「御言葉は肉において現れる」選篇

三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である

人類を経営する仕事は全部で三つの段階に分けられ、つまり、人類を救う仕事は全部で三つの段階に分けられる。この三つの段階の働きは天地創造の仕事を含まない、即ち律法時代の仕事、恵みの時代の仕事と王国時代の仕事という三つの段階の働きである。天地創造の仕事はただ全人類を生み出す仕事であって、人類を救う仕事ではなく、人類を救う仕事とは関係がない。なぜなら、天地創造の時、人類はサタンに堕落させられなかったからである。だから、人類を救う仕事をする必要もなかった。人類を救う仕事は人類が堕落させられた後始まったのだから、人類を経営する仕事も人類が堕落させられた後始まったのである。言い換えれば、「経営」は救いの仕事が始まるにつれてできたのであり、天地創造の仕事をした時にできたのではなく、人類に堕落した性質があった後、経営の仕事ができたのである。だから、人類を経営する仕事は三つの段階だけを含み、四つの段階ではなく、四つの時代でもない、これこそ正しい言い方である。終わりの時代になって、経営の仕事はもう全部終わり、経営の仕事が終わったことは、全人類を救う仕事も全部終わったことを意味しており、これで人類は一段落を告げる。もし全人類を救う仕事がなければ、経営の仕事も存在せず、三つの段階の働きも存在しない。人類が堕落し、しかも救いが至急必要とされているからこそ、ヤーウェは天地創造の仕事を終わらせて、律法時代の仕事を始めたのである。こうして、人類を経営する仕事が始まり、つまり人類を救う仕事が始まったのである。「人類を経営する」ということの真意は、造られたばかりの人(すなわち堕落させられていない人)が地上で生活するのを導くことではなく、サタンに堕落させられた人類を救い、すなわち堕落させられた人類を変えることである。これは「人類を経営する」ということの真意である。天地創造の仕事は決して人類を救う仕事の中に含まれていない。だから、「人類を経営する」仕事は天地創造の仕事を含まず、ただ天地創造の仕事以外の三つの段階の働きを含む。人類を経営する仕事を知ろうとするなら、必ず三つの段階の働きの歴史を知らなければならない。これは救われるあらゆる人が知るべきことである。被造物として、人が神に造られたことを知らなければならず、人類の堕落の起源も知らなければならず、さらに人類が救われる過程を知らなければならない。もしあなたたちがただ、いくつかの規定を実行することによって神を喜ばせようと思うだけで、神がどのように人類を救うのかを知らず、人類の堕落の起源も知らないなら、これは被造物としての欠けたところである。あなたが少しばかりの実行できる真理が分かるだけに満足して、大きな経営の仕事にかかわることについて一切知らないなら、あなたはあまりにも教条主義的である。三つの段階の働きは人類を経営する仕事の内幕であり、全天下への福音の訪れであり、全人類の中での最大の奥義であり、福音を広く宣べ伝える根拠でもある。もしあなたがひたすらあなたの命と関係のあるいくらかの簡単な真理が分かることを追い求めるだけで、この最大の異象、最大の奥義を知らないなら、あなたの命は、見かけはいいが役に立たない欠陥品になってしまうのではないか。

もし人が実行だけを重んじて、神の働きと人の認識すべきことを副次的なものにするなら、これはゴマを掴んでスイカを落とすようなことをしているのではないか。あなたの認識すべきことを、あなたは必ず認識しなければならず、あなたの実行すべきことを、あなたは必ず実行しなければならない。これこそどのように真理を追い求めるか分かる人である。いつかあなたが福音を宣べ伝える時に、神は偉大で義なる神であり、最高至上の神であり、どんな偉人も神と比べられず、神よりもっと偉いものはない……としか言えず、あなたがこれらのあまり重要でない表面的な言葉しか言えず、肝心で実質的な言葉を全然語り出せず、神に対する認識や神の働きについて何も語り出せず、しかも真理を解き明かすことができず、供給することによって人の内側の欠けたところを補うこともできないなら、このような人は本分をよく尽くすことができない。神を証しし、王国の福音を宣べ伝えるのは容易な事ではない。あなたはまず真理を装備し、分かるべき異象を装備しなければならない。神の働きの各面の異象、真理をみなはっきり理解し、心の中に神の働きに対する認識を持ったのなら、神がどのようにしても、義なる裁きを行っても、精練をしても、あなたはあなたの土台となった最大の異象があり、また実行できる適当な真理がある。それでこそ、あなたは最後まで神につき従うことができる。あなたはこのことを知っておくべきである。神がどんな仕事をしても、彼の仕事の目的は変わらず、彼の働きの中心は変わらず、人に対する心意は変わらない。彼の言葉がどんなに厳しくても、環境がどんなに劣悪でも、彼の働く原則は変わるはずがなく、彼の人を救う心意は変わるはずがない。人の結末を明らかにするのではなく、人の落ち着き先を明らかにするのではなく、最後の仕事をするのではなく、全経営計画を終わらせる仕事をするのではない限り、人を完全にする期間中である限り、彼の働きの中心は変わるはずがなく、終始人を救うためである。これを、あなたたちの神を信じる上での土台にすべきである。