「御言葉は肉において現れる」選篇

征服の仕事の内幕(一)

人類はサタンにあまりにも深く堕落させられて、神の存在を知らなくなり、みな神を礼拝しなくなった。最初アダム、エバが造られた時、彼らにはヤーウェの栄光、ヤーウェの証しが伴っていたが、人は堕落させられた後、栄光を持たなくなり、証しも持たなくなった。なぜなら、人はみな神に背き、全然神を畏れなくなったからである。今日征服の仕事をするのは、あらゆる証し、あらゆる栄光を取り戻して、すべての人が神を礼拝し、被造物の間で証しを持つことができるようにするためである。これはこの段階でしようとする仕事である。いったいどのように人類を征服するのか?この段階の言葉の仕事によって人に口先だけでなく心から承服させ、さらけ出し、裁き、刑罰と情け容赦のない呪いによって人が完全に心服するようにし、人の不従順をさらけ出し、人の逆らいを裁くことによって、人に人類の不義、人類の汚れを認識させ、そうすることで、神の義なる性質を際立たせる。主にこれらの言葉によって人を征服して、人に口先だけでなく心から承服させるのである。言葉は最後に人類を征服する手段であり、征服を受ける者はみな言葉の打ちたたきと裁きを受けなければならない。今、言葉を言う過程は人を征服する過程である。人は一体どのように協力すべきか?これらの言葉を理解することができるように、どのようにこれらの言葉を食べ飲みするか分かるようにしなければならない、あなたはこのように協力すべきである。どうすれば征服されることができるか?これは人自身の力では達成できない。人はこれらの言葉を食べ飲みする基礎の上に立って、自分の堕落と汚れを知り、自分の不従順と不義を知って神の前に倒れ伏すようにしなければならない。あなたが神の心意を探り出した後実行することができ、しかも異象を持ち、何の選択もなしに、完全にこれらの言葉の下に従うことができれば、あなたは征服されたのであり、しかも言葉によって征服されたのである。人類はどうして証しを失ったのか?人がみな神を信じず、人の心の中には全く神を持たないからである。人類を征服するのは人類のこの「信仰」を回復するためである。人は常にこの世にあこがれ、人の望み、前途、贅沢な要求は多すぎ、常に肉体のためを思い、肉体のために考え、神を信じる道を求める気が全くない。人は神に造られたのだが、人の心は全部サタンに捕らえられ、人は神を畏れる心を失ってしまい、ひたすらサタンのためを思っている。こうして人は証しを失い、つまり神の栄光を失ったのである。神が人類を征服するのは、人が神を畏れるという栄光を取り戻すためである。こう言ってもいいが、多くの人は命を追い求めず、命を追い求める人がいても指折り数えるほどわずかであり、人は前途をいちばん気に掛けているのであり、命のことを全然重んじない。一部の人は背く上に逆らい、また、陰で裁き、真理を実行しない。今はひとまずこれらの人をほうっておき、この類の不孝な子に対してはひとまずどんな処分もしない。いつかは、あなたは暗やみの中に生きて泣き叫んだり歯噛みをしたりするであろう。あなたが光の中に生きている時は光の貴重さを感じないが、あなたが真っ暗な闇に生きる時、光の貴重さを知るようになり、その時あなたは後悔するであろう。今あなたは何とも思わないが、いつかあなたは後悔する。その時、暗闇が臨んだら、もう光がなくなり、あなたが後悔しても遅いである。今、あなたが光陰を惜しまないのは、あなたがまだ今の仕事を知らないからである。仕事が全宇宙へ広められる時になったら、つまり今日わたしの言ったこれらの言葉がみな成就したら、多くの人は頭を抱えて大声で泣くであろう。これは泣き叫んだり歯噛みをしたりして暗やみの中に陥ったのではないか?本当に命を追い求め、完全にされた人たちはみな使われることができる。使用に適さない不従順の子らはみな暗やみの中に陥って、全く聖霊の働きを持たず、何も探れなくなり、それで、懲罰の中に陥って泣き叫ぶようになる。