「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

神の宿っている「肉体」の本質

初めて言が肉体となった神は地上で三十三年半生活したが、職分を尽くしたのは三年半だけであった。彼は働いていた間も、働く前も、正常な人性を持っていた。彼は正常な人性の中で三十三年半生活し、最後の三年半の間、彼はずっと言が肉体となった神の身分として現れていた。職分を尽くす前に、彼は普通で正常な人性のある人として現れ、神性の表現が少しもなかった。正式に職分を尽くした後、彼ははじめて神性の表現があったのである。彼のその二十九年の間の仕事、すべての生活は、彼が完全に一人の人であり、人の子であることを証明し、彼が肉体であることを証明する。なぜなら、彼の職分は二十九歳以後に、正式に始まったからである。言が肉体となったというのは、神が肉体で現れ、神が肉体の姿として造られた人の間で働くということである。だから、神が言が肉体となった以上、まずは必ず肉体でなければならず、しかも正常な人性を持っている肉体でなければならず、これは少なくとも備えるべきものである。実は、神の言がなった肉体とは、肉体の中で働き、肉体の中で生活する神のことであり、神の本質が肉体となり、人となったということである。言が肉体となった後の、彼の生活と働きは二つの段階に分けられる。第一段階は職分を尽くす前の生活であり、彼は普通の人の家庭の中で生活し、とても正常な人性の中で生活するのであり、彼は人の正常な生活倫理、人の正常な生活規律があり、人の正常な需要(衣、食、寝、住)、人の正常な弱さがあり、正常な人の喜怒哀楽がある。つまり、第一段階では非神性の、完全に正常な人性の中で生活して、正常な人のすべての活動に従事するのである。第二段階は職分を尽くし始めた後の生活であり、彼はやはり正常な人性の殻がある普通の人性の中で生きるのであり、うわべはやはり超然たるものが少しもないが、彼は職分を尽くすために生きるのである。この時の正常な人性は完全に神性の正常な働きを支えるためである。なぜなら、職分を尽くす時の正常な人性は、すでに十分に職分を尽くすことができる人性に成熟したからである。だから、第二段階の生活は正常な人性の中で職分を尽くす生活、つまり正常な人性と完全な神性の生活である。第一段階の生活をごく普通の人性の中で送るのは、その時の人性が神性のすべての働きを支えることができず、それは成熟していない人性であり、人性が成熟してから、すなわち十分に職分を担当することができる人性を持ってから、はじめて彼の尽くすべき職分を尽くすことができるからである。肉体である以上、成長し、成熟する過程を経なければならない。だから、第一段階の生活はただ正常な人性の生活である。第二段階の生活の中では、彼の人性がもう十分に仕事を担当し、職分を尽くすことができるから、言が肉体となった神の、職分を尽くす間の生活は、人性と完全な神性の生活である。もし神の言がなった肉体が生まれるとすぐ正式に職分を尽くし始め、しかもその肉体には超然たるしるしと奇跡ばかり伴っているなら、肉体の本質がなくなる。だから、神の言がなった肉体の人性は肉体の本質のためにあり、人性のない肉体は存在せず、しかも人性のない人は非人類である。それゆえに、肉体の人性は神の言がなった肉体の固有の属性になった。もしだれかが「神は肉体となった時、神性だけあって人性がない」と言うなら、これは冒涜しているのである。なぜなら、これは全然存在しない言い方であり、しかも言が肉体となることの原則にもとるからである。職分を尽くしてからでも、彼はやはり人性の殻がある神性の中で働くのだが、ただこの時の人性は、神性がこの正常な肉体の中で働くことができるように支えるためなのである。だから、働くのは人性の中の神性であり、神性が働くのであって、人性が働くのではない。だが、この神性は人性に覆い隠された神性であり、実質的には、やはり完全な神性が働いているのであり、人性が働いているのではない。しかし、働くのはこの肉体であり、人と言ってもよく神と言ってもいい。なぜなら、神は肉体の中に生きている神になり、それゆえ人の殻があり、人の本質があり、さらに神の本質があるからである。