「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

人の正常な生活を回復して人をよい落ち着き先に導き入れる

今の仕事或いは以後の仕事について、人はみな少し知っているが、今後人類がどんな落ち着き先に入るかについては人は知らない。被造物として被造物の本分を果たすべきであり、神がどのようにすれば、人はどのように従うべきである。あなたたちはわたしが教えたとおりに歩むべきであり、あなたは自分で自分を左右することができず、あなたは自分を支配することができず、すべてにおいて神に左右されるに任せるべきであり、すべてが神の手に握られているのである。もし神が仕事をする時、前もって人に結末、よい落ち着き先を与え、そうすることで人を引き付けて、人を彼につき従わせ、人と取り引きするなら、これは征服するとは言えず、人の命を作ることにもならない。結末で人をコントロールすることを通して人の心を得るのは、人を完全にするのではなく、そうすれば、人を得ることができず、それは落ち着き先によって人をコントロールすることになる。人が最も関心を持っているのは、今後の結末、最後の落ち着き先であり、いったい良い望みがあるかどうかということである。もし人を征服する仕事の中で、人に良い望みを与え、人を征服する前にまず人に適切な落ち着き先を与えて人に追い求めさせるなら、人を征服する効果を収めることができないばかりか、かえって征服の仕事の効果に影響するのである。つまり、征服の仕事の効果は、人の運命や前途を奪い、人の不従順な性質を裁き、罰することによって収めるのであり、人と取り引きし、すなわち人に祝福、恵みを与えることによって収めるのではなく、人の自由を奪い取り、人の前途を取り除いて人の忠心を明らかにすることによって収めるのである。これこそ征服の仕事の本質である。もし最初から人に良い望みを与え、それから刑罰、裁きの仕事をするとすれば、人は前途があるという前提の下で刑罰、裁きを受けることになり、最後になっても、あらゆる被造物は条件なしに造物主に従い、造物主を礼拝することができず、ただひたすら愚かに従い、或いはひたすら求めるだけであり、人の心は完全に征服されることができない。だから、このような征服の仕事は人を得ることができず、なおさら神のために証しすることができない。このような被造物は自分の本分を尽くすことができず、神に条件を出すばかりである。そうなると、征服するとは言えず、憐れみ、祝福することになる。人の最大の問題は、人が常に運命、前途を心にかけていて、運命、前途が人の偶像になったということである。人はみな運命、前途のために神を追い求めるのであって、神に対する愛のゆえに神を礼拝するのではない。だから、人を征服するには、必ず人の私心、人の貪欲、いちばん人が神を礼拝することを阻むそれらのものを対処して取り除かなければならない。そうすれば、人を征服する効果を収めることができる。だから、最初人を征服する時は人の野心、人のいちばん致命的なものを取り除くことによって、人の神に対する愛を呼びさまし、人の人生に対する認識を変え、人の神に対する見方を変え、人の生存の意義を変えなければならない。そうすれば、人の神に対する愛は純潔になり、すなわち人の心が征服されるのである。しかし、神のあらゆる被造物に対する態度はこうである。ただ征服するために征服するのではなくて、得るために征服するのであり、彼の栄光のために征服するのであり、最初の人の本来の姿を回復するために征服するのである。もし単に征服するために征服するなら、征服の仕事の意義を失ってしまう。つまり、人を征服した後、人をかまわずにほうっておき、人の生死を気にかけないなら、それは人類を経営するのではなく、人類を救うためでもない。人を征服した後、人を得、最後に人類をみなよい落ち着き先に導き入れなければならない。これこそすべての救いの仕事の中心であり、こうしてこそ人を救う目的を達成することができる。すなわち、人を人類のよい落ち着き先に導き入れて安息に入らせることこそ、あらゆる被造物が持つべき前途であり、造物主がすべき仕事でもある。もし人が仕事をすれば、あまりにも限度があり、人をある程度まで完全にすることができるだけで、人を永遠の落ち着き先に導き入れることができない。人は人の運命を決めることができず、なおさら人の前途と以後の落ち着き先を保障することができない。だが、神のする仕事は人のする仕事と異なる。彼は人を造ったからには人を導き、人を救うからには人を徹底的に救い、人を完全に得、人を導くからには人を適切な落ち着き先の中に導き入れることができ、人を造り、人を経営するからには人の運命と前途に責任を負う。これこそ造物主のする仕事である。征服の仕事は人の前途を取り除くことによって成就されるが、最後には人はやはり神が人のために用意しておいた適切な落ち着き先に導き入れられるのである。神が人を完全にするからこそ、人は落ち着き先があり、人の運命は保障されるのである。ここで触れた適切な落ち着き先は以前取り除いた人の前途や望みではなく、それはまったく別のものである。人自身が望むもの、追い求めるものは、人が肉体の贅沢な欲望を追い求める時、望むものであって、人が持つべき落ち着き先ではない。だが、神が人のために用意したのは人がきよめられた後得るべき祝福、約束であり、それは神が世界を造った後、人のために用意しておいたものであり、その中には人の選択、人の観念、人の想像、人の肉体が混じっていない。この落ち着き先はある人のために用意されているものではなくて、あらゆる人類の安息の地である。だから、この落ち着き先は人類にいちばん適切な落ち着き先である。

