「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

聖書について(二)

聖書は新旧約全書とも呼ばれている。「契約」とは何であるか、あなたたちは分かっているのか。「旧約」が「契約」と呼ばれるのは、ヤーウェがエジプト人を撃って、イスラエル人をエジプトのファラオから救う時に、イスラエル人と立てた契約によるのである。もちろんこの「契約」は、鴨居に塗った「羊の血」を証拠として立てたのであり、しかも、ヤーウェはこれによって人と契約を立てて言った。「羊の血を鴨居と二本の柱に塗るものは、みなイスラエルの民――神の選民であり、ヤーウェが残そうとする対象である。」(その時、ヤーウェがエジプトのすべての長子と牛や羊の初子を撃とうとしたからである)。この「契約」には二重の意味が含まれている。エジプトの人と家畜はみなヤーウェに救われる対象ではなく、その長子と牛や羊の初子は全部撃たれる。だから、多くの預言書にはエジプトの民が厳しく罰されると預言されている。それはヤーウェが立てた契約のゆえであり、これが第一の意味である。ヤーウェはエジプトの長子たちとすべての家畜の初子を撃ったが、イスラエルの民を全部残した。つまり、イスラエルの地の人は、みなヤーウェの目に貴いものとされたのであり、彼らの身に長期の仕事をしようとして、彼らを全部残し、しかも「羊の血」で彼らと契約を立てた。それ以後、ヤーウェはもうイスラエルの民を撃たなくなり、しかもこう言った。イスラエルの民は永遠にヤーウェの選民であり、彼はイスラエルの十二部族の中で律法時代の仕事を展開し、彼のあらゆる律法をイスラエル人に明らかに示し、彼らの中で預言者、士師を選び、彼らを彼の仕事の中心とする。彼は彼らと契約を立て、時代を変えない限り、彼は選民以外の人の身に別の仕事をしないと言った。ヤーウェの立てた契約は永遠に変わることがない。なぜなら、彼は血で契約を立てたのであり、しかも彼の選民と契約を立てたのであり、もっと重要なことに、彼が適切な働きの範囲、働きの対象を選んで彼の全時代の仕事を展開したからである。だから、人はみな契約をとても大切に思っていた。これが契約の第二の意味である。聖書の旧約全体の中で、契約を立てる前の「創世記」を除けば、ほかの書はみな、契約を立てた後に、神がイスラエルの民の間でした仕事を記した書である。もちろん、たまには少しばかりの異邦の民族の事も記されたが、旧約全体の中に記されているのはやはり神がイスラエルでした仕事である。ヤーウェがイスラエルの民と立てた契約のゆえに、律法時代に記された書は「旧約」と呼ばれ、それはヤーウェがイスラエルの民と立てた契約によって命名されたのである。

聖書の新約はイエスが十字架につけられて流した血と、彼が彼を信じるすべての人と立てた契約によって命名されたのである。イエスが立てた契約はこうである。彼を信じる者はだれでも、彼の流した血によって罪の赦しを得られ、そのために彼を通して救われ、新たに生まれ、もはや罪人に属さなくなる。彼を信じる者はだれでも、彼の恵みを得られ、しかも死んだ後、地獄の苦しみを味わない。恵みの時代全体に記された書は、みな契約が立てられた後に記されたのである。しかも、その中に記されたのはみな、契約の範囲内のそれらの仕事と言葉であり、主イエスが十字架につけられたことによる救いを超えておらず、しかも契約の範囲をも超えていない。それらはみな、主にある、経験のある兄弟たちが記した書である。だから、これらの書も契約によって命名され、「新約」と呼ばれたわけである。この二つの「契約」は、律法時代と恵みの時代という二つの時代だけを含め、終わりの時代とは関連がない。だから、聖書は今日の世の終わりの人にとってはもうあまり役に立たず、せいぜい一時的な参考にしかなれず、あまり使用価値がない。しかし、それらの宗教人士から見れば、それはやはり最も貴重なものであり、彼らは聖書に対して認識がなく、聖書を解釈することを知っているだけで、全然聖書の起源を知らない。彼らが聖書に対して取る態度はこうである。聖書は完全に正しいのであり、正確無比である。それから、研究し始めた。彼はまず聖書が正しくて、正確無比だと確定したから、興味いっぱいに研究し始め、調べ始めた。今日のこの段階の仕事は、聖書には預言されておらず、いちばん暗黒な所で征服の仕事をするのは、いままで触れられていない事である。なぜなら、これは最も新しい仕事だからである。仕事の時代が異なるので、イエス自身さえも、世の終わりにこの段階の仕事をすることを知らなかったのに、世の終わりの人がどうしてこの段階の仕事を調べ出すことができようか。

