「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

受肉の奥義(二)

以前イエスがユダヤで働いた時は公にしたのであるが、今あなたたちの間で働き、言葉を言うのは隠れてするのであって、異邦の人は少しも知らない。あなたたちの間でする仕事はみな秘密にされているのである。この言葉、この刑罰、裁きはあなたたちだけが知っており、ほかの人はみな知らない。この仕事は全部あなたたちの間でするのであり、あなたたちにだけ開くのであり、異邦の人はだれも知らない。なぜなら、時が来ていないからである。この人たちは刑罰を受けて、もうすぐ完全にされるが、外部の人は少しも知らない。この仕事は本当に秘密にしている。受肉した神は彼らに対しては隠されているのであるが、この道の流れの中の人に対しては公にされているのだと言ってもよい。神にあっては、すべてが公にされており、すべてが明らかにされており、すべてが解き放されているのだと言うけれども、これはただ彼を信じる人に対して言っているのであり、ほかの異邦人に対しては公にしない。今、ここでしている仕事を堅く秘密にしているのは、彼らが知らないようにするためである。もし彼らが知ったら罪定めする上に迫害するだけであり、彼らは信じるはずがない。大赤竜の国、すなわちこのいちばん遅れている所で働くのは、容易なことではない。もし仕事を公にしたら、仕事をし続けることができなくなる。この段階の仕事をここでこのようにするのは、まったく不可能である。もし公にこの仕事をすれば、それらがどうして許すだろうか、もっと大きな危険を冒すのではないか。もしこの仕事を隠れてしないで、やはりイエスの時のように凄まじい勢いで病気を治し、悪霊を追い出すなら、とっくに悪魔に「鹵獲された」のではないか。それらがどうして神の存在を許すだろうか。もし今、会堂に入って道を語り、人を教えるなら、わたしはとっくに全身が粉粉になったのではないか。そうだったら、仕事はどうして展開していけるだろうか。今、全然公にしるしと奇跡を行わないのは、仕事を秘密にするためである。だから、異邦人は見られず、知らず、見つけられないのである。もしこの段階でやはり恵みの時代のイエスのように働くなら、こんなに平穏無事なはずがない。だから、このように隠れて働くことは、あなたたちのためになり、あらゆる仕事に有益である。地上での神の仕事が終わった時、すなわち秘密にされた仕事が終わった時、この段階の仕事は爆発し、人はみな、中国に一団の勝利を得た者がいることを知り、神が中国に受肉し、彼の仕事がもう終わったことを知るようになる。その時、人ははっと悟るだろう。なぜ中国はなかなか衰退せず、崩壊しないのか。なるほど、神が中国で自ら働いて、一団の勝利を得る者を完全にしたのか。