造物主が被造物を支配しようとするから、彼がどのようにしても、あなたは逃れようとしてはならず、彼がどのようにしても、あなたは聞き従うべきで、彼に背いてはならない。彼が仕事をして最後に彼の目的を達成したら、栄光を得たのである。今はどうしてあなたがモアブの子孫であり、大赤竜の子孫であることを語らず、あなたが選民であることも語らず、あなたが被造物であることだけを語るのか。それは人の本来の呼び名であり、人の本来の身分であり、つまり被造物である。仕事の時代と仕事の段階が異なるため、人の呼び名も異なる。実は、人はごく普通の被造物である。いちばん堕落した被造物であれ、いちばんきよい被造物であれ、被造物である限り、被造物としての本分を尽くさなければならない。神が征服の仕事をするのは前途や運命、落ち着き先によってあなたをコントロールするのではない。実は、そのような仕事をする必要がない。征服の仕事の目的は、人がみな被造物の本分を尽くし、造物主を礼拝するようにするためである。その後、人ははじめてよい落ち着き先の中に入ることができる。人の運命はみな神の手に握られ、あなたは自分自身を支配することができない。人はいつも自分のために奔走し、せわしなく立ち回るが、それでも自分を支配することができない。もしあなたが自分の前途を知ることができ、自分の運命を支配することができれば、あなたは被造物であるのか。要するに、神がどのように働いても人類のためである。たとえば、神の造った天地万物は人に仕えるためのものであり、月、太陽、星を造ったのは人のためであり、動物、植物を造ったのは人のためであり、春、夏、秋、冬は人のためであり、これらはみな人の生存のためである。だから、どのように人を罰し、人を裁いても人を救うためであり、たとえ人の肉体の望みを奪っても、やはり人をきよめるためであり、人をきよめるのは人の生存のためである。人の落ち着き先は造物主の手にあるのに、人はどうして自分で自分を支配することができるだろうか。

征服の仕事が終わった後、人類はよい天地の中に導き入れられる。もちろん、この生活はやはり地上でするのであるが、今の人の生活とは大いに異なる。この生活は全人類が征服された後の生活であり、この生活は人類の地上でのもう一つの新しい始まりであり、人類にこのような生活があるのは、人類がもう一つの新しくてよい境地の中に入ったことを証明し、それは神と人との地上での生活の始まりである。このようなよい生活を得る前提は、人がきよめられ、征服されてから造物主の前に服従することである。だから、征服の仕事は、人類がよい落ち着き先に入る前の最後の段階の仕事である。人類はこのような生活を持つようになり、これは今後の地上での生活であり、地上でいちばん美しい生活であり、人が憧れる一種の生活でもあり、有史以来人がいまだかつて送ったことのない一種の生活である。それは六千年の経営の仕事の最終の効果であり、人類がいちばん待ち望んでいるものであり、神が人に与えた約束でもある。しかし、この約束が成就されるのは一定期間後のことである。終わりの時のこの段階の仕事がやり遂げられ、人が徹底的に征服された後、すなわちサタンが徹底的に打ち負かされた後、人類は以後の落ち着き先に入るのである。人は精錬を受けた後、罪の性質がなくなる。というのは、神がサタンを打ち負かし、つまりどんな敵勢力も侵擾できなくなったからである。どんな敵勢力も人の肉体を攻撃することができなくなったら、人は自由になり、またきよくなり、これは永世の中に入った人である。暗やみの敵勢力が縛られ、人がどこへ行っても自由になってこそ、人の不従順も反抗もなくなる。サタンが縛られたら、人は自由を得るのである。今、人が自由を得ていないのは、サタンがやはり地上のあちこちでかき乱しているからであり、全経営がまだ終わりを告げていないからでもある。サタンが打ち負かされたら、人は徹底的に解放される。人が神を得、サタンの支配下から出てきたら、義の太陽を見たのである。正常な人が持つべき生活はみな回復されなければならない。たとえば、どのように善悪を見分けるか、どのように食べ、着るかが分かり、正常に住居することができるなど、これらの、正常な人が持つべきものはみな回復されなければならない。最初人類が造られた後、蛇がエバを誘惑しなかったとしても、人はそのような正常な生活を持つべきであり、人は食べ、着るべきであり、また正常な人の地上での生活を送るべきであった。だが、人類が堕落した後、この生活はうたかたの夢と消え、人は今、それらのことを想像することすらできない。実は、人が憧れるようなよい生活はなければならない。もし人類にこのような落ち着き先がなければ、人類の地上での堕落した生活は終わることはない。もしそのようなよい生活がなければ、それはサタンの運命を終わらせるのではなく、サタンが地上で権力を握る時代を終わらせるのでもない。人を暗やみの勢力が到達できないその境地に導き入れなければならず、それこそ、サタンが打ち負かされたことの証拠である。こうして、サタンのかき乱しがなくなり、神自身が人類を支配し、人類のすべての生活を支配し、人類のすべての生活を制御するようになる。これこそサタンを打ち負かしたと言える。人の今の生活の大部分はやはり汚れた生活であり、やはりつらい患難の生活であり、これはサタンを打ち負かしたとは言えない。人がまだ苦界から抜け出しておらず、人生の苦しみから抜け出しておらず、サタンの支配から逃れておらず、人の神に対する認識はやはりほんのわずかである。人のすべての苦しみはサタンによってもたらされたのであり、人生の苦難はみなそれによってもたらされたのである。サタンが縛られた後、人ははじめて完全にこの苦界から抜け出すことができる。だが、サタンを縛るのは人の心を征服し、人の心を得ることによって達成するのであり、人を戦利品とするのである。今、人は勝利を得る者になり、完全にされることを追い求めているが、これはみな、人が地上で正常な人の生活をする前に追い求めることであり、サタンが縛られる前に追い求める目標である。人が勝利を得る者になり、完全にされ、或いは大いに使われることを追い求めるのは事実上、みなサタンの支配から逃れることを追い求めるためである。勝利を得る者になることを追い求めるのも、最後にはやはりサタンの支配から逃れるためである。サタンの支配から逃れさえすれば、人は地上で正常な人の、神を礼拝する生活を送ることができる。今、人は勝利を得る者になること、或いは完全にされることを追い求めているが、それはみな人が地上で正常な人の生活をする前に追い求めることであり、これらを追い求めるのは主にきよめられ、真理を行い、それによって造物主を礼拝するためである。もし人が地上で正常な人の生活ができて、つらい患難の生活がなくなったら、人は勝利を得る者になることなど追い求める必要がなくなる。