「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

成功するかどうかは人の歩む道にかかっている

多数の人が神を信じるのは、今後の落ち着き先または一時的な享受のためである。いかなる対処をも受けていない人にとっては、神を信じるのは天国に入るためであり、報いを受けるためであって、完全にされるか、或いは被造物の本分を果たすためではない。つまり、多数の人が神を信じるのは自分の職責を履行するか、或いは自分の本分を完成するためではない。意義のある人生を生かし出すために神を信じる人はとても少なく、「人は生きている以上、神を愛さなければならない。なぜなら、これはもともと至極当たり前のことであり、もともと人の天職だからである」と思っている人もいない。こうして、人によって追求の目標が違うが、その追求の目的と存心はほぼ同じであり、しかも多数の追い求める人の崇拝する対象も大体同じなのである。数千年来、どれだけの信徒が死に、またどれだけの信徒が生き返ったのだろう。神を追い求める人は一人、二人だけでなく、一千人、二千人だけでもないが、彼らの追求はほとんど個人の前途のため、或いは以後のよい望みのためであって、キリストのために忠誠を尽くす人は寥々たるものであり、少なからぬ敬虔な信徒はやはり自分のわなの中に死に、勝利を得た者はさらにほんのわずかである。人が失敗した原因、または勝利を得た秘訣について、人は今でもやはりはっきり知らず、「夢中になって」キリストを追い求めている人たちはやはり覚醒しない。彼らはこれらの奥義の根源はいったい何であるか分からない。なぜなら、彼らは全然知らないからである。彼らは非常に苦心して追い求めているけれども、彼らの歩む道は前人が歩んだ失敗の道であって、前人が歩んだ成功の道ではない。これでは、彼らがどのように追い求めても、その歩む道はみな暗やみに通じる道ではないか。彼らが得るのはみな苦果ではないか。以前の成功した人たちを見習う人でさえ最後に祝福を受けるか災いを受けるか予測しがたいのに、失敗した人の足跡を踏んで追い求める人はなおさらそうではないか。絶対に失敗するのではないか。彼らの歩む道は何の価値があるのか。みな無駄足を踏むのではないか。人の追求は失敗しても成功しても、要するに原因があるのであり、自由に追い求めることで、得失を決められるわけではない。

人が神を信じる上での最も基本的なことは、人が誠実な心を持ち、しかも完全に自分をささげ、本当に従うことができることである。人がいちばん達成しがたいことは、自分の一生を真の信仰と取り替えて、これによってすべての真理を得、被造物の本分を果たすことである。これは、失敗した人たちが達成できないことであり、さらにキリストを見つけることのできない人たちが達成できないことである。人が神のために自分を完全にささげることが「上手」でないからこそ、人が造物主のために本分を尽くしたがらないからこそ、人が真理を見たとしてもそれを避けて自分の道を歩むからこそ、人がいつも失敗した人の歩んだ道にそって追い求めるからこそ、人がいつも天に背くからこそ、人はいつも失敗し、いつもサタンの詭計に陥り、自分のわなに陥るのである。人はキリストを知らず、人は真理を理解し、経験するのが上手ではなく、人はあまりにもパウロを崇拝し、しかも天国に入ろうとする心が強すぎ、人はいつもひたすらキリストが人に従うことを要求し、ひたすら神を左右する。だから、高大な偉人たちと世の転変を経た人たちでも死を免れられず、しかも刑罰の中に死んでしまうのである。これらの人についてわたしは、彼らがみな非命の死を遂げたと言うしかない。彼らの結末、すなわち彼らの死は道理がないわけではなく、彼らの失敗はなおさら道義上許されないのではないか。真理は人の世から来るが、人の世の真理はキリストによって伝えられたのであり、キリストから来たのであり、つまり神自身から来たのであり、それは人が到達できるのではない。しかし、キリストはただ真理を供給する者であって、彼は人が真理を追い求めるのに成功するかどうかを決めるために来たのではない。だから、真理を追い求めることで成功するかどうかはすべて人の追求にかかっている。これはもともとキリストと関係のないことであり、人の追求によって決まるのであり、人の落ち着き先または人の成功と失敗を全部神に押し付けて、神に責任を負わせてはならない。なぜなら、それは神自身のことではなくて、被造物が尽くすべき本分に直接かかわっていることだからである。パウロとペテロ、彼ら二人の追求と落ち着き先について、多くの人は少し知っているが、しかし人は彼らの結末を知っているだけで、彼らが成功した秘訣または、彼らが失敗を招いた不足を知らない。だから、もしあなたたちが彼らの追求の本質を全然見極められなければ、あなたたちの中の多くの人の追求はやはり失敗するはずであり、たとえ少数の人の追求が成功するとしても、やはりペテロに及ばないのである。もしあなたの追い求める道が正しいなら、あなたは成功する見込みがある。もしあなたが真理を追い求めるのに歩む道が間違っているなら、あなたは永遠に成功することができず、しかもあなたの結末はパウロの結末と同じである。

