「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

神はあらゆる被造物の主である

前の二つの時代の仕事は、一つの段階の仕事はイスラエルでしたのであり、もう一つの段階の仕事はユダヤでしたのであり、総じて言えば、二つの段階の仕事はみなイスラエルでしたのであり、みな最初の選民に対してしたのである。だから、イスラエル人にとっては、ヤーウェ神はただイスラエル人の神である。また、イエスがユダヤで働いて、十字架につけられるという仕事をなし遂げたから、ユダヤ人から見れば、イエスはユダヤ人の贖い主であり、彼はただユダヤ人の王であり、ほかの人の王ではなく、彼はイギリス人を贖う主ではなく、アメリカ人を贖う主でもなく、イスラエル人を贖う主であり、イスラエルで彼が贖ったのはユダヤ人である。実は、神は万物の主宰者であり、あらゆる被造物の神であり、彼はイスラエル人の神であるだけでなく、ユダヤ人の神であるだけでもなく、あらゆる被造物の神である。前の二つの段階の仕事はイスラエルでしたのだから、人の内にはいろいろな観念ができた。人はこう思っている。ヤーウェはイスラエルで仕事をし、イエスも自らユダヤで仕事を展開し、しかも受肉してユダヤで仕事をしたのであり、要するに、彼が働くのはイスラエルという範囲を越えなかった。彼はエジプト人の身に働かず、インド人の身にも働かず、ただイスラエルの民の身に働いたのだから、人は、あれやこれやの観念ができ、しかも神の働きをある範囲内に限定してこう言った。神が仕事をするなら必ず選民の身にし、必ずイスラエルでしなければならず、イスラエル人のほかには神はもう働きの対象がなく、働きの範囲もない。特に受肉した神に対して厳しく「教導して」、彼がイスラエルという範囲を出るのを許さない。これはみな人の観念ではないか。神が天地万物を造り、あらゆる被造物を造ったのに、彼がただイスラエルだけで働くことがあろうか。それなら、彼があらゆる被造物を造ったのは、何の役に立つのか。彼は全世界を創造したのだから、彼は六千年の経営計画の中の仕事を、イスラエルだけでするのではなく、全世界の人の身にするのである。今、中国人であれ、アメリカ人であれ、イギリス人であれ、ロシア人であれ、どんな人でもみなアダムの子孫であり、みな神に造られたものであり、被造物という範囲を越えることができる者は一人もおらず、アダムの子孫という呼び名を逃れることができる者は一人もおらず、みな被造物であり、アダムの子孫であり、堕落させられたアダム、エバの子孫である。イスラエル人だけが被造物であるのではなく、どんな人でもみな被造物である。ただ、ある被造物は呪われ、ある被造物は祝福を受けたに過ぎない。イスラエル人には多くの取柄がある。最初、彼らの身に働いたのは、彼らがいちばん浅く堕落させられた人だからである。彼らと比べると、中国人はだめであり、彼らよりずっと劣っている。だから、最初はイスラエルのすべての民の間で働き、第二段階の仕事はユダヤだけでしたのである。そのため、人は多くの観念ができ、多くの規定ができた。実は、もし人の観念のとおりにすれば、神はイスラエル人だけの神になり、それなら、彼は異邦へ仕事を広めることができなくなる。なぜなら、彼はただイスラエル人の神であり、あらゆる被造物の神ではないからである。預言書では、ヤーウェの名は必ず異邦人の間で尊ばれ、ヤーウェの名は必ず異邦人の間で宣べ伝えられると言っているが、なぜこのように言うのか。もし神がただイスラエル人の神であるなら、彼はイスラエルだけで働き、しかもこの仕事を広めず、その言葉も預言しなかっただろう。彼がその言葉を預言した以上、きっと異邦、諸国、諸方へこの仕事を広める。彼は言ったからには必ずやり遂げるのであり、これは彼の計画である。なぜなら、彼はもともと天地万物を造った主であり、あらゆる被造物の神だからである。イスラエル人の身に働いても、ユダヤ全地で働いても、彼がしたのは全宇宙の仕事であり、全人類の仕事であった。