「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

受肉の奥義(四)

あなたたちは聖書の内幕、聖書の形成について知らなければならない。これらはみな神の新しい仕事を受け入れていない人が持たないものであり、彼らは知らないのである。あなたがこれらの本質的なものを説き明かしたら、彼らはあなたと聖書を詮索しなくなる。彼らは聖書の中のそれらの預言的なものを詮索することが好きである。その言葉が実現したか、この言葉が実現したかと。福音を受け入れた時、彼らは聖書に基づいて受け入れたのであり、福音を宣べ伝える時、彼らは聖書に基づいて宣べ伝えるのである。彼らはみな聖書の文字によって神を信じるのであり、聖書を離れたら、彼らは神を信じない。彼らは聖書を詮索するという方式によって生活するのである。彼らがまた聖書を詮索してあなたに解釈させる時、あなたはこう言いなさい。「わたしたちはまず対照しないで、聖霊がどのようにするか見てみよう。真理と照らし合わせて、わたしたちの歩んでいる道が聖霊の仕事であるかどうか判断し、聖霊の仕事でわたしたちの歩んでいる道が正しいかどうか検証しよう。どの言葉が実現しなかったか、どの言葉が実現したかについては、人であるわたしたちは手を出さないほうがいい。わたしたちはやはり聖霊のする仕事について、神の今の最新の仕事について話してみよう。聖書の中の言葉は、当時預言者が伝えた神の言葉、神に使われた人が書いた言葉であって、神自身だけがそれらの言葉を解釈することができ、聖霊だけがそれらの言葉の意味を明らかにすることができ、神自身だけがその七つの封印を解き、その巻物を開くことができる。あなたも神ではなく、わたしも神ではないのに、だれが敢えて神の言葉を勝手に解釈するか。あなたは敢えてその言葉を解釈しようとするのか。たとえ預言者エレミヤが来ても、ヨハネが来ても、エリヤが来ても、彼らは敢えてそれらの言葉を解釈しない。なぜなら、彼らはみな小羊ではなく、小羊自身だけがその七つの封印を解き、その巻物を開くことができ、彼以外に彼の言葉を解釈することができる人はいないからである。わたしは敢えて神の名をみだりに唱えず、なおさら敢えて神の言葉を解釈せず、わたしは神に従う人にしかなれない。あなたは神であるのか。被造物のうちだれも敢えてその巻物を解かず、だれも敢えてその言葉を解釈しない。だからわたしも敢えて解釈しようとしない。あなたも解釈しないほうがいい。だれも解釈しないほうがいい。わたしたちは聖霊の仕事について話してみよう。これは人ができることである。わたしはヤーウェ、イエスがした仕事を少し知っているが、自ら経験しなかったので、少ししか話せない。当時イザヤが言ったそれらの言葉はどんな意味であるか、イエスが言ったその言葉はどんな意味であるか、わたしは解釈しない。わたしは聖書を研究する者ではなく、神の今の働きにつき従う者である。あなたが聖書を小さな巻物と見なしているが、それは小羊だけが解くことができるのではないか。小羊のほか、だれが解くことができるのか。あなたも小羊ではなく、わたしもなおさら敢えて神をみだりに唱えない。だから、わたしたちは聖書を研究せず、聖書を詮索しないで、聖霊がする仕事、すなわち神自身がする現在の仕事について話したほうがいい。わたしたちは神の働く原則は何であるか、本質は何であるかを見てみよう。これと照らし合わせて、今日わたしたちの歩んでいる道が正しいかどうか、正確であるかどうかを判断し、これによって確定しよう」。あなたたちが福音を宣べ伝えようとし、特に宗教界の人に福音を宣べ伝えようとするなら、必ず聖書を理解しなければならず、聖書の内幕を把握しなければならない。さもないと、あなたは福音を宣べ伝えることができない。あなたが大方向を把握して、彼と聖書の死んだ文字を詮索せず、ただ神の働きを語り、命の真理を語れば、心から求める人たちを得ることができる。

ヤーウェのした仕事、定めた律法、また人の生活を導く原則、律法時代における彼の働きの内容、彼が律法を定めた意義、彼のした仕事が恵みの時代にどんな意義があるのか、最後のこの段階でどんな仕事をしたのか、これらについてあなたたちはすべて知らなければならない。第一段階は律法時代の仕事であり、第二段階は恵みの時代の仕事であり、第三段階は世の終わりの仕事である。神のこのいくつかの段階の働きについて、あなたたちはみな分からなければならない。初めから終わりまで、全部で三段階の仕事をしたのである。それぞれの段階の仕事の本質は何であるか、六千年の経営計画の仕事はいったい何段階したか、このいくつかの段階の仕事はどのようにしたのか、なぜそのようにしたのか、これはみな肝心な問題である。どの時代の仕事も代表性があるのである。ヤーウェはどんな仕事をしたか、彼はなぜそのようにしたか、彼はなぜヤーウェと呼ばれたのか、恵みの時代にイエスはまたどんな仕事をしたのか、彼はどのようにしたのか、一つ一つの段階の仕事、一つ一つの時代はそれぞれ神のどの面の性質を代表するのか、律法時代にどのような性質があったのか、恵みの時代にまたどのような性質があったのか、終わりの時代にまたどのような性質があるのか、これらの本質的な問題はあなたたちがみな分からなければならない。六千年の経営計画の中で、神のすべての性質が全部明らかにされた。