勝利を得る者になること、完全にされることはみな神が人に与えた追求目標であり、この追求目標によって人に真理を行わせ、意義のある人生を生かし出させる。人を完全にし、人を得ることは目標であり、人に勝利を得る者になること、或いは完全にされることを追い求めさせることはただ道なのである。もし将来人類がみなよい落ち着き先に入ったら、勝利を得る者、完全にされる者という言い方がなくなり、ただ被造物がそれぞれ自分の職責を尽くすだけである。今、人にこれらを追い求めさせるのは、ただ人の追求の範囲を限定するのである。それは、人の追求がさらに目標があり、さらに実際的になるためである。もしこのようにしなければ、人はやはり漠然とした中で永遠の命に入ることを追い求めるようになる、このような人はさらにかわいそうではないか。このような、目標も原則もない追求は、自分を騙し、人をも騙すのではないか。最後になって、このような追求はもちろん成果がないのであり、あげくの果てに、やはりサタンの支配下に生きていて、自力で抜け出すことができない。このように目標なしに追い求める必要はないではないか。人類が永遠の落ち着き先の中に入る時、人はみな造物主を礼拝するようになり、人が救われて永世の中に入ったから、人はもう何かを目標として追い求める必要がなく、なおさらサタンの包囲攻撃を心配する必要がない。その時、人はみな「おのれの本分を守り」、自分の本分を尽くし、刑罰、裁きがなくても、おのおの自分の本分を尽くす。その時、人の身分と地位はみな被造物と呼ばれ、もう地位の区別がなくなり、ただ果たす機能が異なるだけである。しかし、人はやはり秩序だった人類の適切な落ち着き先の中に生きており、人はみな造物主を礼拝するために各々の本分を尽くし、このような人類は永世の中の人類である。その時、人が得るのは神に照らされる生活であり、神に顧みられる生活であり、神に守られる生活であり、人は神と共に生活し、人類は地上で正常な生活を持つようになり、全人類は正しい軌道に乗ったのである。六千年の経営計画を通して徹底的にサタンを打ち負かした時、つまり神が地上で人類を創造し、また人の本来の姿を回復した時、神の心は満足するのである。最初人類がサタンに堕落させられていない時、人類は地上で正常な生活をしていた。後になって人はサタンに堕落させられて、正常な生活を失った。こうして、神は経営の仕事を始め、サタンと戦って人の正常な生活を回復し始めた。六千年の経営の仕事が終わる時こそ、全人類の地上での生活は正式に始まり、人類はよい生活を持つようになる。それでこそ、最初人を造った目的を達成し、人の本来の姿を取り戻したのである。だから、人は地上で正常な人類の生活ができたら、勝利を得る者になること、完全にされることなど追い求める必要がなくなる。なぜなら、人はみなきよくなったからである。人は勝利を得る者になり、完全にされることを言っているが、これらはみな神がサタンと戦う時、人に与えた追求目標であり、この目標は人が堕落させられたため生じた目標である。あなたに一つの目標を与えて、あなたにその目標に向かって追い求めさせ、これによってサタンを打ち負かす。あなたに、勝利を得る者、完全にされる者、使われる者になることを追い求めさせるのは、あなたに証しをしてサタンを辱めることを要求するのである。最後になって人が地上で正常な人の生活ができ、またきよくなったら、勝利を得る者になることなど追い求める必要があるのか、みな同じく被造物ではないか。勝利を得る者になり、完全にされる者になることはみな、サタンに対して言ったのであり、人の汚れに対して言ったのである。勝利を得る者と言ったら、サタンを打ち負かし、敵勢力を打ち負かすことを指すのではないか。あなたは自分が完全にされたと言うが、あなたの何が完全にされたのか。あなたの堕落したサタン的性質が脱ぎ捨てられて、この上なく神を愛することができるようになることではないか。それはやはりそれらの汚れに対して言ったのであり、サタンに対して言ったのであって、神に対して言ったのではない。

今あなたに完全にされること、勝利を得る者になることを追い求めさせる時、あなたが追い求めないなら、以後地上で正常な人類の生活ができる時、それを追い求める機会がなくなる。その時は各種類の人の結末がすでに明らかにされたのである。あなたが一体どんなものであるか、その時になったら明らかにされ、あなたが勝利を得る者になることを追い求めようと思っても、或いは完全にされようと思ってもそれは不可能である。神はただ人の不従順によって人を明らかにしてから懲罰するだけである。その時になったら、人は高い地位とか、低い地位とか、勝利を得る者になるとか、完全にされる者になるとか、或いは神の長子になるとか、神の子たちの一員になるなど追い求めなくなり、人はもうこれらを追い求めない。人はみな被造物であり、みな地上で生活し、しかも神と共に地上で生活するのである。今は、人が神とサタンとの戦いを経験する期間にあり、戦いが終わっていない期間にあり、つまり人がまだ完全に得られていない期間にあり、今はちょうど過渡の段階にあるのである。だから、人に対する要求は勝利を得る者或いは民になるのを追い求めさせることである。今は地位の区別があるが、その時になったらこれらの区別がなくなる。勝利を得た者たちの地位はみな同じであり、彼らはみな適格な人類として地上で平等に生活するのであり、つまり彼らはみな適格な被造物であり、あなたに与えるものと彼に与えるものは同じなのである。働く時代が異なり、働く対象が異なるため、あなたたちの身に働けば、あなたたちが完全にされて勝利を得る者になる資格があり、外国で働けば、彼らが最初のグループの征服される人になる資格があり、しかも最初のグループの完全にされる人になる資格がある。今、外国で働かないから、彼らは完全にされて勝利を得る者になる資格がなく、最初のグループであるはずもない。働く対象が異なり、働く時代が異なり、範囲が異なるため、最初のグループの完全にされる人、すなわち勝利を得る者があり、二番目のグループの完全にされる者もある。最初のグループの完全にされる者ができたら、標本、模範ができたのであり、それでは、その後に完全にされる者は二番目のグループ、三番目のグループである。だが、永世の中では人はみな同じであり、地位の区別がなく、ただ完全にされる順序が異なるだけであり、地位の違いがない。