「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

征服の仕事の内幕(三)

征服の仕事が収める効果は主に、人の肉体が背かなくなることである。すなわち人が思想上神に対して新しい認識を持つことができて、心から完全に神に従うことができるようになり、神を満足させるという志を持つことができるようになることである。人の性格や肉体が十分な程度まで変化したら征服されたと言えるのではなく、人の思想、人の意識、人の理智、すなわちあなたのあらゆる精神状態が変わったら、あなたは神に征服されたのである。あなたが神に従う志を持つようになり、あなたの思想も新しくされるようになり、神の言葉、神の働きに対して何の観念、存心も持たなくなり、正常に物事を考えることができ、つまり一心に神のために費やすことができるようになったら、あなたは完全に征服されたのである。宗教の中の多くの人は一生の中で苦しみを少なからず受け、彼らは自分の体を打ちたたくか、或いは十字架を担い、臨終の前も苦しみを受け、耐え忍んでいた。ある者は死ぬ日の朝さえも断食し、一生おいしい物を食べず、よい服を着ず、苦しみを受けることばかり重んじていた。彼らは自分の体を打ちたたくことができ、肉体を裏切ることができた。彼らの苦しみを受ける精神は称賛に値するのであるが、彼らの思想、彼らの観念、彼らの精神状態、および彼らの古い性質は全く対処されておらず、彼らは自分に対して本当の認識がなく、彼らの心の中の神の姿は伝統的な、漠然とした神の姿であり、彼らが神のために苦しみを受ける志は、彼らの熱心さと彼らの人間性のよい性格から来たのである。彼らは神を信じていたけれども、神を知らず、神の心意も知らず、ただひたすら神のために働き、神のために苦しみを受けていたのであり、全然識別することを重んじず、どのように仕えれば神の心にかなうことができるかも重んじず、なおさら、どうすれば神を知ることができるかを知らなかった。彼らの仕えていた神は、神の元来の姿を持つ神ではなく、彼ら自身が想像した神、ほかの人から聞いた神、或いは文字の中から探し出した神に関する伝説の中の神であり、彼らは自分のその豊かな想像、自分のその敬虔な気持ちで神のために苦しみを受け、神がしようとする仕事を引き受けた。彼らの奉仕の正確度は低すぎ、彼らのうち、本当に神の心にかなう奉仕をすることができる者はほとんどいなかった。彼らがどのように甘んじて苦しみを受けても、神に仕えることに関する彼らの本来の観点と、彼らの心の中の神の姿はずっと変わらなかった。なぜなら、彼らは神に裁かれず、罰されず、精錬されず、完全にされず、真理で彼らを導いた人もおらず、たとえ彼らが信じたのは救い主イエスであっても、彼らは救い主を見たことがなく、ただ言い伝え、うわさで聞いただけだからである。だから、彼らはただ、盲目の者が自分の父に仕えるように、目を閉じてやたらに神に仕えていただけである。このように仕えれば、最後になってどんな成果を得られようか?だれに良しとされるだろうか?彼らの奉仕は終始変わったことがなく、彼らはみな人の教えを受けて、自分の天然、自分の好みによって仕えていて、これではどんな褒賞を得られようか。イエスを見たペテロさえも、どのように仕えれば神の心にかなうことができるかを知らず、最後になって、つまり年を取った時になって認識を持つようになったのに、ましてや、いかなる対処、手入れをも受けていない、だれにも導かれていない盲目の者たちはなおさらそうではないか。今日あなたたちの奉仕の多くは、盲目の者たちのような奉仕ではないか。裁きを受けておらず、手入れと対処を受けておらず、変化を得ていない人たちはみな、完全に征服されてはいない人ではないか。このような人は何の役に立つのか。あなたの思想、人生に対するあなたの認識、神に対するあなたの認識が変わっておらず、しかもあなたが本当の収穫を少しも得ていないなら、あなたは神に仕えることで永遠に成果を得られない!あなたが異象を持たず、神の仕事に対する新しい認識を持たなければ、あなたは征服された人ではなく、たとえつき従っても、それらの苦しみを受け、断食した人たちのようで、何の価値もない!彼らの行なったことは何の証しもないから、彼らの奉仕は徒労に終わると言うのだ!その人たちは一生の中で苦しみを受けるし、投獄されたことがあるし、いつでも忍耐し、人を愛することを実行し、十字架を担うし、世間の人に誹謗され見捨てられるし、どんな苦しみも受けた。彼らは最後まで従順であったが、征服されてはおらず、征服された証しがなかった。