三つの段階の働きの目的は、全人類を救うこと、人類をサタンの支配下から完全に救い出すことである。三つの段階の働きはそれぞれ異なる目的、意義を持つが、どの段階の働きも人類を救う仕事の一部分であり、人類の異なる必要に応じて行なった異なる救いの仕事である。あなたが三つの段階の仕事の目的を知ったら、あなたはそれぞれの段階に行なった働きの意義をどのように理解すべきかを知り、またどのように実行すれば神の心を満たすことができるかを知るようになる。もしあなたがこの点ができれば、この最大の異象はあなたの土台となる。あなたはいくらかの簡単な実行、またはいくらかの奥深い真理だけを追い求めるべきではなく、実行と異象を結び合わせて、実行の面の真理だけではなく、異象の面の認識も持つようになるべきである。これこそ全面的に追い求める人である。

三つの段階の働きは全経営の中心であり、神の性質、神の所是はみな三つの段階の働きの中に発表されている。神の三つの段階の働きを知らない人は、神の性質の発表のし方を知ることができず、また神の働きの知恵を知らず、彼の人を救う様々な方法と、彼の全人類に対する心意を知らない。三つの段階の仕事は、人類を救う仕事の全部の発表であり、三つの段階の仕事を知らなければ、聖霊の働きのいろいろな方式、原則を知らない。ある段階の働きから残された規定を固く守ることしかできない人たちは、みな神を規定の中に制限する人であり、漠然とした中で信仰する人でもあり、このような人はみな神の救いを得られない人である。神の三つの段階の仕事こそが神のすべての性質を完全に発表することができ、神の全人類を救う心意を完全に発表することができ、全人類を救う全過程を発表することができる。これはサタンを打ち負かして人類を得たことの証拠であり、神が勝利を得たことの証拠であり、神のあらゆる性質の発表でもある。三段階の働きのうち、一つの段階の働きだけを理解する人は神の一部分の性質しか知らず、このたった一つの段階の働きは人の観念の中で規定になりやすく、神を限定しやすい。それゆえ、人はただ一部分の神の性質で神のすべての性質を代替し、しかも人の想像を少なからず混せ、神の性質、所是、知恵、働く原則を、限りのある範囲内に固く制限し、神が一回このようであれば永遠にこのようであり、しかもとこしえに変わるはずがないと思うようになる。三つの段階の仕事を認識し、また理解する人だけが正確に、全面的に神を認識することができ、少なくとも神を、イスラエル人の神またはユダヤ人の神だと定めることはなく、少なくとも神を、永遠に人類のために十字架につけられる神だと考えることはない。もしただ一つの段階の仕事の中から神を認識するなら、その認識は極めて少なくて、まるで大海の一滴である。そうでなければ、どうして多くの古い宗教家がむざんにも神を十字架につけただろうか。それは人が神をある範囲内に限定したからではないか。多くの人が神に反抗し、聖霊の仕事を阻むのは、神の多種多様な働きを認識せず、しかも自分のなけなしの知識、教理で聖霊の働きを評価するからではないか。この人たちは経験が浅薄であるのに、天性が傲慢かつ放縦であって、聖霊の仕事を軽視し、聖霊の懲らしめを無視し、しかも自分の微微たる古い教理で聖霊の仕事を「確認し」、またもったいぶって、自分は学識が該博で、世界の内外を縦横無尽に駆け回ることができるとばかり思い込んでいる。このような人がみな聖霊に見捨てられた人であり、新しい時代に淘汰された人だと知らないのか。神の前で公然と神に反抗する人はみな自分の文才をひけらかす、知識の浅い小人ではないか。ただ少しばかりの聖書の知識を持っているのに、天下の「学術界」を縦横無尽に駆け回ろうと思っており、ただ少しばかりの、人を教える浅はかな教理を持っているのに、聖霊の仕事を転換しようと思い、それを自分の大脳の運行する軌道によって運行させようと企んでおり、見識が狭いくせに神の六千年の仕事の風采を見ようと思っている。このような人は理智があるのか。実は、神に対して認識がある人であればあるほど、勝手に神の仕事を評価せず、しかも神の現在の仕事に対する認識を少し語るだけで、勝手に結論を下さない。神に対して認識がない人であればあるほど、傲慢で身のほどを知らず、神の所是をおおっぴらに宣伝し、しかもその中には教理ばかりあって、何の確実な証拠もない。このような人はいちばん価値のない人である。聖霊の仕事を冗談事にする人はみな軽薄な人である!聖霊の新しい働きに向き合い、慎重に対処するのではなく、むしろ口から出任せにまくしたて、勝手に評価して、気の向くままに聖霊の仕事の正しさを否定し、しかも罵ったり冒涜したりする。このような軽率な人はみな聖霊の仕事を知らず、しかも生まれつき放縦で驕り高ぶる高慢なやからではないか。このような人はいつか聖霊の新しい働きを受け入れるとしても、神に容赦されることはない。彼は神のために働く人を眼中に置かないだけではなく、また神自身を冒涜する。このような命知らずのやからはこの世でも後の世でも赦されることはなく、永遠に地獄の中で滅びる対象である!これらの放縦で驕り高ぶる人たちはみな、神を信じるという看板を掲げる人でもあり、このような人であればあるほど、神の行政を犯しやすい。生まれつき放縦で、いままで人に心服したことがない高慢なやからはみな、このような道を歩んでいるのではないか、このように来る日も来る日も、常に新しく古くならない神に反抗しているのではないか。