「御言葉は肉において現れる」選篇

征服の仕事の内幕(四)

完全にされるとはどういうことか?征服されるとはどういうことか?人が征服されようと思うなら、どんな条件を具備しなければならないか?完全にされようと思うなら、どんな条件を具備しなければならないか?征服するのも完全にするのも、人をつくって、人が人の本来の姿に復し、堕落したサタン的な性質を脱ぎ捨て、サタンの権勢から逃れるようにするためである。征服することは人をつくる初歩的な仕事、すなわち人をつくる第一歩の仕事であり、完全にすることは人をつくる第二歩の仕事、すなわち結末をつける仕事である。どの人も征服されるという過程を経なければならない。征服されるという過程を経なければ、人は神を認識することができず、神の存在も知らず、つまり人は神を認めるはずがない。人は神を認めなければ、神に完全にされるはずがない。というのは、あなたが完全にされるのに必要な条件を具備していないからである。あなたがまだ神を認めていないのに、どうして彼を認識できるだろうか?どうして彼を追い求めることができるだろうか?それなら、あなたは彼のために証しをすることができず、なおさら彼を満足させる信仰を持つことができない。だから、人が完全にされようと思うなら、まず征服の仕事を経なければならない。これは第一に重要な条件である。しかし、征服するのであれ、完全にするのであれ、みな人をつくり、人を変えるためであり、みな人を経営する仕事の一つの項目である。人を完全な人につくるには、この二つの段階の仕事が必要であり、どの段階の仕事も欠かせない。「征服される」という言葉は確かに耳ざわりがよくないが、実は征服する過程は人を変える過程でもある。あなたが征服された後、あなたの堕落した性質がまだ完全に脱ぎ捨てられてはいないが、しかしあなたはそれを認識した。征服の仕事によって、あなたはあなたのその下劣な人間性を認識し、しかもあなたの多くの不従順を認識した。短時間の征服の仕事の中で、あなたはそれを脱ぎ捨て、変えることができないけれども、それを認識できる。こうして、あなたが完全にされるための基礎が築かれた。だから、征服するのも完全にするのも、人を変えるためであり、人が堕落したサタン的な性質を脱ぎ捨てて、自分を完全に神に引き渡すことができるようにするためである。ただ征服することは人の性質を変える第一歩であり、人が自分を完全に神に引き渡すようにさせる第一歩でもあり、それは完全にすることより程度が低い仕事である。征服される人の命の性質の変化は、完全にされる人の命の程度よりはるかに低いのである。征服されることと完全にされることという二つの言い方には違いがあるのは、仕事の段階が違い、人に対する要求の水準が違うからである。征服される人に対する要求の水準が低いのであり、完全にされる人に対する要求の水準が高いのである。完全にされた後の人は義人であり、きよくなったのであり、人を経営する仕事の中の結晶であり、完成品である。彼らは完全な人ではないけれども、意義のある人生を生かし出すことを追い求める人である。征服された人はどうだろう?彼らはただ口で神の存在を認め、神が受肉したことを認め、言葉が肉体で現れたことを認め、神が地上に来て裁き、刑罰の仕事をしたことを認め、しかも神の裁きと刑罰、打ちたたき、精錬がみな人のためになることを認める。つまり、人は少し人間らしいところを持ったばかりであり、人生を少し見透かしたが、でも、その認識はやはりはっきりしていないのであり、すなわち少し人間性を持ったばかりである。これは征服された後収める効果である。人が完全にされる道をたどった後、人の古い性質が変わり、命も絶えず成長し、一歩一歩ともっと深い真理に進入し、しかもこの世を憎むことができ、真理を追い求めないすべての人を憎み、特に自分に対しては、憎むだけではなく、はっきりした認識をも持つようになり、真理によって生きようとし、真理を追い求めることを目標とし、自分の大脳の思惟の中で生きようとせず、人の独りよがり、傲慢、思い上がりを憎み、話す時程合いをわきまえているのであり、事に当たるとき弁別力、知恵があり、神に対して忠実で従順である。