この段階の仕事の中であなたが十分に装備し、命の成長を得れば、あなたは使用に適する人である。もしあなたが十分に装備しなければ、次の段階の仕事の中で神があなたを使用しようとしても、あなたは使用に適さず、その時あなたが装備しようと思っても、もう機会がなくなる。神が去ったら、あなたは今のような働く機会を再び得られるのか?あなたはまた神自らの訓練を受けることができるのか?その時は神が自ら話すのではなく、神が自ら声を発するのでもないのに、今の言葉を読むだけでは、あなたはどうして容易に理解することができるだろうか?以後の生活がどうして今の生活と比べられようか?その時になって、あなたが泣き叫んだり歯噛みをしたりする。それは生きながらの苦しみを受けることではないか?今、あなたに祝福を与えられたが、あなたはどのように享受するか知らず、祝福の中に生きていながらその祝福を知らない。これはあなたが苦しみを受ける運命にあることを証明する!今、一部の人が逆らい、一部の人が背き、一部の人がこれをやったりそれをやったりするが、わたしはこれらの人を相手にしない。あなたは自分のやらかしたことをわたしが知らないと思うな。あなたたちの本質をわたしが知らないことがあろうか。どうしていつもわたしに敵対するのか?あなたは自分自身のために命を追い求め、祝福を受けることを追い求めるのではないか?あなたは自分自身のために信じるのではないか?今、わたしはただ言葉を言い、征服の仕事をするだけである。征服の仕事が終わると、あなたの結末も明らかにされる。これはわたしがはっきり言う必要があるのか?

今の征服の仕事は、人の結末を明らかにするための仕事である。なぜ今の刑罰と裁きが、終わりの日の大きな白い玉座の前での裁きだと言うのか?これはあなたがまだ見極めることができないのか?なぜ終わりの段階の仕事は征服の仕事であるか?それは、各種類の人の結末を明らかにするためではないか?人々が刑罰、裁きの征服の仕事の中で、本当の姿が現されてから、おのおのその種類に従うためではないか?人類を征服すると言うよりも、むしろ各種類の人の結末を明らかにすると言ったほうがいい。つまり、人の罪を裁いてから各種類の人を明らかにし、これによって人を悪とし、或いは人を義とするのである。征服の仕事をした後、善を行う者を賞し、悪を行う者を罰する仕事をする:完全に従う人、すなわち完全に征服された人は、次の段階の、全宇宙へ広める仕事の中に置かれるのであり、征服されていない人は、暗闇の中に置かれ、災いが彼らに臨む。こうして、人はおのおのその種類に従い、悪人は悪に帰し、日がもはや彼らを照らさなくなり、義人は善に帰し、光を得て、永遠の光の中に生きているようになる。万物の結末が近づき、人の結末も目の前に現れ、万物はみなおのおのその種類に従うのに、人がどうしておのおのその種類に従う苦しみから逃れられようか。各種類の人の結末は、万物の結末が近づく時に明らかにされるのであり、全宇宙の征服の仕事(今の仕事を含むあらゆる征服の仕事)をしている間に明らかにされるのでもある。あらゆる人類の結末は、裁きの座の前で、刑罰の中で、世の終わりの征服の仕事の中で明らかにされるのである。人をおのおのその種類に従わせるのは、人のもとの種類を回復するのではない。なぜなら、世界が造られる前に、人はたくさんの種類があったのではなく、男と女という一つの種類しかなかったからである。ただ人が何千年も堕落させられたため、人は異なった種類ができたのであり、ある者は汚れた霊の支配下に帰し、ある者は悪霊の支配下に帰し、ある者は命の道を追い求めるがゆえに全能者の権威の下に帰したのである。こうして、人は次第に異なった種類ができ、「人」の大家族の中で、人は種類別に分けられるようになり、人はみな異なる「父」を持つようになった。