ただ恵みの時代に明らかにされたのではなく、ただ律法時代に明らかにされたのでもなく、なおさら、ただ世の終わりに明らかにされたのでもない。世の終わりにしている仕事は裁き、激しい怒り、刑罰を代表するのである。世の終わりにしている仕事は、律法時代にした仕事に代わることができず、恵みの時代の仕事に代わることもできないが、この三段階の仕事は互いに連係し合って、一体となるのであり、みなひとりの神がするのであり、もちろん時代を分けることによってする仕事である。世の終わりにしている仕事は結末をつける仕事であり、律法時代の仕事は最初の仕事であり、恵みの時代の仕事は贖いの仕事である。六千年の全経営計画の中のこれらの仕事の異象は、すべての人が見極められず、だれも分からないのであり、ずっと謎のままである。世の終わりにただ一段階の言葉の仕事をするのであり、これによって王国時代を展開する。しかし、それは決してあらゆる時代を代表するのではない。世の終わりはただ世の終わりであり、ただ王国時代であって、恵みの時代を代表せず、律法時代も代表しない。ただ世の終わりに六千年の経営計画の中のあらゆる仕事をあなたたちに明らかにしただけである。これは奥義が開かれたということである。このような奥義はだれも開くことができない。人がいくら聖書に詳しくても、ただ文字のものが分かっているだけである。それは人が聖書の本質を理解していないからである。人が聖書を読むことによって、いくらかの真理を理解し、或いはいくらかの文字のものを解釈し、いくらかの有名な章節、名句を詮索することができるかもしれないが、これらの文字の中に含まれている意味は人が永遠に解くことができない。なぜなら、人が見たのはみな死んだ文字であって、ヤーウェが働いた時の画面と、イエスが働いた時の画面ではなく、しかも人はこれらの仕事の奥義を解くことができないからである。だから、六千年の経営計画の奥義、これは最大の奥義であり、もっとも秘められているものであり、人は全く究めることができない。神の心意はだれも直接知ることができない。彼が自ら人に対して解釈せず、人に対して開かない限り、これらは人にとって永遠に「謎」であり、永遠に封じられている奥義である。宗教界の人々は言うまでもなく、もしわたしが今日あなたたちに教えなかったら、あなたたちも知ることができない。この六千年の仕事は、あらゆる預言者のそれらの預言よりも奥義的であり、これは創世から今までの最大の奥義であり、歴代の預言者たちもみな究められなかったものである。というのは、この奥義はただ終わりの時代に開かれるのであり、その前に開かれたことがないからである。もしあなたたちがこの奥義が分かるし、しかもこれを全部理解することができるなら、すべての宗教の人はこの奥義に征服されるはずである。これこそ最大の異象であり、人がいちばん分かろうと望むものであるが、また人がいちばんはっきり分かっていないものでもある。あなたたちは恵みの時代にいてもイエスのした仕事はいったい何であるかを知らず、ヤーウェのした仕事はいったい何であるかも知らなかった。ヤーウェはなぜ律法を定めたか、なぜ彼らに律法を守らせたか、なぜ彼らに神殿を建てさせたか、人はみな分からなかった。なぜイスラエル人をエジプトから荒野に導き入れ、また荒野からカナンに導き入れたのか、人はなおさら分からなかった。今日になって、これらの事は初めて明らかにされたのである。

世の終わりの仕事は三段階の仕事の中で最後の段階の仕事であり、もう一つの新しい時代の仕事であり、経営全体の仕事を代表しない。六千年の経営計画は三段階の仕事に分けられるのであり、どの段階の仕事も三つの時代の仕事を代表することができず、一部分しか代表できない。ヤーウェという名は神のあらゆる性質を代表することができない。彼が律法時代の仕事をしたからといって、神が律法の下の神だけであることが証明されたわけではない。ヤーウェは人のために律法を定め、戒めを発布し、人に神殿を建てさせ、祭壇を建てさせた。彼のした仕事は律法時代だけを代表するのである。彼がしたそれらの仕事は、決して神が人に律法を守らせる神であり、神が神殿の中の神であり、神が祭壇の前の神であることを証明することができない。このようには言えず、律法の下の仕事は一つの時代しか代表できない。だから、もし神が律法時代の仕事だけをしたなら、人は神を定義してしまい、そしてこう言うだろう。「神は神殿の中の神であって、わたしたちが神に仕えるには必ず祭司の衣を着なければならず、神殿の中に入らなければならない。」もし恵みの時代の仕事をしないで、律法時代をずっと今日まで継続させたなら、人は神には憐れみ、慈しみもあることを知らなかっただろう。もし律法時代の仕事をせず、一段階の恵みの時代の仕事だけをしたなら、人は、神は人を贖うことしかできず、神は人の罪を赦すことができ、彼はきよくて罪のない方であり、彼は人のために身をささげ、人のために十字架につけられることができるとしか知らない。人はこれらを知ることしかできず、ほかのことは分からないだろう。だから、一つの時代は神の一部分の性質を代表するのである。律法時代はどの面の性質を代表するか、恵みの時代はどの面の性質を代表するか、この段階はまたどの面の性質を代表するか、三つの段階の仕事を総合してこそ、神のあらゆる性質を明らかにすることができる。人が三つの段階の働きを認識してこそ、神の性質を全面的に理解することができる。