一度刑罰、裁きを経験すれば、消極的にならず弱くならないだけではなく、しかも刑罰、裁きに感謝し、神の刑罰、裁きを離れられないと感じ、刑罰、裁きによって守られることができ、平安、喜びと、パンを求めて腹をいっぱいにするような信仰を追い求めず、また一時的な肉体の享受をも追い求めない。これはみな完全にされる人が所有しているものである。人が征服された後、神の存在を認めるのである。神の存在を認めた後、一体どんな表現があるだろう?征服された人にはそのような表現があっても、それは限りがあるのである。言葉が肉体で現れるとは一体どういうことか?言が肉体となったとはどういうことか?彼はどんな仕事をしたのか?彼の仕事の目的、意義は何であるか?あなたは彼のそんなに多くの仕事、肉体における彼の業を経験して、何を得たのか?あなたがこれらに対して認識を持ってはじめて、征服された人だと言える。もしあなたがただ口で神の存在を認めるが、夫を捨てるべき時捨てず、肉体の享受から抜け出すべき時抜け出さず、依然として肉体の安逸を貪り、兄弟姉妹に対して偏見を抱く時それを捨てることができず、多くの簡単な実行の上でも代価を払うことができないなら、これはあなたがやはり征服されていないことを証明する。そうなら、あなたがたくさん分かったとしてもむだである。征服された人は初歩的な変化、初歩的な進入がある人である。神の裁き、刑罰を経験したことによって、人は神に対して初歩的な認識を持ち、真理に対して初歩的な理解を持つようになり、もっと深い、もっと細かい真理の上で完全に実際に進入することはできないが、現実生活における肉体の享受、或いは個人の地位に関する多くの浅い真理は実行することができる。もちろん、これはみな征服される過程の中で人にもたらされる効果である。征服された人にも性質の変化があるのを見ることができる。たとえば、人の服装、身なり、人の生活、これらの上で変化があり、人の神を信じる観点にも変化があり、人の追求の目標も明確になり、人の志も高くなる。征服される仕事の中でも人の命の性質はそれ相応の変化があるのであり、少しも変わらないわけではなく、ただこの変化は浅く、また初歩的であり、完全にされた後の性質の変化、追求の目標と比べればずっと低いのである。もし征服の仕事の中で人が全然性質の変化を得ておらず、また何の真理も持たないなら、その人は能無しであり、全然役に立たないものである!征服されていない人は完全にされることができない!人がただ征服されることだけを追い求めるなら、征服の仕事の中でそれ相応の性質の変化を得ても、徹底的に完全にされることはできず、したがって、すでに得た真理も消えてしまう。征服される人の性質の変化は、完全にされる人の性質の変化とは大きな隔たりがある。しかし、征服されることは初歩的な変化であり、基礎である。このような初歩的な変化がなければ、これは人が神に対して何の認識もないことを証明している。なぜなら、この認識は裁きによって得たのであり、この裁きはまた征服の仕事の中の主な項目だからである。だから、完全にされる人はだれでも征服されるという過程を経たのであり、さもないと、完全にされることができない。

あなたは、神が受肉したことを認め、言葉が肉体で現れたことを認めると言いながら、陰では何かをし、あなたに対する彼の要求にしたがって実行せず、心の中で彼を恐れない。これが神を認めることだと言えるのか?あなたは彼の言った言葉を認めるが、あなたの達成できるものも実行せず、彼の道を歩まない。これは認めると言えるのか?あなたは彼を認めるが、彼に警戒心を持っているだけで、彼を畏れる心は少しも持っていない。もしあなたが彼のした仕事を見、また認め、しかも彼が神だと知ったが、やはり冷たくも熱くもなく、変化が少しもないなら、このような人はやはり征服されていない人である。征服された人は自分の全力を尽くすことができる。