今日あなたたちに三つの段階の仕事の重要性を認識させるが、あなたたちはみなそれを理解すべきである。わたしの言葉はみなあなたたちのためになり、決してちょっと話してみるだけではない。もしあなたたちがただ馬を飛ばして花見をするようにおおざっぱに読むなら、わたしは無駄に心血を注いだことになるのではないか。あなたたちはみな自分自身の本性を知らなければならない。多数の人はみな弁舌が立つのであり、理論的な問題についてはあなたたちがみなすらすらと答えることができるが、実質的な問題に触れると、あなたたちはみな何も持っていないのである。こういう状況になったのに、あなたたちはやはり軽薄な言葉遣いをし、古い性質を改めず、多数の人は自分の追求のし方を変えてもっと高い真理を得るつもりがなく、ただいいかげんに日を過ごしている。このような人がどうして終わりまでついて行くことができるだろうか。たとえ終わりまで適当にごまかしても、あなたたちに何の益になるだろうか。早いうちに考えを変えて、真心をもって追い求めるか、或いは早めに脱退したほうがいい。時間が長くなると、いいかげんなごまかしをして飯を食う寄生虫になってしまう。あなたたちはこの低級で下品な役を演じたいのか。

三つの段階の働きは神の全部の働きの実録であり、人類が救われる実録であって、虚構ではない。もしあなたたちが本当に神のすべての性質を認識することを追い求めようとするなら、必ず神がした三つの段階の仕事を知らなければならず、しかもどの段階も欠くことができない。これは神を認識することを追い求める人が少なくとも達成すべきことである。神に対する真実な認識は、決して人自身がでっちあげたのではなく、人自身が考え出したのでもなく、なおさら聖霊が特別にある人に情けをかけた結果ではなく、それは人が神の働きを経験した後得た認識であり、神の働きの事実を経験した後得た神に対する認識である。このような認識は容易に得られるのではなく、ある人が教えられるのでもなく、それはまったく個人の経験と関係があるのである。この三つの段階の仕事の核心は神の人に対する救いであるが、この救いの仕事の中にはまた、いくつかの働き方と神の性質の発表のし方が含まれている。これは人がいちばん見出しにくいことであり、人が理解しがたいことである。時代の区分、仕事の転換、働く場所の変わり、働く対象の変わりなどなど、これらはみな三つの段階の働きの中に含まれており、特に聖霊の働き方の異なり、神の性質、姿、名と身分の変化または外の変化はすべて三つの段階の仕事の中に含まれている。一つの段階の仕事は一部分しか代表できず、ある範囲内に制限されることしかできなくて、時代の区分や、仕事の転換を云々するまでには至らず、ほかのいくつかの面はなおさら言うまでもない。これはとても明らかな事実である。三つの段階の仕事は、神の人を救う仕事のすべてであり、人はみな救いの仕事の中で神の働きを認識し、神の性質を認識しなければならない。もしこの事実を離れて神を認識するなら、それは口先だけで証拠がないのであり、机上の空論である。このような認識は人を説得することも人を征服することもできず、このような認識は実情に合わないものであり、真理ではない。たとえあなたの認識がとても多く、しかも人の耳目を楽しませるとしても、それが神の元来の性質に合う認識でなければ、神はあなたを見逃すはずがなく、彼はあなたの認識を良しとするどころか、かえってあなたが彼を冒涜した罪によりあなたに報いるはずである。神に対する認識の言葉は言いたければ言うことができるのではない。あなたが口上手で、弁舌巧みであって、死んだものを生きているものと言いなし、生きているものを死んだものと言いなすことができるとしても、神に対する認識の話になると、あなたは素人である。神はあなたが勝手に評価できるのではなく、あなたが勝手にほめられるのではなく、あなたが勝手に貶せるのでもない。あなたはいかなる人をもほめることができるが、勝手に適当な語彙で神の「大恩大徳」を描き出すことはできない。これは一人一人の失敗者の体験である。多くの言語専門家も神をひととおり描写することができるが、その描写の正確さはただ、豊富な言葉はないが、豊富な経験がある、神に属する人が述べた真理の百分の一にすぎない。これで分かるように、神に対する認識を語る上で大事なのは、正しくて実際的であるということで、言葉の巧妙さまたは語彙の豊富さではない。人の知識は、神に対する認識と少しも関係がないのである。神を認識するという学課はいかなる人類の自然科学よりも高い。この学課は神を認識することを追い求めるごく一部の人だけが達成できるのであって、どの才人でも達成できるのではない。だから、あなたたちは神を認識し、真理を追い求めることは、いたずらっ子でも十分できることだと考えてはならない。もしかすると、あなたは家庭、事業或いは婚姻でとても多くの成果を収めたかもしれないが、真理と神を認識するという学課において全くゼロで、何の成果もない。こう言ってもいいが、真理を実行することはあなたたちの一大難題であり、神を認識することはさらにあなたたちの一大難題であり、これはあなたたちの困難であり、あらゆる人類の困難でもある。「神を認識する」という事業で成果がある人のうち、合格した者はほとんどいない。