ペテロは完全にされた人である。彼は裁き、刑罰を経験して神に対する純潔な愛を持った後、徹底的に完全にされたのである。彼が歩んだ道は完全にされるに至る道であった。つまり、初めからペテロが歩んだ道は正しかったのであり、彼の神を信じる存心は正しかった。だから、彼は完全にされた人になった。ペテロが歩んだのは前人が歩んだことのない新しい道であった。しかし、パウロが初めから歩んだのはキリストに逆らう道であった。ただ聖霊が彼を使い、彼の賜物、彼のあらゆる長所を利用して仕事をしようとしたから、彼はキリストのために何十年も働いたのである。彼はただ聖霊に使われた人であるが、彼が使われたのは、彼の人間性がイエスに気に入られたためではなくて、彼の賜物のためであった。彼がイエスのために働くことができたのは、彼が撃たれたからであって、彼が心から喜んでイエスのために働いたのではない。彼がそのような仕事ができたのは、聖霊の啓きと導きのゆえであり、彼のした仕事は彼の追求と彼の人間性を代表することができなかった。パウロのした仕事は僕の仕事を代表したのであり、つまり彼がしたのは使徒の仕事であった。しかしペテロはそうではなくて、彼も一部分の仕事をしたが、パウロのした仕事ほど大きくなく、彼は自分の進入を追い求める中で働いたのであり、それはパウロの働きとは異なったのである。ペテロが仕事をしたのは被造物の本分を尽くしていたのであり、彼は神を愛することを追い求める過程の中で働いたのであり、使徒の地位に立って働いたのではない。パウロも働く過程の中で、個人の追求があったが、彼の追求はただ以後の望みのためであり、以後よい落ち着き先を得るためであった。彼は働いている間、精錬を受け入れず、手入れや対処も受け入れず、彼は、自分のする仕事が神の心を満足させることができ、自分のするすべてが神に喜ばれることができさえすれば、最後にはきっと褒賞が彼のために用意されていると思っていた。彼の働きの中には個人の経験がなく、彼は完全に、働くために働いたのであって、変化を追い求める中で働いたのではない。彼の働きの中は取引きで満ちていて、被造物としての本分や従順は全然なかった。彼が働く過程の中で、彼の古い性質は変化しなかったし、彼が働いたのはただほかの人に仕えていただけで、彼の性質を変化させることはできなかった。パウロは完全にされず、対処もされなくて直接働いたのであり、彼の存心は褒賞を受けるためであった。しかしペテロはそうではなく、彼は手入れされ、対処され、精錬された人であり、彼ら二人の働く目的、存心は全然異なった。ペテロはそんなに多くの仕事をしなかったが、彼の性質はずいぶん変化した。彼が追い求めたのは真理であり、本当の変化であって、ただ働くためだけではなかった。パウロのした仕事はとても多かったが、それらの働きはみな聖霊の働きであり、たとえその中に彼の協力があっても、それは彼の経験によるものではなかった。ペテロのした仕事が少なかったのは、聖霊が彼の身にそんなに大きな仕事をしなかったからである。

働いた程度は完全にされるかどうかを決めることができない。彼ら二人のうち、一人は褒賞を受けるために追い求めたのであり、もう一人は神をこの上なく愛し、被造物の本分を果たすため、愛らしい姿を生かし出して、神の心を満足させるために追い求めたのである。うわべが異なり、本質も異なるので、あなたは、働いた程度に基づいて、彼らのうちいったいだれが完全にされた者であるかを定めてはいけない。ペテロは、神を愛する人の姿を生かし出すこと、神に従う人、対処、手入れを受け入れる人、被造物の本分を果たす人になることを追い求めた。彼は自分をささげ、自分を完全に神の手に渡すことができ、しかも死に至るまで従順であった。彼はこのような志を持ち、しかもそれを達成した。これは最後に彼の結末とパウロの結末が違う根本原因である。聖霊がペテロの身にした仕事は完全にすることであるが、パウロの身にした仕事は利用することである。なぜなら、彼らの追求の観点と彼らの本性は異なったからである。二人とも聖霊の働きがあり、ペテロはこれらの働きを自分の身に実際化しただけでなく、ほかの人にも供給したが、パウロは聖霊の働きを全部ほかの人に供給しただけで、彼自身は何の収穫もなかった。こうして、聖霊の働きを長年経験したが、パウロの変化はほんのわずかであり、ほとんどやはり一人の天然の人であり、やはり以前のパウロであった。彼はただ長年働いて艱難をなめ尽くし、「働く」ことを習い覚え、また忍耐することを習い覚えただけである。しかし、彼の古い性質――勝ち気で負けず嫌いであり、ひたすら利益のみを追求する本性はやはり彼の身に残っていた。彼は長年働いたが自分の堕落した性質を認識しておらず、自分の古い性質を全部は脱ぎ捨てていなかった。これらの古い性質は彼の働きの中でやはりはっきり見ることができた。彼はただ働きの経験を少し得ただけで、このわずかの経験は彼を変えることができず、彼の生存の観点と彼の追求の意義を変えることができなかった。