「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

聖書について(一)

神を信じる上で一体どのように聖書を取り扱うべきか。これは原則的な問題である。なぜこの問題を交流するのか。今後、福音を広く宣べ伝え、王国時代の仕事を広めようとするなら、ただ神の今日の働きに対する認識を話せるだけではまだ不十分であり、仕事を広めることで、もっと重要なのは、人の古い宗教的観念、古い信仰の仕方を解決することができ、しかも彼らに口先だけではなく心から承服することができるようにすることである。この程度に至るには聖書に触れなければならない。長年来、人の伝統的な信仰の仕方(すなわち世界三大教派の中のキリスト教の信仰の仕方)は聖書を読むことであり、聖書を離れたら主を信じることではなく、聖書を離れたら邪教であり、異教であり、たとえほかの本を読んでも必ず聖書を解釈した書籍でなければならない。つまり、もしあなたが主を信じるなら、必ず聖書を読み、聖書を食べ飲みしなければならず、聖書のほかには、また聖書に関係しない別の本を崇拝してはならず、さもないと、神を裏切ることになる。聖書ができて以来、人が主を信じることは聖書を信じることになってしまった。人が主を信じたと言うよりも、むしろ人が聖書を信じたと言ったほうがいい。人が聖書を読み始めたと言うよりも、むしろ人が聖書を信じ始めたと言ったほうがいい。人が主の前に帰したと言うよりも、むしろ人が聖書の前に帰したと言ったほうがいい。こうして、人は聖書を神として礼拝し、自分の命の綱とした。もし聖書がなかったら、自分の命を失ったことになる。人は聖書を神と同じように偉大に思い、さらには聖書を神よりも偉大に思っている。たとえ聖霊の仕事がなく、神に触れることができなくても、人は生きていけるが、いったん聖書という本を失い、或いは聖書の中の有名な章節、名句を失ったら、人は命を失ったように感じる。だから、人は主を信じた後すぐに聖書を読み、聖書を暗誦し始め、聖書を暗誦できればできるほど主を愛する人、信仰が大きい人であることを証明することができ、聖書を読んだ後、ほかの人に語ることができる人はみな立派な兄弟、姉妹である。こんなに長い年月の間、人はみな聖書を理解した程度によって、主に対する人の忠心、或いは人の信仰を評価してきた。多数の人は、神を信じるのは一体何のためであるか全然分からず、どのように神を信じるべきかも分からず、ただひたすら聖書の章節を解く糸口を捜し集めているだけであり、人は聖霊の働きの動向を追い求めたこともなく、ただずっと一生懸命に聖書を研究し、聖書を調査しているだけである。これまで聖書の範囲外で聖霊のもっと新しい仕事を見つけられた人は一人もおらず、だれも聖書を離れられず、だれも聖書を離れる勇気がない。人が聖書を長年研究しながら、たくさんの解釈をし、たくさんの努力をしてきたが、人の聖書に対する見方にはやはりたくさんの相違があって、ずっと論争が絶えない。その結果、今日の二千あまりの宗派が形成された。人はみな聖書の中から、ほかの人より優れた解釈またはもっと深い奥義をいくらか捜し出そうとし、みな聖書を探求しようとし、聖書の中から、エホバがイスラエルで働いた背景、或いはイエスがユダヤで働いた背景、或いはほかの人が知らないもっと多くの奥義をいくらか捜し出そうとしている。人はみな聖書を「盲信」しており、聖書の内幕と本質を完全に知ることができる人は一人もいない。だから、今日に至るまで人はやはり聖書に対してある種の言い表せない神秘的な感じを持っており、しかも、なおいっそう聖書を「盲信」するようになった。今、人はみな聖書の中から世の終わりの働きに関する預言を捜し出そうとし、神が世の終わりにどんな仕事をするか、世の終わりにどんな兆しがあるかを見つけようとしている。こうして、人が聖書を崇拝する心はますます強くなり、世の終わりに近づけば近づくほど人はますます聖書の預言を盲信し、特に世の終わりに関する預言に対してそうである。人が聖書をこんなに盲信し、こんなに信頼しているので、人の聖霊の働きを求める心がなくなった。人は観念の中でこのように認識している。