「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

征服の仕事の内幕(二)

以前、あなたたちはいつも王になって権力を握ることを追い求めていたが、今でもあなたたちはやはりそれを完全にはあきらめておらず、やはり王になって権力を握り、全世界を背負って立つことを考えている。今、あなたは自分にこの資格があると思うのか。これはあまりにも理智がないのではないか。あなたたちが追い求め、重んじるのは現実的であるのか。あなたたちは正常な人間性さえも持っていない。これはあまりにもかわいそうではないか。だから、今は征服されること、証しをすること、素質を高めること、完全にされる道に入ることを語るだけで、そのほかは一切語らない。一部の人は純粋な真理を嫌うのであって、神がいつも正常な人間性を語り、素質を高めることを語るのを見て、いやになる。真理を愛さない人は完全にされるのが難しい。あなたたちが今進入し、一歩一歩と神の心意に従って行うなら、神があなたを淘汰することがあろうか。彼は中国大陸でこんなに多くの仕事をし、こんなに大規模に働き、こんなに多くの言葉を言ったのに、途中でやめることがあろうか?人を底なしの淵に投げ入れることがあろうか?今、肝心なのは、人の本質を認識し、あなたたちの進入すべきものを認識し、命の進入、性質の変化を語り、一体どうすれば征服されることができるか、どうすれば完全に神に従って、神のために最後の証しをし、死に至るまで従順になることができるかを語ることである。あなたはこれらを重んじるべきである。それらの非現実的な、あまり重要でないものは考えないで、とりあえず放っておきなさい。今、あなたはどうすれば征服されることができるか、征服された後の人はどんな表現があるかを知るべきである。あなたは自分が征服されたと言っているが、あなたは死に至るまで従順であることができるか。前途があろうとなかろうと、あなたが最後までつき従うことができ、環境がどうであろうと、あなたが神に対する信仰を失わず、最後にヨブの証し(死に至るまで従順である)、ペテロの証し(この上なく神を愛する)、この二つの面の証しを持つことができるようにしなければならない。一方では、ヨブのようになりさない。ヨブは物質のものを失い、肉体の病気が彼に臨んだが、ヤーウェの名を捨てなかった。これは彼の証しであった。ペテロは死に至るまで神を愛することができ、死に臨んだ時も神を愛し、十字架につけられた時も神を愛し、自分の前途を考えず、また自分の良い望み、贅沢な考えを抱いて追い求めず、ただ神を愛し、神のすべての按配に従うことを追い求めただけである。あなたもこの基準に達しなければならない。それでこそ、あなたに証しがあると言えるのであり、あなたが征服された後の、完全にされた人である。今、人が本当に自分の本質、自分の地位を認識したとしたら、やはり前途、望みなどを追い求めるだろうか。神がわたしを完全にしてもしなくても、わたしは神につき従わなければならない。神が今したすべては良いのであり、それはみな、わたしのためであり、わたしたちが性質の変化を得て、サタンの権勢から逃れることができるためであり、汚れた地で生まれたわたしたちが汚れを脱ぎ捨て、汚れから逃れ、サタンの権勢から逃れ、サタンの権勢の下から出てくることができるためである。これはあなたが認識すべきことである。もちろん、それはただあなたに対する要求であり、神にとってはただ征服することである。そうすることによって、人が内側で神に従うという志を持って、すべてにおいて神に左右されるに任せることができれば、それでいいのである。今、多数の人はもう征服された。しかし、人の内側には背くもの、不従順なものがまだたくさんある。人の真実な身丈はやはり小さすぎるのである。望み、前途さえあれば、人は前向きになり、何の望み、前途もなければ、人は消極的になり、しかも神を離れようとさえ思うのであり、人は正常な人間性を生かし出すのを追い求めることには気が進まない。これはだめだ!だから、まだ征服することを語らなければならない。実は、征服すると同時に完全にするのであり、あなたを征服すると同時に、完全にすることで初歩的な効果を収めたのである。征服されることと完全にされることが違うという言葉は、人の変化の程度のことを言っているのである。征服されることは、人が完全にされることの始まりであり、征服されたことは、人が徹底的に完全にされたことを意味しているのではなく、人が完全に神に得られたことを証明するのではない。征服された後の人も性質の変化を少し得たが、その変化は完全に神に得られた人の変化とは大きな隔たりがある。今、人が完全にされるための初歩的な仕事(征服されること)をしている。もしあなたが征服されることができなければ、完全にされ、神に完全に得られることができず、少しだけの刑罰と裁きの言葉を得ることができるだけで、それは完全にあなたの心を変えることはできない。