「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

キリストの本質は天の父のみこころに従うことである

受肉した神はキリストと呼ばれ、キリストは神の霊が着た肉体であり、この肉体はいかなる肉に属する人とも異なるのである。異なると言うのは、キリストは血肉の者ではなくて霊の化身だからである。彼には正常な人性と完全な神性があり、彼の神性はいかなる人も持たず、彼の正常な人性は肉体におけるすべての正常な活動を支えるためであり、神性は神自身の仕事をするためである。人性であれ、神性であれ、天の父のみこころに従うのであり、キリストの本質は霊、すなわち神性である。だから、彼の本質そのものが神自身の本質であり、この本質は彼自身の仕事を妨げるはずがなく、彼は自分の仕事を壊すようなことをするはずがなく、自分のみこころに背く言葉を言うはずもない。そういうわけで、受肉した神は、絶対に自分の経営を妨げるような仕事をするはずがない。これはあらゆる人が分からなければならないことである。聖霊の働きは実際には人を救うためであり、神自身の経営のためである。同様に、キリストの働きも人を救うためであり、神のみこころのためである。神は受肉するからには、肉体が十分に仕事を担当できるように、彼の本質を全部肉体の中に実際化する。だから受肉の間では、キリストの働きは神の霊のすべての働きに取って代わり、しかも受肉の間での仕事はみなキリストの働きを核心とし、ほかのどの時代の仕事も交じり合うことがない。神は受肉したからには、肉体の身分で働き、肉体の中に来たからには、肉体の中で彼のすべき仕事を完成するのであり、神の霊であれキリストであれ、みな神自身であり、彼は自分のすべき仕事をし、自分の尽くすべき職分を果たすのである。

神の本質そのものは権威を帯びているが、彼はまた彼の権威から出たすべてに従うことができ、霊の働きであれ肉体の働きであれ互いに矛盾しない。神の霊は万物の権威であり、神の本質のある肉体も権威を帯びているが、肉体の中の神は、天の父のみこころに従うためのすべての仕事をすることができる。これはいかなる人も達成できないこと、また、いかなる人も想像できないことである。神自身は権威である。それにもかかわらず彼の肉体は彼の権威に従うことができる。これは「キリストは父なる神のみこころに従うのである」という言葉の真意である。神は霊である時に救いの仕事をすることができ、人となった時も同じく救いの仕事をすることができる。何と言っても神自身が自分の仕事をするのであり、彼は邪魔せず、かき乱しもせず、なおさら矛盾する仕事をしない。なぜなら、霊のする仕事の本質と肉体のする仕事の本質は同じであり、霊であれ肉体であれ、みな同じみこころを成就するためであり、みな同じ仕事を経営するのだからである。霊と肉体はそれぞれまったく異なる属性を持っているが、その本質は同じなのであり、みな神自身の本質があり、神自身の身分がある。神自身は不従順の要素がなく、神の本質は善であり、彼はすべての美と善の発表であり、またすべての愛の発表でもある。肉体の中の神でも父なる神に背くような事をすることはなく、たとえ身をささげても彼は喜んでささげるのであり、自分の選択は全然ないのである。神には独り善がり、高慢の要素がなく、傲慢、自大の要素がなく、不実の要素もない。それらの神に背くものはみなサタンから来たのであり、サタンはすべての醜と悪の源である。人がサタンのような属性を持っているのは、人がサタンに腐敗させられ、加工されたからである。キリストはサタンに堕落させられていないから、彼は神の属性を持っているだけで、サタンの属性は持っていないのである。神は肉体の中に生きている時、仕事がどんなに難しくても、肉体がどんなに弱くなっても、神自身の仕事を妨げるような事をすることはなく、父なる神のみこころを放棄して背くこともなく、たとえ肉体が苦しみを受けても父なる神のみこころに背かない。