「御言葉は肉において現れる」選篇

受肉の奥義(三)

神が働くのは建造をやったり、運動を行ったりするのではなくて、職分を果たすためである。毎回の受肉はただ一段階の仕事をやり遂げ、新しい時代を開くためである。今はもう王国時代に入り、王国の訓練に入った。この段階の仕事の中で神は人の仕事をするのではない。彼は人を十分な程度まで完全にしようとするのではなく、ただ神の一部分の仕事をやり遂げようとするだけである。彼がするのは人の仕事ではない。彼は人を完全にすることでりっぱな成果をあげてから地を離れるのではなく、彼の職分を果たし、彼のすべき仕事をやり遂げたら、すなわち地上における彼の仕事をすべて適切に按配したら、彼は栄光を受けたのである。受肉した神のする仕事と聖霊に使われる人のする仕事は同じでない。神は地上に来て働く時、ただ彼の職分を果たすだけで、彼の職分と無関係なほかの事にはほとんど手を出さず、関与もしない。彼はただ彼のすべき仕事をするだけであり、とりわけ人のすべき仕事には、彼はなおさら関心を持たない。彼のする仕事はただ、彼が身を置いている時代、彼の果たすべき職分と関係がある仕事である。ほかの事は彼のすべきことではないようである。彼はもっと多くの、世渡りをする常識を装備せず、もっと多くの社交の技巧も学ばず、ほかの人が知っていることも装備しない。彼は、人が持つべきこれらのものには、少しも関心を持たず、ただ自分の職分内の仕事をするだけである。だから、人から見れば、受肉した神は「欠けたところ」が多すぎ、人が持つべき多くのものにさえ彼は全く無関心であり、しかも分からないのである。例えば生活常識、世に処し、身を立てる原則などはほとんど彼とは無関係である。でも、あなたは受肉した神の身には不正常な表現があるのを全然見られない。つまり、彼の人性はただ彼の正常な人性の生活を支え、彼の正常な大脳の理智を支えて、彼に是非を識別する能力を持たせるだけであり、ほかの余計なものを彼は決して装備せず、これらの余計なものはただ人(被造物)が持つべきものである。神は受肉する時、ただ自分の職分を果たすだけであり、彼は全時代の仕事をするのであって、ある特定の人、或いは特定の区域に対して働くのではなく、全宇宙に向かって働くのである。これは彼の働く方向であり、彼の働く原則である。これはだれも変えることができず、人は全然手を出すことができない。毎回受肉する時、神は時代の仕事をもたらすのである。彼はわざわざ人と二十年、三十年、四十年さらに七、八十年生活して、人に彼をもっと理解させ、認識させるのではない。これは必要のないことだ!そのようにすれば神の元来の性質に対する人の認識を全然深めることができず、人の観念を増やすばかりであり、人の観念、人の思想をみな老化させるばかりである。だから、あなたたちはみな、神が受肉することによってする仕事はいったい何であるか分からなければならない。まさか「わたしが来たのは正常な人の生活を体験するためではない」とあなたたちに言ったことをあなたたちが分からないのではあるまい。あなたたちは「神が地上に来たのは正常な人の生活をするためではない」という言葉を忘れてしまったのか。あなたたちは神が受肉した目的が分からず、しかも「神がどうしてわざわざ地上に来て被造物の生活を体験するだろうか」ということも知らない。神が地上に来たのはただ仕事をやり遂げるためであるから、地上における彼の仕事は短期間内の仕事である。彼が地上に来たのは、わざわざ神の霊に、彼の肉体を一人の素晴らしい、教会を導く人に育て上げさせるためではない。神が地上に来たのはもともと「言」が「肉体」となったのである。ただ人が彼のする仕事を知らないため彼に押し付けたにすぎない。しかし、あなたたちがみな知るべきことは、神は「言が肉体となった」のであって、神の霊がある肉体を育成して一時的に「神」の役を務めさせるのではない。神自身は育成されたものではなく、「道」「言葉」が「肉体」となって、今日正式にあなたたちの間で働くのである。あなたたちはみな、神が受肉したことは事実であることを知っているし、しかもそれを認めるが、しかしあなたたちはみな竽が吹けないのに楽人の間に混じっているような者であり、あなたたちは神が受肉してしようとしている仕事、及び彼が受肉したことの意義、本質を全然理解しておらず、ただほかの人について調子のよい文句を暗誦するだけである。神が受肉したことは、あなたが想像したとおりだと思っているのか。