彼は神の本質がある人だからこそ、いかなる造られた人よりも偉大であり、神の仕事をすることができるいかなる人よりも偉大である。したがって、彼と同じように人の殻がある人の中で、人性のあるあらゆる人の中で、彼だけが言が肉体となった神自身であり、彼以外のものはみな造られた人類である。同様に人性を備えているのだが、造られた人は人性だけしかないが、言が肉体となった神はそうではなく、彼の肉体は人性以外に主に神性を持っている。人性は肉体のうわべから見ることができ、日常生活の中で発見することもできるが、神性は人が容易に発見することができない。神性は、人性があるという前提の下で発表されるのであり、しかも人が想像したように非凡ではない。だから、人にとっていちばん発見しにくいのは神性である。今になって、人にはいちばん計りがたいのは、言が肉体となった神の本質はいったい何であるかということである。実は、わたしがこんなに多くの言葉を言った後でも、あなたたちのうちの多くの人はやはりそれが一つの謎だと思うだろう。この問題はとても簡単で、神が言が肉体となった以上、彼の本質は人性と神性の結合であり、この結合が神自身、しかも地上の神自身だと呼ばれるのである。

イエスの地上での生活はみな肉体の正常な生活であり、彼は肉体の正常な人性の中に生きていて、働き、話す権威であれ、病気を治し悪霊を追い出す権威であれ、これらの非凡なことは彼が職分を尽くす前にはほとんどなかった。二十九歳前の生活、つまり職分を尽くす前の生活は、彼がただ正常な肉体であることを十分に証明する。彼が正常な肉体であり、しかも職分を尽くしていなかったから、彼には神らしいところがあるのを、人は全然見出せなかった。ただ彼が一人の正常な人であり、一人の普通の人であるのを見ただけである。当時、一部の人が彼のことをヨセフの息子だと思っていたように。人から見れば、彼は普通の人の息子であり、人は彼が言が肉体となった神であることを全然見出せなかった。彼が職分を尽くす時にたくさんのしるしを行ったけれども、彼のことをヨセフの息子だと言う人はやはりたくさんいた。これはみな彼が正常な人性の殻を持つキリストだったからである。彼の正常な人性と彼のした仕事、この二つの部分は、初めて言が肉体となったことの意義を完成するためであり、神がもう完全に肉体の中に来たこと、神がもう一人のごく普通の人となったことを証明するためであった。彼が働く前に正常な人性があることは、彼が普通の肉体であることを証明した。後になって彼は働いたが、これはやはり彼が普通の肉体であることを証明する。なぜなら、彼がしるしと奇跡を行い、或いは病気を治し悪霊を追い出したのはみな、正常な人性の肉体の中で行ったからである。彼がしるしを行うことができたのは、彼の肉体が神の権威を持っており、彼の肉体が神の霊の着た肉体だったからである。彼にこの権威があったのは神の霊のゆえであるが、しかしこれは彼が肉体ではないことを意味しているのではない。病気を治し、悪霊を追い出すことは彼の尽くすべき職分の範囲内の仕事であり、人性に覆い隠されている神性の発表である。彼がどのようにしるしを行ない、どのように彼の権威を現しても、彼はやはり正常な人性の中に生きていたのであり、やはり正常な肉体であった。彼が十字架につけられて死人の中から復活する前に、彼はずっと正常な肉体の中に生きていた。人に恵みを与え、人のために病気を治し、悪霊を追い出すことはみな彼の職分内のことであり、それはみな正常な肉体の中で行ったのであり、十字架につけられる前に、彼がどのように働いてもそれはみな正常な人性を持つ肉体の中で行ったのである。彼が神自身であり、彼がしたのは神自身の仕事であったけれども、彼は神の言がなった肉体なので、彼もご飯を食べ、服を着、正常な人の需要があり、正常な人の理智と思惟があった。このすべては彼が正常な人であることを証明し、彼が正常な人であることは、神の言がなった肉体が正常な人性を持つ肉体であって、非凡な肉体ではないことを証明した。彼のした仕事は、神が初めて言が肉体となった時にしようとする仕事をやり遂げ、初めて言が肉体となった時の尽くすべき職分を完成するためであった。