彼はキリストのために長年働き、当時主イエスを迫害した行いは再び現れなかったが、彼の心の中の神に対する認識は変わらなかった。つまり、彼は自分をささげるために働いたのではなく、将来の落ち着き先のためにやむなく働いたのである。なぜなら、最初彼はキリストを迫害した者であって、キリストに従順であった者ではなく、彼はもともとわざとキリストに逆らう反逆者であり、もともと聖霊の働きを知らない人だったからである。彼の働きがもうすぐ終わる時、彼はやはり聖霊の働きを知らず、ただ個人のわがままな性格によって独断専行し、少しも聖霊の意志をかまわなかった。だから、彼の本性はキリストと敵対するものであり、真理に従わないものである。聖霊の働きに見捨てられたこのような人、聖霊の仕事を認識しなくてキリストに逆らうこのような人がどうして救われることができるだろうか。人が救われることができるかどうかは、人がどれほど働いたか、或いはどれほどささげたかによって決まるのではなくて、人が聖霊の働きに対して認識があるかどうか、人が真理を実行することができるかどうか、人の追求の観点が真理に合うかどうかによって決まるのである。ペテロもイエスにつき従っていた間、天然の表現があったが、本性から言えば、彼は最初から聖霊に従い、キリストを追い求めることを願った人であり、彼は単純に聖霊に従った人であり、彼は名利を追い求めないで、心から真理に従った。彼は三度キリストを否み、しかも主イエスを試みたが、このわずかな人性の弱さは彼の本性とは関係がない。これは彼の以後の追求に影響せず、また、彼の試みが反キリストのやり方であることを十分に証明することもできない。人性の正常な弱さは、天下のどの人も持っているのに、あなたはペテロが例を破るのを要求するのか。人がペテロに対して偏見を持っているのは、ペテロが愚昧なことを何回かしたからではないか。人がパウロをこんなに崇拝するのは、パウロの多くの働きと彼の多くの手紙のためではないか。人がどうして人の本質を見極めることができるだろうか。本当に理智のある人なら、こんな些細なことさえ見極められないのだろうか。

ペテロの長年のつらい経験は聖書に記されていないが、これはペテロが本当の経験がないことを証明できず、ペテロが完全にされた人ではないことも証明できない。神のする仕事を人がどうして完全に究められようか。聖書に記されたものはイエスが自ら選録したのではなくて、後人が編集したのである。それでは、そこに記されたものはみな人間の意志によって選んだのではないか。しかも、手紙の中にはペテロとパウロの結末が明示されていない。こうして人は自分の観点、自分の好みによってペテロとパウロを評価し、また、パウロがした仕事がとても多く、彼の「貢献」がとても大きいから、万人から深く信頼されている。人はみなうわべだけを重んじるのではないか。人がどうして人の本質を見極めることができるだろうか。しかも、パウロは数千年来、人に崇拝されている対象であるのに、だれが敢えて彼の働きを安易に否定することができるだろうか。ペテロはただ網を打って漁をする者なのに、彼の「貢献」がどうしてパウロのより大きいのだろうか。貢献から言えば、パウロがペテロより先に褒賞を受けるはずであり、しかもパウロがペテロよりもっと神に良しとされることができるはずである。しかし、神がパウロに対してはただ賜物を利用して働かせただけであり、ペテロに対しては彼を完全にするためであったとは誰が知り得よう。主イエスが最初から彼らのために按配しておいたのではなく、彼らの本来の本性によって完全にするか、或いは働かせたのである。だから、人が見るのはうわべの貢献だけであるが、神が見るのは人の本質であり、人の元来の追求の道と存心である。人はみな自分の観念によって、自分の観点によって人を評価するが、人の最終の結末は人のうわべによって決まるのではない。だから、わたしはこう言う。もし最初からあなたの歩む道が成功の道であり、最初からあなたの追求の観点が正しいであるなら、あなたはペテロと同じである。もしあなたの歩む道が失敗の道であるなら、あなたがいくら代価を払っても、あなたの結末はやはりパウロのと同じである。どうであろうと、あなたがどんな落ち着き先があるか、あなたが成功するか、それとも失敗するかはみな、あなたの追求の道が正しいかどうかによって決まるのであって、あなたの奉献、或いはあなたの払った代価によって決まるのではない。ペテロとパウロ、彼ら二人の本質と追求の目標は異なる。これらは人は見つけられず、神自身だけが完全に知っている。というのは、神が見るのは人の本質であるが、人の本質は人自身が少しも知らないから である。人は人の内側の本質を見ることができず、人の内側の実際の身丈も見ることができないから、パウロの失敗とペテロの成功の原因を見つけることができない。多数の人がパウロを崇拝し、ペテロを崇拝しないのは、パウロが使われて、公に働いたのであり、これは人が見ることができるのだからである。だから、人はみなパウロの「功績」を認めている。しかし、ペテロの経験は人が見られず、彼の追求は人が達成できないのだから、人はみなペテロに興味を持たないのである。