受肉した神は、彼が自ら働いている間に、彼につき従う一部の人にだけ現れるのであり、すべての被造物に現れるのではない。彼が受肉したのは、ただ一段階の仕事をやり遂げるためであって、人に彼の姿を見せるためではない。しかし、彼の仕事は必ず彼自身が自らするべきだから、彼は肉体の中に来て働かなければならない。仕事が終わった時、彼はこの世から離れるのであり、この世に長期間とどまるわけにはいかない。それは後の仕事が阻まれないためである。万人に現れるのはただ彼の義なる性質と彼のあらゆる業であって、彼が二回受肉した時の二つの肉体の姿ではない。なぜなら、神の姿は彼の性質で明らかにすることしかできず、言がなった肉体の姿で代替することができないからである。彼の肉体の姿はただ限られた一部の人に現され、ただ彼の肉体における働きにつき従う人たちに現されるのである。だから彼は今、隠れて働くのである。これはイエスが働いた時、ただそれらのユダヤ人たちに現れただけで、ユダヤ以外のいかなる邦族にも公に現れなかったのと同じである。だから、彼は仕事をやり遂げた後、すぐにこの世から離れ、引き続きとどまらなかった。その後、彼という人の姿が人に現れたのではなく、聖霊が直接働いたのである。受肉した神の仕事が全部終わる時、彼はこの世から離れ、その後、彼は再び肉体にいる間にした仕事と類似する仕事をしない。後の仕事はすべて聖霊が直接するのである。この期間に、人が彼の肉体の中での姿を見るのはなかなか難しい。彼は全然人に現れず、永遠に隠れる。受肉した神の仕事は、時間に限りがあり、みな特定の時代、特定の時間、特定の国、特定の人の間でなされるのであり、それはただ神が受肉した間の働きだけを代表し、時代性があるのであり、神の霊の一つの時代での働きを代表し、神の霊のあらゆる働きを代表するのではない。だから、神の言がなった肉体の姿は万民に現れるはずがない。万人に現れるのは神の義、神のすべての性質であり、神の二回の受肉の姿が人に現れるのではない。神がただ一つの姿だけで人に現れるのではなく、二回の姿を総合して人に現れるのでもない。だから、神の言がなった肉体はすべき仕事を終えた後、地から離れなければならない。なぜなら、受肉したのは、ただすべき仕事をやり遂げるためであって、人に彼の姿を現すためではないからである。たとえ二回の受肉が、神の受肉の意義を完全にしたとしても、神が彼に会ったことのないすべての邦族に公に現れることはない。イエスはもはや義の太陽としてユダヤ人に現れることはなく、オリーブ山の上に立って万民に現れることもない。ユダヤ人が見ているのはただ彼がユダヤにいた時の肖像画だけである。というのは、受肉したイエスの仕事は二千年前にもう終わったのであって、彼は再び彼の姿をしてユダヤに戻ることはなく、なおさら再び彼のユダヤ人の姿をしてすべての異邦の民族に現れることはないからである。なぜなら、受肉したイエスの姿はただユダヤ人の姿であって、ヨハネが見た「人の子」の姿ではないからである。たとえイエスが彼につき従った人に「わたしはまた来る」と約束したとしても、彼はユダヤ人の姿をしたまま、あらゆる異邦の民に現れることはない。あなたたちが知るべきことは、「受肉」の仕事は時代を開くのであり、限りのある何年かの仕事であって、神の霊のすべての仕事をし終えることはできない。例えば、イエスのユダヤ人の姿は、彼がユダヤで働いた時の神の姿しか代表できず、十字架につけられるという仕事をすることしかできず、イエスが肉体にいた間は、決して時代を終わらせ、人類を滅ぼす仕事をすることができなかった。だから、彼は十字架につけられて、自分の仕事を終えた後、いと高き所に上って永遠に人から身を隠した。その時から、異邦の忠実な信徒たちも主イエスの出現を見ることができなくなり、ただ彼らが壁に貼りつけた主イエスの肖像画を見ただけである。この肖像画はただ人が描いたものであって、神自身が人に現れた時の姿ではない。神は、二回受肉した時の二つの姿で万人に公に現れるはずがない。彼が人の間でした仕事は人に彼の性質を理解させるためであり、このすべては異なった時代の働きによって人に明らかに示し、彼の公にした性質と、彼のした仕事によって達成するのであって、イエスの出現によって達成するのではない。つまり、神の姿は受肉の姿によって公にするのではなく、形も姿もある受肉の神がした仕事によって公にするのであり、彼(彼女)がする仕事によって人に彼の姿を現し、彼の性質を公にするのである。これこそ、彼が受肉することによってしようとする仕事の意義である。

二回の受肉によってする仕事が終わると、彼は異邦の諸民族の間で彼の義なる性質を現し始め、万人に彼の姿を見せるのである。彼は彼の性質を現して、これによって各種類の人の結末を明らかにし、古い時代全体を終わらせるのである。肉体における、彼の働きがそんなに大きな範囲に及ばない(例えば、イエスがユダヤだけで働き、今日神があなたたちこれらの人の間だけで働く)のは、彼の肉体の働きは範囲、限度があるのであり、彼はただ普通で正常な肉体の姿によって短期間の仕事をするだけであり、言がなったこの肉体によって永世の中での仕事、或いは異邦の万民に現れる仕事をするのではないからである。肉体における働きはある範囲内に制限されるだけである(例えば、ただユダヤで働くか、或いはただあなたたちこれらの人の間で働く)。この範囲内でする仕事によってまた仕事の範囲を広げる。もちろん広げる仕事は彼の霊が直接するのであり、その時の仕事は彼の言がなった肉体の仕事ではない。というのは、肉体における仕事は範囲があるのであり、全宇宙の下の隅々まで届けるのではなく、これは達成できないのだからである。彼の霊は、肉体の中でする仕事によって後の仕事を展開するのである。だから、彼が肉体の中でする仕事は、ある限られた範囲内での手始めの仕事であり、その後、彼の霊がこの仕事を継続するのであり、しかも範囲を広めて働くのである。