言が肉体となったことの意義は、普通で正常な人が神自身の仕事をし、つまり神が人性の中で神性の仕事をして、それによってサタンを打ち負かすということである。言が肉体となったとは、神の霊が肉体となり、つまり神が肉体となったということである。肉体のする仕事は霊のする仕事であり、霊のする仕事は肉体において実際化されて、肉体を通して発表されるのである。神の宿っている肉体以外に、だれも言が肉体となった神の代わりに職分を尽くすことができない。つまり、正常な人性を持つ、神の言がなった肉体だけが神性の働きを発表することができ、彼以外の人はだれも彼の代わりにこの仕事をすることができない。もし神が初めて来た時、二十九歳前の正常な人性がなく、生まれるとしるしと奇跡を行ない、話せるようになると天の言葉を言い、生まれると天下のことを見極めることができ、人の心の中で思っていること、人の心の中にあるものをみな見抜くことができたのなら、このような人は正常な人とは呼べず、このような肉体は肉体とも呼べない。もしキリストがこのような人であるなら、神が言が肉体となったことの意義と本質はなくなる。彼に正常な人性があることは、彼が神の「言」がなった「肉体」であることを証明し、彼が正常な人の成長の過程を経たことは、さらに彼が正常な肉体であることを証明する。それに彼の働きが加えられたら、彼が「神の言葉」、また「神の霊」がなった「肉体」であることが十分に証明される。仕事の必要のゆえに、神は肉体となった。つまり、この段階の仕事は必ず肉体の中で、すなわち正常な人性の中でしなければならないのである。これが「言が肉体となり」「言葉が肉体で現れた」前提であり、これは二回言が肉体となった内幕である。人はみなこう思っているだろう。イエスは地上における自分の仕事が終わるまで、ずっとしるしを行なっていたのであり、少しも正常な人性の表現がなく、また正常な人性の需要または正常な人性の弱さがなく、人の喜怒哀楽がなく、正常な人が必要とする衣食住がなく、正常な人の思惟もなかったのであり、ただ人が想像したような超然たる思惟、非凡な人性だけを持っていた。神だから、正常な大脳の思惟があるべきではなく、正常な人性の生活があるべきでもなく、一人の正常な人、一人の適格な人こそが正常な人性の思惟、正常な人性の生活があり得ると、人は思っている。人が想像したものはみな人の意思であり、人の観念であり、この観念はみな神の働く本来の意図に反するのである。正常な大脳の思惟は人の正常な理智、正常な人性を維持するものであり、正常な人性こそ肉体の正常な機能を維持することができ、肉体の正常な機能こそ肉体のすべての生活を正常にさせることができる。神がこのような肉体の中で働いてこそ、言が肉体となった目的を達成することができる。もし言が肉体となった神が肉体の殻があるだけで、正常な大脳の思惟がないなら、この肉体は人性の理智を備えておらず、また適格な人性を備えていない。人性を持たないこのような肉体がどうして言が肉体となって果たすべき職分を完成することができるだろうか。正常な大脳の思惟は人のすべての生活を支えるためのものだが、もし人が正常な大脳の思惟を失ったら、その人は非人類である。つまり、大脳の思惟がない人は精神病者であり、人性がなく神性だけあるキリストは神の言がなった肉体とは呼べない。それでは、神の言がなった肉体はどうして正常な人性を持たないことがあろうか。キリストは人性を持たないと言う人たちは神を冒涜しているのではないか。正常な人が従事しているすべての活動はみな、正常な大脳の思惟によって支えられるもので、もし正常な大脳の思惟がなければ、人の活動の規律は乱れてしまい、ひいては人は黒白を弁ずることができず、善悪を区別することもできず、しかも人倫の道が分からなくなる。同様に、言が肉体となった神に正常な大脳の思惟がなければ、このような肉体は適格な肉体ではなく、つまり正常な肉体ではない。このような思惟のない肉体は、全然神性の仕事を担当することができず、正常な肉体が従事する活動に正常に従事することもできず、なおさら人と共に地上で生活することができない。そうだったら、言が肉体となったことの意義はなくなり、神が肉体となったことの本質もなくなる。言がなった肉体の人性は、肉体における神性の正常な働きを支えるためのものであり、正常な大脳の思惟は正常な人性を支えるものであり、肉体のすべての正常な活動を支えるものでもある。