神が受肉したのはただ時代を導き、新しい仕事を展開するためである。この点はあなたたちが分からなければならない。これは人が機能を果たすのと大いに違う。だから、あなたはこの二つの事をいっしょくたにして同列に論じてはならない。人が仕事をするには、長期にわたって育成され、完全にされる必要がある。それでこそ使用されることができる。しかも、人は特別優れた人性を必要としており、正常な人性の理智を維持する必要があるだけでなく、さらに多くの処世の原則と規則が分からなければならず、もっと多くの、人間の知恵と倫理に関する知識を学ばなければならない。これは人が具備すべきものである。しかし、受肉した神はこれらを具備する必要がない。というのは、彼がする仕事は人を代表するのではないからである。彼は人の仕事をするのではなくて、直接彼の所是を発表し、直接彼のすべき仕事をするのであり(もちろんすべき時にするのであり、気の向くままにむやみに勝手にするのではなく、職分を尽くすべき時に働き始めるのである)、彼は人の生活に参与せず、人の仕事にも参与しない。つまり、彼の人性はこれらを具備しておらず(これらを具備しなくても彼の仕事に影響しない)、彼はただ職分を尽くすべき時に彼の職分を尽くすのであり、地位がどうであろうと、彼はひたすら彼のすべき仕事をするだけであり、人が彼に対してどのように認識しても、人の彼に対する見方がどうであっても、これらは決して彼の働きに影響しない。例えば、イエスが働いた時、彼が一体だれであるかを知っている人はいなかったが、彼はひたすら自分の仕事をしていた。これらは決して、彼が自分のすべき仕事をするのを遅らせなかった。だから、初めのうち、彼は決して人に自分の身分を表明せず、宣揚せず、ただ人につき従わせただけである。もちろん、これは神のへりくだりであるだけではなく、神が肉体の中に来た時の働く方式でもあり、彼はこうするしかなかった。なぜなら、人の肉眼では彼の身分を知ることができず、たとえ人が知ったとしても彼の働きの助けにならず、しかも彼が受肉したのは人に彼の肉体を認識させるためではなく、仕事をし、職分を尽くすためだからである。だから、彼は自分の身分を人に公にするのを重んじない。彼がすべき仕事をすべてやり遂げたら、彼のすべての身分、地位は人が自然に分かるようになる。神は受肉した後、黙っているだけで、何か宣揚したことがない。彼は人がどうなったか、人が一体どのようにつき従っているかを構わず、ただひたすら自分の職分を尽くし、自分のすべき仕事をするだけであり、だれも彼の仕事を阻むことができない。彼が仕事を終わらせるべき時になったら、仕事は必ず終わり、終結しなければならない。これはだれも決めることができない。彼が仕事をやり遂げて人を離れた後、人は初めて彼のした仕事が分かる。それでも人が十分に理解することはできない。どのくらい経ったら人が完全に、彼が最初働いた時の心意を理解することができるか分からない。つまり、「神が受肉した時代の働き」は全部で二つの部分に分けられる。一部分は受肉した神が自らし、自ら話すのである。肉体の職分を全部果たした後、もう一部分はすべて聖霊に使われる人たちに残してさせるのである。この時はまさに人が自分の機能を果たすべき時である。なぜなら、道は神がもう開いたので、人が自分で歩まなければならないからである。つまり、神は受肉して一部分の仕事をするのであり、この仕事を継続するのは聖霊であり聖霊に使われる人でもある。だから、人はこの段階の仕事の中で、神が受肉して主にどんな仕事をするかを知らなければならず、神の受肉の意義は一体何であるか、彼のすべき仕事は何であるか分からなければならず、人に対する要求によって神に要求してはならない。これは人の誤りであり、人の観念でもあり、さらに人の不従順なところでもある。