ちょうどイエスが祈ったように、「父よ、もしできることでしたらどうか、この苦杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、みこころのままになさってください」。人には自分の選択があるが、キリストには自分の選択がない。彼は神自身の身分があるけれども、やはり肉体の立場に立って父なる神のみこころを求め、肉体の立場に立って父なる神の委託を完成する。これは人には達成できないことである。サタンから来たものは神の本質を持てず、神に背き、逆らう本質しか持たない。彼らは神に完全に従うことができず、なおさら甘んじて神のみこころに従うことができない。キリスト以外の人はみな神に逆らうようなことをしでかすはずで、しかもいかなる人も直接神の託した仕事を担当することができず、いかなる人も神の経営を自分の尽くすべき本分として取り扱うことができない。父なる神のみこころに従うことはキリストの本質であり、神に背くことはサタンの属性であり、この二つの属性は共存できないのであり、サタンの属性を持っている者はみなキリストと呼べない。人が神の代わりに仕事をすることができないのは、人が全然神の本質を持っていないからである。人が神のために働くのは個人の利益のためであり、今後の前途のためであるが、キリストが働くのは父なる神のみこころを行なうためである。

キリストの人性は神性の制約を受けるのであり、彼は肉体の中にいるけれども、彼の人性は肉に属する人と完全に同じなのではない。彼には彼の特定の性格があり、この性格も神性の制約を受けるのである。神性には弱さがない。キリストに弱さがあるというのは彼の人性を指して言ったのである。この弱さはある程度において神性を制約するが、それは範囲があり、期限があるのであり、限りなく制約するのではなく、神性の仕事をすべき時になったら、人性のことはかまわないのである。キリストの人性は完全に神性に支配されるのであり、人性の正常な生活以外に、ほかの人性のすべての活動は神性の影響と薫陶を受け、また神性に支配されている。キリストには人性があるけれども、その人性は神性の仕事を妨げない。それは、キリストの人性は神性に支配されているからである。この人性は世慣れた人性ではないけれども、神性の正常な仕事に影響しない。彼の人性が堕落させられていないと言うのは、キリストの人性が直接神性に支配されることができ、しかも彼には一般の人より優れた理智があり、彼の人性は神性が支配して働くのにいちばん適切な人性であり、いちばんよく神性の仕事を発表することができる人性であり、いちばんよく神性の仕事に従うことができる人性だからである。神は肉体の中で働く時も、肉体における人の尽くすべき本分を失わず、彼は真心をもって天の神を礼拝することができる。彼には神の本質があり、彼の身分は神自身の身分である。ただ彼が地上に来て、一人の被造物となり、被造物の殻を持ち、以前持っていなかった人性を持つようになっただけである。彼が天の神を礼拝することができる、これは神自身の所是であり、人がまねることができないものである。彼の身分は神自身であり、彼が神を礼拝するのは肉体の立場に立って礼拝するのである。だから、「キリストが天の神を礼拝する」という言葉は間違っていない。彼が人に要求するものはまさに彼の所是であり、人に要求する前に、彼はとっくにそれを達成したのである。彼は決してほかの人に要求するだけで自分が「法の網を逃れて、のうのうとしている」はずがない。なぜなら、それはみな彼の所是だからである。彼がどのように働いても、神に背くような行ないをするはずがなく、彼が人にどんな要求を出しても、それは人ができる範囲を越えないのである。彼のするすべては神のみこころを行なっているのであり、みな彼の経営のためである。キリストの神性はあらゆる人を超越している。だから、彼は被造物の中の最高の権威である。この権威は神性であり、すなわち神自身の性質と所是であり、この性質と所是こそが彼の身分を決定づけたのである。だから、彼の人性がどんなに正常であっても、彼が神自身の身分を持っていることは否定できない。