そうなら、あなたは淘汰される人であり、これは、あなたがただ食卓の上のごちそうを見てみるだけで、口にすることができなかったことと同じである。そうだったら、あなたはあまりにもかわいそうではないか。だから、あなたは変化を追い求めなければならない。征服されることも完全にされることも、あなたが変化を得たかどうか、あなたが従順になったかどうかにかかっており、それは、あなたが神に得られることができるかどうかを決定するのである。あなたが知るべきことは、征服されたか、それとも完全にされたかは、ただ人がどれほど変わったか、どれほど従順であるかによって決まるのであり、しかも神に対する愛の純粋さによって決まるのである。今日、あなたに要求されるのは徹底的に完全にされることである。しかし、あなたがまず征服されなければならない。つまり、あなたが刑罰と裁きに対する十分な認識を持ち、つき従う信仰を持たなければならず、しかもあなたが変化を追い求める人、効果を追い求める人でなければならない。これでこそ、完全にされることを追い求める人である。完全にされる過程の中で征服され、征服される過程の中で完全にされるのである。これらはみなあなたたちが分からなければならないことである。今日、あなたが完全にされることを追い求めてもいいし、外側の人間性の変化、素質の向上を追い求めてもいい。しかし、最も重要なのはあなたが次のことを知らなければならない。つまり、神が今日したことはみな意義があり、益があり、それは汚れた地で生まれたあなたが汚れを脱ぎ捨て、汚れから逃れることができ、サタンの権勢に打ち勝ち、サタンの暗闇の権勢から逃れることができるためであり、あなたがこれらを重んじて、汚れた地で守られることができるためである。最後にあなたに何の証しをさせるのか?つまり、あなたが汚れた地で生まれたが、きよくなることができ、もはや汚れに触れないということ、サタンの権勢の下で生まれたが、サタンの権勢から逃れて、サタンに占有されず、サタンに妨害されず、全能者の手の中に生きるようになったということである。これは証しであり、サタンと戦って勝利を得たことの証拠である。あなたがサタンを裏切ることができ、あなたが生かし出すのはサタンを表現しているものではなく、神が人を造った時人に要求したもの、すなわち正常な人間性、正常な理智、正常な見識、正常な、神を愛する志、神に対する忠心である。これは被造物がすべき証しである。あなたがこう言う。「わたしたちは汚れた地で生まれましたが、神様の見守り、神様の導きのゆえに、神様に征服されたがゆえに、サタンの権勢から逃れました。今日、わたしたちが従順になったのも、神様がわたしたちを征服したため収めた効果であり、それはわたしたちがいい人だからではなく、わたしたちが生まれつき神様を愛するからでもなく、神様がわたしたちを選び、また予め定めて、わたしたちが今日神様に征服され、神様のために証しをし、神様に仕えることができるようにするからであり、また、神様がわたしたちを選び、見守って、わたしたちが救われ、サタンの権勢の下から救い出されるようにし、わたしたちが大赤竜の国で汚れを脱ぎ捨て、きよめられるようにするからでもあります。」また、あなたの外側の生かし出しを見ると、あなたは正常な人間性があり、話す時には理智があり、正常な人のように振舞うことができる。ほかの人に、「これは大赤竜の姿ではないか。姉妹は姉妹らしくない。兄弟は兄弟らしくない。全く聖徒の体裁がない」と言われないようにしなさい。さもなければ、ほかの人は、「道理で神様が彼らはモアブの後裔だと言うわけだ。まったくその通りだ!」と言うだろう。もし人があなたたちを見た後、「神様があなたたちはモアブの後裔だと言われたが、あなたたちの生かし出しは、あなたたちがサタンの権勢から逃れたことを証明した。あなたたちの内側にもそれらのものがあるけれども、あなたたちはそれを裏切ることができる」と言うなら、これはあなたたちが徹底的に征服されたことを証明する。征服され、救われたあなたたちがこう言うだろう。「わたしたちは確かにモアブの後裔ですが、でも神様の救いを得られました。以前、モアブの後裔は見捨てられ、呪われ、イスラエル人によって異邦に追いやられましたが、今日、神様がわたしたちを救ってくださいました。わたしたちは確かに最も堕落した人ですが、これは神様に定められたことであり、事実であって、だれも否定できません。しかし、今日わたしたちはその権勢から逃れました。わたしたちはわたしたちの祖先を憎みます。わたしたちはわたしたちの祖先を裏切り、それを徹底的に裏切り、神様のすべての按配に従い、神様の心意のとおりに行なって、わたしたちに対する神様の要求を達成し、神様の心を満足させようとします。モアブは神様を裏切り、神様の心意のとおりに行わなかったので、神様に憎まれる対象でした。しかし、わたしたちは神様の心を思いやるべきです。今日、わたしたちが神様の心意を理解したから、これ以上神様を裏切るべきではなく、わたしたちは祖先を裏切らなければなりません!」以前は大赤竜を裏切ることを語っていたが、今は主に人の祖先を裏切ることを語る。これは人が征服される証しの一面である。あなたが今日どのように進入しても、この面の証しは欠かせない。