正常な大脳の思惟は、肉体における神のすべての働きを支えるためのものだと言ってもいい。もしこの肉体が正常な人性の思惟を持たなければ、神は肉体の中で働くことができない。そうだったら、彼が肉体の中ですべき仕事は永遠にやり遂げることができない。言が肉体となった神は正常な大脳の思惟があるけれども、彼の働きの中には人の思惟が混じっていない。彼は正常な思惟がある人性の中で働くのであり、思惟のある人性を持った前提の下で働くのであって、正常な思惟を発揮して働くのではない。彼が宿っている肉体の思惟がどんなに優れても、彼の働きの中にはやはり論理学、思惟学が混じっていない。つまり、彼の仕事は彼が肉体の思惟で想像したものではなくて、人性における神性の働きの直接の発表であり、彼の働きはすべて彼の果たすべき職分であり、どの段階の働きも彼が頭で考え出したものではない。たとえば、彼が人のために病気を治し、悪霊を追い出したこと、十字架につけられたことは頭で考え出したのではなく、また思惟のあるあらゆる人が達成できないのである。今日の征服の仕事も同様に、言が肉体となった神が果たすべき職分であるが、この仕事は人間の意志によるものではなく、これはみな神性のすべき仕事であって、いかなる血肉に属する者も達成できないのである。だから、言が肉体となった神は正常な大脳の思惟がなければならず、正常な人性がなければならない。なぜなら、彼は正常な思惟のある人性の中で働かなければならないからである。これは言が肉体となった神の働きの本質であり、言が肉体となった神の本質でもある。

仕事をする前に、イエスはただ正常な人性の中で生活していて、人は彼が神であることを全然見出せなかった。だれも彼が言が肉体となった神であることを発見しておらず、人は彼が一人の最も普通な人であることを知っていただけである。この最も普通の正常な人性は、神の言が肉体となったことを立証し、恵みの時代は言が肉体となった神が働く時代であって、霊が働く時代ではないことを立証し、神の霊が完全に肉体の中に実際化されたことを立証し、神が言が肉体となった時代に、肉体は霊のすべての仕事をすることを立証した。正常な人性があるキリストとは、霊によって実際化された、正常な人性、正常な理智、大脳の思惟がある肉体のことである。「実際化」とは、神が人となったという意味であり、霊が肉体となったという意味である。もっとはっきり言えば、神自身が正常な人性のある肉体の中に住み、正常な人性のある肉体を通して彼の神性の働きを発表することである。これが「実際化」であり、つまり言が肉体となったということである。初めて言が肉体となった時、彼は人のために病気を治し、悪霊を追い出さなければならなかった。なぜなら、彼のした仕事は人類を贖うことだからである。全人類を贖うためには、彼は必ず人を憐れみ、容赦しなければならなかった。十字架につけられる前に彼がした仕事は人のために病気を治し、悪霊を追い出すことであり、この仕事は彼が人を罪の中から、汚れの中から救い出すことを予示していた。恵みの時代だったから、彼は人のために病気を治さなければならなかった。それゆえに、彼はしるしと奇跡を少しばかり行なった。これらのしるしと奇跡は恵みの時代の恵みの代表であった。なぜなら、恵みの時代には人に恵みを与えることが主で、平安、喜びや物質的な祝福が恵みの時代のしるしとされ、人がイエスを信じることのしるしとされたからである。つまり、人のために病気を治し、悪霊を追い出し、人に恵みを与えることは、恵みの時代でのイエスの肉体の本能であり、霊が肉体の中に実際化してした仕事はこれらであった。しかし彼がこれらの仕事をした時、肉体の中に生きていたのであって、肉体を超越しておらず、彼がどのように人のために病気を治しても、彼はやはり正常な人性があり、やはり人性の正常な生活があった。言が肉体となった時代には肉体が霊のすべての仕事をするというのは、彼がどのように仕事をしても肉体の中でするのだからである。しかし、彼の仕事のゆえに、人から見れば彼の肉体は完全な肉体の本質を持っていないのである。なぜなら、この肉体はしるしを行なうことができ、しかもたまには肉体を超越して仕事をすることができるからである。