ペテロが完全にされたのは対処、精錬を経験することによって達成したのである。彼はこう言った。「いつでもわたしは神様の心を満足させるべき。わたしのすることが神様の心を満足させることだけを望み、たとえ刑罰、裁きでも、わたしは甘んじて受ける。」彼はすべてを神に与え、彼が働き、言葉を言い、生活をするのはみな神を愛するためであった。彼は聖別を追い求めた人であり、経験すればするほど、心の深みにある、神に対する愛の要素がますます増えていった。しかし、パウロはただ外側で働いたのである。彼も努力していたが、彼が働いたのは仕事をよくやって、これによって褒賞を受けるためであった。彼がいったん自分が褒賞を受けられないことを知ったら、彼は仕事を途中でやめただろう。ペテロが重んじたのは、心の中の本当の愛であり、現実的な、達成できるものである。彼は自分が褒賞を受けることができるかどうかに関心を持たず、自分の性質が変化できるかどうかを重んじたのである。パウロが重んじたのは、いっそう努力して働くことであり、うわべの働きと奉献であり、正常な人の経験の中にない教理であった。彼は奥底の変化と本当の愛を重んじなかった。ペテロの経験は本当の愛を持ち、本当の認識を持つためであり、彼の経験は神との関係がもっと近くなるためであり、実際の生かし出しを持つためであった。パウロが働いたのは、イエスの彼に対する委託のためであり、自分が待ち望んでいるものを得るためであった。しかしこれらは、彼の自分に対する認識、神に対する認識とは関係がなく、彼が働いたのはまったく刑罰と裁きを逃れるためであった。ペテロが追い求めたのは純潔な愛であり、パウロが追い求めたのは義の冠であった。ペテロは長年の聖霊の働きを経験した。彼のキリストに対する認識は実際的であり、彼の自分に対する認識も深かった。だから、神に対する彼の愛も純潔であった。長年の精錬を経て、彼のイエスに対する認識、命に対する認識はみな深くなった。彼の愛は無条件の愛、能動的な愛であって、彼は報酬を求めず、また何かの利益を得ることを待ち望んでいなかった。パウロは長年働いたが、キリストに対してそんなに多くの認識がなく、彼の自分に対する認識もかわいそうなほど少なく、彼はキリストに対して全然愛を持たず、彼が働き、道を走ったのは最後の月桂冠を得るためであった。彼が追い求めたのは、いちばんよい冠であって、いちばん純潔な愛ではなかった。彼の追求は能動的ではなくて、受動的であった。彼は本分を尽くしていたのではなく、聖霊の働きに捕まえられた後やむを得ず追い求めたのである。だから、彼の追求は、彼が一人の適格な被造物であることを証明しているのではなく、ペテロこそ一人の適格な、本分を尽くす被造物であった。人から見れば、神のために貢献する者はみな褒賞を受けるべきであり、貢献が大きい者であればあるほど、もちろん神に喜ばれることができる。人の観点の本質は取り引きすることであって、積極的に被造物の本分を果たすのを追い求めることではない。神から見れば、真に神を愛することを追い求め、完全に神に従うことを追い求め、すなわち被造物の本分を尽くすことを追い求める者であればあるほど、神に良しとされることができるのである。神の観点は、人がもともとの本分に復し、もともとの地位に復するべきだということである。人はもともと被造物だから、自分の地位を越えて神にどんな要求を出すべきではなく、ただ被造物の本分を尽くすべきである。パウロとペテロの落ち着き先は、貢献が大きいか小さいかによってではなく、被造物の本分を果たすことができるかどうかによって判断されるのであり、働きの多少、或いは人の彼らに対する評価によってではなく、彼らのもともとの追求によって定められるのである。だから、積極的に被造物の本分を尽くすのを追い求めることは成功の道であり、真に神を愛するのを追い求める道はいちばん正しい道であり、古い性質を変えて純潔に神を愛するのを追い求めることは成功の道である。成功の道とは、被造物の本来の本分、本来の姿が回復される道 であり、それは回復の道であり、神が始めから終わりまでするすべての仕事の目的でもある。もし人の追求の中にやはり個人の贅沢な要求と、人の非合理的な望みが混じっていて、性質が変化するという効果を収めることができなければ、それは回復の仕事と矛盾しているのであり、きっと聖霊の仕事ではない。こうして、このような追求が神に良しとされる追求ではないことが証明される。神に良しとされない追求は何の意義があるだろうか。