人は素質が劣りすぎ、正常な人間性がなさすぎ、物事に対する反応が遅く、あまりにも鈍いのであり、サタンに堕落させられて、無感覚、愚鈍になった。人は一、二年の間に完全に変化することはできないけれども、協力しようとする志を持たなければならない。これはサタンの前での一面の証しであると言ってもいい。今日の証しは、今日の征服の仕事によってもたらされた効果であり、また今後の追随者にとっての標本、模範でもあり、今後は万国に宣べ伝えられる。中国でなされたことは万国に宣べ伝えられるのである。モアブの後裔は、世界の中で一番卑しい人である。ある人は、ハムの後裔がいちばん卑しい人ではないかと言う。大赤竜の子孫とハムの後裔の代表する意義は違う。ハムの後裔は大赤竜の子孫とはわけが違うのであり、どんなに呪われてもやはりノアの後裔である。モアブは正しい根から来たのではなく、淫乱から来たのであり、この中には区別があるのである。どちらも呪われたけれども、地位がやはり違うのである。だから、モアブの後裔はいちばん卑しい人であり、いちばん卑しい人が征服されたら、これは最も説得力のある事実になる。世の終わりになされる仕事はすべてのしきたりを打破した。あなたが呪われたものであれ、懲罰されたものであれ、わたしの仕事に有利で、今日の征服の仕事に役立つ限り、また、あなたがモアブの後裔であれ、大赤竜の子孫であれ、この段階の仕事の中で被造物であるあなたの本分を果たし、仕事を徹底的に完成することができる限り、効果を収めたのである。あなたが大赤竜の子孫であれ、モアブの後裔であれ、とにかく、血肉に属する人はみな被造物であり、造物主に造られたものである。あなたは被造物であって、何の選択もあってはならない。これはあなたの本分である。もちろん、造物主は今日、主に全宇宙に向かって働くのである。あなたがだれから生まれても、とにかく、あなたは被造物の一員であり、あなたたち――モアブの後裔は被造物の一部分であり、ただ身分が低いだけである。今日の仕事はあらゆる被造物の中で、全宇宙に向かってするのだから、造物主は自由に人、事、或いは物を選んで彼の仕事をすることができる。彼はあなたの以前の生まれを考えず、あなたが被造物である限り、あなたが彼の仕事――征服、証しに役立つ限り、彼はなにはばかるところなく仕事をあなたに対して行うのである。これは人のこういった伝統的な観念を打ち破った。神は永遠に異邦人の間で、特に呪われた、卑しい人に対して働くことはない。祖先が呪われたら、その子孫は永遠に呪われ、永遠に救われる機会がない。神は永遠に異邦の地に降臨することはなく、働くことはない。彼はきよい方だから、汚れた地に立つことはない。あなたは知るべきであるが、神はあらゆる被造物の神であり、天地万物の支配者であり、イスラエル人だけの神ではない。だから、中国でのこの段階の仕事は非常に深い意義がある仕事である。これは万国で宣べ伝えられることではないか?以後、大きい証しのあるところは中国に限らない。もし神がただあなたたちだけを征服するなら、それらの悪魔は承服するだろうか。彼らは征服されるとか、神の大能とか、これらについて分からない。全宇宙の神の選民たちがみなこの段階の仕事の最終的な効果を見ることができるようにしてこそ、あらゆる被造物が征服されたのである。モアブの後裔はいちばん遅れ、いちばん堕落した人である。このような人さえも征服され、すなわち、いちばん堕落した人、以前神を認めず、神の存在を信じていなかったこれらの人さえも征服されて、口で神を認め、また神を賛美し、しかも神を愛することができるなら、これこそ征服された証しである。あなたたちはペテロではないが、ペテロの姿を生かし出し、ペテロの証しを持ち、ヨブの証しを持つことができるなら、これは最も大きな証しである。最後にあなたはこう言うだろう。「わたしたちはイスラエルの民ではなく、見捨てられたモアブの後裔であり、わたしたちはペテロでもなく、その素質も具備していません。わたしたちはヨブでもなく、神のために苦しみを受け、費やすというパウロの志も持っていません。わたしたちはあまりにも遅れたのです。ですから、わたしたちは神様の祝福を享受する資格がありません。しかし、今日神様に高められたので、わたしたちは神様を満足させなければなりません。わたしたちはその素質、その条件を具備していないけれども、神様を満足させようとします。わたしたちはこの志を持っています。わたしたちはモアブの後裔であり、呪われたものです。これは定められたことであり、変わることができないことです。しかし、わたしたちの生かし出し、わたしたちの認識は変わることができます。わたしたちは神様を満足させようとする志を持っています。」あなたがこのような志を持っているなら、あなたがもう征服された証しを持ったということは証明された。