「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

働きの異象(一)

ヨハネはイエスのために七年仕事をし、イエスが来た時、彼はもう道を整えておいた。その前に、至る所の人々は彼が宣べ伝えていた天国の福音を聞き、ユダヤの全地は彼の宣べ伝えていた福音で満たされ、彼らはみな彼を預言者と呼んでいた。当時ヘロデ王はヨハネを殺そうとしたが、恐れて彼を殺さなかった。なぜなら、ヨハネが民衆の中で声望がとても高かったので、ヨハネを殺すと、民衆が彼に敵対することを彼は恐れたからである。ヨハネのした仕事が民衆の間で根付き、ユダヤ人はみな彼に信服し、イエスが職分を尽くし始めるまで、彼はイエスのために七年道を整えたので、彼は預言者の中で最も偉大な者であった。彼が牢に入れられた後、イエスは正式に働き始め、ヨハネの前には、神のために道を整える預言者が一人もいなかった。なぜなら、イエスの前には、神が受肉した前例がなかったからである。だから、ヨハネまでの預言者の中で、ヨハネだけが神の言がなった肉体のために道を開いた預言者であった。こうして、ヨハネは旧約から新約までの最も偉大な預言者になった。ヨハネはイエスが洗礼を受ける七年前から天国の福音を広く宣べ伝え始め、彼のした仕事は人から見れば後のイエスの働きより大きかったが、何といっても、彼は単なる預言者にすぎなかった。彼が働き、話すのも神殿の中に入らず、神殿の外のすべての村で、もちろん、ユダヤの民の間、特に貧しいユダヤの民たちの間でしたのである。彼は社会の上層部の人物とはめったに接触せず、ただユダヤの平民の間で福音を広く宣べ伝えて、主イエスのために適切な人選を用意し、適切な働きの場所を用意しただけである。彼のような道を整える預言者がいたので、主イエスは来たとき、直接彼の十字架の道を展開することができた。神が受肉して働くには、人を選ぶ仕事をする必要がなく、自分が自ら人を捜すか、或いは自分の働きの場所を捜す必要もなく、彼は来た時この仕事をしない。それは、その前にすでに適切な人が彼のために用意しておいたからである。イエスが働く前に、この仕事はヨハネがすでになし終えた。それは、受肉した神が来て働く時、直接彼の仕事を、すでに彼を待っていた人たちの身にするからである。彼が来たのは人の仕事をするか、或いは人を整頓する仕事をするためではない。彼が来たのはただ自分の果たすべき職分を果たすためであり、ほかのことは彼と少しも関係がない。ヨハネは来たとき神殿の中から、ユダヤの民の間から天国の福音を受け入れる一団の人を連れ出した。それは、これらの人を主イエスの働きの対象とするためであった。ヨハネは七年仕事をし、つまり七年天国の福音を宣べ伝え、彼が働いていた間に、彼が行ったしるしはそんなに多くなかった。なぜなら、彼の仕事はただ道を整えることであり、準備の仕事をすることであり、これ以外の、イエスがしようとしていた仕事は彼と少しも関係がなく、彼はただ人が救われるように、人に罪を告白させ、人に悔い改めさせ、人に洗礼を授けただけだからである。彼は新しい仕事をし、前人が歩んだことのない道も開いたけれども、彼はただイエスのために道を整えた者であり、ただ準備の仕事をした預言者であり、彼はイエスの代わりに仕事をすることができなかった。イエスは最初に天国の福音を宣べ伝えた者ではなく、ヨハネが開いた道を歩み続けた者ではあるが、彼の仕事はだれもその代わりをすることができないし、彼のした仕事はヨハネの仕事より大きかった。彼は自分で自分の道を用意するわけにはいかず、彼のした仕事は直接神を代表したのである。だから、ヨハネが何年仕事をしたとしても、彼はやはり預言者であり、やはり道を整える者であった。イエスがした三年の仕事はヨハネがした七年の仕事を上回るのは、彼らがした仕事の本質が異なったからである。イエスが職分を尽くし始めた時は、つまりヨハネの仕事が終わった時であり、その時、ヨハネが用意した人、用意した場所はもう主イエスが使うのに充分であり、主イエスが三年の仕事を展開するのにも充分であった。だから、ヨハネの仕事が終って間もなく、主イエスは正式に働き始め、こうして、ヨハネが言ったそれらの言葉は全部過ぎ去った。なぜなら、彼のした仕事はただ過渡的なものであって、人々をさらに新しい成長へと至るよう導く命の言葉ではなく、彼の言った言葉は畢竟一時的に役立つものだったからである。