聖書だけが聖霊の仕事をもたらすことができる。聖書の中でだけ神の足跡を見つけることができる。聖書の中にだけ神の働きの奥義が隠れている。聖書だけが神のすべて、全部の仕事を言い尽くし、ほかの本、人はみなだめである。聖書は天の仕事を地上にもたらすことができる。聖書は時代を始めることもできれば、時代を終わらせることもできる。人はこれらの観念を持っていて、聖霊の仕事を求める気がなくなった。だから、以前聖書がいくら人に役立ったとしても、今になって、聖書は神の最も新しい仕事の障害になってしまった。もし聖書がなければ、人はほかに神の足跡を尋ね求めるはずだが、今のところ、神の足跡は聖書に「制御」され、最も新しい仕事を広めるのは難しさが折り重なり、一歩も進めないほどである。これらはすべて聖書の有名な章節、名句、聖書のたくさんの預言のせいである。聖書は人の心の中の偶像になり、また人の頭の中の「謎」になった。人は、神が聖書の範囲外でほかに仕事をするとは全く信じられず、また、人が聖書を離れても神を見つけることができるとは信じられず、なおさら、神が最後の働きの中で聖書を離れて新たに始めるとは信じられない。これらはみな人が考えられず、信じられず、想像もできないことである。聖書は、人が神のもっと新しい仕事を受け入れる上での一つの大きな障害になり、神がもっと新しい仕事を広める上での隘路になった。だから、もしあなたたちが聖書の内幕についてよく知らなければ、あなたたちは福音を順調に宣べ伝えることができず、新しい仕事を証しすることもできない。あなたたちは今日もう聖書を読まないけれども、やはり聖書に対して非常に友好的である。つまり、あなたたちが手に持っているのは聖書でないけれども、あなたたちの多くの観念はやはり聖書から生まれたのであり、あなたたちはみな聖書の起源と前の二つの段階の働きの内幕が分からない。あなたたちはもう聖書を食べ飲みしないけれども、聖書を理解して、聖書に対して正しい認識を持たなければならない。こうしてこそ、あなたたちは六千年の経営計画が一体どういうことであるかを知ることができる。これらのもので彼らを説き伏せて、彼らにこの道の流れが真理の道であることを認めさせ、彼らに、今日この人たちが歩んでいる道は真理の道であり、聖霊が導いているのであり、人が開いたのではないということを認めさせる。

歴代にわたって、人は恵みの時代の前から聖書を読んでいたが、ただその時は旧約だけがあって、新約がなかったにすぎない。聖書の旧約ができてから、人は聖書を読み始めた。モーセはエホバが導き終えた後、「創世記」、「出エジプト記」、「申命記」……を書き、エホバが当時した仕事を追憶し、それらを書き記した。聖書は一部の歴史書籍であるが、もちろんその中には預言者の語った少しばかりの預言もある。もちろん、預言者の語った預言は歴史ではない。聖書にはいくつかの部分が含まれており、ただ預言だけではなく、ただエホバがした仕事だけでもなく、単にパウロが書いた手紙だけでもない。聖書にはいくつの部分が含まれているか、あなたは知らなければならない。旧約は「創世記」、「出エジプト記」……それに彼らが書いたあれらの預言書が含まれており、最後に「マラキ書」で聖書の旧約全体を結んだ。つまり、その中にはエホバが導いた律法時代の仕事が記されており、「創世記」から「マラキ書」までは、旧約律法時代全体の仕事の総合的な記録である。つまり、律法時代にエホバに導かれた人たちが経験したあれらのことは、すべて旧約に記されている。旧約律法時代に、エホバは多くの預言者を興して、彼のために預言を語らせ、諸国、諸部族の人に言葉を伝えさせ、彼自身がしようとする仕事を預言させた。興されたこの人たちはみなエホバが与えた預言する霊を得た人であり、彼らはエホバによって幻を見、声を聞くことができたので、エホバによる啓示を受けて、預言を書いた。彼らのしたこれらの仕事は、エホバの声を発表するのであり、エホバの預言する仕事の代わりをするのであった。エホバは働いた時、ただ霊で人を導いただけで、受肉しなかった。そこで、人は全然彼の顔を見ることができなかった。だから、彼は預言者たちを興して彼の仕事をさせ、彼らに黙示を受けさせてイスラエルの諸国、諸部族の人に告げさせた。