三つの段階の仕事はどの段階も欠かせない。あなたが三つの段階の仕事を認識してこそ、神のすべての性質を見たのである。神が律法時代の仕事をやり遂げたからといって、神は律法の下の神であることが証明されたわけではない。神が贖いの仕事をやり遂げたからといって、神がいつまでも人類を贖うのだとは言えない。これはみな人が決めつけたのである。恵みの時代は終わったが、だからといって、あなたは神はただ十字架に属し、十字架は神の救いを代表すると言ってはならない。あなたがこのように言うと、神を定義してしまう。この段階の仕事の中で、神は主に言葉の仕事をするが、あなたは神が人を憐れんだことがなく、人を罰し、裁くだけであると言ってはならない。世の終わりの仕事の中で、神はヤーウェのした仕事、イエスのした仕事、人が分からないそれらの奥義を全部人に開き、さらには人類の落ち着き先、人類の結末まで明らかにして、人類の間におけるすべての救いの仕事を終わらせる。世の終わりのこの段階の仕事は結末をつける仕事であって、人がこれらの奥義を全部見極め、心の中で全部理解することができるように、人が分からない奥義をすべて開かなければならない。こうしてこそ、人を各々その種類に従わせることができる。六千年の経営計画が成就された後、人ははじめて神のすべての性質を知ることができる。それは彼の経営が終わったからである。今、あなたたちは終わりの時代の神の働きを経験した。では、神の性質はいったい何であるか。あなたは敢えて神はただ言葉を言う神であると言うか。あなたは敢えてこのように定義しない。またある人たちは、神は奥義を開く神であり、神は小羊であり、七つの封印を解く方であると言っているが、だれも敢えてこのように定義しない。またある人は、神は言がなった肉体であると言っているが、これも正しくない。ある人たちはまた、神は受肉した後、言葉を言うだけで、しるしと奇跡を行なわないと言っているが、あなたはなおさらこのように言ってはならない。なぜなら、イエスは受肉した後、しるしと奇跡を行なったからである。だから、あなたは神のことについて勝手に定義を下してはならない。六千年の経営計画の中の、神が始めから終わりまでしている仕事は今になって終わるのである。神がすべての仕事を一々人に明らかにし、人の間でした後、人ははじめて彼のあらゆる性質を知り、彼の所有所是を知るようになる。この段階の仕事を全部やり遂げる時、人が分からないすべての奥義が明らかにされるようになり、人が分からないすべての真理を人に分からせ、人が今後歩むべき道、人類の落ち着き先まで人に教える。これはこの段階でしようとするすべての仕事である。今、人が歩んでいる道も十字架の道であり、苦しみを受ける道であるけれども、人が実行するもの、人が今日食べ飲みし、享受するものは律法の下の人、恵みの時代の人のと大いに違う。今日、人に対する要求は以前と異なり、律法時代の人たちに対する要求となおさら異なる。イスラエルで働いた時、律法の下の人に対してどのように要求したのか。彼らは安息日を守り、ヤーウェの律法を守ればよく、安息日になるとだれも仕事をしなかったのであり、だれもヤーウェの律法に背いてはならなかった。今はそうではない。安息日になってもいつものように仕事をし、集会をするべき時になったら集会をし、祈るべき時になったら祈り、少しも束縛を受けない。恵みの時代にそれらの人たちはみな洗礼を受け、また断食し、パンを裂き、ぶどう酒を飲み、頭を覆い、足を洗わなければならなかったが、今になってこれらの規定はすべて廃止され、神が人にもっと高い要求を出した。なぜなら、神の仕事は絶えず深化し、人の進入も絶えず高まっているからである。以前、イエスは彼らに手を置いて祈った。今は言葉が全部言い尽くされたのに、また手を置いて何の役に立つのか。言葉だけでも直接効果を収めることができる。その時、手を置いたのは人を祝福するためであり、それによって人の病気も治されることができた。当時聖霊はそのように働いていたのである。今は聖霊はもうそのように働かず、言葉によって働いて効果を収めるのである。言葉はみなあなたたちにはっきり教えたから、そのように実行すればいい。言葉が彼の心意であり、彼がしようとしている仕事であり、彼の言った言葉によって彼の心意を理解することができ、言葉によって彼があなたに要求したことを理解することができる。手を置く必要がなく、直接実行すればいい。ある人はこう言う。「わたしに手を置いてください!手を置いてくだされば、あなたの祝福を得ることができて、あなたにあずかる者となれます!」これはみな以前の古い実行のし方であり、今は全部廃止された。なぜなら、時代が変わったからである。聖霊は時代によって仕事をするのであって、気の向くままに仕事をするのではなく、規定に当てはめて仕事をするのでもない。時代が変わったら、彼はきっと新しい時代に新しい仕事をもたらすのである。どの段階の仕事もこのようである。だから、彼の仕事は今まで重複したことがない。恵みの時代にイエスはそのような仕事を少なからずした。たとえば、病気を治し、悪霊を追い出し、手を置いて祈り、人を祝福するなどである。今日わたしが再びそのようにすれば意義がなくなる。聖霊が当時そのように働いたのは、その時が恵みの時代であって、人は十分な恵みを享受することができ、どんな代価をも払う必要がなく、信じさえすれば恵みを得ることができ、神がどんな人にも特別情け深かったからである。