彼がどの立場に立って話しても、彼がどのように神のみこころに従っても、彼が神自身ではないとは言えない。愚昧で無知な人は往々にしてキリストの正常な人性を、キリストの欠陥と見なす。キリストがどのように神性の所是を表現し、現しても、人は彼がキリストであることを認めることができず、しかもキリストが彼の従順、へりくだりを表現すればするほど、愚昧な人はキリストを軽視する。ひどいのになると、キリストに対して排斥し、軽蔑する態度を取るが、高大な姿を持つ「偉人」たちを机の上に祭る人さえもいる。人が神に逆らい、神に背く根源は、受肉した神の本質は神のみこころに従うことにあり、キリストに正常な人性があることにある。これは人が神に逆らい、背くことの根源的所在である。もしキリストが人性に覆い隠されず、また被造物の立場に立って父なる神のみこころを求めなくて、非凡な人性を持っているなら、おそらくあらゆる人は背かないだろう。人がいつも天の見えない神を信じるのが好きであるのは、天の神には人性がなく、天の神には被造物の属性が少しもないからである。だから、人はいつも天の神を特別視しているが、キリストに対してはいつも軽蔑の態度を取っているのである。

キリストは地上に来て、神自身を代表して働くことができるけれども、彼が地上に来たのは、人々に彼の肉体の姿を見せるためではない。彼は自分を人に見せるのではなく、人々が彼自らの導きを得て、新しい時代に入るようにするのである。キリストの肉体の機能は神自身の仕事つまり肉体における神の仕事のためであって、人に彼の肉体の本質を完全に理解させるためではない。彼がどのように働いても、肉体ができる範囲を越えないのであり、彼がどのように働いても正常な人性のある肉体の中で働くのであり、神の本来の姿を全部人に現して見せるのではなく、しかも肉体のする仕事は決して人が想像したように超然としているか或いは計り知れないのではない。キリストは肉体の中で神自身を代表し、しかも自ら神自身のすべき仕事をするけれども、彼は天の神の存在を否まず、しかも自分の業をおおっぴらに宣伝せず、むしろ肉体の中にへりくだり隠れているのである。キリスト以外の、キリストと偽称する人は決してキリストの属性を持たない。偽キリストの傲慢さ、自分で自分を高く祭り上げる性質と比較したら、一体どのような肉体がキリストであるか分かるようになる。偽キリストであればあるほど、自分をひけらかすのであり、しかもしるしと奇跡を行なって人を惑わすことができる。偽キリストであれば神の属性を持っておらず、キリストであれば少しも偽キリストの要素が混じっていない。神が受肉したのは、ただ肉体の仕事をやり遂げるためだけであり、人々に彼を見せるためではない。彼は彼のする仕事で自らの身分を証明し、彼の表現で自らの本質を証明するのである。彼の本質は根拠もなく語られるものではなく、彼の身分は自分で奪い取ったのではなく、彼のする仕事と彼の本質によって決定づけられるのである。彼は神自身の本質を持っており、しかも神自身の仕事をすることができるけれども、彼は畢竟霊と異なる肉体であり、霊の属性を持っている神ではなくて、肉体の殻がある神である。だから、彼がいくら正常であっても、いくら弱くなっても、またいくら父なる神のみこころを求めても、彼の神性を否定することはできない。受肉した神には、正常な人性と正常な人性の弱さがあるだけではなく、さらに神性のくすしさ、計りがたさと彼の肉体におけるすべての業もある。だから、キリストの身には人性と神性とが実際に存在しており、それはとても現実的であり、少しも超然としていない。彼が地上に来た主な目的は働くことであり、地上で働くには必ず正常な人性を具備しなければならず、さもないと、神性の威力がどんなに大きくても、その本来の機能を発揮することができない。人性はとても重要であるけれども、人性は彼の本質ではなく、彼の本質は神性である。だから、彼は地上で職分を尽くし始める時、彼の神性の所是を発表し始めるのである。彼の人性はただ、神性が肉体の中で正常に働くことができるように、肉体の正常な生活を支えるためだけである。