人はみな、神を認識するとはどういうことか、なぜ神を認識しなければならないのか、一体どの程度まで達すれば神を認識したと言えるかを知らない。これらはすべて人類にとって難問であり、全く人類の中で最大の謎になり、だれもこの問題に答えられず、まただれもこの問題に答えようとしない。というのは、今まで人類の中でこの仕事において研究成果をあげた人がいないからである。もしかすると、「三段階の仕事」の謎が人類に向かって公にされた後、神に対して認識のある一団の人材が次次と現れるかもしれない。もちろん、わたしもそう期待している。しかも今、わたしはこの仕事に取りかかっている。そう遠くない将来にもっと多くのこのような人材が現れ、三段階の仕事の事実の証人、すなわち三段階の仕事を証しする創始者になるのが見られることを希望している。もし仕事が終わる日になってこのような人材が一人もおらず、或いは一人か二人しかおらず、しかもそれが受肉した神から完全にされることを直接受け入れた人だとしたら、それはいちばん悲しくまた残念なことである。しかし、これはただ最悪の予想である。どうであろうと、わたしはやはりそれらの真心をもって追い求める人がみなこの祝福を得られることを希望している。これは大昔から今までにしたことのない仕事であり、人類の発展史上かつてない壮挙でもある。もし本当に「神を認識する」創始者になれるなら、これは被造物の中で最高の栄光ではないのか、これは人類の中でいちばん神に良しとされる被造物ではないのか。この仕事は容易には達成できないけれども、最後には効果を収めなければならない。どんな性別の人であれ、どんな国籍の人であれ、「神を認識する」ことができる者はみな、最後に神の最高の栄光がある人であり、唯一神の権威がある人である。これは今の仕事であり、以後の仕事でもあり、六千年の仕事の中で最後になし遂げる最高の仕事であり、各種類の人を明らかにする働き方の一つでもある。人に神を認識させるという仕事によって、各種類の人の順序を明らかにする:神を認識する人は神の祝福を受け、神の約束を受け継ぐ資格がある人であり、神に対する認識を持たない人は神の祝福を受け、神の約束を受け継ぐ資格がない人である。神を認識する人は神の知己であり、神を認識しない人は神の知己と呼ばれることができず、神の知己は神のいかなる祝福をも受けられる人であり、もし神の知己でなければどんな仕事にも不適任である。患難、精錬であれ裁きであれ、最後に人に神を認識し、神に従うことができるようにするためであり、これは最終的に収める唯一の効果である。三段階の仕事をすべて公にするのは人が神を認識するのに役立つのであり、人がもっと全面的かつ徹底的に神を認識するのに役立つのである、このすべての働きはみな人のためになる。

神自身のする仕事は、人にとっては人の認識すべき異象である。なぜなら、神の働きはみな人が達成できないものであり、人が持たないものだからである。三つの段階の働きは神のすべての経営であり、人の認識すべき最大の異象である。もし人がこの最大の異象を認識しなければ、容易に神を認識することができず、容易に神の心意を理解することもできず、しかも人がこの道を歩めば歩むほど難しくなる。人は異象がなければ今日まで歩んでくることができない。異象が人をいままで支えてきたのであり、異象は人の最大の保護になったのである。これからあなたたちはもっと深く認識しなければならない。三段階の働きにおける神のすべての心意と、知恵に満ちた働きの本質を全部認識したら、これこそあなたたちの真実な身丈である。最後のこの段階の働きは孤立したものではなくて、前の二つの段階の働きと一体になるのである。言い換えれば、三段階の働きのうち、一つの段階の働きをするだけでは、すべての救いの仕事をやり遂げることができない。たとえ最後のこの段階の働きが人を完全に救い出すことができるとしても、前の二つの段階の働きをする必要がなく、最後のこの段階の働きだけすれば、人類をサタンの支配から救い出すことができるとは言えない。三つの段階の働きのうち、どの段階の働きも単独に取り上げて全人類の唯一の認識すべき異象とすることはできない。というのは、救いの仕事のすべては三段階の働きであって、そのうちのある段階の働きではないからである。救いの仕事が一日分でもやり遂げられなければ、神の経営は完全に終わることがなく、神の所是、性質、知恵はすべての救いの仕事の中で発表されるのであり、最初から人に公にされたのではなく、救いの仕事の中で次第に発表されるのである。どの段階の救いの仕事も神の一部分の性質、神の一部分の所是を発表するのであり、どの段階の仕事もその段階中だけで直接完全に神のすべての所是を発表できるのではない。つまり、救いの仕事は三段階の働きが完成した後全部終わるのだから、人が神のすべてを認識しようとすれば三段階の働きを離れられないのである。一つの段階の働きの中で人が得るのは、ただ神の一部分の働きの中で発表される性質で、それは以前、あるいはこれから発表される性質と所是を代表することができない。なぜなら、人類を救う仕事はある時期またはある場所でできるだけ早く終わらせるのではなく、異なった時期、異なった場所で人類の発展の状況によって次第に救いの仕事を深化させるのであり、それは一段階、また一段階とするのであって、一つの段階で終わらせるのではないからである。