今は時代が変わり、神の仕事はまた前に向かって発展したのであって、神が刑罰、裁きによって人の不従順を取り除き、人の内の汚れているものを取り除くのである。その段階は人を贖うためであったから、彼はそのようにしなければならず、人に十分な恵みを与えて享受させなければならなかった。そうしてこそ、人を罪の中から贖い出すことができ、恵みによって人に罪の赦しを得させることができるのであった。この段階では、刑罰、裁き、言葉の打ちたたき、言葉の懲らしめ、言葉のさらけ出しによって、人の内のそれらの不義のものを明らかにし、そうすることで人が救われるようにする。これは贖いよりもっと深い仕事である。恵みの時代の恵みは人が享受するのにもう十分であり、人がすでにそれを経験したから、人に再び享受させない。この仕事はもう時代遅れとなり、もうしないのである。今は言葉の裁きによって人を救うのである。人が裁き、刑罰、精練を受けて、性質の変化を得たのはみな、わたしの言ったこれらの言葉のゆえではないか。どの段階の仕事も全人類の発展の状況に応じてするのであり、時代によってするのである。なされる仕事はみな意義があり、みな最終の救いのためであり、みな今後人類がよい落ち着き先を持つことができるためであり、人が最後に各々その種類に従うためである。

最後の仕事は言葉を言うことであり、言葉によって人は大きな変化を得ることができる。今、この人たちがこれらの言葉を受け入れてから得た変化は、恵みの時代に人がそれらのしるしと奇跡を受け入れてから得た変化よりずっと大きい。なぜなら、恵みの時代に手を置いて祈ると、悪霊は人から出て行ったが、人の内側のそれらの堕落した性質は依然として存在しており、人の病気は治され、人の罪は赦されたけれども、人が一体どうすれば内側の堕落したサタン的性質を脱ぎ捨てることができるかについての仕事はまだ人の身に行われておらず、人はただ信仰によって救われ、信仰によって罪の赦しを得ただけで、罪を犯す人の本性はまだ取り除かれておらず、まだ人の内側に存在しているからである。人の罪が神の受肉によって赦されたのであって、人の内側に罪がなくなったのではない。人が罪を犯せば、罪祭によって赦されることができるが、一体どうすれば人が罪を犯さず、罪の性質を完全に脱ぎ捨て、罪の性質がある程度変えられることができるか、この問題は人が解決することができない。人の罪は確かに赦された。それは神が十字架につけられた仕事のゆえである。だが、人はやはり古くて堕落したサタン的性質の中に生きている。こうして、人を堕落したサタン的性質の中から完全に救い出して、罪の性質が完全に取り除かれ、しかも再び発展せず、人の性質が全部変化するようにしなければならない。だから、人に命の成長へと至る道を分からせ、人に命の道、性質の変化に至る道を分からせ、しかも人にみなこの道によって実行させる必要がある。これによって、人が次第に性質の変化を得て、光の照らしの中で生きるようにし、人の行うすべての事が神の心にかなうようにし、人が堕落したサタン的性質を脱ぎ捨て、サタンの暗やみの権勢から逃れて、完全に罪の中から出て来ることができるようにする。こうしてこそ、人は完全な救いを得ることができるのである。イエスが働いた時、イエスに対する人の認識は依然として漠然としており、依然としてぼんやりしていた。人はずっと彼のことをダビデの子だと思っており、彼のことを大預言者だと言い、彼のことを、人の罪を贖う慈しみ深い主だと言っていた。ある人たちは信仰によって彼の衣の房に触れるとすぐ病気が治り、盲人も見えるようになり、死人も生き返ることができた。しかし、人の内側の根深い、堕落したサタン的性質には、人は気付くことができず、どのように脱ぎ捨てるかも知らなかった。人はたくさんの恵みを受けた。例えば、肉体の平安、喜びとか、一人が神を信じれば家族全員が祝福されるとか、病気がいやされるとかの恵みである。ほかは人の良い行いと敬虔な様子であった。人がこれによって生きることができれば適格な信徒であり、このような信徒こそ死んだ後、天堂に上ることができ、すなわち救われたのである。しかし、この人たちは生前に命の道が全然分からず、ただ罪を犯しては罪を認め、罪を犯しては罪を認めただけで、性質の変化に至る道を持ってはいなかった。恵みの時代の人はこういう状態にあるのであった。人は完全に救われたのか。まだである!だから、その段階の仕事をやり遂げた後、また一段階の裁き、刑罰の仕事をしなければならない。この段階では言葉によって人をきよめ、人に歩むべき道を持たせるのである。もしこの段階で再び悪霊を追い出すなら、効果と意義がなくなる。なぜなら、人の罪の性質が脱ぎ捨てられていなくて、人がただ、罪が赦されたという基礎の上にとどまっているからである。罪祭によって、人はすでに罪の赦しを得た。それは十字架の仕事はもう終わり、神はもうサタンに打ち勝ったからである。しかし、人の堕落した性質がまだ人の内側に存在していて、人はまた罪を犯して神に逆らうはずであり、神はまだ人類を得ていない。だから、この段階では言葉で人の堕落した性質をさらけ出して、人に適切な道によって実行させる。この段階でする仕事は、前の段階よりさらに意義があり、前の段階でした仕事より効果がさらに大きい。なぜなら今は、言葉が直接人に命を供給して、人の性質が完全に新しくされることができるようにするのであり、これは一段階のさらに徹底的な仕事だからである。だから、世の終わりの受肉は、神の受肉の意義を完全にし、神の人を救う経営計画を徹底的に完成したのである。