あらゆる人が完全に「全能者」の権威の下に帰するわけではない。なぜなら、人の不従順があまりにも多すぎるからである。義なる裁きが各種類の人の本来の姿を少しも隠さずに全部さらけ出し、こうして人はみな光の中で本来の姿を現した。この時、人はもう最初の姿ではなく、人の祖先の本来の姿はすでになくなった。なぜなら、数え切れないほど多くのアダム、エバの子孫がすでにサタンに捕らえられて天日を知らなくなり、人の内側はサタンのさまざまな毒素で満ちているからである。こうして、人は適切な落ち着き先を持つようになり、しかも、みなその異なる毒素によって、つまり今日征服された程度によっておのおのその種類に従うのである。人の結末は世の初めから定めておいたわけではない。それは、初めのうち、人は一つの種類しかなく、総称して「人類」と言われ、人は最初サタンに堕落させられなかったので、みな神の光の中に生きており、暗闇が彼らに臨まなかったからである。しかし、人がサタンに堕落させられた後、全地はいろいろな人、即ち「男と女」の総称である「人類」という大家族から分かれたいろいろな人でいっぱいになった。彼らはみなその祖先に導かれて、彼らのいちばん古い祖先――「男と女」という人類(即ち最初のアダム、エバ、彼らのいちばん古い祖先)を離れた。その時、ヤーウェに導かれて地上で生活していたのはイスラエルの民だけであり、イスラエル全地(即ち最初の大家族)から分けられた各種類の人はヤーウェの導きを失ってしまった。これらの生まれたばかりの人類は、この世のことについて一切知らないまま、その祖先に従って彼らの占めた地でずっと今まで生活してきた。そのため、彼らはヤーウェを離れていろいろな汚れた霊、邪悪な霊に今日まで堕落させられたが、そのわけが分からないのである。今日、それらの極めて深く堕落され毒された者たち、即ち最後になっても救われることができない者たちは、その祖先――彼らを堕落させた汚れた霊に帰するしかない。最後に救われることのできる者たちは人類のふさわしい落ち着き先の中に、即ち救われ、征服された人の結末の中に帰する。救われることのできる者はできるだけ救うが、救いようがないほど無感覚になった人たちは、その祖先と共に人を罰する底知れぬ深みの穴に陥るしかない。あなたは、あなたの結末が最初から定められ、今になって明らかにされたと思ってはならない。あなたは、神が最初人類を造った時、サタンのような人類を造ったのではなく、アダムとエバのような人類だけを造った(即ち男と女だけを造った)のであるということを忘れたのか?もしあなたが最初からサタンの子孫であるなら、ヤーウェが人を造った時、サタンに属する人をもその中に造ったのだろうか?彼がこのようにすることがあろうか?彼が人を造ったのは彼の証しのためであり、彼の栄光のためであるのに、彼はわざとサタンの子孫のようなものを造って、彼らが故意に自分に逆らうようにすることがあろうか?ヤーウェがこのようにすることがあろうか?もしそうなら、だれが彼を義なる神だと言うだろうか?今、わたしは、あなたたちのうち一部の者は最後にサタンに帰すると言うが、あなたが最初からサタンに帰する者であるわけではない。あなたが堕落しすぎて、たとえあなたを救っても、この救いを得られないので、仕方がなく、あなたをサタンの種類に入れたのである。それはただあなたが救われることができないからであって、神があなたに対して不公平で、わざとあなたをサタンの化身に定めた後、あなたをサタンに帰し、わざとあなたに苦しみを受けさせるからではない。これは征服の仕事の内幕ではない。もしあなたがこのように思うなら、あなたの認識はあまりにも一面的である!終わりの時の征服の仕事は人を救うためであり、人の結末を明らかにし、裁きによって人の堕落をさらけ出して、人が悔い改め、奮い立ち、命を追い求め、人生の正道を追い求めるようにするためでもあり、愚かで無感覚になった人たちの心を呼び覚まし、裁きによって人の中の不従順を明らかにするためでもある。しかし、もし人が依然として悔い改めず、依然として人生の正道を追い求めず、これらの堕落から逃れられないなら、救いようがなく、サタンに食い尽くされるべきものである。これは人を征服する意義であり、人を救うためであり、また人の結末を明らかにするためでもあり、よい結末も悪い結末も征服の仕事によって明らかにされるのである。人が救われるか、それとも呪われるかはみな征服の仕事の中で明らかにされるのである。