だから、神のすべての知恵の結晶は三段階の働きの中にあり、ある段階の働きの中にあるのではなく、彼のすべての所是、すべての知恵は、三段階の働きの中に分布していて、どの段階の働きの中にも彼の所是があり、彼の働きの知恵が記されている。人が認識すべきものは、三段階の働きの中で神が発表したすべての性質であり、これらの所是は全人類にとって本当に重要であり、もし人がこれらの認識を持たずに神を礼拝すれば、仏像を礼拝する人たちと同じである。神が人の間でする仕事はすべて人に公にされているのであり、それはまた、神を礼拝する一人一人が認識すべきものでもある。彼が人の間で三段階の救いの仕事をした以上、人はみな三段階の働きにおける彼の所有、所是の発表を認識しなければならない。これは人が必ず達成しなければならないことである。神が人に隠すのは、人が到達できないものであり、また人が認識すべきものではない。だが、神が人に公にするのは、人が認識すべきもの、また人が具備すべきものである。この三段階の働きのうち、どの段階の働きも前の段階の働きを基として行われるのであり、救いの仕事の範囲外でまた単独に仕事をしたのではなく、時代や働きは大いに違うけれども、働きの核心はやはり人類を救うことであり、しかも救いの仕事は段階ごとに深化するのである。どの段階の仕事をするのも、前の段階の仕事を廃止しないことを前提に、この段階の仕事を続けるのである。このように、常に新しく古くならない仕事の中で、神は絶えず人に向かって発表したことのない性質を発表し、いつも人に向かって彼の新しい働きと彼の新しい所是を公にする。それらの古い宗教家たちがみな極力反抗し、公然と反対するにもかかわらず、彼はやはり彼のすべきもっと新しい仕事をするのである。彼の働きはいつも変わるから、いつも人に反対される。彼の性質もいつも変わり、働く時代と働く対象もいつも変わり、しかも彼はいつも以前したことのない仕事をし、人から見れば以前と矛盾する仕事、或いは相反する仕事さえする。人はみな一種の仕事、一種の実行だけを受け入れ、これと相反し、或いはこれよりもっと高い仕事や実行は容易に受け入れないのである。しかし、聖霊はいつも新しい仕事をしていて、それゆえ新しい仕事に逆らう宗教専門家が一団また一団と現れたのである。この人たちが「専門家」になったのは、人が神の「常に新しく古くならないこと」に対して認識がなく、神の働く原則に対して認識がなく、神の人を救ういろいろな方法に対してなおさら認識がないからである。そこで、聖霊から出た働きであるかどうか、或いは神自身のする仕事であるかどうかについては、人は全然弁別力がなくて、大勢の人はこういう態度を取り続けている。以前の言い方と一致したら受け入れ、以前の働きと違うところがあるなら反対し、拒絶する。今になっても、あなたたちはみなこの原則を守っているのではないか。救いの仕事である三段階の働きは、あなたたちにあまり効果をもたらさず、こう思う人さえいる。前の二つの段階の働きは全く認識する必要がない足手まといであり、大衆に公布すべきではなく、人々の頭が三段階中の前の二段階の働きによって混乱してしまわないように、早めに撤回すべきである。多数の人はみな前の二段階の仕事を公にするのは余計な事であり、神を認識するのに全然役立たないと思っている。これはあなたたちの観点である。今、あなたたちはみな、自分がこのようにするのはとても正しいと思っているが、いつかあなたたちはわたしのした仕事の重要な意義を知るはずである。意義のない仕事はわたしがほんの少しもしないことを、あなたたちは知らなければならない。三段階の働きをあなたたちに全部公布した以上、それはきっとあなたたちのためになる。三段階の働きは全経営の核心である以上、きっと全宇宙の下のあらゆる人が一同に注目するところとなり、いつかあなたたちはみなこの仕事の重要性を知るようになるであろう。このことを知っておきなさい。あなたたちが神の働きに逆らうか或いは自分の観念で今日の働きを評価するのは、あなたたちが神の働く原則を知らないからであり、またあなたたちが聖霊の仕事に対して軽率すぎるからである。あなたたちが神に反抗し、聖霊の仕事を阻むのは、みなあなたたちの観念とあなたたちの生まれつきの傲慢のせいであり、神のしたことが間違っているからではなく、あなたたちの天性があまりにも不従順だからである。ある人は神を信じた後、人が一体どこから来たかさえも確定していないのに、敢えて公然と聖霊の仕事が正しいかどうかについて演説、評価し、しかも聖霊の新しい仕事のある使徒たちを叱り、あれこれと彼らのあら捜しや批評をし、不遜な言葉を吐いていて、人間性がとても劣っており、理智のかけらもない。このような人はいつか聖霊の仕事に見捨てられ、地獄の火に焼かれる対象になるのではないか。神の働きを認識せず、かえって神の仕事を評価し、しかも神がどのように働くべきか指揮しようとする。このような、理智のない人は神を知ることができるだろうか。人の神に対する認識はみな求め、経験する過程の中で得るのであって、勝手に評価する過程の中で聖霊に啓かれて得るのではない。神に対する人の認識が正しければ正しいほど、神に逆らうことは少なくなる。逆に、神を認識しない人であればあるほど容易に神に逆らう。あなたの観念、あなたの古い性質、あなたの人間性、品性、道徳と思想はすべてあなたが神に反抗する「元金」であり、しかも道徳が腐敗し、質が悪く、人間性が劣っている人であればあるほど神の敵である。観念が深い人たち、性質が独りよがりな人たちは、なおさら受肉した神の敵であり、この類の人は反キリストである。もしあなたの観念が正されなければ永遠に神に敵対するものであり、あなたは永遠に神に味方することができず、永遠に彼と散らす者である。