もちろん、これらの現象はみな彼が職分を尽くし始めてからあったのである。たとえば、彼が四十日間、悪魔から誘惑を受けたことや、山で姿が変わったことである。したがって、イエスの身から言が肉体となったことの意義はまだ完全にされておらず、一部分しか完成されていないのである。彼が仕事をする前に、彼の肉体のすべての生活はとても正常だったのであり、働き始めた後、彼はただ肉体の殻を保っただけである。彼がした仕事は神性の発表だったから、肉体の正常な機能を超えた。ひっきょう神の言がなった肉体は血肉に属する者と異なるのである。もちろん、彼も普段は食べたり、着たり、寝たり、住んだりしていて、彼の衣食住はみな正常であり、また、彼は正常な人の理智と大脳の思惟もあり、人から見れば、彼はやはり一人の正常な人であったが、彼のした仕事は人の目にはとても超然としていたのである。実は、彼がどのように働いても、やはり普通で正常な人性の中で働いたのであり、しかも彼が働く時であればあるほど、彼の理智は正常で、彼の考えは冷静であり、しかもあらゆる正常な人の理智と考えを超えた。このような理智と考えはまさに、言が肉体となった神が備えなければならないものである。なぜなら、神性の働きは理智がいちばん正常で、考えがいちばん冷静である肉体を通して発表されるのだからである。こうしてこそ、肉体が神性の働きを発表するという目的を達成することができる。イエスはこの世で三十三年半生きていた。この三十三年半の間、彼はずっと正常な人性を持ち続けていた。ただ彼の三年半の職分の中の仕事のゆえに、人は彼がとても非凡であると感じ、しかも彼が以前よりずっと超然としていると思っていたのである。実は、職分を尽くす前も、職分を尽くした後も、イエスの正常な人性は変わっていなかったのであり、彼はずっと同じ人性を持ち続けていた。ただ職分を尽くす前と後の違いのゆえに、人は彼の肉体に対して二つの異なる見方を持つようになったのである。人がどのように見ても、神は言が肉体となった後、ずっと彼の本来の正常な人性を持ち続けるのである。なぜなら、神は言が肉体となった以上、肉体の中に生き、しかも正常な人性のある肉体の中に生きるのだからである。彼が職分を尽くしても尽くさなくても、彼の肉体の正常な人性を取り除くことはできない。それは、人性は肉体の根本だからである。イエスの肉体は職分を尽くす前に完全に正常だったのであり、また、正常な人のすべての活動に従事していた。人から見れば、イエスは少しも超然としておらず、彼には何のしるしも伴わなかった。その時、彼はただ一人のごく普通の、神を礼拝する人であった。ただ彼はだれよりも誠実に追い求めていたのである。これは彼のいちばん正常な人性の表れであった。職分を尽くす前に彼は何の仕事もしなかったので、人は彼の身分を見出すことができず、彼の肉体が一般の者とは違うことを見出すこともできなかった。なぜなら、彼はしるしを少しも行なわなかったし、また神自身の仕事を少しもしなかったからである。しかし、彼は職分を尽くした後、やはり正常な人性の殻があり、しかも正常な人性の理智の中に生きていたが、彼が神自身の仕事をし始め、キリストの職分を尽くし始め、凡人にはできない仕事をし始め、つまり血肉の人にはできない仕事をし始めたので、人から見れば彼には正常な人性がなく、彼は完全に正常な肉体ではなくて、不完全な肉体なのである。彼のした仕事のゆえに、人は彼のことを、正常な人性がない、肉体の中の神だと言うのである。このような認識はみな間違っている。なぜなら人は、神が言が肉体となったことの意義を知らないからである。人が間違って理解するのは、肉体の中の神が発表したのは神性の働きであり、しかもこの働きは正常な人性のある肉体の中で発表されたのだからである。神が肉体を着て、肉体の中に住み、しかも彼が人性の中で働く時に人性の正常さが隠されているから、人から見れば、神には人性がないのである。