以後、人がみな完全にされて、全宇宙の仕事が終わったら、地位の区別がなくなり、人の地位は平等になる。今あなたたちの身に働くから、あなたたちが勝利を得る者になれる。もしイギリスで働いたなら、イギリスにも最初のグループの勝利を得る者ができたのであり、それはみな同じである。今日あなたたちの身に働くのは特別にあなたたちに情けをかけたことになる。もしあなたたちの身に働かないなら、あなたたちは二番目のグループ、または三番目、四番目、五番目のグループである。これはただ働きの順番が異なるためであり、最初のグループや二番目のグループは地位の違いを表しておらず、完全にされる順番だけを表している。今日の交わりの中でわたしがあなたたちにこれらのことを教えたが、どうして前もってあなたたちに知らせなかったのだろう。過程がなければ、人は極端に走りやすいからである。たとえば、あの時イエスは「わたしは行ったのと同じ有様でまた来る」と言ったが、今多くの人はこの言葉に取りつかれて、いつも白衣を着て、引き上げられるのを待とうとする。だから、多くの言葉は前もって言うわけにはいかない。前もって言ったら、人は極端に走り、人の身丈が小さすぎて、これらの言葉を理解することができない。

人類が地上で本当の人の生活を持ち、サタンの勢力も全部縛られたら、地上での人の生活は相当気楽になり、今のように複雑ではない。人間関係とか、交際関係とか、複雑な家庭関係などは煩わしすぎ、苦しすぎる!その中に生きている人は悩みが多すぎる!人が征服された後、人の心と人の思想はみな変わり、神を畏れる心を持つようになり、神に対する愛も持つようになる。全宇宙の下の、神を愛するのを追い求める人がみな征服された後、すなわちサタンが打ち負かされた時、サタンが縛られ、つまりすべての暗やみの勢力が縛られ、人の地上での生活は何にもかき乱されなくなり、人はみな自由自在に地上で生活することができる。もし人の生活の中で肉体の関係がなくなり、肉体上のそれらの複雑なことがなくなったら、ずっと気楽になる。人と人の肉体における関係は複雑すぎる。人にこれらのものがあることは、人がまだサタンの支配から逃れていないことを証明する。兄弟姉妹との関係がみな同じであり、ふだんは家族との関係もみな同じであるなら、あなたは何の悩みもなくなり、だれをも心配しなくなり、これに越したことはない。それなら、人の苦痛は半分軽減される。人は地上で正常な人の生活をする時、天使のようであり、やはり肉体を持っているけれども、天使とほとんど同じである。これは最後の約束であり、最後に人に与える約束である。今、人は刑罰、裁きを経験しているが、あなたはこれらを経験するのはみな意義がないと思っているのか。刑罰、裁きの仕事が徒労に終わることがあろうか。以前、人を罰し、裁くのが人を底なしの淵に置くことだと言ったが、それは人の運命、前途を奪うことを指すのであり、それはただ人をきよめるためであって、わざと人を底なしの淵に置いて構わないのではなく、人の内の不従順を対処するためである。最後になって人の内のものがきよめられ、人が神に対して本当の認識を持ち、みなきよい人のようになれば、すべてはなし遂げられたのである。実は、人の内の対処されるべきものが対処され、人が高らかな証しをしたら、サタンは打ち負かされたことになる。たとえ人の内にまだきよめられていないものが少し残っていても、サタンが打ち負かされたら、かき乱しがなくなり、その時、人は徹底的にきよめられたのである。人はそのような生活を体験したことがない。サタンを打ち負かしたら、すべてが解決され、人の内のそれらの取るに足りないささいな問題が全部解決されたら、ほかは全部解決されるのである。今度神は受肉して地上で働き、自ら人の間で働くのであるが、彼のする仕事はみなサタンを打ち負かすためであり、彼は人を征服することによってサタンを打ち負かし、またあなたたちを完全にすることによってサタンを打ち負かすのである。あなたたちが高らかな証しをすることができるのは、サタンを打ち負かしたことのしるしでもある。人がまず征服され、最後に徹底的に完全にされるのはみなサタンを打ち負かすためである。だが、実質上はサタンを打ち負かすと同時に、全人類をこの空しい苦界から救い出すのである。全宇宙の仕事をするのであれ、中国で仕事をするのであれ、みなサタンを打ち負かして、全人類を救って安息の地に入らせるためである。受肉した神、この正常な肉体はサタンを打ち負かすためのものであり、この肉体の神の働きによって天下の、神を愛する人を救うのであり、それはあらゆる人類を征服するためであり、さらにサタンを打ち負かすためである。全経営の仕事の核心は終始サタンを打ち負かして全人類を救うことである。どうして多くの仕事の中でいつもあなたたちに証しをすることを要求するのか。この証しはだれに対してするのか。サタンに対してではないか。この証しは、神のためにするのであり、神の仕事が効果を収めたことを証しするためにするのでもある。証しはサタンを打ち負かす仕事にかかわる。もしサタンと戦わないなら、人に証しをすることを要求することはない。サタンを打ち負かそうとするから、人を救う時、人にサタンの前で神のために証しすることを要求するのであり、これによって人を救ってサタンと戦うのである。だから、人は救われる対象であり、サタンを打ち負かすための道具でもある。ゆえに、全経営の仕事の核心は人であり、サタンはただ滅ぼされるべき対象であり、敵である。もしかすると、あなたは自分が何もしていないと感じるかもしれないが、あなたの性質が変化したため証しをしたことになる。この証しはサタンに対してしたのであり、人のためにしたのではなく、人は証しを享受する資格がない。人がどうして神のする仕事を見極めることができるだろうか。神の戦う対象はサタンであり、人はただ救われる対象である。人が堕落したサタン的性質を持っていて、この仕事を見極めることができないのは、サタンに堕落させられたからであり、人の本来のもののゆえではなく、人がサタンに支配されたからである。今は主にサタンを打ち負かし、すなわち人類を徹底的に征服して、人類がサタンの前で神のために最後の証しをすることができるようにする。そうすれば、すべてのことがなし遂げられる。多くの時、あなたが肉眼で見れば何もなし遂げられていないようであるが、実は仕事はすでになし遂げられた。人の要求のとおりなら、なし遂げられた仕事はみな見えるものでなければならないが、わたしはあなたに見せなくて、もうそれをなし遂げた。なぜなら、サタンが心服し、つまりサタンが徹底的に打ち負かされたからである。あらゆる知恵、能力、権威によってサタンに打ち勝ったのである。これはしようとする証しである。人にはそれほど明らかな表れがなく、人の肉眼は何も見ていないけれども、サタンはすでに打ち負かされたのである。あらゆる仕事はサタンに対してするのであり、サタンと戦うためにするのである。だから、多くの時、人から見れば事が成功していないが、神から見れば、それはすでに成功したのである。これはあらゆる仕事の内幕の一面である。