神が人を救うのは、決して直接霊の方式で、霊の身分で人を救うのではない。なぜなら、彼の霊は人が触れることも、見ることもできず、しかも人が近づくこともできないからである。霊の身分で直接人を救えば、人は彼の救いを得ることができない。神が、造られた人の殻を着るのでなければ、人はこの救いを得ることができない。なぜなら、ヤーウェの雲にはだれも近づくことができないのと同じように、人が全然彼に近づくことができないからである。彼が造られた人となってこそ、つまり彼の「言」を、彼がなろうとする肉体の中に入れてこそ、自らこの「言」を、彼につき従うすべての人の内につくり込むことができ、人ははじめて直接彼の言を聞き、彼の言を見ることができ、さらに彼の言を得ることができ、これによってこそ人は完全に救い出されることができる。神が受肉したのでなければ、血肉に属する者はだれもこの極めて大きな救いを得ることができず、また、だれも救われることができない。もし神の霊が直接人の間で働くなら、人はみな打ち殺されるか、或いは神と接触することができないため、サタンに徹底的に捕えられてしまうだろう。初めて受肉した時、神は人を罪の中から贖い出し、イエスの肉体によって人を贖い出したのであり、すなわち人を十字架の上から救ったのである。しかし、堕落したサタン的性質はまだ人の内に存在している。二回目に受肉したのは、再び罪祭となるためではなく、罪の中から贖い出された人たちを完全に救い出すためである。それによって、罪が赦された人たちが罪から抜け出し、完全にきよめられ、性質の変化を得、サタンの暗やみの権勢から逃れて、神の玉座の前に帰することができるようにする。こうしてこそ、人は完全にきよくなることができる。律法時代が終わった後、神は恵みの時代から救いの仕事をし始めた。世の終わりになって、神は人類の不従順を裁き、罰する仕事をした。人類が完全にきよめられた後、神ははじめて救いの仕事を終わらせて、安息に入る。だから、三つの段階の仕事の中で、神が受肉して自ら人の間で働くのは二回だけである。というのは、三つの段階の仕事の中で、人の生活を導く仕事は一段階しかなく、ほかの二つの段階の仕事はみな救いの仕事だからである。神が受肉してこそ、人と共に生活し、この世の苦しみをなめ、正常な肉体の中に生きることができ、こうしてこそ、造られた人に必要な実際の道を人に供給することができる。人は、神が受肉したため神の全部の救いを得たのであって、直接天に祈り求めて得たのではない。なぜなら、人はみな血肉に属する者で、神の霊を見ることができず、なおさら、神の霊に近づくことができず、人が接触できるのは神の言がなった肉体だけであり、これによってこそ、人はすべての道が分かり、すべての真理が分かり、全部の救いを得ることができるからである。二回目の受肉は、人の罪を取り除くのに十分であり、人を完全にきよめるのに十分である。だから、二回目の受肉は、肉体における神のすべての仕事を終わらせ、神の受肉の意義を完全にした。それから、肉体における神の仕事は全部終わり、彼は二回目に受肉した後、三回目に受肉する仕事をするはずがない。なぜなら、彼の経営全体はもう終わり、世の終わりの受肉を通して、すでに彼が選んだ人を完全に得、世の終わりの人はみな各々その種類に従ったのであり、彼は再び救いの仕事をするはずがなく、また肉体の中に戻って働くはずがないからである。世の終わりの仕事の中で、言葉の威力はしるしと奇跡を行なう威力より大きく、言葉の権威はしるしと奇跡の権威を超える。言葉は人の心の底のあらゆる堕落した性質をさらけ出した。あなたは自分で気付くことができないが、言葉によって明らかに示されたら、ひとりでに気付くことができて、認めざるを得ず、口先だけでなく心から承服する。これはみな言葉の権威ではないか。これはみな今日、言葉の仕事によって収めた効果である。だから、病気を治し、悪霊を追い出せば、人を罪の中から完全に救い出すことができるのではなく、しるしと奇跡を行えば、人を完全にすることができるのでもない。病気を治し、悪霊を追い出す権威はただ人に恵みを与えるだけである。だが、人の肉体はやはりサタンのものであり、人の内側にやはり堕落したサタン的性質がある。すなわち、きよめられていない者はやはり罪に属し、やはり汚れたものに属する。人は言葉によってきよめられてはじめて、神に得られることができ、きよい人になることができる。ただ人から悪霊を追い出し、人を贖い戻し、人をサタンの手から奪い返して神に帰しただけである。しかし、人はまだ神にきよめられておらず、神に変えられていないから、やはり堕落した人である。人の内側にやはり汚れがあり、やはり反抗があり、やはり不従順があり、人はただ神に贖われて神の前に戻っただけである。しかし、人は神に対して全然認識がないので、やはり神に反抗し、神を裏切るはずである。人が贖われる前に、もうたくさんの、サタンの毒素が人の内に植え付けられた。人は何千年もサタンに堕落させられて、内側にはもう神に反抗する本性を持った。だから、贖い出された後の人はただ贖い戻され、すなわち身代金を払って買い取られたにすぎない。