古い観念を捨ててこそ新しい認識が生み出されるものだが、古い認識は古い観念であるとは限らない。観念は人自身が想像した、実情に合わないもののことで、もし古い認識が古い時代にもう時代遅れとなり、しかも人が新しい働きの中に入るのを阻むなら、これらの認識も観念である。もし人がこれらの認識に正しく対処することができ、いくつかの面から神を認識し、新しいものと古いものを結び付けることができれば、この古い認識はかえって人の助けになり、人が新しい時代に入るための土台となる。神を認識するという学課であなたは多くの原則を把握しなければならない。どうすれば神を認識する道に入ることができるか、神を認識するためにはあなたはどんな真理を理解すべきか、あなたの観念、あなたの古い性質はどのように新しい仕事におけるすべての按配に従うべきか、これらの原則に基づいて「神を認識する」という学課に入れば、あなたの認識はますます深くなる。もしあなたが三段階の働き、つまり全経営計画の仕事に対してはっきりした認識を持ち、また始めから終わりまで、前の二つの段階の働きを現在の働きと関連づけ、これらがみなひとりの神がした仕事であることを見出すことができれば、これはあなたのいちばん深い土台となる。三段階の働きはひとりの神がしたということ、これは最大の異象であり、神を認識するための唯一の道である。三段階の働きは神自身だけがすることができ、ほかのだれも代わりにすることはできない。つまり、神自身だけが始めから今まで、自分で自分の仕事をすることができる。三段階の働きは異なった時代に、異なった場所で行われ、その仕事はそれぞれ違うけれども、いずれもひとりの神が行う仕事である。これは人の認識すべき異象の中の最大の異象で、もし人がこれを完全に理解できたら立っていられる。今、各宗派の最大の問題は、聖霊の働きを知らず、またいったい何が聖霊の働きであるか、何が聖霊の働きではないかを見分けることができないことである。だから、この段階の働きも前の二つの段階の働きと同じようにヤーウェ神がしたのかどうかについては、人はなおさら見極めることができない。多数の人はつき従っているけれども、この道が正しいかどうかについては、依然として見極めることができない。人はこの道が果たして神自らによって導かれるものであるかどうか、言が肉体となったことは果たして事実であるかどうかを心配しており、これらの事を見分ける上で、多数の人はやはりそれほど手掛かりがない。つき従っている人たちがこの道を確信できなければ、語った道はこの人たちの間でほんのわずかな効果しか収められず、百パーセントの効果を収めることはできない。そうだったら、人の命に悪い影響を与えることになる。神自身がしたこの三段階の仕事は異なった時間、異なった場所で、異なった人の身に行われたのであり、仕事はそれぞれ違うけれども、みなひとりの神がしたのであり、ひとりの神がした仕事である以上、きっと正確で間違いないのであり、たとえ人の観念に合わなくても、それはみなひとりの神がした仕事であることを否定できない。もし人が三段階の働きの中からこれらを見出すことができ、しかもそれはひとりの神がした仕事であることを本当に確定することができるなら、人の観念は区々たる問題で、取り上げる必要がない。人は異象に対してはっきりした認識を持っておらず、ヤーウェが神であり、イエスが主であることを知っているだけで、今日の、言がなった肉体が神であるかどうかまだ確定できない。そういうわけで、多くの人は依然としてヤーウェの働きを懐かしみ、イエスの働きを懐かしみ、今日の仕事に対してはいつもいろいろな観念を持っており、多数の人はどうしても安心できず、今日の働きに対してそんなに真剣ではないのである。人が前の二つの段階の見ることができない働きに対して何の観念も持たないのは、人が前の二つの段階の働きの実情を知らないからであり、自分の目で直接見ていないからである。見ることができないからこそ、人は勝手に想像できるのであり、どんなに想像しても確証となる事実がなく、しかもだれ一人その想像を矯める人がいない。人は気ままに安心して大胆に想像しており、確証となる事実がないから、人の想像はすべて「事実」になってしまった、それが成り立つかどうかにかかわらず。だから、人はみな自分の頭の中で、自分の想像の中の神を信じるのであって、実際の中の神を追い求めるのではない。人それぞれが異なる信仰を持っていて、百人は百種の信仰を持つ。人は神の実際の働きを見たことがなく、耳で聞いただけで目で見ていないので、このような信仰を持つようになったのである。人は伝説を聞き、物語を聞いたが、神の働きの事実に対する認識はあまり聞いていない。このように一年神を信じる人は観念の中で信仰するのであり、同様に一生涯神を信じる人も観念の中で信仰するのであり、事実が見られない人はどうしても神に対する観念的な信仰から抜け出すことができない。しかし、人はみな自分が既に古い観念の束縛を振り捨てて新しい境地の中に入ったと思っている。