初めて言が肉体となった神は、言が肉体となる仕事を完全にしておらず、ただ肉体のすべき第一段階の仕事をやり遂げただけである。だから、言が肉体となる仕事を完全にするために、神は二回目に肉体となって、肉体の正常、実際を全部生かし出し、すなわち神の言をいちばん正常で、普通な肉体の中で現し、これによって、神が肉体の中でまだ完成していない仕事をやり遂げるのである。二回目に言がなった肉体は、初めて言がなった肉体と同じ本質があるが、初めて言がなった肉体よりさらに実際的で、さらに正常なのである。だから、二回目に言が肉体となって受ける苦しみは、初めて言が肉体となって受けた苦しみよりもっと大きい。だが、この苦しみは肉体の職分のゆえに受けるのであって、堕落させられた人が受けるべき苦しみとは違うのである。この苦しみは、肉体が正常で実際的であるため受けるのでもあり、職分を尽くすことはいちばん正常で実際的な肉体の中で行われるのだから、肉体はきっと多くの苦しみを受けるのである。肉体が正常で実際的であればあるほど、職分を尽くす時に受ける苦しみは大きい。神の仕事はごく普通の肉体の中で行われるのであり、少しも超然としていない。肉体は正常であり、しかも人を救う仕事を担当しなければならないから、彼の受ける苦しみは超然たる肉体が受ける苦しみよりずっと大きい。この苦しみは肉体が実際的で正常であるため受けるのである。二回言が肉体となって職分を尽くす時に受ける苦しみから、言がなった肉体の本質を知ることができる。正常な肉体であればあるほど、仕事を担当する時受ける苦しみは大きく、実際の肉体であればあるほど、仕事を担当する時、人の観念は重く、しかも冒す危険も大きい。でも、実際的な肉体、正常な人の完全な理智と需要のある肉体であればあるほど、肉体における神の仕事を担当することができる。イエスは肉体をもって十字架につけられ、肉体をもって罪祭となったのである。つまり、正常な人性のある肉体をもってサタンを打ち負かして、人を十字架の上から完全に救ったのである。二回目に言が肉体となった後、完全な肉体で征服の仕事をし、完全な肉体でサタンを打ち負かすのである。完全に正常で、実際的な肉体こそ完全な征服の仕事をすることができ、強力な証しをすることができる。つまり、人を征服するのは、肉体における神の実際と正常によって効果を収めるのであり、超然たる力ある業と啓示を通して征服するのではない。今度言が肉体となった神が尽くす職分は言葉を言うことであり、言葉を言うことによって人を征服し、人を完全にするのである。つまり、霊が肉体の中に実際化してする仕事は言葉を言うことであり、肉体の職分内の仕事は言葉を言うことであり、これによって完全に人を征服し、人を明らかにし、人を完全にし、人を淘汰するという目的を達成する。だから、肉体における神の仕事は、征服の仕事の中で徹底的に完全にされるのである。初めて言が肉体となった時にした贖いの仕事は、ただ言が肉体となってする手始めの仕事であり、征服の仕事をする肉体こそ言が肉体となるすべての仕事を完全にした。性別から言えば、一人は男性であり、一人は女性である。これは言が肉体となることの意義を完全にした。こうして、人は神に対して何の観念も持たなくなる。つまり、神は男性になることもできれば女性になることもでき、言が肉体となった神の本質には性別の区別がなく、彼は男を造り女も造り、彼にとっては性別の区別がない。この段階の仕事の中では、しるしと奇跡を行わない。これは、言葉によって効果を収めるという仕事をやり遂げるためである。もう一つの原因は、今度言が肉体となってする仕事は病気を治し、悪霊を追い出すことではなく、言葉を言うことによって人を征服することである。つまり、今度神の言がなった肉体の本能は言葉を言い、人を征服することであって、病気を治し、悪霊を追い出すことではない。彼が正常な人性の中でする仕事は、しるしを行なうことではなく、病気を治し、悪霊を追い出すことでもなく、言葉を言うことである。だから、人の目には、二回目に言がなった肉体は初めて言がなった肉体よりずっと正常である。人から見れば、神が言が肉体となったのは確かであるが、今回言が肉体となったのは、イエスが言が肉体となったのと異なり、どちらも言が肉体となったけれども、完全に同じではない。イエスは正常な人性があり、普通の人性があったけれども、彼には多くのしるしと奇跡が伴っていた。しかし、今回の言がなった肉体から、人は何のしるしや奇跡も見られない。