世の終わりには、征服することによって万物をおのおのその種類に従わせるのであり、征服することは世の終わりの仕事である。つまり各人の罪を裁くことは世の終わりの仕事である。もしこのようにしなければ、人がどうしておのおのその種類に従うことができるだろうか。あなたたちの間でしている、人をおのおのその種類に従わせる仕事は、全宇宙の中の、おのおのその種類に従わせる仕事の始まりであり、今後、諸方、諸族の人もこの征服の仕事を受け入れなければならない。つまり、造られた人はみな、おのおのその種類に従わなければならず、裁きの座の前に帰服して裁きを受けなければならない。どの人も、どの物もこの刑罰、裁きによる苦しみから逃れられず、また、どの人も、どの物もおのおのその種類に従い、人はみな種類別に分けられるのである。なぜなら、万物の終わりが近づき、天地全体が終わる時が来たからである。人がどうして人の生存の終わる日から逃れられようか?では、あなたたちは不従順の行いをいつまで続けることができるのか?あなたたちの滅びる日はもう目の前ではないか?神を畏れ、神の出現を渇仰する人たちがどうして神の義なる出現の日を見られないことがあろうか?どうして最後の善の報いを受けられないことがあろうか?あなたは善を行っている人であるか、それとも悪を働いている人であるか。あなたは義なる裁きを受けてから従順になった人であるか、それとも義なる裁きを受けてから呪われた人であるか。あなたは光の中の、裁きの座の前に生きているのか、それとも暗闇の中の陰府に生きているのか。あなたの結末は賞されることであるか、それとも罰されることであるかは、あなた自身が一番はっきり知っているのではないか?神が義なる方であることを、あなたは一番よく知っており、一番理解しているのではないか?あなたの行ない、あなたの心はいったいどうであるか?今日、わたしはあなたを征服しているが、あなたの行ないが悪いか、それとも善いかはわたしがはっきり言う必要があるのか?あなたはわたしのためにどれほど捨てたのか?あなたはどの程度までわたしを礼拝しているのか?あなたがどのようにわたしを取り扱っているのか、あなた自身がはっきりと知っているのではないか?あなたの結末は一体どうなるかは、あなた自身がはっきりと知っているはずである!わたしははっきり言っておく。わたしは人類を造り、またあなたも造ったが、あなたたちをサタンの手に渡してはおらず、あなたたちがわたしに懲罰されるように、故意にあなたたちをわたしに背かせ、逆らわせるのでもない。あなたたちがこれらの災いに遭うのは、あなたたちの心があまりにも頑なであり、あなたたちの行いがあまりにも下劣であるからではないか?では、あなたたちの結末もあなたたちが自分で定められるのではないか?あなたたちの結末は、あなたたち自身がいちばんはっきり知っているのではないか?わたしが人を征服するのは、人を明らかにするためであり、またよりよくあなたを救うためであって、あなたに悪を働かせるためではなく、また故意にあなたに滅亡の地獄の中に入らせるためでもない。その時になって、あなたが極めて大きな苦しみを受け、泣き叫んだり歯噛みをしたりするのは、あなたの罪のせいではないか?それなら、あなた自身の善、或いは悪は、あなたに対する一番よい裁きではないか?あなたの結末を明らかにすることができる一番よい証拠ではないか?