パウロのした仕事はみな見せかけのものである。彼の心の深みにある、神に対する愛の純潔さはどのくらいであるか、神に対する愛の要素はどのくらいであるか、これらは人が見られない。人はただ彼のした仕事を見、彼が確かに聖霊に使われたことを知ることができるだけである。だから、人から見れば、やはりパウロのほうがよく、やはりパウロのした仕事が大きい。なぜなら、彼は諸教会に供給することができたからである。ペテロは個人の経験だけを重んじていたのであり、たまに働いても、そんなに多くの人を得られなかったし、わずかの何通かの手紙も有名ではなかった。しかし、ペテロの心の深みにある、神に対する愛の大きさはどのくらいであるか、だれが知っているだろうか。パウロは毎日神のために働き、仕事がありさえすれば彼は働いたのである。彼はこのようにすれば冠を得ることができ、このようにすれば神を満足させることができると思っていた。しかし、彼は働きの中で自分を変えることを追い求めなかった。ペテロは生活の中で、少しでも神の心を満足させなかったところがあれば、不安を感じ、神の心を満足させなかったら悔いたのであり、それから適当な道を探して、できるだけ神の心を満足させるよう努力していた。彼は生活の中のささいなことでも、神の心を満足させるよう自分に要求し、彼は自分の古い性質を少しも見逃さず、いつもさらに深く真理に進入するよう自分に厳しい要求をした。パウロはただうわべの名誉、地位を追い求め、人の前で自分をひけらかすことを追い求めた。彼はさらに深く命に進入することを追い求めず、彼が重んじたのは教理であって、実際ではなかった。一部の人はこう言う。「パウロは、神のためにそんなに多くの仕事をしたのに、神はどうして彼を認めないのか。ペテロが神のためにした仕事は少なく、教会に対する貢献もそんなに大きくないのに、神はどうして彼を完全にしたのか。」ペテロは神を十分な程度まで愛した。これはまさに神が求めることであり、このような人こそ証しがある人である。パウロはどうだろう。パウロの神に対する愛はどの程度に達したか、あなたは知っているのか。パウロが仕事をしたのは何のためであるか。ペテロが仕事をしたのはまた何のためであるか。ペテロのした仕事は少ないけれども、彼の心の深みに何があったか、あなたは知っているのか。パウロのした仕事は教会に供給し、教会を支えることであり、ペテロが経験したのは命の性質の変化であり、神を愛することであった。彼ら二人の本質的な違いを知ったら、あなたは、だれが真に神を信じる者で、だれが真に神を信じる者ではないかを見分けることができる。彼ら二人のうち、一人は真に神を愛する者で、もう一人は真に神を愛する者ではなかった。一人は性質の変化があり、もう一人は性質の変化がなかった。一人は人に崇拝され、しかも高大な姿があり、もう一人はへりくだって仕え、人が気づきにくかった。一人は聖別を追い求め、もう一人は聖別を追い求めず、汚れてはいなかったが純潔な愛を持たなかった。一人は真の人間性があり、もう一人は真の人間性がなかった。一人は被造物の理智があり、もう一人は被造物の理智がなかった。これはパウロとペテロの本質的な違いである。ペテロが歩んだ道は成功の道であり、つまり正常な人間性に復し、被造物の本分に復する道であり、ペテロはすべての成功した人の代表である。パウロが歩んだ道は失敗の道であり、うわべで従順で費やすが、神に対して本当の愛を持たないあらゆる人の代表であり、パウロは真理のないあらゆる人を代表している。ペテロが神を信じるのは、すべてにおいて神を満足させ、神から出たすべてに従うことを追い求めたのであり、刑罰、裁きを彼は受け入れることができ、精錬、患難、生活上の欠乏も彼は受け入れ、少しも恨み言を言わず、これらはみな彼の神に対する愛を変えることができなかった。これはこの上なく神を愛することではないか、被造物の本分を果たしたのではないか。刑罰、裁きであれ、患難であれ、あなたは死に至るまで従順 でなければならない。これこそ被造物が達成すべきことであり、愛の中の純潔の要素である。もし人がこの程度まで達成できれば、適格な被造物であり、これはいちばん造物主の心を満足させることができる。もしあなたが神のために働くことができるが、神に従わず、真に神を愛することができなければ、あなたは被造物としての本分を果たしていないだけではなく、しかも神に罪定めされるはずである。なぜなら、あなたは真理がない人であり、神に従うことができない人であり、神に背く人だからである。あなたは神のために仕事をすることを重んじるだけで、真理を実行することを重んぜず、自分を認識することを重んぜず、造物主を知らず、また認識していない。しかもあなたは造物主に従わず、また愛さず、生まれつき神に背く者である。だから、このような人は造物主に好かれないのである。

一部の人はこう言っている。「パウロはそんなに多くの仕事をした。教会に対する彼の負担と築き上げはとても大きい。パウロの十三通の手紙は恵みの時代を二千年支え、四福音書を除けばパウロの十三通の手紙だ。だれが彼に匹敵し得ようか。ヨハネが書いた『黙示録』はだれも解くことができないが、パウロが書いた手紙はみな命を供給するものであり、彼は教会のためになる仕事をした。ほかの人はそれを達成できるのか。ペテロはどんな仕事をしたのか。」人が人を評価するのは人の貢献によるのであるが、神が人を評価するのは人の本性によるのである。パウロは命を追い求める人々のうちで、自分の本質を知らない人であり、彼は全然謙遜で従順な人ではなく、彼は神に反抗する自分の本質に対して全然認識を持たなかった。