神が受肉したのは、決してわざわざ人に彼の肉体を認識させるためではなく、人に神の言がなった肉体は人の肉体とどんな違いがあるかを見分けさせるためではなく、人の識別力を訓練するためでもなく、なおさら、わざわざ人に神の言がなった肉体を礼拝させることによって、大いに栄光を受けるためではない。これらはみな神が受肉した本来の意図ではない。神が受肉したのは人を罪に定めるか或いはわざわざ人を明らかにし、わざわざ人を困らせるためでもない。これはみな神の本来の意図ではない。彼の毎回の受肉はみな免れられない仕事であり、彼のもっと大きな仕事、もっと大きな経営のために、彼はこのようにするのであり、それは決して人が想像したとおりではない。神が地上に来たのは仕事の必要のためであり、みな欠くことのできないことであり、決してわざわざ地上に来てぶらつくためではなく、彼のすべき仕事をするためである。さもないと、彼がこんなに大きな重荷を負い、こんなに大きな危険を冒してまでこの仕事をする必要はないではないか。神が受肉したのはみなやむを得ずしたことであり、みな特別な意義があるのである。もしただ人が彼を見、見聞を広めるためだけなら、彼は絶対に軽々しくこの世に来るはずがない。彼が地上に来たのは彼の経営のためであり、彼のもっと大きな仕事のためであり、もっと多くの人を得るためである。彼が来たのは時代を代表するためであり、サタンを打ち負かすためであり、しかも肉体を着てサタンを打ち負かすためであり、さらに全人類の生活を導くためである。これはみな彼の経営にかかわる仕事、全宇宙にかかわる仕事である。もし神が受肉したのはただ人に彼の肉体を認識させ、人に見聞を広めさせるためだけなら、彼はどうして諸国を一度周遊しないのか。これは極めて容易なことではないのか。しかし、彼はそのようにせず、むしろ適切な場所を選んで滞在して、彼のすべき仕事を始めた。この肉体は相当意義があるのである。彼は全時代を代表するのであり、彼はまた全時代の仕事を展開した。彼は古い時代を終わらせる者であり、新しい時代を展開する者でもある。これらはみな神の経営にかかわる大事であり、また、神が地上に来てする一段階の仕事の意義である。イエスが来た時、彼はいくらかの言葉を言い、いくらかの仕事をしただけである。彼は人の命がどうなったか構わず、自分の仕事をやり遂げたら離れ去った。今日わたしが言葉を語り終えた後、あなたたちに教え、あなたたちがみな分かったら、あなたたちの命がどうであろうと、この段階の仕事が終わるのである。その後、必ずこの段階の仕事を継続し、これらの言葉の基礎の上に立って地上で働く人がいる。その時になったら人の仕事をやり、人の建造をやり始めるのである。だが、今神が働くのはただ職分を果たして、一段階の仕事をやり遂げるためだけである。神が働くのは人が働くのと異なるのである。人は集会、座談が好きで、儀式を重んじるが、神がいちばん嫌うのは集会、人の会議であり、神は人と一緒に気軽に語り、気軽に話すのである。これは神の仕事であり、非常に自由であり、あなたたちもみな自由を得られる。しかし、あなたたちと共に集会をすることがわたしは大嫌いで、あなたたちのこのような規定どおりの生活に適応することができない。わたしは規定をいちばん嫌う。人々がそれに束縛されていて、身動きさえも敢えてせず、言葉さえも敢えて言わず、歌さえも敢えて歌わず、じっと話し手を見つめている。あなたたちのこのような集会の方法をわたしはいちばん嫌う。わたしがいちばん嫌うのは大集会であり、全然このようにあなたたちと一緒に集まりたくない。なぜなら、このような生活は人に縛られた感じを与えるからである。あなたたちの儀式、規定は多すぎるから、あなたたちに人を導かせたら、人をみな規定の中に導き入れてしまう。あなたたちの導きの下では、人は規定を脱ぎ捨てることができず、宗教のにおいがますます濃くなり、人のやり方がますます多くなるだけである。ある人たちは集会の中でずっと語り、ずっと話していても疲れず、ある人は一度話し出したら十日もやめない。