神の本当の姿を見られない人の神に対する認識はみな観念であり、みな伝説であることを、人はどうして知ることができるだろうか。人はみな自分の観念が正確で間違いないのだと思い、自分の観念が神から来たのだと思っている。ゆえに、今日これらの働きを見た後、自分が長年持ち続けてきた観念をすべてぶちまけ、こうして、以前の想像と以前の構想はすべてこの段階の働きの障害になった。人はみなこれらの観念を容易に捨てることができず、また以前のそれらの構想を容易に覆すことができない。今日まで従ってきた多くの人はこの一歩一歩の働きに対してますます深い観念を持ち、だんだん受肉した神に対して解けない恨みを抱くようになった。この恨みは人の観念と人の想像から生まれてきたのである。事実は人が気ままに想像することを許さず、なおさら人が勝手にひっくり返すことを許さないが、人の観念と想像は事実の存在を許さず、しかも人は事実の正確性と真実性を考慮せず、ただひたすら自分の観念をぶちまけ、自分の想像をたくましくする。だからこそ、人の観念と想像は、人の観念に合わない今日のあらゆる働きの敵になった。これは人の観念が誤ったとしか言えず、神の働きが誤ったとは言えない。人は気ままに想像してもいいが、勝手に神の一つの段階の働き或いは少しの働きをひっくり返すことは許されない。神の働きの事実は人が犯してはならないものである。あなたが気ままに想像してもよく、さらにヤーウェ、イエスの働きを立派な伝記にさえまとめてもいいが、あなたはヤーウェとイエスの一歩一歩の働きの事実をひっくり返してはいけない。これは原則であり、行政でもあり、あなたたちはみなこれらの問題の重要性が分からなければならない。人は、この段階の働きは人の観念に合わないが、前の二つの段階の働きはこのようではないと思っている。人の想像の中では、前の二つの段階の働きはきっと現在の仕事と同じではないと認める。しかし、あなたは考えたことがあるか。神の働く原則はみな同じであり、彼の働きはひっきょう全部実際的であり、どの時代で働こうと、彼の働きの事実に逆らい、反対する人が「大量に現れる」と。今日この段階の働きに逆らい、反対する人は、以前に戻っても、神に反抗する人に決まっている。なぜなら、この人たちはひっきょうみな神の敵だからである。神の働きの事実を理解している人たちは、三段階の働きをひとりの神がした仕事だと考え、しかも自分の観念を捨てることができる。これは神に対して認識がある人であり、このような人こそ本当につき従う人である。すべての経営がもうすぐ終わる時、神は万物を各々その種類に従わせ、人は造物主の手によって造られたのだから、最後にはやはり人を完全に彼の権威の下に帰させるのである。これは三段階の働きの終結である。世の終わりのこの段階の仕事と、前の二つの段階のイスラエルとユダヤでの仕事を合わせれば、神の全宇宙での経営計画であり、これはだれも否定できず、これは神の働きの事実である。たくさんの仕事は人が経験したことも見たこともないけれども、事実はつまるところ事実で、だれも否定できない。全宇宙各地の、神を信じる人はみなこの三段階の働きを受け入れるであろう。もしあなたがある段階の働きを知っているだけで、ほかの二つの段階の働きが分からず、以前の神の働きが分からなければ、神の全経営計画のすべての真相をあなたは語り出すことができず、それなら、あなたの神に対する認識は全面的ではない。あなたが神を信じるのに神を認識せず、また神を理解していないから、あなたは神の証人になる資格がない。今、これらに対するあなたの認識が深かろうと浅かろうと、最後にはあなたたちがみな認識を持ち、完全に心服するようにし、あらゆる人が神のすべての働きを目にし、しかも神の権威の下に服従するようにする。仕事の終わりに、万教は一つに帰し、被造物はみな造物主の権威の下に帰し、あらゆる被造物はこのひとりの真の神を礼拝し、あらゆる邪教は烏有に帰し、これから再び現れることはない。

なぜいつも三段階の働きに触れるだろう。時代の移り変わり、社会の発展、自然の変貌はみなこの三段階の働きが変化するにつれて変わるのである。人類は神のする仕事が進むにつれて変遷するのであって、人類自身が発展しているのではない。三段階の働きに触れるのは、あらゆる被造物、各宗派の各界の人士をみなひとりの神の権威の下に帰させるためである。あなたがどの教派の者であろうと、最後には神の権威の下に帰服しなければならない。この仕事は神自身しかできず、これはどの教主でもできない仕事である。世界にはいくつかの大きな派別があり、どの派別にも教主や統領があり、つき従う人も地球の異なる国または地域に分布しており、同じ国の中には、また何種かの異なった派別があり、大国であれ小国であれ、どの国もほとんどこのようである。しかし、世界各地の派別が何種あっても、結局のところ、全宇宙の下の人はみなひとりの神の導きの下で生存するのであり、派別の教主または統領の導きの下で生きてきたのではない。つまり、人類を導いているのはある教主または統領ではなく、天地を造り、万物を造り、また人類を造った造物主が人類を導いているのである。これは事実である。世界にはいくつかの大きな宗派があるが、宗派がどんなに大きくても造物主の権威の下で生存するのであり、いかなる宗派もこの範囲を越えることができない。人類の発展、社会の入れ替わり、自然科学の発達はみな造物主の按配を離れられず、これらの仕事は決してある教主ができるのではない。