だから、彼は細部にわたる経験がない人であり、真理を実行しない人である。ペテロはそうではなく、彼は自分の欠けたところに対しても、自分の弱さに対しても、被造物の堕落した性質に対しても認識を持っていたので、自分の性質を変化させる上で実行の道があった。彼は教理があるだけで実際のない人ではない。変化した人は救われた新しい人であり、適格な、真理を追い求める人である。変化していない人は天然の古い人、救われていない人であり、すなわち神に見捨てられる人であり、彼のした仕事がいくら大きくても神に覚えられない。あなた個人の追求と照らし合わせ、あなたがペテロのような人であるか、それともパウロのような人であるかは、言わなくても分かることである。もしあなたの追求の中にやはり真理がなく、今になってもやはりパウロのように傲慢で横暴であり、しかも得意げにまくしたてるのなら、あなたは間違いなく失敗するろくでなしである。もしあなたの追求がペテロのと同じで、実行することと本当の変化を追い求め、思い上がらず、勝手に振る舞わず、本分を尽くすことを追い求めるなら、あなたは勝利を得ることができる被造物である。パウロは自分の本質を認識せず、自分の堕落を認識せず、なおさら自分の不従順を認識しなかった。以前キリストに反抗した卑劣な行為には、彼は全く触れておらず、十分に後悔してもおらず、ただ少し解釈しただけで、心の深みから神に完全に屈服したのではない。ダマスコへの道で地面に倒れたけれども、彼は心の深みから自分を反省しておらず、ただ絶えず働くことだけに満足していて、自分を知り、自分の古い性質を変えることをいちばん肝心な問題だと思わなかった。彼はただ、口先だけの真理に満足し、ほかの人に供給して自分の良心を慰めることに満足し、再びイエスの弟子を迫害しないことで自分を慰め、自分の以前の過ちを赦すことに満足していた。彼の追求の目標はただ以後の冠と、一時的に働くことであり、豊かな恵みであって、十分な真理を追い求めなかったし、以前分からなかった真理にさらに深く進入することも追い求めなかった。だから、彼の自分に対する認識が偽りだと言ってもいい。彼は決して刑罰、裁きを受け入れなかった。彼が働いたことは、彼が自分の本性と本質に対して認識があることを意味しているのではなく、彼はただうわべのやり方に工夫を凝らしていたのであり、しかも彼が努力して追い求めたのは変化ではなくて、認識であった。彼が働くことができたのは、完全に、イエスがダマスコへの道で彼に現れた後の効果で、それは彼の最初の志ではなく、彼の古い性質が手入れされた後の働きでもない。いくら働いても、彼の古い性質が変化していなかったので、彼の働きは彼の以前の罪を償うことができず、ただ当時の教会で一定の役割を果たしただけである。このような、古い性質が直らない人、すなわち救いを得ていない人、なお真理のない人は、どうしても主イエスに喜ばれる人になれない。彼はイエス・キリストに対する愛と畏れに満ちた人ではなく、よく真理を求める人でもなく、なおさら受肉の奥義を追究する人ではなく、彼はただよく詭弁を弄し、しかもすべての、自分より優れている人、或いは真理のある人に屈服したがらない人である。彼は、自分に反対し、或いは敵対する人や真理を妬み、高大な姿があり、しかも深く広い知識がある才子たちを好いたのであり、彼は、真理だけを愛し、真理の道を求める貧しい人たちと付き合うことを好まず、教理ばかり語り、しかも知識が豊富な、宗教の上層部の人たちと接触することを好んだ。彼が好んだのは、聖霊の新しい働きではなく、重んじたのも聖霊の新しい働きの動きではなかった。彼は、一般の真理より高いそれらの規定や教理を好んだ。彼の生まれつきの本質と、そのすべての追求から言えば、彼は全然真理を追い求めるクリスチャンだと呼ばれる資格がなく、なおさら神の家の忠実な僕だと呼ばれる資格がない。なぜなら、彼の偽りは多すぎ、彼の不従順は大きすぎるからである。彼のような、主イエスの僕だと呼べる人は、全然天国の門に入る資格がない。なぜなら、彼が始めから終わりまで行なっていたのは、決して義とされることができず、偽善的で不義を行なうが、キリストのために仕事をしたことのある人だと見なすしかなく、悪とは言えないが、不義を行なう人だと言うのが適切だからである。彼のした仕事は確かにとても多かったけれども、彼の仕事の量に基づいて評価してはならず、仕事の質に基づいて評価し、彼のした仕事の本質に基づいて評価しなければならない。こうしてこそ、事のてんまつを明らかにすることができる。彼はいつもこう思っていた。「わたしは働くことができる。わたしは普通の人よりすぐれている。わたしは主の負担を思いやる人であり、わたしより主の負担を思いやる人はおらず、わたしより深く悔い改める人もいない。なぜなら、わたしは大きな光に照らされて、大きな光を見たからである。だから、わたしはいかなる人よりも深く悔い改めている。」これは当時、彼自身が心の中で思っていたことである。彼のすべき仕事がもうすぐ終わる時、彼は「わたしは、戦いを立派に戦いぬき、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです」と言った。