。わたしの発した声はあなたたちの急所を突いたのか。あなたたちは本当にもう恥ずかしくて穴があったら入りたいと思うのか、本当にわたしの民になるのにまだ資格が足りないと思うのか。もし以上のわたしの質問について、あなたたちが全然知らないなら、あなたが濁り水に魚をつかまえるようなことをし、竽が吹けないのに無能をごまかして楽人の間に混じるようなことをする人であることが十分に証明され、あなたは必ずわたしの定める時に、淘汰され、二度目に底なしの淵の穴に投げ込まれる。これはわたしの警告の言葉である。だれでもこれをどこ吹く風と聞き流すなら、その人はわたしの裁きに命中させられ、一定の時になったら、災難は彼の身に臨む!そうではないか。わたしが例を挙げて説明する必要があるのか。わたしがはっきりと名指して、あなたたちの見本とする必要があるのか。創世から今まで、たくさんの人はわたしの言葉に逆らったため、わたしの回復の流れによって捨てられ、淘汰され、最後に、その肉体が滅ぼされ、その霊の体が陰府に投げ込まれ、今でもやはり重い刑罰の中にいる。たくさんの人はわたしの言葉に従うが、わたしの啓き、照らしに背いたため、わたしに足げにされて、サタンの支配下に落ち込んでしまい、わたしに逆らう者になった(今日、直接わたしに逆らう者はみなわたしの言葉の表面に従うだけで、わたしの言葉の本質に逆らうのである)。また、たくさんの人はただわたしの昨日の言葉を聞き、いつも以前の廃品を守っているが、今日の特産物を宝愛しない。このような人はサタンによってとりこにされただけでなく、しかも永遠の罪人になり、わたしの敵になった。彼らは直接わたしに逆らう者であり、わたしの激しい怒りが最高峰に達する時わたしに裁かれる対象であり、今になってもやはり盲目状態にあり、暗い地下牢の中にいる(すなわち、朽ちている、無感覚な、サタンに支配された屍の中にいるのである。その目がもうわたしに覆われたから、ここで「盲目状態にある」が使われている)。あなたたちの教訓になるように、また、あなたたちの参考になるように、わたしは実例を一つ挙げよう。

パウロという人に触れると、あなたたちは彼の歴史を思い出し、彼に関する一部分の誤った、実際に即さない事跡を思い出すだろう。彼は小さい時から父母の教えを受けて、わたしの命を受け入れ、わたしにあらかじめ定められたがゆえに、彼はわたしの要求した素質を備えた。彼は十九歳の時から命に関するさまざまな書籍を読んで研究していたから、わたしが詳しく話す必要がなく、彼の素質のゆえに、わたしの啓き、照らしのゆえに、彼は霊の中の事を少しばかり解き明かすことができるだけではなく、どのようにわたしの心意を探るかも分かるのであった。もちろん、これは内因と外因の結合の結果でもある。しかし彼は優れてはいるが欠点があって、自分の資質のゆえに常に得意にまくしたてた。だから、彼の不従順のゆえに、彼の性質の一部分は直接天使長を代表するのであった。こういうわけで、わたしが初めて受肉した時、彼は極力逆らった。彼はわたしの言葉を認識していないのであり、彼の心の中のわたしの地位はもう消え、この類の人は直接わたしの神性に逆らうため、わたしに撃たれ、最後にはひれ伏して罪を告白するようになった。だから、わたしが彼の特長を利用した後、すなわち彼がわたしのために一定の期間働いた後、彼の持病が再発したのであり、直接わたしの言葉に背いたのではないが、彼はもう彼の内側の、わたしの導きと啓きに背いたので、彼が以前したことは徒労に帰した。つまり、彼が言っている栄光の冠はもう問題外であり、それは彼の想像である。なぜなら、彼は今でもやはりわたしの縛りの中でわたしの裁きを受けているからである。

以上の例から十分分かるが、だれでもわたし(わたしという人だけでなく、それにもまして重要なのはわたしの言葉、わたしの霊、すなわちわたしの神性である)に逆らうなら、その人は肉体の中でわたしの裁きを受けたのである。わたしの霊があなたを離れる時、あなたの状態ががた落ちし、直接陰府に落ち込み、あなたの肉体は地面にいるが、精神病患者のように、理智が異常を起こし、すぐ自分が死んだ人のようだと感じ、さらには、すぐあなたの肉体を滅ぼすようわたしに頼む。このような状況は、あなたたちのうち、霊のある多数の人がみな深く体験したから、わたしが詳しく話す必要がない。以前、わたしが正常な人性の中で働いた時、多数の人はもうわたしの激しい怒り、威厳と「腕比べ」をしたことがあって、わたしの知恵、わたしの性質について少しばかり知った。今日、わたしは神性の中で直接言葉を言い、事を行うのであり、なおも自分の目でわたしの激しい怒り、裁きを見る一部の人がいる。しかも裁きの時代の第二部分の主な仕事は、あらゆる民が直接肉体におけるわたしの業を認識するようにさせ、あなたたちすべての人が直接わたしの性質を見るようにさせることである。だが、わたしが肉体の中にいるため、わたしはあなたたちの弱さを思いやるのである。わたしはあなたたちが自分の霊、魂、体をおもちゃとして勝手にサタンに「ささげ」ず、自分の持っているものを宝愛して、いいかげんに扱わないことを希望している。なぜなら、これらはあなたたちの運命にかかわっているからである。あなたたちは本当にわたしの言葉の真意を理解することができるのか、本当にわたしの真心を汲み取ることができるのか。

あなたたちは、天におけるように地の上にも、という祝福を享受したいか。わたしを認識し、わたしの言葉を享受し、わたしを知ることを、あなたたちの一生の中で最も価値があり、意義のあることとしたいか。本当に自分の前途のために考えず、ひたすらわたしに従うことができるのか。あなたたちは本当に自分を、わたしの意のままに殺され、引かれる羊とすることができるのか。あなたたちのうち、だれがここまでできるのか。わたしに良しと認められ、わたしの約束を受ける人はみな祝福を得る者であるのか。わたしのこの言葉の中で、あなたたちは何を悟ったのか。もしわたしがあなたたちを試すなら、あなたたちが本当にわたしに左右されるに任せ、試練の中でわたしの心意を求め、わたしの心を汲み取ることができるのか。わたしは、あなたの口が人を感動させる言葉、人の心を打つ物語をたくさん語り出すことを求めるのではなく、あなたにわたしのためにその良い証しをし、すべてにおいて深く実際に入り込むことを要求するのである。もしわたしが直接言わなければ、あなたは体以外のものを捨ててわたしに使われるに任せることができるのか。これはわたしが要求した実際ではないか。だれがわたしの言葉の中の意味を探り出すことができるのか。しかし、わたしはあなたたちにこのように要求する。いろいろと気を揉んではならず、積極的な面から進入し、わたしの言葉の本質を探り出すようにすべきである。それは、あなたたちがわたしの言葉を誤解し、わたしの意思を理解できなくて、わたしの行政を犯すことがないためである。わたしは、あなたたちがわたしの言葉の中から、わたしのあなたたちに対する心意を探り出し、もうこれ以上自分の前途のために考えず、あなたたちがわたしの前に立てた志のとおりに、「すべてにおいて神に左右されるに任せる」ことを希望している。わたしの家の中に立っているあらゆる人は、自分の全力を尽くすべきであり、わたしの地での最後の一部分の仕事のために自分の最も良い分をささげるべきである。あなたは本当にこのように実行したいか。                         

一九九二年二月二十三日