彼が高い真理には進入することができず、到達することもできないけれども、心の中では到達しようと努力する。ただ理解力に限りがあるため、実行できるものも範囲、限度があるだけである。しかし、少なくとも自分の全力を尽くすことができる。あなたがこれらができるのは、征服の仕事がもたらした効果である。もしあなたが「こんなに多くの、人が語り出せない言葉を語り出すことができる彼が神でなければ、だれが神でしょうか?」と言うなら、あなたがこのような認識を持っていても、神を認めたとは言えない。神を認めることには表現がなければならない。教会を導く者が公平を行うことができないだけでなく、しかも金銭をむさぼり、いつも教会の金を自分の財布に入れるなら、これが神を認めることであるのか?神は全能であって、人が畏れるに値するのである。あなたが本当に神の存在を認めるなら、恐れないことがあろうか?こんなに卑劣な事をすることがあろうか?これは信仰だと言えるのか?あなたは本当に彼を認めるのか?あなたが信じるのは神であるのか?あなたが信じるのは漠然とした神だから、あなたは恐れないのだ!本当に神を認める人、神に対して認識がある人はみな神を恐れるのである。神に逆らうこと、良心のとがめを感じることは、何でも彼は敢えてしない。特に、神の心に適わないことだと分かった時、彼はなおさら敢えてそれをしない。これこそ神の存在を認めることである。あなたの父母が、あなたが神を信じるのを阻む時、あなたはどうすべきか?あなたの未信者の夫があなたに親切にする時、あなたはどのように神を愛すべきか?兄弟姉妹があなたを憎み嫌う時、あなたはどのように神を愛すべきか?あなたが彼を認めれば、これらのことで、適切に実行することができ、実際の生かし出しがあり得る。あなたが実際の表現がなく、ただ口で神の存在を認めるなら、あなたは口先派である!あなたは自分が彼を信じ、彼を認めると言うが、では、どんな方式で彼を認め、どんな方式で彼を信じているのか?あなたの心の中には恐れがあるのか?畏敬があるのか?あなたの内側には彼を愛する心があるのか?あなたは憂え悲しむ時、頼りとするものがない時、神が愛らしいと感じるが、後になって何事もなかったようにけろりとしている。これは神を愛するのではなく、神を信じるのでもない!最後に人をどの程度まで達させるのかというと、わたしが言及したさまざまな状態、例えば自分で自分がたいしたものだと思い、ものを理解するのが速いと感じて、ほかの人を束縛し、ほかの人をばかにし、外見だけで人を判断し、おとなしい人をいじめ、教会の金を貪るなど、これらの堕落したサタン的な性質を、あなたは一部分脱ぎ捨てなければならない。これこそが征服された後のあなたのあるべき表現である。

あなたたちこれらの人に対して征服の仕事をするのは、意義がいちばん深いのである。一面では、一団の人を完全にし、つまりこの人たちを完全にして勝利を得る者にならせ、最初の一団の完全にされる人、すなわち初穂とするのである。他面では、あらゆる被造物が神の愛を享受し、神の最大の救い、神のすべての救いを得ることができるようにし、人に享受させるのは憐れみ、慈しみだけでなく、もっと主なのは刑罰、裁きである。創世から今まで、神が仕事の中でしたすべては愛であり、人を恨む要素が全然なく、あなたが見た刑罰、裁きも愛であり、もっと真実な愛である。この愛は人を人生の正しい道に導き入れるのである。もう一面では、人がサタンの前で証しをすることができるようにするためである。また一面では、以後の福音の仕事を拡大するために基礎を打ち立てるためである。彼がしたすべての仕事は、人を人生の正しい道に導き入れるためであり、人に正常な人類の生活を持たせるためである。人がどのように生活するか分からないので、このような導きがなければ、あなたは虚しく生きるだけであり、何の価値、意義もなしに生きるだけであり、あなたはどうすれば正常な人になることができるか全然分からない。これは人を征服する最も深い意義である。