今日、大赤竜の国で働き、すなわち異邦の中で彼の仕事をするのはやはり全人類の仕事をするのである。イスラエルは彼が地上で働く根拠地になれるが、同様に、中国も彼が異邦、異民族で働く根拠地になれる。今、「ヤーウェの名は必ず異邦人の間で尊ばれる」という言葉が成就したのではないか。異邦における手始めの仕事は、大赤竜の国でのこの仕事を指すのである。特に人の観念に合わないのは、受肉してこの地で働き、これらの呪われた人の身に働くことである。この人たちはいちばん卑しいものであり、また、身分が低いものであり、この人たちはみな最初ヤーウェに見捨てられた人である。人が人に見捨てられても大丈夫だが、もし神に見捨てられたら、この人たちは一番地位が低いのであり、一番身分が低いのである。被造物として、サタンに占有されるか、或いは人に見捨てられるのは、つらいことであるが、もし造物主に見捨てられたら、彼の地位がいちばん低いことを意味している。モアブの子孫は呪われたし、それに、この遅れている国で生まれたのだから、疑いなくモアブの子孫は暗やみの支配の下でいちばん地位が低い人なのである。以前この人たちは地位がいちばん低かったから、この人たちの身にする仕事はいちばん人の観念を打ち破る仕事であり、いちばん六千年の経営計画のためになる仕事である。仕事をこの人たちの身にすれば、いちばんよく人の観念を打ち破ることができ、これによって時代を展開し、これによってすべての人の観念を打ち破り、これによって恵みの時代の仕事を終わらせる。最初はユダヤで仕事をしたのであり、イスラエルの範囲内で仕事をしたのであり、異邦の間では時代を展開する仕事を全然しなかった。最後の段階の仕事は異邦人の身にするだけでなく、さらに呪われた人の身にするのであり、これはいちばんサタンを辱しめることができる証拠である。こうして、神は全宇宙の下のあらゆる被造物の神に「なり」、万物の主になり、生命力のあるあらゆるものの礼拝する対象になる。

今、一部の人はやはり神がいったいどんな新しい仕事を展開したのか分からない。神が異邦で新しい始まりを持ち、新しい時代を展開し、新しい仕事を展開し、それをモアブの子孫の身に行なった。これはいちばん新しい仕事ではないか。世々から、この仕事を経験したことがある人はおらず、それを聞いたことがある人もおらず、それを味わったことがある人はなおさらいない。神の知恵、神のくすしさ、神の計りがたさ、神の偉大さ、神のきよさは、世の終わりのこの段階の仕事によって明らかにされる。これは人の観念を打ち破るもっと新しい仕事ではないか。一部の人は「神はモアブを呪い、またモアブの子孫を見捨てると言ったのに、どうして今また彼らを救うのか」と思っている。この人たちは神に呪われてイスラエルから追い出された異邦人であり、イスラエル人には異邦の犬と呼ばれた。あらゆる人から見れば、彼らは異邦の犬であるだけでなく、さらに滅びの子であり、つまり彼らは神の選民ではないのである。彼らは最初イスラエルという範囲内で生まれたのだが、しかし彼らはイスラエルの民に属さず、しかも異邦に追い出されたのであり、彼らはいちばん卑しい人である。彼らが人類の中でいちばん卑しい人であるからこそ、神は時代を展開する仕事を彼らの身にしたのである。なぜなら、彼らは堕落した人類の代表だからである。神は何の選択もなしに、何の目的もなしに人の身に仕事をするのではない。今日これらの人の身にする仕事は被造物の身にする仕事でもある。ノアは被造物であり、ノアの子孫も被造物であり、天下の血肉の人はみな被造物である。神は仕事をする時、あらゆる被造物に対してするのであり、人が造られた後、呪われたかどうかによってするのではなく、彼の経営の仕事はあらゆる被造物に対してするのであり、呪われていない選民だけに対してするのではない。被造物の身に仕事をする以上、必ずそれをなし遂げなければならず、彼は彼の仕事に有益な人たちの身に仕事をするのである。だから、彼はすべての規定を打ち破って人の身に働くのであり、彼には、呪われるとか、罰されるとか、祝福されるといった言い方が成立しない!