苦しみは少なからず受けたが、内側には神に対して何の認識もなく、彼らのそれらの古い思想、古い観念、宗教的な実行、人的な認識、人の思惟はすべて対処されておらず、内側には新しい認識が少しもなく、神に対する真実で正確な認識が少しもなく、神の心意も彼らに誤解された。これは神に仕えると言えるのか。神に対するあなたの認識が以前のと同じであり、神がどのようにしても、あなたがやはりあなた自身の観念と思惟で神を認識し、つまり、あなたが神に対して新しくて真実な認識を持たず、神の元来の姿、元来の性質を認識することができず、神に対するあなたの認識の重点はやはり封建的で、迷信的な思想であり、やはり人の想像と観念であるとしたら、あなたは征服されていないのである。今、わたしがあなたに対して言った言葉の多くはみなあなたに認識させるためであり、すなわちこれらの認識によって、あなたが正確で、さらに新しい認識を持つように導くのであり、また、あなたが新しい認識を持つように、あなたの内のそれらの古い観念、古い認識を対処するためでもある。もしあなたに真実な食べ飲みがあれば、あなたの多くの認識は変わるはずである。あなたが従順な心をもって神の言葉を食べ飲みしさえすれば、あなたの観点は変えられるはずであり、あなたがこの一回また一回の刑罰を受けることができれば、あなたの古い思想も次第に変わることができる。あなたの古い思想が完全に新しくされれば、あなたの実行もそれに伴って変わり、こうして、あなたの奉仕もますます正確になり、ますます神の心にかなうことができる。あなたがあなたの生活を変え、人生に対するあなたの認識を変え、神に対するあなたの多くの観念を変えることができれば、あなたの天然は次第に少なくなる。これこそ神が人を征服した後、収めた効果であり、これが人の得た変化である。あなたが神を信じているが、自分の体を打ちたたき、忍耐し、苦しみを受けることを知っているだけで、それが正しいかどうかを知らず、だれのためであるかも知らないなら、このように実行して、何の変化を得られるだろうか。

あなたたちは分からなければならないが、あなたたちに対する要求は、あなたたちに肉体を束縛させるか、或いはあれこれと考えないようにあなたたちの頭を制御させることではない。これは働く目的ではなく、今しようとする仕事でもない。今、あなたたちが自分を変えるためには、積極的な面で認識を得なければならず、あなたたちにいちばん必要なのは、神の言葉を装備すること、すなわち現在の真理と異象を十分に装備することであり、それから、あなたたちがそれを実行すべきである。これはあなたたちの責任である。あなたたちは何とかしてさらに大きな照らしを得るよう要求されたわけではない。今、あなたたちは全然そのような身丈の度量に到達することができない。今、あなたたちがすべきことは、できるだけ多く神の言葉を食べ飲みすることである。あなたたちは神の働きに対して認識を持ち、自分の本性、自分の本質、自分のその古い生活様式に対して認識を持たなければならず、特に自分の以前のそれらの誤った実行と人為的な実行に対して認識を持たなければならない。あなたたちが変化しようと思うなら、まず自分の思想を変え、自分の思想を新しくして、新しい思想が自分の言行と生活を支配するようにしなければならない。これは今、あなたたち一人一人に対する要求である。あなたたちは盲目的に実行してはならず、また盲目的につき従ってはならず、土台と目標がなければならず、自分で自分をごまかしてはならない。あなたたちは、自分が神を信じるのはいったい何のためであるか、何を得るべきか、今どのように進入すべきかを知らなければならず、これらをあなたはみな知らなければならない。

あなたたちが当面進入すべきことは、あなたたちの生活と素質を向上させることであり、また、あなたたちの以前のそれらの古い観点を変え、あなたたちの思想、観念を変えることであり、あなたたちのあらゆる生活に新しい変化が起こらなければならない。神の業に対するあなたの認識が変わり、神の言ったすべての言葉の中の真理に対して新しい認識を持ち、あなたの内の認識が高まったら、あなたの生活は新しい転機を迎える。今、人のなすこと、言うことはみな実際的になり、それは教理ではなく、人の命に必要なものであり、人が具備すべきものである。これは人が征服の仕事の中で得た変化であり、人のあるべき変化であり、人が征服されたあと収める効果でもある。