この人たちの仕事は預言を語ることであり、しかも彼らのうちには、エホバが彼らに告げた言葉をすべて記しておいて、人に読ませる者もいた。エホバがこの人たちを興したのは、ただ彼らに預言を語らせるためだけであり、彼が以後する仕事または当時まだしていない仕事を預言させるためであった。それは、人がエホバの奇しさ、知恵の所在を見ることができるためであった。これらの預言書は聖書のほかの書と大いに違う。預言書は預言する霊を得た人、つまりエホバから幻または声を得た人が言い、或いは記した言葉であり、預言書のほかはみな、エホバが仕事をし終えた後、人が書いた記録の書である。これらの書は、エホバに興された預言者が語った預言に取って代わることができない。例えば「創世記」、「出エジプト記」は、「イザヤ書」、「ダニエル書」とは比較できない。預言は仕事をする前に語り出した言葉であり、預言以外のほかの書は仕事をし終えた後、記されたものであり、これは人ができることである。その時の預言者たちはエホバによる啓示を受けて、いくらかの預言を語り、たくさんの言葉を言い、彼らは恵みの時代の事、世の終わりにこの世を滅ぼす事、すなわちエホバが以後しようとする仕事を預言した。ほかの書はみなエホバがイスラエルでした仕事を記したものである。だから、聖書を読むのは、主にエホバが当時イスラエルでどのように働いたかを見るのである。聖書の旧約には、主にエホバがイスラエルを導いた仕事が記されている。エホバがモーセを通してエジプトのイスラエルの民をエジプトから導き出して、パロの縛りから逃れさせ、荒野に入らせ、後でまたカナンに入らせたこと、それからはイスラエル人がカナンに入った後の生活が記されており、このほかはエホバがイスラエルの各地でした仕事の記録である。旧約に記されているのは、エホバがイスラエルで行った仕事、つまり当時アダム、エバを造った地で行った仕事である。ノアの時からエホバは正式に地上の人を導き、その中に記されているのはすべてイスラエルでの仕事である。なぜイスラエルの範囲外の仕事は記されなかったのだろう。それは、イスラエルの地は人類の発源地であり、最初、イスラエル以外にほかの国がなかったし、それにエホバはほかの所で働かなかったからである。だから、聖書に記されているのはすべてあの時のイスラエルでの仕事であり、それらの預言者たちが言った言葉、つまりイザヤ、ダニエル、エレミヤ、エゼキエル……彼らが言った言葉は、地上での別の仕事を預言し、エホバ神自身がする仕事を預言したのであり、それは完全に神から出たものであり、聖霊の仕事であった。それらの預言書のほかの部分は、人が当時エホバの働きを経験してからの記録に属する。

世界を造ったのは人類ができる前の仕事であるが、「創世記」は人類ができてから書かれた書であり、律法時代にモーセが記した書である。今日あなたたちの間で起こったことを例としてあげよう。これらのことが起こった後、あなたたちがこれらのことを書き記して、後人の観覧に供し、後人から見れば、あなたが書き記したのはただ過ぎ去った時代に起こったことであり、歴史として読むしかない。旧約に記されているのは、エホバがイスラエルでした仕事であり、新約に記されているのは、恵みの時代にイエスがした仕事であり、これらの記録は二つの異なった時代に神がした仕事の実録である。旧約は律法時代に神が働いていた実録だから、旧約は一部の歴史書籍であり、新約は恵みの時代の仕事の産物であり、新しい仕事が始まった時、それらはすでに時代遅れの書になったから、新約も一部の歴史書籍である。もちろん、新約より旧約のほうが系統的に記述されており、旧約のほうが記された事が多い。旧約の時、エホバが言ったたくさんの言葉はすべて聖書に記された。イエスの言った言葉は四福音書にだけ少し記され、彼のした仕事ももちろんとても多かったが、詳しく記されてはいなかった。新約に記されていることが少ないのは、イエスのした仕事が少なく、イエスが地上でした三年半の仕事と、ほかの使徒がした仕事の量はエホバのした仕事の量よりずっと少なかったからである。だから、新約の書は旧約の書より少ないのである。

聖書は一体どういう本だろう?