例えば、人のために病気を治し、悪霊を追い出すこと、海の上を歩くこと、四十日間断食することなど。彼はイエスがしたのと同じようなこれらの仕事をしない。それは、彼の肉体の本質がイエスのそれと異なるからではなく、彼の職分が病気を治し、悪霊を追い出すことではないからである。彼は自分自身の仕事を妨げず、また自分自身の仕事をかき乱さない。実際の言葉で人を征服するのだから、しるしで人を屈服させない。だから、この段階の仕事は、言が肉体となった仕事を完全にするためである。今日あなたが目にする、肉体における神は完全に肉体であり、超然たるところが少しもなく、彼はほかの人と同じように病気にかかり、ご飯を食べ、服を着るのであり、完全に肉体なのである。もし今回言が肉体となった神がまた超然たるしるしと奇跡を行ない、また病気を治し、悪霊を追い出し、だれかを死なせるとその人がすぐその場で倒れるとしたら、どうして征服の仕事をすることができるだろうか。どうして異邦へ仕事を広めることができるだろうか。人のために病気を治し、悪霊を追い出すことは恵みの時代の仕事であり、贖いの仕事の始まりである。神は人を十字架の上から救ったのだから、もう病気を治し、悪霊を追い出す仕事をしない。もし世の終わりにイエスと同じような「神」が来て、人のために病気を治し、悪霊を追い出し、人のために十字架につけられるなら、このような「神」は聖書の中に記されている神と同じであって、人々には受け入れやすい。しかし、その本質は神の霊が着た肉体ではなくて、邪悪な霊が着た肉体である。なぜなら、神の働く原則は、一度でなし遂げたら永遠に繰り返さないことだからである。だから、二回目に言が肉体となってする仕事は、初めて言が肉体となってする仕事と異なるのである。世の終わりに、神は征服の仕事を、普通で正常な肉体の中に実際化した。彼は人のために病気を治すのではなく、人のために十字架につけられるのでもなく、ただ肉体の中で言葉を言い、肉体の中で人を征服するのである。このような肉体こそが神の言がなった肉体であり、このような肉体こそが肉体における神の仕事を完成することができる。

この段階で言がなった肉体は、苦しみを受けても職分を尽くしても、言が肉体となることの意義を完全にするためである。なぜなら、これは最後に言が肉体となったのだからである。神は二回だけ言が肉体となり、三回目に言が肉体となるはずがない。初めて言が肉体となった時は男性であり、二回目に言が肉体となった時は女性である。これは既に人の心における神の肉体の姿を完全にした。しかも二回言が肉体となってした仕事は、もう肉体における神の仕事を終わらせた。初めて言が肉体となったとき、正常な人性であったのは、言が肉体となることの意義を完全にするためであった。この段階も正常な人性であるが、初めて言が肉体となった時の意義とは異なるのであり、第一段階の意義よりさらに深いのであり、彼のする仕事の意義もさらに深いのである。神が二回目に言が肉体となったのは、言が肉体となることの意義を完全にするためである。この段階の仕事を徹底的に終わらせたら、言が肉体となることのすべての意義、すなわち神の肉体における仕事は徹底的に終わり、もう肉体がすべき仕事はなくなり、つまりこれからは神は再び肉体の中に来て働くはずがない。人類を救い、人類を完全にするためでない限り、神は言が肉体となる仕事をしない。つまり、もし仕事のためでなければ、彼は絶対に軽々しく肉体の中に来ることはない。肉体の中に来て働く目的は、神は肉体であり、正常な人であり、普通の人であるが、世に打ち勝つことができ、サタンに打ち勝つことができ、人類を贖うことができ、人類を征服することができることをサタンに見せるためである!サタンのする仕事は人を堕落させるためであるが、神のする仕事はみな人類を救うためである。サタンは人を底なしの淵に陥れるが、神は人を底なしの淵から救い出す。サタンは人々にそれを礼拝させるが、神は人々に彼の権威のもとに服従させる。なぜなら、彼は造物主だからである。これらの仕事の効果はみな、神が二回言が肉体となったことによって収めるのであり、この肉体の本質は人性と神性の結合であり、正常な人性を持つ肉体である。だから、神の言がなった肉体がなければ、神の人を救う仕事は効果を収めることができず、肉体の正常な人性がなければ、神の肉体における仕事はやはり効果を収めることができない。神の言がなった肉体の本質は必ず正常な人性がなければならない。さもないと、神の言が肉体となる本来の意図に反するのである。