あなたの思想が変わり、精神状態が新しくされ、あなたの観念、存心、あなたの以前の論理的な推理がみなひっくり返され、あなたの内のそれらの根深いものが取り除かれ、神を信じることに対して新しい認識を持つようになったら、あなたはさらに高い証しを語り出すことができ、あなたの全存在も真実な変化が生じる。これらはみないちばん現実的で、いちばん実際的で、しかもいちばん根本的なものであり、以前人が探ることも触れることもできなかったものであり、霊の真実な働きである。以前、あなたの聖書に対する認識はどうだったか、今日照らし合わせてみたらすぐ分かる。以前、モーセ、ペテロ、パウロ、または聖書の中のそれらの言い方、見方に対するあなたの態度は高く上げることであったが、今、あなたに再び聖書を高く上げさせれば、あなたはやはりそうするのか。今あなたは、聖書の中には人の記録が多すぎ、聖書は神の二つの段階の働きに対する人の記録にすぎず、一冊の歴史書籍であるということが分かった。これは認識が変わったのではないか。今、だれかがまたあなたに、「マタイによる福音書」の中のイエスの系図を見せれば、あなたはこう言うだろう。「何がイエスの系図だ!それはヨセフの系図であって、イエスの系図ではなく、イエスはヨセフと何の関係もない。」今、あなたが再び聖書を読めば、あなたの認識、すなわちあなたの見方は変わり、古い宗教家の認識よりずっと高くなる。ほかの人がこの系図には言い方があると言う時、あなたはこう言うだろう。「何の言い方?言ってみなさい!イエスはヨセフと何の関係もないことを、あなたは知らないのか。イエスに系図があるだろうか。イエスはどうして祖先があるだろうか。どうして人の子孫であるだろうか。彼の肉体はマリヤから生まれたのであるが、彼の霊は神の霊であり、人の霊ではない。イエスは神の愛する子なのに、彼に系図があるだろうか。彼は地上で人類の中の一人ではないのに、彼にどうして系図があるだろうか。あなたが系図を分析して、その内幕をはっきり説き明かし、あなたが理解したことを彼に話したら、彼は唖然とする。一部の人は聖書と照らし合わせてから、あなたに尋ねる。「あの時、イエスは系図があったが、今日あなたの神は系図があるか。」この時、あなたはあなたのいちばん実際的な認識を彼に話すだろう。そうすれば、あなたの認識は効果を収めたのである。実は、イエスはヨセフと何の関係もなく、アブラハムとはなおさら関係がなく、ただイスラエルで生まれたにすぎない。しかし神はイスラエル人ではなく、イスラエル人の子孫でもない。イスラエルで生まれたからといって、神がただイスラエル人の神であるとは限らない。ただ仕事のために、このように一段階の受肉の仕事をしたにすぎない。神は全宇宙の被造物の神であり、ただまずイスラエルで一段階の仕事をして、それから異邦で働くにすぎない。しかし、人はイエスをイスラエル人の神だと見なし、しかもイエスをイスラエル人の中に置き、ダビデの子孫の中に置いた。聖書には、終わりの日に、ヤーウェの名は異邦の中で尊ばれると書かれている。これは世の終わりに神が異邦で仕事をすることを示している。その時ユダヤで受肉したのは、神がユダヤ人だけを愛することを意味するのではなく、それはただ仕事の必要のためであった。神が必ずイスラエルで受肉しなければならない(イスラエル人は選民だからである)というわけではない。異邦の中にも神の選民がいるのではないか。イエスはユダヤで仕事をし終えてから、異邦(すなわちイスラエル以外のすべての国と民族、つまり異邦である。異邦は通俗的な呼び方であり、「異邦」は、選民がいないことの印ではなく、イスラエル以外の邦派は「異邦」と総称されるのである。)へ広める仕事を始めた。実は異邦にも神の選民がいるが、ただその時まだ異邦で働いていなかっただけである。人がイスラエルをそんなに重く見ているのは、前の二つの段階の仕事はみなイスラエルでしたのであって、異邦でしたのではないからである。この仕事は今日になって始まったのだから、人々は受け入れがたいのである。今日、もしあなたがこれらをはっきり理解し、これらのことに対して正確な理解、正確な見方を持てば、今日の神に対しても、以前の神に対しても正確な認識を持つようになり、この認識は歴代の聖徒の神に対する認識より高いのである。あなたが今日の働きを経験し、今日の神の口からの声を聞いたが、神のすべてに対して認識を少しも持たず、あなたの追求はやはりもとのままであり、少しも新しくされておらず、特にあなたがこんなに多くの征服の仕事を経験したのに、最後には、少しも変化していないなら、あなたの信仰もパンを求めて腹をいっぱいにする人たちの信仰と同じではないか。そうなら、征服の仕事はあなたの身では効果がないのである。それでは、あなたも淘汰される人になったのではないか。