旧約は律法時代に神がした仕事であり、旧約聖書はエホバが律法時代にした仕事、及びエホバの天地創造の仕事を記したものであり、その中に記されているのはすべてエホバがした仕事であり、最後に「マラキ書」でエホバの仕事の記録を終えた。旧約には神がした二つの仕事が記され、一つは天地創造の仕事であり、一つは律法を発布する仕事であり、これらの仕事はすべてエホバがしたのである。律法時代の仕事は、エホバという神の名を代表した仕事であり、エホバという名を主とした全部の仕事である。だから、旧約にはエホバの仕事が記されており、新約にはイエスの仕事、イエスという名を主とした仕事が記されているのである。イエスの名は一体何の意義があるのか、彼がどんな仕事をしたのか、その大部分が新約に記されている。旧約の時、エホバはイスラエルで神殿を建て、祭壇を建て、地上におけるイスラエルの民の生活を導いていた。これは、イスラエル人は彼の選民であり、彼が地上で選んだ、彼の心にかなう最初の一団の人たちであり、彼が自ら導いた最初の人たちであること、つまりイスラエルの民の十二部族はエホバが選んだ最初の選民たちであることを証明する。だから、律法時代のエホバの仕事が終わるまで、エホバはずっと彼らの身に働いていたのである。第二段階の仕事、すなわち新約の恵みの時代の仕事は、イスラエルの十二部族の中の一つの部族であるユダヤ族でしたのであり、仕事の範囲は縮小した。それはイエスが受肉した神だからである。彼はただユダヤの全地で働き、しかもただ三年半の仕事をした。だから、新約に記されたものは旧約に記されたものよりかなり少ない。恵みの時代のイエスの仕事は主に四福音書に記されている。恵みの時代の人が歩んだ道はいちばん浅い、命の性質の変化へと至らせる道であり、これについての内容の大部分はそれらの手紙の中に記されている。それらの手紙の中から、聖霊が当時どのように行ったかを見ることができる(もちろん、パウロが刑罰を受けた対象であれ、災いを受けた対象であれ、彼のした仕事は聖霊に指示されたのであり、彼は当時聖霊に使われた一人である。ペテロも聖霊に使われた人であるが、パウロのようにそんなに多くの仕事はしなかった。パウロが書いたあれらの手紙の中から、当時聖霊がどのように働いたかを見ることができ、また、パウロが導いた道は正しくて正確であり、聖霊の歩んだ道であることを見ることができる)。

あなたが律法時代の仕事を見ようとし、イスラエルの民がどのようにエホバの道を行ったかを見ようとするなら、あなたは旧約聖書を読まなければならない。あなたが恵みの時代の仕事を知ろうとするなら、新約聖書を読めばいい。では、もしあなたが世の終わりにする仕事を見ようとするなら、どうすればいいだろう?今日の神の導きを受け入れて、今日の働きの中に入らなければならない。なぜなら、これは新しい仕事であり、だれも前もって聖書の中に「記して」おかなかったからである。今日、神は受肉して、また別に中国で一部の選民を選んだ。神はこの人たちの身に働いて、彼の地上での仕事を継続し、恵みの時代の仕事を継続する。今日の仕事は、前人が歩んだことのない道であり、だれも見たことのない道でもあり、神がいままでしたことのない仕事、つまり、神の地上での最も新しい仕事である。だから、したことのない仕事は歴史ではない。なぜなら、今は今であり、まだ過ぎ去っていないからである。人はみなこのことを知らない。神が地上で、イスラエル以外でまたもっと大きく、もっと新しい仕事をし、それはもうイスラエルの範囲を超え、預言者の預言をも超えたのであり、それは預言以外の新奇な仕事であり、イスラエル以外でのもっと新しい仕事でもあり、人が見極められず、想像もつかない仕事である。このような仕事がどうして聖書の中に明確に記されることがあろうか。だれが前もって今日の仕事を少しも欠かさずに記しておくことができるだろうか。だれがしきたりを打破した、このもっと大きくもっと知恵的な仕事を、この古くて黴の生えた本の中に記すことがあろうか。