どうして言が肉体となることの意義は、イエスのその段階の働きの中で完全にされていないというのか。言が完全に肉体となってはおらず、彼のした仕事は、ただ神の肉体における仕事の一部分であり、彼は贖いの仕事をしただけで、人を完全に得る仕事はしなかったからである。だから、神は世の終わりに二回目に言が肉体となったのである。この段階の仕事も普通の肉体の中でするのであり、とても正常な人がするのであり、彼には非凡な人性が少しもない。つまり神が一人の完全な人となったのであり、神の身分がある人が働いているのであり、完全な人が働いているのであり、完全な肉体が働いているのである。人の肉眼が見ることができるのは、少しも非凡でない肉体、天の言葉を言うことができるとても普通の人が、しるしを行わないだけではなく、力ある業も行わず、なおさら大会堂で宗教の内幕をさらけ出さないことである。人から見れば、二回目に言が肉体となってする仕事は初めて言が肉体となってした仕事と全く異なり、さらには彼ら二人の間には同じところが少しもなく、初めて言が肉体となってした仕事は今回では少しも見られない。二回目に言が肉体となってする仕事は、初めて言が肉体となってした仕事と異なるが、これは彼らの源が同じでないことを証明することはできない。彼らの源が同じであるかどうかは、肉体がする仕事の性質によって決まるのであり、肉体の殻によって決まるのではない。三つの段階の仕事の中で二回言が肉体となったのであり、しかも二回言が肉体となってする仕事はみな時代を展開するのであり、新しい仕事をするのであり、二回言が肉体となったことは互いに補充するのである。人の肉眼では、この二つの肉体が同じ源から出たことを全然見出すことができない。もちろん、これは人の肉眼では見出せず、また人の思惟では到達できないことである。しかし彼らの本質はもともと同じである。なぜなら、彼らのする仕事の源はもともと同じ霊だからである。二回言が肉体となった源が同じであるかどうかを判断しようとすれば、肉体の生まれた時代、生まれた場所、或いは肉体のほかの条件によってではなく、肉体が発表する神性の仕事によって判断すべきである。イエスのした仕事は、二回目に言が肉体となってする仕事の中で少しもしない。それは、神が毎回働く時、決まった段取りを踏むのではなくて、新しい道を切り開くのだからである。二回目に言が肉体となったのは、初めての肉体の、人の心における印象を深め、或いは固めるためではなく、初めての肉体の、人の心における姿を補充し、完全にするためであり、人の神に対する認識を深めるためであり、また人の心の中のすべての規定を打ち破り、人の心の中の、神の間違った姿を取り除くためである。こう言ってもいいが、神自身のするどの段階の仕事も、人に彼に対して完全な認識を持たせることができず、人がそこから得た認識は部分的であって、完全ではない。人の理解力に限りがあるので、神が彼のすべての性質を発表したが、人の彼に対する認識はやはり不完全である。神のあらゆる性質は人の言葉ではことごとく語ることができないのに、ただ一つの段階の働きがどうして神のことをことごとく語ることができるだろうか。肉体のする仕事は正常な人性に隠れて行われるのだから、人は彼の神性の発表から彼を認識することしかできず、彼の肉体の殻から彼を認識することはできない。彼は肉体の中に来て、異なる働きを通して人に認識を得させるのであり、彼のする毎段階の働きはみな異なる。それでこそ、人は肉体における彼の働きを全面的に認識することができ、しかもそれをある範囲内に定めることはない。二回言が肉体となってする仕事は異なるけれども、肉体の本質は同じであり、仕事の源は同じである。ただ二回言が肉体となったのは、二つの段階の異なる仕事をするためであり、しかも二回言が肉体となったことは二つの時代の産物なのである。しかし、どうであろうと、神の言がなった肉体の本質は同じであり、彼らの源は同じである。これはだれ一人として否定できないことである。