これはみな大集会、人の会議に属するのであり、食べ飲みし、享受し、霊が解放される生活に属さず、みな会議である!あなたたちの同労者会、大集会、小集会は、わたしが全部嫌うのであり、今まで興味を持ったことがない。わたしが働く原則はこうである。集会で「道を語り」たくなく、大勢の前で何か宣揚したくもなく、なおさら、あなたたちを召集して何日か「特別集会」をしたくもない。わたしはあなたたちがみな行儀よく一緒に座って集会をすることが好きではない。わたしはあなたたちが儀式の中に生きているのを見たくなく、なおさら、あなたたちのこのような儀式に参加したくもない。あなたたちがこのようにすればするほどわたしは憎み嫌う。わたしはあなたたちのこれらの儀式、規定に全く興味がないのであり、あなたたちがいくらうまくやったとしても、わたしは憎み嫌う。あなたたちがほどよく手配しなかったのではなく、あなたたちが卑しすぎるのでもなくて、わたしはあなたたちのこのような生活を嫌い、なおさら、あなたたちのこのような生活に適応できないのである。あなたたちはわたしのしようとしている仕事が全然分からない。あの時、イエスは働くとき、ある場所に着くと、一編の道を語り終えた後、何人かの弟子を連れてその町を出た。弟子たちを連れて互いに語り合い、群衆から離れ、往往にしてこのように働いたのである。群衆の間から出て来て何人かの愛する弟子を連れて山に登って行き、彼らの分かるべき道を語ったのであり、彼が群衆の間でした仕事はとても少なかった。あなたたちの要求のとおりだとすると、受肉した神は正常な人の生活を送るべきではなく、彼は仕事をしなければならず、座っている時も、立っている時も、歩いている時も話さなければならず、いつでも働かなければならず、「運行」を止めてはならない。さもないと、「職責を果たさない」ことになる。人のこのような要求は人の理智にかなうのか。あなたたちの人格はどこにあるのか。あなたたちの要求は度を越しているのではないのか。わたしが仕事をする時、あなたが検査する必要があるのか。わたしがわたしの職分を尽くす時、あなたが監督する必要があるのか。わたしがどんな仕事をすべきか、いつ何をすべきか、わたしはみなはっきり知っている。ほかの人が手を出す必要がない。あなたから見れば、わたしはそれほど仕事をしていないように見えるかもしれないが、わたしの仕事はもう終わったのである。四福音書を見てみると、イエスの言ったそれらの言葉もあまり多くない、そうではないか。当時イエスは会堂に入って道を語る時、せいぜい数分で終わらせ、語り終えた後、彼は弟子たちを連れて船に乗って行き、何の説明もしなかった。せいぜい会堂のそれらの人が互いに議論しただけであり、イエスはそれに構わなかった。神は彼のすべき仕事をするのであり、ほかの余計な仕事はしない。今、多くの人はわたしにできるだけ多く語り、できるだけ多く話し、一日何時間も話さなければならないと要求する。あなたたちから見れば、わたしが話さなければ神ではなく、話してこそ神だと言える。あなたたちはみな盲目な人だ!みな畜生だ!みな事理をわきまえないやつだ!あなたたちの観念はあまりにも多すぎる!あなたたちの要求は度を越している!人間性がない!あなたたちは神とは何であるか全然分かっていない!あなたたちは、「語る者」「話す者」はみな神であり、進んであなたたちに「言葉」を供給する者はみなあなたたちの「実の父」だと思っている。あなたたちこれらの「顔立ちが整っており」、容貌が「優れている」人たちは少しでも理智があるのか、天日を知っているのか!あなたたち一人一人は貪官のようでもあり、汚吏のようでもあるのに、どうして事理をわきまえることができるだろうか。あなたたちがどうして是非を明らかにすることができるだろうか。わたしがあなたたちに与えたのは少なくないが、あなたたちのうち何人が重んじたのか、だれが完全に得られたのか。あなたたちは自分が今日歩んでいる道は一体だれが開いたか知らない。だから、あなたたちはひたすらわたしに要求しており、それらの無理難題を吹っ掛ける。