現在の仕事は歴史ではないから、あなたが今日の新しい道を歩もうとするなら、聖書の中から出て来て、聖書に記された預言書または歴史書の範囲を越えなければならない。こうしてこそ、新しい道をよく歩むことができ、新しい境地の中、新しい働きの中に入ることができる。なぜ今はあなたに聖書を読ませないか、なぜ聖書の範囲外でまた別に仕事をするか、なぜ聖書の中でもっと新しく、もっと細かい実行を捜さないで、聖書の範囲外でまたもっと大きな仕事をするか、あなたは分からなければならない、これらはみなあなたたちが分かるべきことである。あなたは新旧の仕事の対比が分からなければならず、もう聖書を読まないけれども、聖書を解剖することができなければならない。さもないと、あなたはやはり聖書を崇拝するはずである。そうなら、あなたは容易に新しい働きの中に入ることができず、容易に新たな変化を得ることができない。もっと高い道があるのだから、その低く、時代遅れの道を研究する必要はないではないか。もっと新しい言葉、もっと新しい仕事があるのだから、まだ古い歴史の記録の中に生きている必要はないではないか。新しい言葉があなたに供給することができれば、これは新しい仕事であることを証明する。古い記録があなたを飽き足らせることができず、あなたの現在の必要を満たすことができなければ、これは歴史であり、現在の仕事ではないことを証明する。最も高い道はつまり最も新しい仕事であり、新しい仕事があるのだから、昔の道はいくら高くても、みな人の追憶する歴史になり、いくら参考価値があっても古い道である。古い道は歴史である、「聖なる書」に記されているとしても。新しい道は現実である、「聖なる書」に一ページの記録もないとしても。この道はあなたを救うことができ、この道はあなたを変えることができる。なぜなら、これは聖霊の仕事だからである。

あなたたちはみな聖書を理解しなければならない。この仕事は最も必要である!今日あなたは聖書を読む必要がない。なぜなら、聖書には何ら新しいものがなく、すべて古くなってしまったからである。聖書は歴史書籍に属する。もしあなたが聖書の旧約を恵みの時代に食べ飲みし、旧約時代の要求を恵みの時代に実行したら、イエスはあなたを捨て、あなたを罪に定めるはずである。あなたが旧約をもってイエスのした仕事にあてはめるなら、あなたはパリサイ人である。もしあなたが今、新約と旧約を一緒にして食べ飲みし、実行するなら、今日の神はあなたを罪に定めるはずであり、あなたは今日の聖霊の働きについて行けない!あなたが旧約を食べ、また新約を食べれば、あなたは聖霊の流れ以外の人に属するのである!イエスの時代に、イエスは聖霊が当時彼の身にした仕事に基づいて、それらのユダヤ人たちを導き、彼につき従ったすべての人たちを導いた。彼は聖書を根拠として働いたのではなく、彼の仕事に基づいて話したのであり、彼は聖書がどう言っているかかまわず、聖書の中で道を捜して彼につき従う人たちを導かなかった。彼が働き始めた時は悔い改めの道を宣べ伝えたが、「悔い改める」という言葉は旧約のそんなに多くの預言の中で全然触れられていない。彼は聖書に基づいてしなかっただけではなく、またもっと新しい道を開き、もっと新しい仕事をした。彼は聖書を参考にして伝道したことがなく、彼の病気を治し、悪霊を追い出す力ある業は律法時代にだれも行うことができず、彼の仕事、彼の教え、彼の権威も律法時代にだれも行ったことがない。彼はただ彼のもっと新しい仕事をしただけである。多くの人が聖書によって彼を罪に定め、さらに旧約聖書によって彼を十字架につけたけれども、彼の仕事は聖書の旧約を超えた。もしそうでなかったら、人が彼を十字架につけることがあろうか。これはみな、彼の教え、彼の病気を治し、悪霊を追い出す力が旧約に記されていなかったからではないか。彼がした仕事はすべてもっと新しい道を開くためであって、わざわざ聖書と「戦う」か、或いはわざわざ旧約聖書を廃止するためではない。