しかし、人の内の毒性は決して取り除かれておらず、このような汚れた人は変えられてはじめて神に仕える資格があるのである。この段階の裁き、刑罰の仕事によって、人が自分の内側の汚れて堕落した本質を完全に認識し、しかもすっかり変えられて、きよめられた人になることができるようにする。こうしてこそ、人は神の玉座の前に戻る資格を持つことができる。今日するこのすべての仕事はみな、人がきよめられ、変えられることができるためであり、言葉の裁き、刑罰によって、精練によって、人が堕落を脱ぎ捨てて、きよめられることができるためである。この段階の仕事は救いの仕事だと言うよりも、むしろきよめる仕事である。実際には、この段階の仕事は征服の仕事でもあれば、第二段階の救いの仕事でもある。人が神に得られるのは言葉の裁き、刑罰によってである。言葉の精練、裁き、さらけ出しによって、人の心の中にあるそれらの不純物、観念、存心または個人の望みがみな明らかにされたのである。人はみな贖われ、人の罪はすべて赦されたが、これはただ神が人の過ちを覚えず、人の過ちによって人を取り扱わないだけである。しかし、人は肉体の中に生きていて罪から離れていないので、引き続き罪を犯し、絶えず堕落したサタン的性質を暴露するばかりである。これが人が送っている、絶えず罪を犯し、また絶えず赦される生活である。多くの人は昼間罪を犯し、夜罪を告白する。だから、たとえ罪祭が人にとって永遠に有効だとしても、人を罪の中から救い出すことができない。つまり、救いの仕事が半分しかなし遂げられていないのである。なぜなら、人にはやはり堕落した性質があるからである。例えば、人は自分がモアブの子孫だと知った時、不平を言い、命も追い求めず、すっかり消極的になった。これは人がまだ完全に神の権威の下に従うことができないことではないか、これは正に堕落したサタン的性質ではないか。あなたに刑罰を受けさせなかった時、あなたは手をだれよりも高く挙げ、イエスよりも手を高く挙げ、また大声で叫んだ。「神様の愛する子になりたいです!神様の知己になりたいです!わたしたちは死んでもサタンに屈服しません!古サタンを裏切ります!大赤竜を裏切ります!大赤竜を徹底的に崩壊させます!神様に完全にされたいです!」だれよりも高く叫んだが、刑罰の時代がやって来たら、人の堕落した性質はまた暴露した。人はもう叫ばなくなり、志もなくなった。これが人の堕落であり、罪よりもっと深い、サタンが人の内に植え付けた根深いものである。人の罪は容易に気づくことができない。人のこれらの根深い本性には、人が気づくことができない。だから、言葉の裁きによって効果を収めなければならない。こうしてこそ、人はこれを出発点としてだんだん変化を得ることができる。人が以前そのように叫んだのはみな、人がもとからある堕落した性質について知らなかったからである。これらのものが人の内の混ざり物である。長い間裁かれ、罰されたため、人がずっと緊張した雰囲気の中に生きていた。これはみな言葉によって収めた効果ではないか。奉仕者という試練の前にもあなたはずいぶん声高く叫んだのではないか。「王国に入った!この名を受け入れた人はみな王国に入った!みな神にあずかる者となった!」と。奉仕者という試練が与えられると、もう叫ばなくなった。初めのうち人はみな、「神様よ!あなたがわたしをどこに置いても、わたしたちはあなたが左右するに任せます」と叫んだ。だれがわたしのパウロであるかという神の言葉を見た時、彼はすぐ「わたしがなりたいです!」と言った。また、ヨブの信仰はどうであるかという言葉を見た時、彼は「わたしがヨブの信仰を具備したいです。神様よ、わたしを試してください!」と言った。奉仕者という試煉が臨んだ時、すぐにしょげてしまい、あやうく立ち上がれないところであった。それ以後、人の心の中の混ざり物は次第に少なくなった。これはみな言葉によって収めた効果ではないか。だから、今日あなたたちが経験したのはみな言葉によって効果を収めたのであり、この効果はイエスがその時しるしと奇跡を行って収めた効果をさえ超えるのである。あなたが見た神の栄光、あなたが見た神自身の権威は、十字架につけられることによってだけではなく、病気を治し、悪霊を追い出すことによってだけでもなく、さらに言葉の裁きによって見たのである。これによって、あなたがこのことを見た。しるしを行い、病気を治し、悪霊を追い出すのが神の権威、神の力であるだけでなく、言葉の裁きはさらに神の権威を代表することができ、さらに神の全能を明らかにすることができる。

