「言葉が肉体で現れる」選編

「言葉が肉体で現れる」選編

神の選民が守らなければならない十条の行政

1、人はみだりに尊大ぶり、自分を崇めさせてはならず、神を礼拝し、神を尊ぶべきである。

2、神の仕事のためになることを行うべきであり、神の仕事の利益を損なうことをしてはならず、神の名、神の証しを守り、神の仕事を守るべきである。

3、神の家の金銭、物及びすべての財産は、みな人が納めるべきいけにえであり、このいけにえは祭司と神以外の人は、使ってはいけない。なぜなら、人が捧げたいけにえは神に捧げたものであり、また、神はいけにえを祭司だけに与えていて、ほかの人は使う資格と権利が少しもないからである。人が捧げたいけにえは(金銭、物を含む)神に捧げたものであり、人に捧げたものではない。だから、人がこれらを享受すべきではない。もしこれらを享受する者がいれば、いけにえを盗み食うことになる。このような人はみなユダである。ユダは主を裏切っただけではなく、財布の金を盗み取って使った。

4、人には堕落した性質があり、さらに情感があるから、奉仕する時、異性と単独で協力することは一律に禁止されている。さもないと、一律に除名し、だれでも例外ではない。

5、神を裁いしてはならず、神のことを勝手に議論してはならない。人のすべきことをし、人の言うべきことを言う。その範囲と限界を越えてはならない。神の性質を犯すことのないように、自分の口を戒め、自分の足を慎むべきである。

6、人のすべきことをし、自分の義務を果たし、自分の職責を果たすべきであり、本分を守るべきである。あなたは神を信じる以上、神の仕事のために自分の出来ることをすべきである。さもないと、あなたは神の言葉を食べ飲みし、神の家に残る資格がない。
 
7、仕事や教会のことで神に従う以外、すべて聖霊に使われる人に従わなければならない。少しも背いてはならず、無条件に従うべきで、是非を分析してはならない。正しくても間違っていてもあなたと関係がなく、無条件に従いなさい。 

8、人は神を信じる以上、神に従い、神を礼拝すべきである。人を高く上げ、人を仰ぎ見るべきではなく、神が一番、あなたが仰ぎ見る人が二番、自分が三番だと見なしてはならない。あなたの心の中には、いかなる人の地位もあってはならず、人、特にあなたが崇拝する人が神と等しく、神と同じだと見なしてはいけない。これは神に許されないことである。

9、教会の仕事のために思い、自分の肉体の前途を手放すべきである。家庭のことは即断し、全身全霊神の仕事に取り込むべきである。神の仕事を主要なものとし、自分の生活は副次的なものとすべきである。これこそ聖徒が具備すべき良識である。
 
10、神を信じない親族(あなたの子供、夫、妻、或いはあなたの姉妹や両親など)は無理やりに引っ張ってはならない、神の家には人が足りる。役に立たない者で数を満たす必要はない。甘んじて信じない者は教会に連れて来てはならない。これはあらゆる人に対して言ったのであって、あなたたちは互いに制約し、監督し、注意しなければならず、だれでも犯してはいけない。信じない親族が無理やりに教会に入ってきても、本を配ってはならず、新しい名前をつけてあげてはならない。このような人は神の家の人ではなく、どうしてもこのような人が教会に入るのを防止しなければならない。もし悪魔が教会に侵入することで厄介な問題が起こったら、あなた本人を除名するか、或いは制限する。要するに、これらのことに対して、だれでも執行する責任があるが、勝手に行ってはならず、個人的な恨みを晴らしてはならない。