彼が来たのはただ自分の職分を果たして、新しい仕事を、彼を渇仰し、尋ね求める人たちにもたらすためだけである。彼は旧約を解釈するか、或いは旧約の仕事を守るために来たのではなく、彼が働いたのは律法時代が引き続き発展していくためではない。なぜなら、彼が働く時は聖書の根拠があるかどうかを全然考慮せず、ただ彼のすべき仕事をするだけだったからである。だから、彼は旧約の預言を解釈せず、また旧約の律法時代の言葉によって仕事をしなかった。彼は旧約がどう言っているかかまわず、それが彼のしたことに合うか合わないか、彼はみな関心を持たず、ほかの人がどのように彼の仕事を認識するか、どのように彼の仕事を罪定めするか、彼はかまわなかった。彼はただずっと彼のすべき仕事をしていた。多くの人が旧約の預言者の預言で彼を罪定めしたとしても。人から見れば、彼の働きは少しの根拠もなく、しかも聖書の記録と一致していないところがたくさんある。これはみな人の誤った見方ではないのか。神が規定に当てはめて働く必要があるのか。神が働く時も預言者の預言に基づかなければならないのか。いったい聖書が偉大なのか、それとも神が偉大なのか。なぜ神が働く時、必ず聖書に基づかなければならないのか。神自身は聖書の範囲を越えるいかなる権利もないとでもいうのか。神は聖書を離れてほかの仕事をすることができないのか。なぜイエスと彼の弟子たちは安息日を守らなかったのか。もし彼が安息日のとおりに、旧約のそれらの戒めのとおりに実行したというなら、なぜ彼は来た後、安息日を守らなかったが、足を洗い、頭を覆い、またパンを裂き、ぶどう酒を飲んだのか。これらはみな旧約にない戒めではないか。彼が旧約のとおりにするのなら、なぜこれらの規定を打ち破ったのだろうか。あなたは知るべきであるが、先に神がいたのか、それとも先に聖書があったのか!彼は安息日の主であられるのに、聖書の主であられないのか。

新約時代にイエスがした仕事は、新しい仕事を開拓した。彼は旧約の仕事に基づいて働かず、旧約の中の、エホバが言ったそれらの言葉に当てはめて働かなかった。彼は彼自身の仕事をし、彼はいくつかのもっと新しい仕事、すなわち律法よりもっと高い仕事をしたのである。だから彼は言った。「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。」彼が成就したことによって、多くの規定が打ち破られた。彼は弟子たちを麦畑に連れて行って麦の穂を摘んで食べ、彼は安息日を守らず、また「人の子は安息日の主である」と言った。当時、イスラエルの民のしきたりによれば、だれでも安息日を守らない者は、石で打ち殺されるが、イエスは神殿に入らず、安息日も守らなかった。彼のしたこれらの仕事は旧約時代にエホバはしていなかった。だから、イエスがした仕事はもう旧約の律法を超えたし、もう旧約の律法より高くなったし、旧約の律法に基づいてしたのではない。恵みの時代に、もう旧約の律法に基づいて働かず、もうそれらの規定を打ち破った。それなのに、今、ある人たちはまだ聖書、特に旧約の律法を固く守っている。これはイエスの仕事を否定するのではないか。ある人は、「聖書は聖なる書だから、必ず読まなければならない」と言い、また、ある人は「神の仕事はいつまでも廃止されることはない。旧約は神がイスラエルの民と立てた契約であり、これは廃止されることがなく、安息日はいつまでも守らなければならない」と言っている!このような人はあまりにもでたらめではないか。イエスが当時、安息日を守らなかったのはどういうことだろうか。彼が罪を犯したとでもいうのか。この事はだれが見極めることができるだろうか。人の理解力では、いくら聖書を読んでも神の働きを認識できず、神に対する純正な認識を得るどころか、かえって観念がますます大きくなり、その結果、神に逆らい始めるようになる。もし今日神が受肉しなかったら、人はみな自分の観念によって葬り去られ、神の刑罰の中で死んでしまうはずである。