今は中国のこれらの人の身にする働きによって、これらの人の不従順の性質をすべて明らかにし、これらの人の醜悪な姿をすべてさらけ出し、これらの背景を通してすべての言葉を言い終える。その後、次の段階の全宇宙を征服する仕事をする。あなたたちを裁くことによって全宇宙の人の不義を裁くのである。なぜなら、あなたたちは人類の不従順の者の代表だからである。もしついて来られなければ、引き立て役、仕え物になってしまい、ついて来られると、神に使われる対象になる。どうしてついて来られない者は引き立て役だと言うのか?今の仕事、言葉はみなあなたたちを背景にして行ない、言ったのであって、あなたたちは全人類の中の不従順の者の代表、典型となったからである。あなたたちを征服したこれらの言葉は、以後外国にもたらされて、外国人を征服するのに使われるが、あなたがそれを得ていないなら、引き立て役になったのではないか?全人類の堕落した性質、人の不従順な行い、人のこれらの醜悪な姿、醜悪な様子が、 今日すべてあなたたちを征服するこれらの言葉の中に記され、そして、これらの言葉によって各邦、各派の人たちを征服する。なぜなら、あなたたちは見本であり、先例だからである。しかし、わたしが故意にあなたたちを捨てるわけではない。もしあなたがちゃんと追い求めなくて、救いようがなくなったら、あなたは全く仕える物、引き立て役に属するのではないか?以前わたしは、「わたしの知恵はサタンの詭計の上に築かれるのである」と言ったことがある。なぜこう言ったのか?これは今、わたしが話し、働く内幕ではないか?もしあなたがついて来られなくて、完全にされておらず、かえって懲罰を受けるなら、あなたは引き立て役になったのではないか?今日まで歩んできながら、あなたは苦しみを少なからず受けたかもしれない。しかし今日、あなたはまだ何も分からず、命のことについて何一つ分からず、刑罰、裁きを受けたが、何の変化もなく、内側は命を得ていない。神があなたの働きをテストする時になったら、あなたは火のような試練を経験し、さらに大きな患難を経験する。このような火があなたに臨むと、あなたの全存在が灰と化してしまう。あなたは命を持たず、純金の要素が少しもなく、やはり古い堕落した性質を持っていて、引き立て役を勤めてもよい引き立て役ではないのに、神があなたを淘汰しないことがあろうか?征服の仕事をする時、一文の値打ちもない、命のない人を使うだろうか?その時になったら、あなたたちの日はノアの日、ソドムの日よりも過ごしにくい!あなたがいくら祈ってもむだである。救いの仕事が終わったら、あなたはもう一度新たに悔い改めることができるだろうか?救いの仕事が全部終わったら、もう救いの仕事をしなくて、悪人を懲罰する仕事をし始めるのである。あなたが逆らい、あなたが背き、あなたが悪いと知りつつもわざとするのに、重い刑罰を受ける対象ではないのか?今日あなたにはっきり教えるが、あなたが聞かないなら、今後災難があなたに臨んだ時にあなたが後悔し、信じても、遅すぎるのではないか?今日あなたに悔い改める機会を与えるが、あなたは悔い改めない。では、あなたはいつ悔い改めようとするのか?刑罰の日に悔い改めようとするのか?今日わたしはあなたの以前の過ちを覚えず、一回また一回とあなたを赦し、あなたの消極的な面を見ないで、ただあなたの積極的な面だけを見る。なぜなら、今言葉を言い、仕事をするのはみなあなたを救うためであり、あなたに悪意を持っていないからである。しかし、あなたは進入せず、ものの善し悪しが分からず、わたしの好意を無にする。このような人はもっぱらその懲罰と、義なる報いが臨むのを待っているのではないか?