あらゆる征服の仕事が終わる時、あなたたちはみな、神がイスラエル人の神だけではなく、あらゆる被造物の神でもあることが分からなければならない。神は全人類を造ったのであって、イスラエル人だけを造ったのではない。もしあなたが神はイスラエル人だけの神であると言い、或いは神はイスラエル以外の国と民族で受肉するはずがないと言うなら、あなたは征服の仕事の中でやはり何の認識も得ておらず、あなたは全然神があなたの神であることを認めず、神がイスラエルから中国に引っ越してやむなくあなたの神になったことだけを認めるのである。もしあなたがやはりこのように思っているなら、わたしのした仕事はあなたの身には効果を収めておらず、わたしの言った言葉もあなたが全然分かっていない。最後になって、もしあなたがマタイのように、わたしに系図をもう一つ書いてくれ、わたしに適切な「祖先」を一人探してくれ、わたしに正根を一つ探してくれるなら、神が二回受肉した後、二つの系図を持つことになる。その時、それはとてつもない冗談になってしまうのではないか。わたしに系図を探してくれる「心優しい人」のあなたは、神を分裂させる人になってしまうのではないか。この罪をあなたは負うことができるのか。征服の仕事はこんなにたくさんしたのに、もしあなたがやはり神はあらゆる被造物の神であることを信じず、やはり神はイスラエル人だけの神であると思っているなら、あなたは公に神に逆らう人ではないか。今日あなたを征服するのは、あなたが神はあなたの神であり、彼の神でもあり、さらに神を愛するあらゆる人の神であり、またあらゆる被造物の神でもあることを認めるためである。彼はイスラエル人の神であり、エジプト人の神でもあり、イギリス人の神であり、アメリカ人の神でもある。彼はアダム、エバの神であるだけでなく、あらゆるアダム、エバの子孫の神でもあり、天の万物の神であり、地上の万物の神でもある。イスラエル家族であれ、異邦のあらゆる家族であれ、みなひとりの神の手の中に掌握されている。彼はイスラエルで何千年も働いただけでなく、かつてユダヤで生まれたのでもあり、今日にはまた中国、この大赤竜がとぐろを巻いて横たわっている地に降った。彼がユダヤで生まれたのだから、ユダヤ人の王であったが、今日あなたたちの間に降ったのだから、彼はあなたたちの神ではないか。彼はイスラエル人を導き、ユダヤで生まれ、また異邦で生まれた。彼のした仕事はみな彼に造られた全人類のためではないか。彼はイスラエル人を百倍喜び、異邦の人を千倍憎むのか。これはみなあなたたちの観念ではないか。あなたたちが全然神を認めないのであって、神が最初からあなたたちの神ではないのではない。あなたたちが神を見捨てたのであって、神があなたたちの神になりたくないのではない。被造物のうちだれが、全能者の手の中に掌握されていないのか。今日あなたたちを征服するのは、神があなたたちの神であることを、あなたたちに認めさせるためではないか。もしあなたたちがまだ、神はイスラエル人の神であると言い、イスラエルのダビデの家こそが神の生誕地であり、イスラエル以外に、神を「生み出す」資格のある国と民族はなく、直接ヤーウェの働きを受け入れられる異邦の家族はなおさらないと言うなら、もしあなたがまだこのように思っているなら、あなたは頑固派になってしまうのではないか。あなたはずっとイスラエルに目を留めてはならない。今日神はあなたたちの間にいるのだ。ずっと天を見つめていてはならない。これ以上あなたのその天の神を恋しく思うな!神はあなたたちの間に来ているのに、彼がまだ天にいるだろうか。あなたの神を信じる時間は長くないが、あなたの観念は少なくない。そのため、あなたたちはイスラエル人の神があなたたちの間に「お出ましになる」とは思いもよらず、自分たちがこんなに甚だしく汚れているのに神の自らの出現を見ることができるとは、なおさら思いもよらなかった。またあなたたちはこう考えたこともない。神がどうして異邦に自ら降臨するだろうか。彼はシナイ山に降るか、或いはオリーブ山に降ってイスラエル人に現れるべきである。異邦人(すなわちイスラエル以外の人)はみな彼に憎まれる対象ではないか。彼がどうして自ら彼らの間で働くだろうか。これらはみな長年来形成されてきたあなたたちの根深い観念である。今日あなたたちを征服するのは、あなたたちのこれらの観念を打ち破るためである。だから、あなたたちは神が自らあなたたちの間で現れたのを見た。シナイ山でではなく、オリーブ山ででもなく、以前彼が導いたことのない人たちの間で現れたのである。