だが、すべての仕事を支配するのは神性である。彼が彼の仕事をやり遂げたら、彼の職分を全うしたことになる。人が認識すべきものは彼のあらゆる働きであり、彼は働きを通して人に彼を認識させるのである。彼は働く過程の中で、神性の所是をかなり完全に発表し、その中には人性の性情が混じっておらず、思惟と人的な所是も混じっていない。彼の職分が全部終わる時、彼はもう彼の発表すべき性質を完璧に発表したのである。彼は働く時、いかなる人の指示をも受けず、彼の性質の発表も相当自由なのであり、それは頭に支配されるのではなく、思惟に加工されるのではなく、自然の表現であり、これはいかなる人もできないことである。環境が劣悪であっても、条件が許さなくても、彼はみな適切な時に彼の性質を発表することができる。キリストであればキリストの所是を発表するのであり、キリストでなければキリストの性質がないのである。だから、人がみな彼に逆らい、或いは彼に観念を持っているけれども、人の観念のゆえに、キリストの発表する性質が神の性質であることを否定できる人はだれもいない。真心をもってキリストを追い求める人、心から神を求める人はみな、キリストの神性の発表のゆえに彼がキリストであることを認めるはずであり、絶対に何か人の観念に合わないもののゆえにキリストを否定することはない。人はみな愚鈍で拙劣であるけれども、いったい何が人間の意志によるものであるか、何が神から来たものであるかを知っている。ただ多くの人が個人の存心のゆえに、わざとキリストに逆らうだけである。そうでなければ、だれもキリストの存在を否定する理由がない。なぜなら、キリストが発表する神性は確かに存在しているのであり、彼のする仕事は人の肉眼で見ることができるのだからである。

キリストの仕事、キリストの発表が彼の本質を決定づけ、彼は真心をもって自分の双肩に担っている委託を完成することができ、真心をもって天の神を礼拝することができ、真心をもって父なる神のみこころを求めることができる。これはみな彼の本質によって決定づけられるのである。彼の自然の表現もみな彼の本質によって決定づけられるのである。自然の表現と呼ばれるのは、彼の発表するものは他人をまねたものではなく、人に教育された後発表するものではなく、人に長年育成された後発表するものではなく、彼自身が見習ったものではなく、彼自身が飾ったものでもなく、もとからあるものだからである。人が彼の仕事を否定し、彼の発表を否定し、彼の人性を否定し、彼のすべての正常な人性の生活を否定するが、だれも彼が真心をもって天の神を礼拝することを否定することができず、だれも彼が天の父のみこころを遂行するために来たことを否定することができず、だれも彼の父なる神を求める切なる心を否定することができない。彼の姿は人の耳目を楽しませず、彼の話しぶりは非凡な気宇があるのではなく、彼の働きは人が想像したように天地をひっくりかえし、或いは宇宙を揺り動かすのではないが、彼は確かに、真心をもって天の父のみこころを成就し、完全に天の父に従い、しかも死に至るまで従うキリストである。なぜなら、彼の本質はキリストの本質だからである。これは人々には信じられないが、確かに存在する事実である。キリストが職分を全部尽くし終えた後、人は彼の働きの中から、彼の性質、彼の所是がみな天の神の性質と所是を代表するのを見ることができる。その時、彼がしたすべての仕事を総合すれば、彼は「言」がなった「肉体」であって、血肉に属する人と同じような肉体ではないことを確認することができる。キリストが地上でする毎段階の仕事はみなその代表的な意義があるが、毎段階の現実的な働きを経験する人は彼の働きの意義を見極めることができず、特に、二回目に言が肉体となってするいくつかの段階の仕事はそうである。キリストの言葉を聞いたか、或いはキリストの言葉を読んだだけで、キリストを見たことがない人たちは大体彼の働きに観念を持たないが、キリストを見、しかも彼の言葉を聞き、彼の働きを経験した人は容易に彼の仕事を受け入れられない。