イエスがした仕事も超然とした仕事ではなく、ある過程を経たのであり、すべて物事の正常な法則によって発展していた。イエスは最後の半年の間、自分が確かにその段階の仕事をするために来たことを知り、しかも自分が十字架につけられるために来たことを知った。彼は十字架につけられる前に、ずっと父なる神に祈っていた。ゲツセマネの三回の祈りのように。イエスが洗礼を受けてから職分を尽くしたのは三年半であり、彼が正式に働いたのは二年半であった。最初の一年のうちに、サタンの訴えがあり、人の妨げがあり、人の試みもあったが、彼は働きながら少なからぬ試みに打ち勝った。最後の半年、つまり彼がもうすぐ十字架につけられる時、ペテロの口から、彼が生ける神の子であり、キリストであるということを語り出した。その時はじめて、彼の身分、彼の仕事は人に知られ、公にされた。その後、イエスは弟子たちに、彼が人のために十字架につけられ、三日後に復活すること、彼が来たのは贖いの仕事をやり遂げるためであり、彼が世の救い主であることを告げた。彼は最後の半年の間に、彼の身分と彼がしようとしていた仕事を公にし、これは神の時でもあり、仕事はまさにこうすべきであった。イエスが働いた時、一部分の仕事は旧約聖書、またはヤーウェの律法時代の言葉、モーセの律法に基づいてしたのであり、これらによって一部分の仕事をしたのである。当時、彼は会堂で道を語り、人を教え、旧約の預言者の預言で彼に敵対するパリサイ人たちをしかり、聖書の中の言葉で彼らの不従順をさらけ出し、それによって彼らを罪に定めた。なぜなら、彼らがみなイエスのしたことを憎み、特にイエスのたくさんの仕事が聖書の中の律法によって行われたのではなく、しかもイエスの教えが彼らの言葉より高く、聖書の預言者の預言よりも高かったからである。イエスがした仕事はただ人を贖い、十字架につけられるためであった。だから、彼はもっと多くの言葉を言って人々を征服する必要がなかった。人を教えた時、彼は聖書から多くの言葉を引用し、彼は聖書を越えず仕事をしても、十字架につけられる仕事をやり遂げることができた。彼がした仕事は言葉の仕事ではなく、それは人類を征服するためではなく、人類を贖うためであった。彼はただ人類の罪祭になり、人類の言葉の源にはならなかった。彼は異邦の仕事――人を征服する仕事をしたのではなく、十字架につけられる仕事をしたのであり、神の存在を信じる人の間で働いていたのである。たとえ彼が聖書の基礎の上に立って働き、昔の預言者の預言でパリサイ人を罪定めしたとしても、十字架につけられる仕事を十分やり遂げることができた。もし、いまだに聖書にある昔の預言者の預言に基づいて働くなら、あなたたちを征服することができない。なぜなら、旧約にはあなたたち中国人の不従順と罪業が全然記されておらず、あなたたちの罪悪の歴史がないからである。だから、もし依然として聖書の中を徘徊したら、あなたたちはどんな時でも心服することができない。聖書に記された限りのあるイスラエル人の歴史は、あなたたちが悪であるか善であるかを定め、あなたたちを裁くのに全然足りない。しかし、どうだろう。もしわたしがイスラエル人の歴史によってあなたたちを裁くとしたなら、あなたたちが今日のようにつき従うことができるだろうか。あなたたちがどんなに取り扱いにくいか、あなたたち自身は知っているのか。もしこの段階で言葉を言わなければ、征服の仕事をやり遂げることができない。わたしは十字架につけられるために来たのではない。だから、あなたたちを征服するためには、わたしは聖書の範囲外で言葉を言わなければならない。イエスがした仕事はただ聖書の旧約より一歩高かっただけであり、それによって一つの時代を展開し、一つの時代を導いた。なぜ彼は「わたしが来たのは律法を廃止するためではなく、律法を成就するためだ」と言ったのか。だが、彼のした仕事の多くは、旧約のイスラエル人が実行した律法、守った戒めと異なっていた。なぜなら、彼は律法を守るためにではなく、律法を成就するために来たからである。成就する過程の中には、たくさんの実際のものが含まれ、彼がするのはもっと現実的で実際的であり、しかも融通が利き、規定を墨守しているのではなかった。イスラエル人は安息日を守っていたのではないか。イエスの時になって、彼は安息日を守らなかった。なぜなら、彼は人の子が安息日の主だと言い、安息日の主が来たら、自分の思うとおりにすればよく、彼は旧約の律法を成就し、律法を変えるために来たのだからである。今日の仕事は完全に現在の状況に即してするのだが、それはやはり律法時代のヤーウェの仕事の基礎の上に築かれ、これらの範囲を超えてはいない。