聖書を解釈する人たちの多くは論理で推理するのであり、現実の背景が少しもなしに、ただ論理でいろいろ推敲するだけである。長年来、今に至るまでだれも敢えて聖書を解剖せず、だれも敢えて聖書に対して「ノー」と言わない。なぜなら、この本は「聖なる書」であり、しかも人はみな聖書を神として崇拝しているからである。数千年にわたって、ずっとこのまま維持されてきたが、神もそれを放っておき、聖書の内幕はこのようだと気づいた人は一人もいない。わたしたちは聖書を尊ぶのは偶像崇拝に属すると言うが、それらの敬虔な信徒たちのうち、敢えてこのように考える者は一人もおらず、しかも、彼はあなたに忠告して言うだろう。「兄弟よ!絶対にこのように言わないでください。ああ恐ろしい。あなたがどうして神を冒涜することができようか。」それから、彼は苦しい表情を現して、こう言う。「おお、慈しみ深い救い主イエス様よ、どうか彼の罪を赦してください。あなたは人を愛する主です。わたしたちはみんな罪ある者です。わたしたちを大いに憐れんでください。アーメン……」見よ、彼らがこんなに敬虔なのに、どうして簡単に真理を受け入れることができるだろうか。あなたがこのように言うと、彼をひどく驚かすはずである。ましてや聖書にも人間の意志によるもの、人の観念が混じっていると大胆に考える人は一人もおらず、だれもこのぼろを見つけられない。聖書には、個人の経験と認識があり、聖霊の啓きがあり、人の大脳の思惟が混ざったものもある。神はこれらの事にはいままで干渉したことがないが、でもそれは許される限度がある。すなわち正常な人の思惟を超えてはならない。もし正常な人の思惟を超えたら、神の仕事をかき乱し、妨げたことになる。もし正常な人の思惟を超えたら、サタンがしたことに属する。なぜなら、あなたが人としての本分を失ってしまい、サタンの仕事をしているのであり、サタンに支配されているからである。この時、聖霊はあなたがすることを許さない。ある時、兄弟姉妹がわたしに尋ねた。「このことはわたしがそのようにしてもいいですか。」わたしは彼の身丈を見て、「いいよ!」と言った。またある人は言った。「わたしがこのようにするのは正常な状態ですか。」わたしは「うん!正常、とても正常だ!」と言った。またほかの人が言った。「わたしはこのようにしてもいいですか。」わたしは「だめだ!」と言った。彼は言った。「なぜあの人はいいのに、わたしはだめですか。」わたしは言った。「あなたがすることはサタンから出たのであり、邪魔に属し、あなたの存心と源はみな間違っているからだ。」またある時は、当時仕事がまだそこまで進んでいないため、兄弟姉妹がみな知らないので、ある人がわたしに彼がそのようにしてもいいかと尋ねる。わたしが見ると、彼がそのようにしても今後の働きを妨げないので、「いいよ」と言った。聖霊が働く時、人に一定の範囲を与えるのであり、人が完全に、絶対に聖霊のもとの意図のとおりにしなければならないのではない。なぜなら、人には正常な人の思惟、正常な人の弱さがあり、いくつかの肉体上の必要、実際に存在している問題もあり、またいくつかの、人が頭で考えたものもあり、これらは全然制御できないからである。わたしが人に何かをするよう要求するのは限度がある。一部の人から見れば、わたしの言った言葉がどっちつかずで、このようにしてもよく、そのようにしてもいいように思われる。それは、人に対するわたしの要求にはみな適当な範囲があることを、あなたが知らないからである。もしあなたが想像したように、すべての人に対して一様に要求し、必ず同じ身丈の度量に到達しなければならないとすれば、これは通用しない!これは人にできないことを強要することであり、これは人の働く原則であって、神の働く原則ではない。神は人の実際の状況に応じて働くのであり、人の本来の素質に応じて働くのである。福音を宣べ伝える場合にもこういう原則で、あなたは自然の成り行きに任せてゆっくりしなければならず、真理を説き明かしてこそ、彼は受け入れることができ、その時こそ、彼は聖書を手放すことができる。神がこの段階の仕事をしなければ、だれがしきたりを打破することができるだろうか?だれが新しい仕事をすることができるだろうか?だれが聖書の範囲外で別に道を捜すことができるだろうか?人の伝統的観念と封建的礼教があまりにも根強いから、人は自分で抜け出す力がなく、しかも人はみな抜け出す勇気がない。それにもまして、今日の人はもういくらかの死んだ聖書の文字に捕らえられて、思いを占有されたのに、彼らがどうして進んで聖書を放棄することができるだろうか?彼らがどうして容易に聖書以外の道を受け入れることができるだろうか?あなたは聖書の内幕と聖霊の働きの原則をすべて説き明かして、すべての人に心から承服させることができなければならない。これはとても必要なことである。なぜなら、宗教の中の人はみな聖書を高くあげて、聖書を神として礼拝しており、彼らも神を聖書の下に束縛しようとし、さらにひどいことに、神を再び十字架につけてこそ、彼らの目的が達成されるからである。