教主はただある宗派の統領であって、神を代表することができず、天地万物を創造した方を代表しない。教主は全教派の中のすべての人を統率することができるが、天下のあらゆる被造物を統率することはできない。これはだれでも知っている事実である。教主は統領にすぎないので、神(造物主)と対等に振舞うことができない。万物はみな造物主の支配下にあるから、最終的にみな造物主のもとへ戻るようになり、人類はもともと神に造られたのだから、どの教派であろうと神の権威の下に帰するようになる。これは必然的趨勢である。神だけが万物の中の至高者であり、被造物の中の最高の支配者でも彼の権威の下に帰しなければならない。人の地位がいくら高くても人類を適切な落ち着き先に導き入れることができず、だれも万物を各々その種類に従わせることができない。ヤーウェ自身が人類を造って人をみな各々その種類に従わせ、最後にやはり彼自身が自分の仕事をし、万物をも各々その種類に従わせる。これは神以外、だれも神の代わりにすることができない。始めから今までにした三段階の仕事はみな神自身がしたのであり、しかもひとりの神がしたのである。三段階の働きの事実は神が全人類を導く事実であり、だれも否認できない。三段階の働きが終わると、万物は各々その種類に従い、全部神の権威の下に帰するようになる。なぜなら、宇宙じゅうこのひとりの神だけが存在し、ほかの派別という言い方は存在しないからである。世界を創造することができない者は世界を終わらせることもできず、世界を創造した者はきっと世界を終わらせることができる。だから、時代を終わらせることができず、人に身を修めさせ人格を磨かせることしかできない者はきっと神ではなく、きっと人類の主ではない。彼はこんなに大きな仕事をすることができず、この仕事をする者は一人しかいない。だれでもこの仕事をすることができない者はきっと神の敵であり、邪教なら神に味方するものではなく、神に味方しないものは神の敵なのである。すべての仕事はこのひとりの真の神がするのであり、全宇宙はこのひとりの神がつかさどっている。彼がイスラエルで働いても、中国で働いても、霊が働いても肉体が働いても、仕事はみな彼自身がしたのであり、だれも彼の代わりにすることができない。彼が全人類の神だからこそ、彼はどんな条件にも制限されず自由に働くのである。これは最大の異象である。一人の被造物として被造物の本分を果たそうとし、神の心意が分かろうとするなら、神の仕事、神の被造物に対する心意が分からなければならず、彼の経営計画、および彼が仕事をすることのすべての意義も分からなければならない。これらが分からない人は適格な被造物ではない!一人の被造物として自分がどこから来たか分からず、人類の歴史と神のあらゆる働きを知らず、また人類がどのように今日まで発展してきたか分からず、だれが全人類を支配しているか知らないとしたら、本分を尽くすなどとは言えない。神が人類を今まで導いてきた。人を地上に造った後、彼は人を離れたことがなく、聖霊は絶えず働き、絶えず人を導いており、人と別れたことがない。それなのに、人は神の存在を知らず、なおさら神を認識していない。あらゆる被造物にとって、これはいちばん恥ずかしい事ではないのか。神が自ら人を導いているのに、人は神の仕事が分からず、あなたは被造物でありながら、自分の歴史を知らず、自分の歩んできた道はだれが導いたのか知らず、神のした仕事を知らないのなら、あなたは神を認識することができない。今でもあなたがやはり知らなければ、あなたは永遠に神の証人になる資格がない!今、造物主がまた自らあらゆる人を導き、これによってあらゆる人に彼の知恵、彼の全能、彼の救い、彼のくすしさを見せているのに、あなたがやはり知らず、分からないなら、あなたは救いを得られない人ではないか。サタンに属する人は神の言葉が分からず、神に属する人は神の声が聞こえる。わたしの言った言葉を知り、分かる人はみな救われる人であり、証しをすることができる人である。わたしの言った言葉が分からない人はみな証しをすることができず、みな淘汰される対象である。神の心意が分からず、神の働きを知らない人はみな神を認識することができない人であり、このような人はみな神を証しする人ではない。神の証人になるには、神を認識する人にならなければならないが、神を認識することは神の働きを認識することによって達成されるのである。とどのつまり、神を認識するには、神の働きを認識しなければならず、神の働きを認識することがいちばん大切なのである。三段階の働きが全部終わる時、神を証しする一団の人、すなわち神を認識した一団の人がつくられ、この人たちはみな神に対して認識がある人であり、真理を実行することができる人であり、人間性があり、理智がある人であり、この人たちはみな三段階の救いの仕事に対して認識がある人である。これは最後になし遂げる仕事であり、この人たちは六千年の経営の仕事の結晶であり、最終的にサタンを打ち負かした最も有力な証しである。神を証しする人になれる者は、神の約束を受け、神の祝福を受けることができる人であり、この人たちは最後に残される、神の権威を持ち、神を証しする一団の人である。もしかすると、あなたたちだれもがこの一団の人の一員になれるかもしれず、或いは半分か数人だけがそうなれるかもしれない。それはあなたたちの志とあなたたちの追求にかかっている。