ユダヤ人はとてもよく、イスラエルの選民も悪くなく、彼らは素質が高く、人間性もよい。最初、ヤーウェは彼らの身に仕事を展開して、最初の段階の仕事をした。しかし今はどうだろう。もし彼らを持ち出して征服の仕事の対象とするなら意義がなくなる。彼らも被造物であり、彼らには多くの積極的なものがあるけれども、もし彼らの身にこの段階の仕事をすれば意義がなくなり、人を征服することができず、あらゆる被造物を説得することもできない。これは、仕事を大赤竜の国のこの人たちの身に移してする意義である。いちばん深い意義は、時代を展開し、あらゆる規定を打ち破り、あらゆる人の観念を打ち破り、また恵みの時代全体の仕事を終わらせたことである。もし今の仕事をやはりイスラエル人の身にすれば、六千年の経営計画が終わる時、あらゆる人は、神がただイスラエル人だけの神であり、イスラエル人だけが神の選民であり、イスラエル人だけが神の祝福、神の約束を受け継ぐ資格があると思うだろう。神は世の終わりに、異邦の大赤竜の国に受肉して、神があらゆる被造物の神であるという仕事をやり遂げ、全経営の仕事を完全にし、全経営の中心となる仕事を大赤竜の国で終わらせる。三段階の仕事の核心は、人を救うこと、すなわちあらゆる被造物に造物主を礼拝させることである。だから、どの段階の仕事も相当意義があるのであり、意義がなく、価値がない仕事を神は絶対にしない。この段階の仕事は、一方では時代を展開し、前の二つの時代を終わらせ、他方では人のあらゆる観念を打ち破り、あらゆる人の古い信じ方、古い認識を打ち破った。前の二つの時代は人の異なる観念によって仕事をしたのであるが、この段階では人の観念を徹底的に取り除き、これによって人を徹底的に征服するのである。そして、モアブの子孫を征服することによって、モアブの子孫の身にする仕事によって、全宇宙の人を征服する。これはこの段階の仕事の最も深い意義であり、この段階の仕事のいちばん価値のあるところである。今、あなたは自分の身分が低く、地位も低いことを認識した。それでもあなたは今こんなに大きな祝福を受け継ぎ、こんなに大きな約束を受けて、神のこんなに大きな仕事を成就することができ、神の本来の姿を見、神の本来の性質を知り、神のみこころを行うことができるのは、いちばん幸せなことだと感じるだろう。前の二つの段階の仕事はみなイスラエルで行なった。もし世の終わりのこの段階の仕事もイスラエル人の身にすれば、あらゆる被造物は、イスラエル人だけが神の選民であると思うだけでなく、全経営計画も効果を収めることができない。イスラエルで二つの段階の仕事をしていた間、異邦でさらに新しい仕事をしたことがなく、時代を展開する仕事をしたこともなかった。この段階の、時代を展開する仕事は、まず異邦でし、しかもまずモアブの子孫の身にする。そうすれば、全時代を展開したことになる。人が観念の中で認識したものはみな、神に打ち破られ、どれも存在しなくなり、人の観念、人の以前の古い認識はみな征服の仕事の中で打ち破られる。それで人は次のことを見るようになる。神はどんな規定や古いものも守らず、彼はどんな仕事をしても束縛を受けず、自由であり、彼がどのようにしても正しいのである。彼が被造物の身にした仕事でさえあれば、あなたは完全に従わなければならない。彼のする仕事はみな意義があるのであり、彼は彼自身の意志、彼の知恵によって仕事をするのであって、人の選択、人の観念によって仕事をするのではない。彼の仕事のためになれば彼はするのであり、彼の仕事のためにならなければ、いくらよくてもだめである!彼は仕事の意義、仕事の目的によって仕事をし、働きの対象、働きの場所を選ぶのである。彼は以前の規定によって働かず、古い公式を当てはめず、彼は仕事の意義によって仕事を計画するのであり、最後に本当の効果を収め、所期の目的を達成するのである。もし今あなたがこれらを認識できなければ、この仕事はあなたの身には効果を収めることができない。