人が今到達したもの、すなわち現時点での人の身丈、人の認識、愛、忠心、従順、および悟り、これらはみな言葉の裁きによって収めた効果である。あなたが忠誠を尽くすことができ、あなたが今まで立っていられるのは、みな言葉によって収めた効果である。人は今、受肉した神がする仕事は確かに尋常でなく、その多くは人にはできないことであり、奥義であり奇跡でもあるのを見た。そのため、たくさんの人は従順になった。ある人は生まれてからだれにも心服したことがないが、今日の神の言葉を読んで、知らず知らずのうちに徹底的に心服するようになり、敢えて研究をせず、何も言わなくなった。人はみな言葉の下に倒れ、みなこの言葉の裁きの下に倒れ伏した。もし神の霊が直接人に言葉を言うなら、人はみな「声」の前に従うようになり、言葉を言ってさらけ出さないとしても、人はみな倒れ伏すようになる。パウロがダマスコへの道で光の中に倒れ伏したように。もし神がやはりそのようにすれば、人は永遠に言葉の裁きによって自分の堕落を認識し、救われるという目的を達することができない。受肉してこそ、神は自ら言葉を一人一人の耳に届けることができる。こうして、耳のある人たちがみな彼の言葉を聞き、彼の言葉の裁きの仕事を受け入れることができるようになる。これこそ言葉が収めた効果である。霊の出現で人を「おどかし倒す」のではない。このような、実際的かつ非凡な仕事によってこそ、人の内側の深みにあるそれらの長年隠れていた古い性質を完全にさらけ出すことができる。これによって、人がみなそれらのものを認識して、変化を得ることができるようにする。これらはみな受肉した神の実際の仕事である。実際に話し、実際に裁き、そうすることによって、言葉で人を裁くという効果を得るのである。これこそ受肉の権威であり、受肉の意義である。それは、受肉の権威を明らかにし、言葉がもたらした仕事の効果、霊が肉体の中に来たことを明らかにするためであり、言葉で人を裁くという方式によって彼の権威を明らかにするためである。彼の肉体は普通で正常な人性の殻であるが、彼は言葉が収めた効果によって、人に彼が権威に満ちていること、彼が神自身であること、彼の言葉がすなわち神自身の発表であることを見せる。これによって、すべての人に彼は神自身であり、しかも受肉した神自身であって、だれも犯してはならず、だれも彼の言葉の裁きに打ち勝つことができず、どんな暗やみの勢力も彼の権威に打ち勝つことができないということを見せる。人が彼に従うのはみな、彼の「言」がなった肉体のゆえであり、みな彼の権威のゆえであり、彼の言葉の裁きのゆえである。言がなった肉体がもたらした仕事はつまり彼が持っている権威である。言が肉体となったのは、肉体も権威を持つことができ、しかも実際に人の間で働いて、人が見ることも、触れることもできるからであり、このように働くのはあらゆる権威を持っている神の霊が直接働くよりずっと実際的であり、しかも働きの効果も明らかだからである。なぜなら、言がなった肉体は実際に話し、実際に働くことができ、しかも、肉体の殻は権威を持っていなくて、人がみな近づくことができるが、彼の本質は権威を持っているからである。でも、人はだれも彼の権威を見ることができない。彼が話し、働く時、人は彼の権威の存在に気づくことができない。これはさらに彼の実際の働きに有利である。人がみな、彼が権威を持っていることを知らず、また、彼の不可侵と彼の激しい怒りを見ることができないとしても、彼のこれらの実際の働きはみな効果を収めることができる。隠された権威、隠された激しい怒り、公にした言葉によって彼の話す効果を収めるのである。つまり、話す口ぶり、言葉の厳しさ、言葉のあらゆる知恵をもって、人に口先だけでなく心から承服させるのである。こうして、人はみな権威のないような受肉した神の言葉の下に従うようになる。これで、神の人を救う目的が達成された。すなわち、さらに実際に話すためであり、また、彼の言葉の実際が人の身で効果を収め、人がこれによって神の言葉の威力を見ることができるためである。これは受肉のもう一つの意義でもある。だから、この仕事は受肉によってしなければ、全然効果を収めることができず、罪深い人を完全に救い出すこともできない。なぜなら、神が受肉しなければ、人が見ることも触れることもできない霊であるが、人はみな肉体に属する被造物であり、人と神は二つの異なった世界におり、しかも異なった性質を持っており、神の霊は肉体に属する人と全く相容れず、全然「外交関係を結ぶ」ことができないし、また人は霊になれないからである。こうして、神の霊が一人の被造物になって彼の本来の仕事をするしかない。なぜなら、神はいと高き所に上ることもできれば、遜って一人の造られた人になって、人の間で働き、人と一緒に生活することもできるが、人はいと高き所に上って霊になることができず、なおさらいと低き所に下ることもできないからである。だから、神が受肉して仕事をしなければならない。例えば、初めて受肉した時、神の言がなった肉体だけが十字架につけられて人を贖うことができ、神の霊は全然十字架につけられて人の罪祭になることができなかった。神は直接肉体となって人の罪祭になることができるが、人は直接天に上って、神が人のために用意した罪祭を取ることができない。だから、「神が天上と地上を何度も往復する」としても、人に天に上ってこの救いを取らせるわけにはいかなかった。なぜなら、人は堕落してしまい、その上、人は全然天に上ることができず、なおさら罪祭を取ることができなかったからである。だから、やはりイエスが人の間に来て、人には全然できないそれらの仕事を自らしなければならなかった。毎回の受肉はみなぜひとも必要なことである。もしその中の一つの段階の仕事でも神の霊が直接できるなら、彼は怨みをこらえ、屈辱を忍んで受肉するはずがない。