例えば、自分の舌を警戒すべきであり、淫行の罪を犯してはならない。これらも旧約律法ではないのか。今、あなたたちに対する要求は十戒だけに限られているのではなく、前よりさらに高い戒め、律法であり、決してそれを廃止したのではない。なぜなら、どの段階の仕事も前の段階の仕事に基づいて行ったからである。当時、ヤーウェがイスラエルで発布したこと、例えば、いけにえをささげること、父母を敬うこと、偶像を拝まないこと、人を殴らないこと、人を罵らないこと、姦淫の罪を犯さないこと、煙草を吸わないこと、酒を飲まないこと、死んだものを食べないこと、血を飲まないことなど、今になってもあなたたちは、これらに基づいて実行しているのではないか。以前のことを基に今まで働いてきて、もう以前の律法に触れず、あなたに対してまた新しい要求を出したが、これらの律法が廃止されたわけではなく、高められたのである。廃止されたというのは、時代が古くなったということだが、一部分の戒めはあなたは永遠に守らなければならない。昔の戒めは人がもう実行できたし、すでに人の所是となった。煙草を吸わないとか、酒を飲まないなど、これらはもう特に強調する必要がない。これらを基に、またあなたたちの現在の必要、あなたたちの身丈に即して、現在する仕事に基づいて新しい戒めを定める。新しい時代の戒めを発布するのは、旧い時代の戒めを廃止するのではなく、もとの基礎の上に立って戒めを高めて、人の行うのがさらに完全になり、さらに実際的になるようにするのである。もし今、あなたたちに戒めを守ること、旧約の律法を守ることだけを要求し、あなたたちにイスラエル人がしていたのと同じようなことをさせ、さらには依然としてあなたたちにヤーウェが定めた律法を暗誦するよう要求するなら、あなたたちは全然変化を得ることができない。限りのあるいくつかの戒めを堅く守るか、或いは無数の律法を覚えるだけでは、あなたたちの古い性質はやはり根深くて、掘り出されることができず、そうなら、あなたたちはますます堕落するしかなく、あなたたちのうちだれも従順になれない。つまり、いくつかの簡単な戒め、または無数の律法は、決してあなたたちがヤーウェの業を認識する助けとなることができない。あなたたちはイスラエルの民とは異なり、彼らは律法を守り、戒めを暗誦することによってヤーウェの業を見ることができ、ヤーウェに忠心を尽くすこともできたが、あなたたちは全然達成できない。ただいくつかの旧約時代の戒めは、あなたたちに心をささげさせることができず、あなたたちの保護になれないばかりか、かえってあなたたちを手放して陰府に落とすはずである。わたしがしているのは征服の仕事であり、それはもっぱらあなたたちの不従順と古い性質に対してするのだから、ヤーウェとイエスの善言、善語は今日のこの厳しい裁きの言葉にはるかに及ばない。この厳しい言葉がなければ、あなたたちのような、何千年も神に逆らった「専門家」たちを征服することはできない。旧約の律法はあなたたちの身ではとっくに効力を失ってしまい、今日の裁きの威力は、その時の律法の威力をはるかに超え、あなたたちに最も適しているのはやはり裁きであり、ほんの少しの律法の束縛ではない。なぜなら、あなたたちは最初の人類ではなく、何千年も堕落させられた人類だからである。今、人に要求することはみな今日の人の実際の状態、今日の人の素質、実際の身丈によって要求するのであり、それはあなたに規定を守らせるのではなく、みなあなたの古い性質が変えられ、あなたの観念がすべて捨てられるためである。あなたはどう思うか。戒めは規定であるかどうか。それは人に対する正常な要求であって、あなたに規定を守らせるのはないと言ってもいい。例えば、タバコを吸わせないこと、これは規定だと言えるのか。規定ではない!これは正常な人間性によって要求したものであり、規定ではなくて、全人類のために定めたものである。今、定めた十数条の戒めも規定ではなく、正常な人間性を生かし出すのに持たなければならないものである。以前は人がみな持たず、また知らなかったので、今人に達成するよう要求するのであり、それは規定に属するのではない。律法は必ずしも規定を代表するのではない。わたしが言っている規定は、儀式、形式または人の誤った実行のし方を指しているのであり、人のためにならない、いろいろな制限や因習であり、人のためになるものではなく、意義のないやり方である。これこそ標準的な規定であり、これらの規定は廃棄しなければならない。なぜなら、これらは人のためにならないからである。だが、人のためになるのは必ず実行しなければならない。