彼が戦い、働き、道を走ったのは、完全に義の栄冠のためであって、積極的に進歩を求めていたのではない。彼の働く態度が適当だとは言えないが、彼が働いたのは、ただ彼の過ちを補い、良心の呵責に悩まされないためだと言ってもいい。彼が待ち望んだのはただ、早く仕事を終わらせ、決められた道を走りとおし、戦いを立派に戦いぬき、これによって自分が心待ちにしていた義の栄冠を早めに得ることだけであった。彼が待ち望んだのは、自分の経験と真実の認識をもって主イエスに会うことではなく、早めに仕事を終わらせて、主イエスが彼と会う時に、その働きによる当然の褒賞をもらうことであった。彼は働くことで自分を慰めたのであり、また働くことで取引し、以後の栄冠を取り換えようとした。彼が追い求めたのは冠だけであって、真理ではなく、神でもなかった。このような追求が合格するものであろうか。彼の存心、働き、代価、すべての費やしは、彼の美しい幻想に満ちていて、彼は完全に個人的な願望によって働いたのである。彼のすべての働きの中には、心から喜んで払った代価が少しもなく、ただ取り引きしていただけである。彼は本分を尽くすために喜んで費やしたのではなく、取り引きの目的を達成するために喜んで費やしたのである。このような費やしはいくらに値するのか。だれが彼のその汚い費やしを良しとするだろうか。だれがこのような費やしに非常に興味を持つだろうか。彼の働きは明日の夢幻に満ちており、美しい青写真に満ちているのであり、性質の変化へと至る道は全くない。彼の見せかけの慈悲は多すぎ、彼の働きは命を供給していたのではなく、上品なふりをし、取り引きしていたのである。このような働きがどうして人を、人の本来の本分に復する道に導き入れることができるだろうか。

ペテロが追い求めたのはみな神の心にかなったのであり、彼が追い求めたのは神の心を満足させることであり、苦しみを受けても、災いを受けても彼は喜んで神の心を満足させていた。これは神を信じる人のいちばんよい追求である。パウロの追求には、自分の肉体、自分の観念、自分の思惑と企みが混在していて、彼は全然適格な被造物ではなく、神の心を満足させることを追い求める人でもなかった。ペテロは神の按配に従うことを追い求めたのであり、彼のした仕事はそんなに大きくないが、彼の追求の動機と歩んだ道は正しかった。つまり、彼が得た人はそんなに多くないが、彼は真理の道を追い求めることができた。だから、彼は一人の適格な被造物なのである。今、あなたは働く人ではないとしても、被造物としての本分を尽くし、すべてにおいて神の按配に従うことを追い求めなければならず、神が何を言っても従い、どんな患難、精錬でも経験し、弱くなっても心の中で神を愛さなければならない。自分の命に責任を持つ人は、進んで被造物の本分を尽くす人であり、このような人は追求の観点が正しいのであり、神が求めるのはちょうどこのような人である。あなたがたくさんの仕事をし、ほかの人もあなたから教えを受けたが、自分自身は変化がなく、何の証しや真実な経験もなく、死ぬ前にもやはりあなたのした事は何の証しもない。これは変化がある人だろうか。真理を追い求める人だろうか。聖霊があなたを使う時は、あなたが働くことができるその部分を使うのであり、使えない部分は使わない。もしあなたが変化することを追い求めるなら、あなたは用いられる過程の中で次第に完全にされる。しかし、最後にあなたが神に得られるかどうかは、彼がすべての責任を負うのではなく、それはあなたの追求次第である。あなたの性質が変化していないのは、あなたの追求の観点が正しくないからである。あなたが褒賞を受けられないのは、あなた個人の問題であり、あなた自身が真理を実行しておらず、神の心を満足させることができないからである。だから、個人の経験がいちばん重要なのであり、個人の進入がいちばん肝心なのである!一部の人は最後にこう言うだろう。「わたしはあなたのためにそんなに多くの仕事をしました。功労はないながらもそれなりの苦労はあります。天国に入らせて命の実を食べさせてもらってもいいでしょう。」わたしが求めるのはどんな人であるか、あなたは知らなければならない。王国には汚れた人が入ることが許されず、汚れた人が聖なる地を汚すことが許されない。あなたがたくさんの仕事をし、長年働いたが、最後にやはり甚だしく汚れているなら、あなたがわたしの王国へ入ろうとするのは、天理上許されないことである!創世から今まで、わたしはいかなる私情をささげる人にも、このような便宜を図ったことがない。これは天の規則であり、だれも打ち破ることができない!あなたは命を追い求めなければならない。今日わたしが完全にしようとするのは、ペテロのような人であり、個人の性質の変化を追い求める人であり、神の証しになること、被造物の本分を果たすことを願う人であり、このような人こそ完全にされることができる人である。もしあなたがただ褒賞を受けるために追い求め、自分の命の性質の変化を追い求めないなら、すべてが徒労に終わる。これは永遠に変わらない真理である!