神が地上に来て働くのは、ただ時代を導くのであり、ただ新しい時代を展開し、古い時代を終わらせるのであり、地上に来て人の命の過程を歩むのではない。また、地上に来て自ら世間の辛酸と苦楽をなめるためではなく、手ずからある人を完全にするか、或いは自分の目である人の成長の過程を見るためでもない。これは彼の仕事ではない。彼の仕事はただ新しい時代を始め、古い時代を終わらせることだけである。つまり、彼は自分で時代を始め、自分で時代を終わらせ、自ら働くという方式によってサタンを打ち負かすのである。毎回の自らの働きは、彼が自ら「戦場」に臨むことに相当する。彼がまず肉体の中で世に打ち勝ち、サタンに打ち勝って、すべての栄光を受け、二千年の仕事全体の「序幕」を開く。それは、地上の人々が適当な歩むべき道を得、平安で気楽に過ごせるためである。しかし、神は長く人と共に地上で生活するわけにはいかない。なぜなら、神は神であり、何といっても人とは異なるのであり、彼は正常な人の一生を持つことができず、すなわち一人の、極めて普通で平凡な人のように、地上に常住することができないからである。というのは、彼はほんのわずかの、正常な人が具備する正常な人性をもって彼の人性の生活を支えているからである。つまり、神がどうして地上で「結婚して家を持ち、子供を生んで育てる」ことがあろうか。これは恥辱になるのではないか。彼が正常な人性を持つのは、ただ正常に働くことができるためである。しかし、彼の正常な人性は、彼が一人の正常な人のように、結婚して家を持つためにあるのではない。彼の正常な理智、正常な大脳の思惟、正常な肉体の衣食だけでも彼が正常な人性を持つことを十分証明することができる。「彼が結婚して家を持つことができる」ということで、彼が正常な人性を持つことを証明する必要がない。これは全く必要のないことだ!神が地上に来たのは「言」が肉体となったのであり、彼はただ人に彼の言を分からせ、人に彼の言を見せ、すなわち人に肉体のする仕事を見せるのである。彼の意図は、決してだれかに彼の肉体に対して何かしてもらうことではなく、ただ人を最後まで従わせることであり、すなわち人を彼の口から出るすべての言葉に従わせ、彼がするすべての仕事に従わせることである。彼はただ肉体の中で働くだけであり、わざと人に彼の肉体の偉大さときよさを高く上げさせるのではなく、ただ人に彼の働きの知恵と彼のあらゆる権威を見せるだけである。だから、彼の人性が特別高くても、彼はどんな宣伝もせず、ただひたすら彼自身のすべき仕事をするだけである。なぜ神は受肉したのに今まで彼の正常な人性を宣伝したことがなく、また彼の正常な人性を証しすることもなく、ただ彼がしようとする仕事をするだけであるのか、これはあなたたちが知らなければならない。だから、あなたたちが受肉した神の身から見ることができるのはただ彼の神性の所是だけである。これはただ、彼が今まで彼の人性の所是を宣伝して、人に見習わせたことがないからである。人が人を導く時こそ、人を導くことができるように、人性の所是を紹介して、人を敬服させ、心服させるのである。しかし、神はただ彼のした仕事(すなわち人にはできない仕事)だけによって人を征服するのであり、人に敬服されるか、或いは人に「崇拝」されるなどとは言うまでに至らない。神はただ人に畏れを感じさせるか、或いは人に彼の計り知れなさを感じさせるだけである。神は人に敬服されることを求めず、あなたが彼の性質を見て彼を畏れるだけでいいと思う。神がするのは神自身の仕事で、それは人が代わりにすることができず、また人にはできないことである。神自身だけが自分の仕事をすることができ、神自身は新しい時代を開いて人を新しい生活に導くことができる。彼のする仕事は、人に新しい生活を得させ、人を新しい時代に入らせるためであり、ほかの仕事はみな人間性が正常でしかも人に敬服される人たちに任せるのである。だから、恵みの時代に、彼は二千年の仕事を、受肉した三十三年の中の三年半だけで終わらせたのである。神が地上に来て働く時、いつも二千年の、或いは全時代の仕事を、わずか数年以内に終わらせるのであり、時間を引き延ばさず、期日も延長せず、ただ長年の仕事を、わずか数年以内に短縮してやり遂げる。なぜなら、彼が自ら働くのは、ただ新しい道を開き、新しい時代を導くためだけだからである。