サタンが打ち負かされた後、つまり人が徹底的に征服された後、人は、このすべての仕事は人を救うためであり、救う方法はサタンの手から奪い取ることだと分かる。六千年の経営の仕事は三つの段階に分けられ、この三つの段階の仕事はすなわち律法時代、恵みの時代、王国時代の仕事である。この三つの段階の仕事はみな全人類を救うためであり、つまりサタンにひどく堕落させられた人類を救うためであり、それと同時にサタンと戦うのである。だから、救いの仕事は三つの段階に分けられ、サタンとの戦いも三つの段階に分けられ、この二つの仕事は同時に行われるのである。実は、サタンと戦うのは人を救うためである。人を救うことは、一つの段階の仕事によってはなし遂げられないのだから、サタンとの戦いも段階に分け、時期に分けてするのであり、人類の必要によって、サタンが人を堕落させた程度によってサタンと戦いを繰り広げるのである。人は想像の中でこう思うだろう。「戦い」というのは神がサタンと戦争するということであり、まるで両軍が対戦するようである。これはただ人の頭が考えつくことができることであり、極めて漠然とした非現実的な構想である。でも、人はみなこのように思っている。わたしがここで、人を救う方法はサタンと戦うことだと言ったので、人はみなこのように考え、このように思っているのである。人を救う仕事は三つの段階したのであり、つまり三つの段階に分けてサタンと戦うことによってサタンを徹底的に打ち負かすのである。しかし、サタンと戦うあらゆる仕事の内幕は、人に恵みを与え、人の罪祭となり、人の罪を赦し、人を征服し、人を完全にするといういくつかの段階の仕事によって効果を収めることである。はっきり言えば、サタンと戦うのは、サタンと戦争することではなくて、人を救い、人の命を作り、人の性質を変えることによって、人に神のために証しさせ、これによってサタンを打ち負かすことである。人の堕落した性質を変えることによって、サタンを打ち負かすのである。サタンを打ち負かした後、すなわち人が徹底的に救われた後、恥を受けたサタンを徹底的に縛り上げ、こうして、人は徹底的に救われるのである。だから、人を救うことの本質はサタンと戦うことであり、サタンと戦うことは主に人を救うことに表れている。終わりの段階で人を征服することは、サタンと戦う最後の段階の仕事であり、つまり人をサタンの支配下から徹底的に救い出す仕事である。人を征服するということの真意は、サタンに堕落させられたサタンの化身を征服してから彼らを造物主に立ち帰らせ、それによって、彼らがサタンを裏切り、完全に神に立ち帰るようにする、ということである。そうすれば、人は徹底的に救われるのである。だから、征服の仕事はサタンと戦う最後の段階の仕事であり、サタンを打ち負かす最後の段階の経営である。もしこの段階の仕事がなければ、最後になっても人を完全には救い出すことができず、サタンを徹底的に打ち負かすこともできず、人類も永遠によい落ち着き先に入ることができず、永遠にサタンの支配から逃れることができない。だから、サタンとの戦いが終わらないなら、人を救う仕事も終わらない。なぜなら、経営の仕事の核心は全人類を救うことだからである。最初の人類は神の手にあったが、サタンに誘惑され、堕落させられたので、サタンに縛られて悪しき者の手に落ち込んだ。だから、サタンは経営の仕事の中で打ち負かされる対象になった。サタンが人を占有したし、人はまた全経営の元手であるから、人を救うにはサタンの手から人を奪い返さなければならず、つまりサタンに捕らえられた人を奪い返さなければならない。そういうわけで、神は人の古い性質を変えて、人が人の本来の理智に復するようにし、これによってサタンを打ち負かす。そうすれば、捕らえられた人をサタンの手から奪い返すことができる。もし人がサタンの支配と縛りから逃れたら、サタンは恥を受ける。最後に、人が奪い返されたら、サタンも打ち負かされたことになる。人はサタンの暗やみの権勢から逃れたため、あらゆる戦いの戦利品となるが、サタンは戦いが終わった後懲罰される対象となる。こうして、人類を救うすべての仕事は終わるのである。

神は被造物に対して何の悪意も持たず、彼のするのはただサタンを打ち負かすためである。彼のあらゆる仕事は、刑罰であれ裁きであれ、サタンに対してするのであり、全人類を救うためにするのであり、すべてはサタンを打ち負かすためである。彼の目標はただ一つ、すなわち、サタンと最後まで戦う!サタンを打ち負かさなければやめない!サタンを打ち負かす時こそ、やめる。神のするすべての仕事はサタンに対してするのであり、サタンに堕落させられた人たちはみなサタンの支配下にあり、サタンの支配下に生きているので、サタンと戦わず、サタンと決裂しなければ、サタンはこれらの人を手放さず、これらの人も神に得られない。神がこれらの人を得られなければ、これはサタンを打ち負かしておらず、サタンに打ち勝っていないことを証明する。だから、神は六千年の経営計画の第一段階では律法時代の仕事をし、第二段階では恵みの時代の仕事、すなわち十字架につけられるという仕事をし、第三段階では人類を征服する仕事をするのである。これらはみなサタンが人を堕落させた程度によってするのであり、みなサタンを打ち負かすためであり、どの段階もサタンを打ち負かすためである。六千年の経営の仕事の本質は、大赤竜と戦うことであり、人を経営する仕事は、すなわちサタンを打ち負かす仕事であり、サタンと戦う仕事である。