モーセが岩を打つと、ヤーウェの与えた水が湧き出たが、それは彼の信仰のゆえであった。ダビデが琴と竪琴を奏でてわたしヤーウェを賛美し、しかも心の中が喜びで満ちていたのは、彼の信仰のゆえであった。ヨブが満山の牛や羊を失い、巨万の財産を失い、全身がひどい皮膚病にかかったのは、彼の信仰のゆえであり、彼がわたしヤーウェの声を聞き、わたしヤーウェの栄光を見ることができたのも、彼の信仰のゆえであった。ペテロがイエス・キリストにつき従うことができたのは、彼の信仰のゆえであり、彼がわたしのために十字架につけられることができて、栄光の証しを持つようになったのも、彼の信仰のゆえであった。ヨハネが人の子の栄光の姿を見ることができたのは、彼の信仰のゆえであり、世の終わりについての幻を見ることができたのは、なおさら彼の信仰のゆえであった。それらのいわゆる異邦の民がわたしの啓示を受けて、わたしがもう再び肉体の中に戻って人の間で働いているのを知ったのも、彼らの信仰のゆえであった。人がわたしの厳しい言葉に打ちたたかれて、救われるのも信仰のゆえではないか?人は信仰のゆえに多くのものを得たが、それがすべて祝福だとは限らず、ダビデのように喜び歓喜したり、モーセのようにヤーウェの与えた水を得たりするとは限らない。例えば、ヨブは信仰のゆえにヤーウェの祝福を受け、また災いを受けた。祝福を受けても、災いを受けても、みな幸いなことである。もしあなたに信仰がなければ、この征服の仕事を受け入れることができず、ヤーウェの業が今日あなたの目の前に現れたのを見ることもできず、あなたは見ることができず、なおさら得ることもできない。これらの禍、これらの災難、あらゆる裁きがあなたに臨まなければ、あなたは今日のヤーウェの業を見ることができるのか?今日あなたは信仰のゆえに征服されたのであり、また征服されたがゆえにヤーウェのあらゆる業を信じたのである。あなたは信仰のゆえに、このような刑罰と裁きを受けたのである。これらの刑罰、裁きのゆえに、あなたは征服され、完全にされるのである。今日のような刑罰と裁きがなければ、あなたの信仰は無駄になる。なぜなら、あなたが神を知らないなら、いくら信じても実質の伴わない字句であり、実際がないからである。あなたがこのような征服の仕事を受け入れて、完全に従順になった時こそ、あなたの信仰は真実で揺るがないのであり、あなたの心は神に向いているのである。たとえあなたが「信」という字のゆえに少なからぬ裁きや呪いを受けたとしても、あなたは真実な信仰を得、いちばん真実で、いちばん貴重なものを得たのである。というのは、あなたは裁きの中で被造物の落ち着き先を見たのであり、あなたはこのような裁きの中で造物主の愛らしさを見たのであり、あなたはこのような征服の仕事の中で神の腕を見たのであり、あなたはこのような征服の中で人生を見透かしたのであり、あなたはこのような征服の中で人生の正道を得、「人」の真意が分かったのであり、あなたはこのような征服の中で全能者のその義なる性質とその美しい顔を見たのであり、あなたはこのような征服の仕事の中で人の起源を知り、また全人類の「不朽の歴史」を知ったのであり、あなたはこのような征服の中で人類の祖先のことと、人類が堕落させられた起源を知ったのであり、あなたはこのような征服の中で喜びを得、慰めを得、また無数の鞭打ち、懲らしめ、造られた人類に対する造物主の叱責の言葉を受けたのであり、あなたはこのような征服の仕事の中で祝福を受け、人の受けるべき禍も受けたのであり……このすべては、あなたのそのわずかな信仰のゆえに得たのではないか?これらを得た後、あなたの信仰も増し加わったのではないか?あなたが得たのはとても多いのではないか?あなたは神の言葉を聞き、神の知恵を見ただけでなく、また自らこの一歩一歩の仕事を経験した。もしかするとあなたは、神を信じなければ、このような刑罰や裁きを受けることはないと言うかもしれないが、あなたはこのことを知っておかなければならない。