ペテロとパウロの本質の違いからあなたは分からなければならないが、命を追い求めない者はみな無駄骨を折る!あなたは神を信じ、神に従う以上、神に対する愛を持たなければならず、堕落した性質を脱ぎ捨てなければならず、神の心を満足させることを追い求めなければならず、被造物の本分を果たさなければならない。あなたは神を信じ、神につき従う以上、神のためにすべてをささげなければならず、個人の選択と要求があってはならず、神の心を満足させなければならない。造られた人である以上、あなたを造った主に従うべきである。なぜなら、あなたはもともと自分を支配することができず、自分の運命を支配する本能も持っていないからである。あなたは神を信じる人である以上、聖別を追い求め、変化を追い求めるべきである。あなたは被造物である以上、自分の本分を守るべきであり、己の本分を守り、自分の本分を越えてはならない。これはあなたを束縛するのではなく、教条であなたを抑えつけるのでもなく、これはあなたが本分を尽くす道であり、義を行う人ができることであり、またすべきことでもある。ペテロとパウロの本質を比較してみれば、あなたはどのように追い求めるべきかを知ることができる。ペテロとパウロが歩んだ道は、一つは完全にされるに至る道であり、もう一つは淘汰されるに至る道であり、彼ら二人は二つの道を代表するのである。二人とも聖霊の働きがあり、聖霊の啓き、照らしがあり、主イエスの委託を引き受けたが、彼ら二人の身に結んだ実は異なり、一人は本当の成果を収めたが、もう一人は本当の成果を収めなかった。あなたは彼ら二人の本質、仕事、うわべの表現、および最後の結末から、自分がどの道を歩むべきか、どの道を選ぶべきかを知ることができるようにならなければならない。彼ら二人が歩んだ道はいちばん明らかな二つの道であり、パウロとペテロ、彼ら二人はいちばんよい代表である。だから、最初から彼ら二人を典型としたのである。パウロは何に重点を置いて経験したのか、どうして彼は得られなかったのか。ペテロは何に重点を置いて経験したのか、彼はどのように完全にされることを経験したのか。彼ら二人が重要視した点を対照してみれば、あなたは、神が求めるのはどんな人であるか、神の心意は何であるか、神の性質は何であるか、最後に完全にされる人はどんな人であるか、完全にされることができない人はまたどんな人であるか、完全にされる人の性質は何であるか、完全にされることができない人の性質はまた何であるかを知ることができる。これらの本質的な問題はペテロとパウロの経験の中からすべて見い出すことができる。神は万物を造った以上、すべての被造物が彼の権威のもとに帰し、彼の権威のもとに従うようにし、彼は万有をつかさどって、万有がみな彼の手の中にあるようにするのである。動物、植物、人類、山河、湖を含めて、あらゆる被造物が彼の権威のもとに帰さなければならず、天の万物、地上の万物はみな、彼の権威のもとに帰さなければならず、何の選択もあってはならず、みな彼の支配に従わなければならない。これは神が定めたことであり、神の権威でもある。神はすべてをつかさどっており、万物が整然と秩序立つようにし、神の意志によって万物がおのおのその種類に従い、その位置につくようにする。どんなに大きな物でも神を超えることができず、みな神の造った人類のために奉仕するのであり、敢えて神に背き、或いは神にほかの要求を出す物は一つもない。だから、造られた人として自分の本分を果たさなければならない。人が万物の主人であっても、万物の主宰者であっても、万物の中での地位がいくら高くても、神の権威の下のごく小さな人であり、ただ一人のごく小さな人、一つの被造物であり、人は永遠に神にまさることができない。被造物として追い求めるべきことは、被造物の本分を果たすことであり、つまり何の選択もなしに神を愛することである。なぜなら、神は人が愛するに値するからである。神を愛することを追い求める人は、個人の利益を追い求めるべきではなく、個人の望みを追い求めるべきでもない。これはいちばん正しい追求の仕方である。あなたが追い求めるのが真理であり、実行するのが真理であり、得るのが性質の変化であるなら、あなたが歩む道は正しい道である。あなたが追い求めるのは肉体の祝福であり、実行するのは自分の観念の中の真理であり、少しの性質の変化も得ておらず、肉体における神に対して従順が少しもなく、しかもやはり漠然とした中で生きているなら、あなたが追い求めるものは必ずあなたを地獄に導く。なぜなら、あなたが歩む道は失敗の道だからである。あなたが完全にされるか、それとも淘汰されるかは、あなた個人の追求次第である。つまり「成功するかどうかは人が歩む道にかかっている」のである。