六千年戦うということはつまり六千年働くということであり、最後には、人をかなり高い境地の中に導き入れ、サタンが打ち負かされたら、人は完全に解放されたことになる。今の仕事はまさにこの傾向にあるのではないか。今の働きはこの趨勢にあり、人にすべてにおいて解放され、自由を得、いかなる規定にも束縛されず、いかなる縛りにも制限されないようにする。どんな仕事もあなたたちの身丈に応じて、あなたたちの必要に応じてするのであり、つまりあなたたちが達成できるものに応じてあなたたちに供給するのであり、アヒルを止まり木に追い上げるようなことをするのではなく、無理にあなたたちに押しつけるのでもなく、みなあなたたちの実際の必要に応じてするのである。どの段階の仕事も人の実際の必要、人の実際の求めに応じてするのであり、それはサタンを打ち負かすためである。実は最初、造物主と被造物の間には何のわだかまりもなかった。こうなったのはみなサタンのせいで、サタンが人をかき乱し、人を堕落させたので、人は何も見えなくなり、何も探れなくなった。人は被害者であり、ごまかされた者である。サタンが打ち負かされた後、被造物は造物主に会うことができ、造物主は被造物を見、自ら被造物を導くことができる。これこそ地上にあるべき生活である。だから、主な仕事はやはりサタンを打ち負かすためであり、サタンが打ち負かされたら、すべての事が解決される。今日あなたは神が人の間に来たのを見たが、それは簡単なことではない。彼が来たのは毎日あなたたちを困らせるためではなく、あれこれと言い、或いはただあなたに彼がどんな顔をしているか、どのように話し、生活するかを見せるためではない。受肉の目的は、ただあなたたちに彼を見せ、或いはあなたたちに見聞を広めさせ、あなたたちに彼の言った奥義、彼の解いた七つの封印を聞かせるためだけではなくて、サタンを打ち負かすためである。彼が自らこの世に臨んで肉体を着て人を救い、サタンと戦うこと、これは受肉の意義である。サタンを打ち負かすためでなければ、彼は自ら働くことはしない。神が地上に来て人の間で仕事をし、自ら人に現れ、人に見せるのは、小さなことであるか。これは簡単なことではない!人が想像したように、神が来たのは、人に彼を見せ、人に、神は実際の神であり、漠然とした神、非現実的な神ではなく、神は高大になることもできればへりくだることもできることを分からせるためなのではない、こんなに簡単なはずがあろうか。サタンが堕落させたのは人の肉体であり、神が救うのも人である。だからこそ、彼は必ず肉体を着てサタンと戦い、肉体を着て自ら人を牧しなければならない。こうしてこそ仕事に有利である。神は二回受肉したが、この二つの肉体はみな、サタンを打ち負かすため、よりよく人を救うためのものである。なぜなら、神の霊であれ、神の言がなった肉体であれ、サタンと戦う対象は神でなければならないからである。要するに、サタンと戦う対象は天使であるはずがなく、サタンに堕落させられた人であるはずもなく、天使にはどうすることもできず、人はなおさら手を出すことができない。だから、人に命を与え、自らこの世に臨んで人を完全にしようとするなら、必ず神が自ら受肉し、すなわち肉体をまとい、彼の本来の身分として、彼のすべき仕事を持って、人の間に来て自ら人を救わなければならない。そうではなく、神の霊が働くか或いは人が働くなら、この戦いは永遠に効果を収めることができず、しかも永遠に終わることはない。神が受肉して人の間に来て自らサタンと戦う時こそ、人は救われる機会があり、しかもサタンも自ら恥じ、辱められ、もう乗じるべき機会がなくなり、施すべき術がなくなる。受肉した神のする仕事は神の霊にはできないことであり、なおさら血肉の人が彼の代わりにすることができないことである。なぜなら、彼のする仕事はみな人の命のためであり、みな人の堕落した性質を変えるためだからである。人がこの戦いに「参加する」なら、かぶとをなくしよろいを脱ぎすて、ひどく狼狽する羽目になり、全然人の堕落した性質を変えることができないのであり、人を十字架の上から救うことができず、不従順な全人類をみな征服することもできず、ただ原則を越えない古い仕事、或いはサタンを打ち負かすことと関係がない仕事を少しすることができるだけである、これは何の役に立つのか。人を得ることができず、なおさらサタンを打ち負かす仕事をすることができないなら、何の意義があるのか。だから、サタンと戦うことは神が自らしなければならず、人は全然できない。人の本分はすなわち従順で、つき従うことである。なぜなら、人は全然天地を開闢するような仕事をすることができず、なおさらサタンと戦う仕事をすることができないからである。人は神自身の導きの下で造物主を満足させ、それによってサタンを打ち負かすしかない、これは人が唯一できることである。だから、毎回新しい戦いが始まる時、すなわち新しい時代の仕事が始まる時、神は自ら働き、これによって全時代を導き、全人類のためにもっと新しい道を開くのである。毎回時代を変える時、サタンとの新しい戦いも始まり、それによって人類もさらに新しく、さらによい境地の中に入り、神が自ら導く新しい時代に入るようになる。人は万物の主人であるが、神に得られる人はすべての戦いが終わった後の果実である。サタンは万物を堕落させる者であり、すべての戦いが終わった後の敗将であり、すべての戦いが終わった後の懲罰される対象でもある。神、人、サタン、この三者の中で、サタンだけが見捨てられる対象であり、サタンのものになったが神に奪い返されていない人はサタンのために懲罰を受ける対象になった。この三者の中で、神だけが万物に礼拝されるべき者であり、サタンに堕落させられたが神に奪い返された、神の道を歩む人は、神の約束を受けて神のために悪者を裁く者となった。神は勝利を得る者に決まっており、サタンは失敗する者に決まっている。だが、人の中には、勝利を得る者もいれば失敗する者もいる。勝利を得る者は勝利者に属し、失敗する者は失敗者に属し、これは、おのおのその種類に従うことであり、あらゆる仕事の終わりであり、あらゆる仕事の目的でもあり、これは永遠に変わることのないことである。神は経営計画の核心を、人を救うという点に集中させた。受肉の目的は主にこの核心のためであり、この仕事のためであり、サタンを打ち負かすためである。