あなたたちこれらの人はみなモアブの後裔であり、征服の仕事をあなたたちに対して行うのは、あなたたちにとって極めて大きな救いである。あなたたちはみな罪深い姦淫の地で生きており、みな淫乱な罪深い人である。今日、あなたたちは神を見ることができるだけでなく、さらに重要なことに、あなたたちは刑罰、裁きを得、このような最も深い救い、すなわち神の最も大きな愛を得たのである。彼がしたのは、あなたたちにとってすべて真実な愛であり、その中には悪意がない。彼はあなたたちの罪悪のゆえにあなたたちを裁くのであり、そうすることであなたたちに反省させて、この極めて大きな救いを得させる。このすべての仕事は人をつくるためであり、初めから終わりまで神はずっと極力人を救っている。彼は自分の手で造った人を完全に滅ぼす気が全然ない。今、彼はまたあなたたちの間に来て働いているが、これはなおさら救いではないか?もしあなたたちを憎むなら、彼はこんなに大きな仕事をして、自らあなたたちを導くことがあろうか?この苦しみを受ける必要があるのか?あなたたちに対しては憎むのではなく、何の悪意もない。あなたたちは知るべきであるが、神の愛は最も真実であり、ただ人の不従順のゆえに、裁きによって人を救わなければならないのである。さもないと、やはり人を救い出すことができない。あなたたちがどのように生活するか分からず、どのように生きるかも知らないから、この姦淫の罪深い地で生きているあなたたちは、淫乱で汚れた鬼に属する。彼は、あなたたちが堕落していくのを見るに忍びなく、またあなたたちがこのように汚れた地で生きていて、サタンに意のままに踏みにじられるのを見るに忍びなく、あなたたちが陰府に落ちるのを見るに忍びなく、ただこの一団の人を得、あなたたちを徹底的に救い出そうとする。これは、征服の仕事をあなたたちに対して行う主な目的であり、まさにあなたたちを救うためである。もしあなたが、神があなたに対してしたのはすべて愛であり、救いであるのを見ることができず、それはただ方式であり、人を苦しめるのであり、人には信じられないのであると思っているなら、あなたはやはりあなたの世界に戻って苦難を受けよう!もしあなたがこの道の流れの中でこの裁き、この極めて大きな救いを享受し、この世で見つけられないこのすべての祝福を享受し、この愛を享受しようとするなら、あなたはおとなしくこの流れの中に留まって征服の仕事を受け入れて、自分が完全にされるようにしなさい。今、あなたは確かに裁きのゆえに少し苦しみを受け、少し精錬を受けたが、しかし、あなたがこの苦しみを受けたのは価値があり、意義がある。刑罰と裁きは人にとって精錬であり、情けないさらけ出しであり、それは人の罪を懲罰し、人の肉体を懲罰するためである。しかし、このすべての仕事は人の肉体を罪定めして滅ぼすためではない。言葉によって容赦なくさらけ出すのは、あなたを正しい道に導き入れるためである。こんなに多くの仕事をあなたたちはみな自ら体験したが、それはあなたたちを邪道に導き入れなかったのではないか!すべてはあなたに正常な人間性を生かし出させるためであり、あなたが正常な人間性によって達成できることである。どの段階の仕事もあなたの必要、あなたの弱さ、あなたの実際の身丈に応じてするのであり、負い切れない重荷を無理やりにあなたたちに負わせるのではない。今、あなたが見極められなくて、わたしがあなたを困らせているように感じ、わたしがあなたを憎むから、毎日あなたを罰し、裁き、責めると思っており、あなたが受けるのは刑罰、裁きであると思っているが、実は、それはあなたにとってすべて愛であり、また極めて大きな守りである。もしあなたがこの段階の仕事のもっと深い意義を認識することができなければ、あなたは全然経験していくことができない。あなたはこのような救いのゆえに慰めを得るべきであり、頑迷のまま非を悟らずにいるべきではない。今まで歩んできて、あなたはこの征服の意義をはっきり見たはずであり、これ以上このような、あのような見方を持ってはならない!