神を信じなければ、あなたはこのような刑罰と、全能者のこのような顧みを得ることができないだけでなく、造物主を見る機会をも永遠に失い、あなたは永遠に人類の起源を知らず、また、永遠に人生の意義が分からず、たとえあなたの肉体が滅び、魂が肉体から離れたとしても、あなたは造物主のあらゆる業を知ることができず、なおさら造物主が人類を造った後、地上でこんなに大きな仕事をしたことを知ることができない。造られた人類の一人として、あなたはこのようにわけも分からずに暗闇の中に陥って永遠に懲罰を受けようとするのか?今日の刑罰と裁きを離れたら、あなたに臨むのは何であろうか?今日の裁きを離れると、この苦難の人生から抜け出すことができると思うのか?「この地」を離れると、あなたに臨むのはつらい苦難と悪魔の残害ではないか?耐えがたい日夜ではないだろうか?あなたは、今日の裁きを離れると、永遠に以後の苦しみを避けることができると思うのか?あなたに臨むのは何であろうか?あなたが待ち望んでいる桃源郷であろうか?あなたはこのように現実を逃避すれば、以後のその永遠の刑罰から逃れることができると思うのか?このような機会、このような祝福は、あなたが今後もう一度見つけることができるのか?あなたは禍が臨んだ時に見つけることができるのか?あなたはあらゆる人類が安息に入った時に見つけることができるのか?あなたの今日の、幸せで円満な生活、あなたのその和やかでささやかな家庭は、あなたの以後の永遠の落ち着き先に取って代わることができるのか?もしあなたが本当の信仰を持っており、しかも信仰のゆえにたくさん得たのなら、これはあなた――一人の被造物が受けるべき分であり、またあなたがもともと持つべきものである。このような征服はあなたの信仰に一番有益であり、あなたの命にも一番有益である。

今あなたは、征服される人に対して神がどんな要求を出したのか、完全にされる人に対して神がどんな態度を取るのか、当面進入すべきものは何であるかが分からなければならない。一部のことは少し知ればよく、一部の奥義の言葉は研究しないほうがいい。それは命に役立たないから、ちょっと読むだけでいい。例えば、アダム、エバについての奥義などは読んでみる必要がある。それによって、当時のアダム、エバについてのこと、また今日神がどんな仕事をしようとするのかを知ることができる。あなたは、神が人を征服し、完全にするのは、人を以前のアダム、エバのような形に恢復させるためであることを知らなければならず、人がどの程度まで完全にされれば、神の要求の基準に達することができるかを知らなければならない。心ではこれらが分かるべきであり、しかもそれに到達できるよう進んで努力すべきである。これは実行の面のものであり、分かるべきことでもあり、あなたがこの言葉によって追い求め、進入すればよい。「人類は今日まで発展してもう数万年の歴史がある」という言葉を読んでから、あなたは好奇心が沸いてきて、「神様は人類が今日まで発展して六千年になったと言われたのではないか?どうしてここには数万年だと言うのか?」と、兄弟姉妹たちと研究し始めた。あなたがこれを研究するのは何の役に立つのか?神自身の仕事は何万年したのか、何億年したのか、あなたが研究する必要があるのか?これは被造物であるあなたが知るべきことではない。このような言葉はあなたがちょっと読むだけでよく、異象として理解する必要はない。あなたが知るべきなのは、当面進入すべきこと、分かるべきことは何であるかである。これらをはっきり理解するまで噛み締めてこそ、征服されることができる。以上のこれらの言葉を読んだ後、あなたの内にはこういう正常な反応がある。神の心は非常に急いでいて、彼はわたしたちを征服して、栄光を受け、証しを得ようとする。わたしたちはどのように彼に協力すべきか?どうすれば彼に完全に征服されて彼の証しになれるのか?どうすれば神に栄光を受けさせることができるのか?どうすればサタンの支配下にではなく、神の権威のもとに生きることができるのか?これらは人が考えるべきことである。あなたたちはみな征服の意義が分かるべきである。これこそあなたたちの責任であり、あなたたちは分かった後、はじめて進入することができ、この段階の仕事を認識することができ、完全に従うことができる。さもないと、あなたたちは心から従うことができない。