神がイスラエルで二つの段階の仕事をした後、イスラエル人とすべての異邦人はこのような観念ができた。神が万物を造ったのは確かであるが、彼はただイスラエル人の神になりたがるだけで、異邦人の神にはなりたがらない。イスラエル人はこう思っている。神はわたしたちだけの神であり、あなたたち異邦人の神ではない。あなたたちがヤーウェを畏れないので、ヤーウェ――わたしたちの神はあなたたちを嫌う。それらのユダヤ人たちはさらにこのように思っている。主イエスはわたしたちユダヤ人の姿をしたのであり、ユダヤ人の印がついている神である。神はわたしたちの間で働くのであり、神の姿はわたしたちの姿とほぼ同じであり、わたしたちの姿は神の姿に似ており、主イエスはわたしたちユダヤ人の王であり、異邦人はこんなに大きな救いを受ける資格がない。主イエスはわたしたちユダヤ人の罪祭である。ただこの二つの段階の仕事のゆえに、イスラエル人とユダヤ族の人はこんなに多くの観念を持つようになり、彼らは神を独り占めし、神が異邦人の神になることを許さない。こうして、神は異邦人の心の中でまったくの空白である。なぜなら人々は、神は異邦人の神になりたがらず、彼はイスラエル人――彼の選民だけを喜び、ユダヤ人をも喜び、特に彼につき従う弟子たちを喜ぶと思っているからである。ヤーウェとイエスのした仕事はみな全人類の生存のためであるのではないか。今あなたは、神がイスラエル以外で生まれたあなたたちすべての人の神であることを認めるのか。今日神はあなたたちの間にいるのではないか。まさかこれは夢だと思っているのか。あなたたちはこの事実を認めないのか。あなたたちは信じられず、また考えられない。あなたたちがどう思っても、神はあなたたちの間にいるのではないか。あなたたちはまだこの言葉を信じられないのか。これからは、征服された人、神につき従いたがる人はみな神の選民ではないか。今日つき従っている人のあなたたちは、イスラエル以外の選民ではないか。あなたたちの身分はイスラエル人の身分と同じではないか。このすべては、あなたたちが認識しなければならないことではないか。あなたたちを征服することは、このように働く目的ではないか。あなたたちが神を見ることができた以上、神は初めから永遠まで永遠にあなたたちの神であり、あなたたちがみな彼につき従って、彼の忠実で従順な被造物になろうとしさえすれば、彼はあなたたちを見捨てるはずがない。

今、神を愛する人の志がどうであっても、とにかく人は従順になって今までついて来た。最後に、この段階の仕事が終わる時になったら、人は完全に後悔する。その時は人が本当に征服されたのである。今、人は神に征服される過程にあり、仕事が終わると人は完全に征服される。今はまだ達成できない!たとえ人がみな信服したとしても、完全に征服されたのではない。なぜなら今、人は言葉を見ただけで、事実を見ておらず、人がいくら信じていても心が落ち着かないからである。だから、最後の段階の事実、すなわち言葉の実現こそ人を完全に征服することができるのである。今、これらの人は聞いたことのない奥義をたくさん聞いたため征服されたのだが、あらゆる人の心の中では、やはり事実が臨むこと、神の言葉が一つ一つ実現するのを見ることができることを待ち望んでおり、その時こそ、人々は完全に信服するのである。最後に、人はみな実現した事実を見るようになり、これらの事実によって人の心は落ち着き、その時こそ人は口先だけではなく心から承服し、その時こそ人は心から完全に信服するのである。人の本性はこのようである。言葉が一つ一つ実現するのを見、事実が臨むのを見、災いに遭う人がいるのを見た時こそ、あなたたちは心から完全に信服するのである。あなたたちはユダヤ人と同じように、いつもしるしや奇跡を見ることを重んじるが、しかしあなたたちはどうしても大いに見聞を広めることができるような、しるしや奇跡、臨んだ事実を見ることができない。たとえば、天から人が降ってくるとか、雲の柱があなたたちに話すとか、わたしがあなたたちの間の人のために悪霊を追い出すとか、あなたたちの間でのわたしの声が雷のようであるなど、あなたたちは始終これらの事実を見たがっている。こう言ってもいいが、神を信じる上での、あなたたちのいちばん大きな望みは、神が自らしるしを行なうのを見ることができることであり、そうすれば、あなたたちは満ち足りるようになる。あなたたちこれらの人を征服するには、天地開闢をするような仕事をしなければならず、それから、「しるし」を付け加えなければならない。そうすれば、あなたたちの心が完全に征服されるのである。