初めての受肉もサタンを打ち負かすためであり、彼は自ら受肉し、十字架につけられて、初めての戦う仕事――人類を贖う仕事をやり遂げた。同様に、この段階も自ら仕事をするのであり、受肉して人の間で働き、自ら言葉を言って、人に見せるのである。もちろん彼はついでにほかの仕事も少しするが、これは必然のことである。しかし彼が自らこの仕事をする主な目的は、やはりサタンを打ち負かし、あらゆる人類を征服し、これらの人を得るためである。だから、受肉という仕事はそんなに簡単ではない。もし彼の目的がただ人に、神はへりくだり隠れており、神は実際の神であることを分からせるためであり、ただこの仕事をするためであれば、彼は受肉する必要がない。神は受肉しなくても、彼がへりくだり隠れていることと、彼の偉大さ、きよさを直接人に啓示することができる。しかし、これらは人類を経営する仕事と全然関係がない。そのようにすれば、人を救い、人を完全にすることができず、なおさらサタンを打ち負かすことができない。もしただ神の霊がサタンの霊と戦ってサタンを打ち負かすなら、このような仕事はなおさら実際の価値がなく、人を得ることができないばかりか、かえって人の運命と前途を葬り去る。だから、神が今このようにするのはとても深い意義があり、それはただ人に見せるか、或いは人に見聞を広めさせて感動、励ましを少し受けさせるためではない。もしそうなら何の意義もなくなり、あなたがこのような認識しか語れないなら、それはあなたがまだ受肉の本当の意義を認識していないことを証明する。

全経営計画の仕事はみな神が自らするのである。第一段階の、世界を創造する仕事は神が自らしたのであり、神がしなければ、だれも人類を創造することができない。第二段階の、全人類を贖う仕事も神が自らしたのである。第三段階の仕事はなおさら言うまでもなく、結末をつける仕事は必ず彼が自らしなければならない。あらゆる人類を贖い、征服し、得、完全にすることはみな、彼が自らするのである。もし彼が自らしなければ、人は彼の身分を代表することができず、彼自身の仕事をすることができない。サタンを打ち負かし、人類を得るために、人類が地上で正常な生活ができるために、彼は自ら人を導き、自ら人の間で働く。あらゆる経営計画のために、彼のすべての仕事のために、彼は必ず自らしなければならない。もし神が来たのはただ人に彼を見せ、人を喜ばせるためだと、人が思っているなら、人のこのような認識は何の価値もなく、何の意義もなく、人の認識は浅すぎる!神が自らしてこそ、この仕事を徹底的に、完全にやり遂げることができる。もし人がすれば、彼を代表することができない。彼の身分、彼の本質がないから、人は彼の仕事をすることができず、たとえそれをしたとしても効果を収めることができない。初めての受肉は人を贖うためであり、全人類を罪の中から贖い出して、人がきよめられることができ、罪の赦しを得ることができるようにするためであった。征服の仕事はやはり彼が自ら人の間でするのである。もしこの段階で預言を語るだけなら、一人の預言者、すなわち一人の賜物のある人にさせればいい。もし預言を語るだけなら、人が彼の代わりにすることができる。もし神自身の仕事をし、人の命を作るなら、この仕事は人にはできず、神が自らしなければならず、自ら受肉してしなければならない。もし言葉の時代に預言を語るだけなら、イザヤにさせてもよく、預言者エリヤにさせてもよく、神が自らする必要がない。この段階の仕事の中で、預言を語るだけではなく、さらに重要なことに、言葉の仕事で人類を征服し、サタンを打ち負かすのである。だからこそ、この段階の仕事は人にはできず、神が自らしなければならない。律法時代にヤーウェは一部分の仕事をし、その後また預言者を通して言葉を少し語り、仕事を少しした。それは、人が彼の代わりに仕事をすることができ、預言者が彼の代わりに預言を語ることができ、彼の代わりに夢をいくらか解き明かすことができたからである。あの時した仕事は直接人の性質を変えるのではなく、人の罪と関係がなく、ただ人に律法を守ることだけを要求したのだから、ヤーウェは受肉せず、人に現れず、直接モーセ或いはほかの人に話して、その人たちに、彼の代わりに彼の言いたい言葉を言い、彼のしたい仕事をするようにさせ、彼らに直接人の間で働かせたのである。第一段階の仕事は人を導くことに相当し、サタンとの戦いはその時が初期段階であったが、正式には始まらなかった。サタンとの正式の戦いは初めて受肉した時から今まで続いている。初めての戦いは受肉して十字架につけられることであった。受肉して十字架につけられることによってサタンを打ち負かしたのは、第一段階の戦いに勝ったことを意味する。受肉して直接人の命を作り始める時に、正式に人を奪い返す仕事が始まったのであり、この仕事は人の古い性質を変えるのだから、サタンと戦う仕事である。ヤーウェがあの時にしたその段階の仕事は、ただ人類の地上での生活を導いたのであり、仕事を展開し始めたのである。それは戦いとは関係がなく、大きな仕事とも関係がなかったが、以後の戦いのために基礎を打ち立てた。後の第二段階の恵みの時代の仕事は、人の古い性質を変えることと関係があり、すなわち神自身が人の命を作ることと関係があるから、神が自らしなければならず、神が自ら受肉してしなければならなかった。もし受肉しなかったら、その段階の仕事はだれも神の代わりにすることができない。なぜなら、その仕事は直接サタンと戦う仕事を代表したからである。もし人に、神の代わりにその仕事をさせるなら、サタンは不服を唱え、そうなら、全然それを打ち負かすことができない。それゆえに、必ず受肉することによってそれを打ち負かさなければならない。なぜなら、受肉した神の本質はやはり神であり、やはり人の命であり、造物主であり、どうであろうと、彼の身分と本質は変わるはずがないからである。そういうわけで、彼は肉体を着て働いてサタンを徹底的に心服させるのであった。終わりのこの段階の仕事を人にさせ、直接人に言葉を言わせたら、人は言うことができず、もし人に預言を語らせたら、人を征服することができない。神が肉体を通してサタンを打ち負かし、サタンを徹底的に心服させる。サタンを徹底的に打ち負かし、人を徹底的に征服し、そして人を完全に得たら、この段階の仕事は終わり、大事業は成功を収めたのである。神自身の経営はだれも代わりにすることができない。