この最後の段階の仕事は、言葉によって効果を収めたのである。言葉によって、人はたくさんの奥義が分かり、歴代にわたって神がしてきた仕事が分かった。言葉によって、人は聖霊の啓きを得た。言葉によって、人は歴代にわたって人がまだ開いていない奥義が分かり、歴代の預言者、使徒がした仕事と働いた原則が分かった。言葉によって、人はまた神自身の性質を理解し、人の不従順、人の反抗を知り、自分の本質を認識した。この一歩一歩の働きとあらゆる言葉によって、人は霊の働きを認識し、神の言がなった肉体がする仕事を認識し、さらに彼のあらゆる性質を認識した。あなたが神の六千年の経営仕事を認識したのも言葉によってである。自分が以前どんな観念を持ったのかを認識し、しかも放棄することができたのも、言葉によってではないか。イエスのその段階の仕事の中ではしるしと奇跡を行なったが、この段階の働きの中ではしるしと奇跡を行わない。あなたがなぜしるしと奇跡を行わないか分かったのも、言葉によってではないか。だから、この段階で言う言葉は、歴代の使徒、預言者がした仕事にまさっているのであり、預言者が語った預言でもこの効果を収めることができなかった。預言者が語ったのはただ預言に過ぎなかった。彼らが語ったのは将来起こる事であるが、それは当時神がしようとしていた仕事ではなく、人の生活を導くのでもなく、人に真理を与えるのではなく、人に奥義を明らかに示すのでもなく、なおさら人に命を与えるのではなかった。この段階で言った言葉には、預言があり、真理があるが、それは主に人に命を与えるためである。今の言葉は預言者が語った預言と異なる。これは一段階の仕事であり、人の命のためであり、人の命の性質を変えるためであって、預言を語るためではない。第一段階はヤーウェがした仕事であり、彼がした仕事は、人が地上で神を礼拝できるように道を用意するためであり、それは最初の仕事であり、地上で働く発源地を見つけるためであった。当時ヤーウェは、イスラエルの民に安息日を守りなさい、父母を敬えなさい、互いに仲よく一緒に住みなさい、と教えた。なぜなら、当時の人が人とは何であるか知らず、また地上でどのように生活するか全然知らなかったので、必ず第一段階の働きの中で人の生活を導かなければならず、ヤーウェが彼らに教えたのはみな、人類がずっと分からなかったものであり、人が持っていないものだったからである。その時、たくさんの預言者を興して預言を語らせた。彼らはみなヤーウェの導きの下で預言を語ったのである。それはただ仕事の中の一項目であった。第一段階の仕事をした時は受肉しなかったので、神は預言者を通して諸国、諸族に語ったのである。イエスが働いた時、今日のようにこんなにたくさんの言葉を言わなかった。世の終わりのこの段階の言葉の仕事は歴代以来初となる。イザヤ、ダニエル、ヨハネ彼らはたくさんの預言を語ったけれども、彼らの語った預言はわたしが現在言う言葉と全然違う。彼らが語ったのはただ預言であるが、現在わたしが語るのは預言ではない。わたしがすべての言葉を預言に変えたとしたら、あなたたちは分かるだろうか。もしわたしの言った言葉がすべてこれから先の事であり、わたしが去った後の事であれば、あなたがどうして分かるだろうか。言葉の仕事はイエスの時代に行われたことがなく、律法時代にも行われたことがない。ある人たちはこう言うだろう。「ヤーウェが働いた時も言葉を言ったのではありませんか。イエスが働いた時、病気を治し、悪霊を追い出し、しるしと奇跡を行なったほかに、彼も言葉を言ったのではありませんか」と言うかもしれない。彼らが言葉を言うことと、わたしが言葉を言うことの間には異なるところがある。ヤーウェが言葉を言うことの本質は何だったのか。彼はただ人の地上での生活を導いただけで、命と霊の中のことに関する言葉は言わなかった。なぜヤーウェが言葉を言うことを、諸方に告げるのだと言うのか。「告げる」という言葉の意味ははっきり教え、直接指示するということである。彼は人に命を供給せず、ただ手を取って人にどのように彼を畏れるべきかを教えただけで、何のたとえも使わなかった。ヤーウェがイスラエルでした仕事は、人を対処し、人を懲らしめることではなく、人を裁き、罰することでもなくて、ただ人を導くことであった。ヤーウェはモーセに彼の民にこう告げさせた。荒野に出てマナを拾い集めなさい。毎日早く起きて、太陽が昇る前にみな出てマナを拾い集めて食べなさい。拾い集めたのはその日食べるのに充分であればよい。翌日まで残しておいてはならない。それは翌日になるとみな黴が生えるからである。彼は人を教えず、人の本性をさらけ出さず、人の内の考え、思いもさらけ出さなかった。彼は人を変えたのではなくて、人の生活を導いていた。その時の人は幼い子供のようで、何も知らず、いくらかの簡単で機械的な動作を行うことしかできなかった。だから、ヤーウェはただ律法を発布してすべての民を導いただけである。福音の仕事を広めて、心から求めるあらゆる人に今日の仕事について認識を持たせ、口先だけではなく心から承服するようにするつもりなら、あなたは必ず神の毎段階の仕事の内幕、本質と意義が分からなければならない。人があなたの交流を聞いた後、ヤーウェのした仕事、イエスのした仕事、さらに今日するすべての仕事を理解することができ、しかも、三段階の仕事の間のつながりと相違点を理解することができるようにし、あなたの交流を聞き終わった後、三段階の仕事は互いに妨げ合わず、みなひとりの霊がしたのであるということ、彼らが異なった時代で働き、働きの内容が異なり、言った言葉も同じでないが、彼らの働く原則はみな同じであるということを知るようにすべきである。これらはみな、すべての人が分かるべき最大の異象である。