これはキリストの外見と彼の正常な人性が人の好みに合わないからではないか。キリストが去った後受け入れる人たちはこれらの難題がない。なぜなら、彼らは彼の仕事を受け入れるだけで、キリストの正常な人性に接触しないからである。人が神に対する観念を捨てることができず、しかも極力研究するのは、人が彼の外見を見るだけで、彼の働き、言葉を通して彼の本質を認識することができないからである。もし人がみな目を閉じてキリストの外見を見ず、或いはキリストの人性を避けて語らず、彼の神性の面だけを語るなら、彼の働きといい、彼の言葉といい、それはいかなる人も達成できない。そうだったら、人の観念は以前より半分少なくなり、さらに人の問題も全部解決される。受肉した神が働く段階でさえ、人は彼を許容することができず、彼に対していろいろな観念を持っており、彼に逆らい、背くことはよくあることで珍しくない。人は神の存在を許容することができず、キリストがへりくだり隠れることを「寛大に許す」ことができず、天の父に従うキリストの本質を「容赦」することができない。だから、彼は仕事をやり遂げた後、人と永遠に一緒にいることができない。なぜなら、人は彼が人と共に生活するのを望まないからである。彼が働いている間にさえ、人は彼を「寛容する」ことができないのに、彼が職分を尽くした後、人と共に生活しながら人が一歩一歩彼の言葉を経験するのを見るならば、なおさらのことではないか。それなら、多くの人は彼のゆえに「つまずく」のではないか。人は彼が地上で働くことだけを許し、これはもう人の最大の寛容である。もし仕事のゆえでなければ、人はとっくに彼を地界から追い払ったはずなのに、まして彼の仕事が終わった後はなおさらのことではないか。人は彼を死刑に処し、彼をむざむざ死なせてしまうのではないか。もし彼がキリストと呼ばれなければ、彼は人の間で働くことができず、もし彼が神自身の身分を持たずに働き、ただ一人の正常な人の身分をもって働くなら、人は全然彼が言葉を言うことを許さず、なおさら彼が働くことを許さない。だから、彼は身分をもって働くしかなく、これは身分を持たずに働くよりもっと威力がある。なぜなら、人はみな「地位」と「高い身分」に従うのが好きだからである。もし彼が神自身の身分を持たずに働き、神自身の身分として現れないとしたら、彼は全然働く機会がない。彼には神の本質があり、キリストの所是があるけれども、人は彼を寛大に扱って彼がたやすく人の間で働くことを許すはずがない。彼が神自身の身分をもって働くのは、神自身の身分を持たずに働くより何十倍もまさっているけれども、人はやはり彼に完全に従うことができない。なぜなら、人が従うのはただ彼の地位であって、彼の本質ではないからである。それでは、いつの日かキリストが「第一線を退く」なら、人は彼が一日でも長く生きることを許すだろうか。神は人と共に地上で生活することを望む。それは、彼が自分でした仕事が数年後に収める効果を見ることができるためである。しかし、残念ながら人はみな彼が一日でも長くとどまることを許さない。だから、彼があきらめるしかない。彼が人の間で彼のすべき仕事をし、彼の職分を尽くし終えることを許すのは、もう人の極めて大きな寛容であり、もう大いにメンツを立てたのである。彼に直接征服された人は、大いに彼のメンツを立てるけれども、彼が仕事をやり遂げるまでにとどまることを許すだけで、それ以上留まることは許さない。それでは、彼に征服されていない人たちはどうだろう。人がこのように受肉した神を扱うのは、彼が正常な人性の殻があるキリストだからではないか。もし彼に神性があるだけで正常な人性がないなら、人の問題はすらすらと解決されるのではないか。人はみな彼の神性をしぶしぶ認めるが、彼の正常な人性の殻には興味を持たない。彼の本質は完全に、天の父のみこころに従うキリストの本質であっても。それゆえに、彼は「人の間で人と甘苦を同じくし、患難を共にする」という「仕事」を取り消すしかない。なぜなら、人はみなこれ以上彼の存在に我慢できないからである。