特に、時代を導く仕事、新しい始まりの仕事は、なおさら神自身が自らしなければならない。人に啓示を受けさせたり、預言を得させるようなことは、人に代わりにさせることができるが、神自身がしようとする仕事、自らサタンと戦う仕事は人にさせない。第一段階の仕事ではサタンと戦わなかったので、その時は預言者を通して預言を語り、ヤーウェが自らイスラエルのすべての民を導いたのであり、その後の第二段階の仕事はサタンと戦うのだから、神が自ら受肉して、肉体の中に来て働いたのである。サタンとの戦いに関わる仕事であれば、受肉してしなければならない。つまり、人にサタンと戦わせるわけにはいかない。人が戦えばそれを打ち負かすことができない。人はまだサタンの支配下にあるのに、どうしてそれと戦う力があるだろうか。人自体は中間派で、あなたがサタンに味方すればサタンに属し、神を満足させれば神に属する。もしこのような戦いの仕事を人にさせれば、人は神の代わりにすることができるだろうか。そのようにすれば、人はとっくに命を落としたのではないか、とっくに九泉に入ったのではないか。だから、人は神の代わりに仕事をすることができない。つまり、人には神の本質がないので、あなたがサタンと戦えばサタンを打ち負かすことができない。人は一部分の仕事をすることができ、一部分の人を篭絡することができるだけで、神の代わりに仕事をすることはできない。人がどうしてサタンと戦うことができるだろうか。あなたがそれと戦う前に、それがあなたをとりこにしてしまう。神自身がサタンと戦い、人がそれを基に神につき従い、従順であってこそ、神に得られて、サタンの束縛を振り捨てることができる。人の知恵、権威、能力に頼っては、人ができることはとても少ないので、人を完全にすることができない。人は人を導くことができないし、なおさらサタンを打ち負かすことができない。人の聡明さ、人のこれらの知恵はサタンの詭計に打ち勝つことができないのに、どうしてサタンと戦うことができるだろうか。

完全にされたい者はみな完全にされる機会があり、心配する必要がない。以後みなその落ち着き先に入ることができる。もしあなたが完全にされたくなく、よい境地の中に入りたくないなら、それはあなた自身のことである。完全にされたい者、神に忠実な者、従順な者、誠実に機能をする者は、みな完全にされることができる。今、忠実に本分を尽くさない者、神に忠実でない者、神に従順でない者、特に、聖霊の啓きと照らしを得たが実行しない者は、みな完全にされることができない。忠実で従順でありたい者はみな完全にされることができ、少し愚昧であってもかまわない。進んで追い求める者はみな完全にされることができ、これは心配しなくていい。あなたが心から願って、この面で力を入れて追い求めさえすれば、必ず完全にされることができる。あなたたちのうちの人を、わたしは一人も捨てたくなく、一人も淘汰したくない。もし人自身が頑張らなければ、自分で自分をだますことになり、それはわたしがあなたを淘汰するのではなく、あなたが自分で自分を淘汰するのである。あなた自身が頑張らなくて、怠けたり、本分を尽くさなかったり、忠実でなかったり、真理を追い求めなかったり、いつも自分のやり方でことを行なったり、むやみに金を使ったり、ふしだらな行ないをしたりする、あなた自身が罪を犯すことによってもたらされた結果には、あなた自身がその責任を負い、同情に値しない!わたしの心意は、あなたたちがみな完全にされることができ、少なくとも征服され、それによってこの段階の仕事が順調にやり遂げられることができるということである。神の願いは、どの人も完全にされ、最後になって彼に得られ、完全に彼にきよめられて、彼に愛される人になることである。わたしはあなたたちが遅れており、あなたたちの素質が劣っていると言ったが、これはみな実情である。しかし、わたしがこう言ったのは、わたしがあなたを見捨てようとすることを証明せず、わたしがあなたたちに希望を失ったことも証明せず、なおさら、わたしがあなたたちを救いたくないことを証明しない。今日来たのはあなたたちを救う仕事をするためであり、つまり、救いを継続する仕事をするためである。どの人も完全にされる機会があり、あなたが完全にされたいと思い、追い求めさえすれば、最後になってみな効果を収めることができ、だれも見捨てられない。あなたの素質が劣っていれば、あなたのこの素質によってあなたに要求する。あなたの素質が高ければ、あなたのこの素質によってあなたに要求する。あなたが愚昧で字が読めなければ、あなたのこの条件によってあなたに要求する。あなたが字が読めれば、字が読める人に対する規準によってあなたに要求する。あなたが年を取っていれば、年を取った人の条件によってあなたに要求する。あなたが接待することができれば、あなたのこの条件によってあなたに要求する。もしあなたが接待できず、福音を宣べ伝えるとか、教会を顧みるとか、ほかの事務的な仕事をするなどなど、これらの中の一つの機能をすることしかできないと言うなら、あなたのする機能によってあなたを完全にする。あなたが忠実であり、最後まで従順であり、この上なく神を愛することを追い求める限り、完全にされることができる。これはあなたが達成すべきことであり、この三つの要求だけがあり、これは最もよい実行である。最後に人に達成するよう要求するのは、このいくつかの要求だけであり、このいくつかの要求を達成すれば完全にされることができる。しかし、あなたはまず真心をもって追い求め、進んで努力しなければならず、消極的にこのことに対処してはならない。わたしはどの人も完全にされる機会があり、完全にされることができると言ったが、これは本当である。しかし、あなたが進んで追い求めなくて、その三つの基準を達成できなければ、最後にはやはり淘汰される。わたしはどの人もついて来られ、どの人も聖霊の仕事、聖霊の啓きを得られ、最後まで従順であることを希望する。なぜなら、これはあなたたち一人一人が尽くすべき本分だからである。あなたたちがみな自分の本分を果たした時、あなたたちはみな完全にされたのであり、また高らかな証しができるようになる。証しができる人はみなサタンを打ち負かして約束を受けた人であり、この人たちは以後残されて、よい落ち着き先の中で生活する人である。