あなたたちは恥ずかしく思わないのか。わたしの言った言葉がまだ足りないのか。わたしのした仕事はまだ足りないのか。あなたたちのうちのだれが本当にわたしの言葉を宝物のように大事にしているのか。みな面と向かってお世辞を言い、陰で欺くのである!あなたたちのやり方はあまりにも下劣であり、本当にいやらしい!わたしは知っているが、あなたたちがわたしに話させ、働かせるのはただあなたたちの目を楽しませ、あなたたちの見聞を広めるためだけであり、あなたたちの生活を変えるためではない。わたしはあなたたちに対してどれほどの言葉を言ったのか。あなたたちの生活はとっくに変わったはずなのに、どうして今になってもあなたたちの持病は依然として再発しているのか。まさかわたしの言葉がだれかに奪って行かれて、あなたたちが得られなかったのではあるまい。本当のことを言えば、あなたたちのような人間のかすとは、わたしはもうこれ以上話したくない。無駄である!わたしはそんなに多くの無駄な仕事をしたくない!あなたたちの目的はただ見聞を広めるか或いは目を楽しませるためだけであり、命を得るためではない!あなたたちはみな自分を欺いている!あなたたちに尋ねるが、わたしがあなたたちに面と向かって言った言葉をあなたたちはどれほど実行したのか。あなたたちのやることはすべて人を騙すやり方である!わたしはあなたたちの中の、野次馬見物が好きな人たちを憎み嫌う。わたしはあなたたちの好奇心を非常に憎み嫌う。もしあなたたちが真理の道を追い求めるのではなく、真理を渇仰するのではないなら、あなたたちはみなわたしに憎み嫌われる対象である!わたしは知っているが、あなたたちがわたしの話を聞くのは、ただあなたたちの好奇心を満たすか、或いはある種の欲望を満たすためだけである。あなたたちは真理の存在を尋ね求めるか、或いは命の正しい軌道に乗る道を討議するつもりがない。これらの要求はあなたたちの間で全く存在せず、あなたたちはただ「神」をおもちゃのように研究し、鑑賞するだけである。あなたたちの命を追い求める心は小さすぎるが、好奇心は小さくない!このような人に命の道を語るのは、まるで空気に向かって話すようであり、言わないほうがましだ!あなたたちに言っておく!もしあなたたちの目的がただ心の奥の虚しさを満たすためだけなら、わたしを尋ねに来ないほうがいい!あなたたちは自分の命を重んじるべきである!自分を愚弄するな!あなたたちは自分の好奇心を、命を追い求める根本としないほうがよく、またこれを、わたしに自分たちに話すよう要求する口実にしないほうがいい。これはみなあなたたちの得意なからくりである!わたしはまたあなたに尋ねる。わたしがあなたに進入させたものは、あなたが一体どれほど進入したのか。わたしがあなたに言った言葉をみな理解したのか。わたしがあなたに言った言葉をみな実行したのか。

どの時代の仕事も神が自ら始めるのである。しかしあなたはこのことを知らなければならない。神がどのように働いても、彼が来たのは運動を行うためではなく、あなたたちのために特別集会を開くためではなく、あなたたちのために組織などを作るためでもなく、ただ彼のすべき仕事をするためである。彼は働く時、いかなる人の制限をも受けず、自分がしたいようにするのである。人がどのように思っても、どのように認識しても、彼はひたすら自分の仕事をするだけである。創世から今まで、神はもう三段階の仕事をした。ヤーウェからイエスまで、律法時代から恵みの時代まで、神は人のために「特別集会」を開いたことがなく、また、すべての人類を呼び集めて「世界の仕事の特別集会」を開くことによって彼の仕事を広めたこともない。彼はただ適切な時に、適切な場所で彼の全時代の手始めの仕事をするのであり、これによって時代を展開し、人類の生活を導くのである。「特別集会」は人々の集まりであり、人を召集して一緒に祭りを祝うのは人の仕事である。神は祭りを守らないだけではなく、しかも祭りを嫌う。彼は特別集会を召集しないだけではなく、しかも特別集会を嫌う。今、あなたは神が受肉してするのは一体どんな仕事であるか分かっただろう!