「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

完全にされた人こそ意義のある人生を生かし出すことができる

実は、今している仕事は人にサタンを裏切らせ、古い祖先を裏切らせるためであり、言葉の裁きはみな人の堕落した性質をさらけ出すためであり、みな人に人生の本質を分からせるためである。このたびたびの裁きはみな、人の心を刺している。毎回の裁きはみな直接人の運命にかかわるのであり、故意に人の心を傷つけて、人がこれらをみな捨て去ることができるようにし、これによって人に人生を分からせ、この汚れた世界を認識させ、また人に神の知恵と全能を認識させ、サタンに堕落させられた人類を認識させる。このような刑罰、裁きであればあるほど、人の心を傷つけることができ、また、人の霊を呼び覚ますことができる。このような裁きの目的は、極めて深く堕落させられ、しかもいちばん深く欺かれた人たちの心を呼び覚ますためである。人には霊がない。つまり人の霊がすでに死んでいて、人は天があるのを知らず、神がいるのも知らず、なおさら自分が死亡の深淵の中で、もがいているのを知らない。それでは、人はどうして自分がこの罪深い人の世の地獄で生きていることを知ることができるだろうか。どうして自分のこの腐った死体がサタンに堕落させられた後、死亡の黄泉の中に落ちたことを知ることができるだろうか。どうして地上の万物がすでに手の施しようがないほど人類に堕落させられたことを知ることができるだろうか。また、どうして今日造物主が地上に来て彼に救われることができる一団の堕落させられた人を捜していることを知ることができるだろうか。人はいろいろな精錬、裁きを受けたが、人のその麻痺した知覚は終始微動だにせず、ほとんど反応がない。人はあまりにも堕落した!このような裁きは、天から下る情け容赦のない雹のようであるが、人にとってはいちばん有益なのである。このように人を裁かなければ、効果を収めることができず、全然人を苦界の深淵から救い出すことができず、このように働かなければ、人はなかなか黄泉の中から出ることができない。なぜなら、人の心はすでに死んでしまい、人の霊はすでにサタンに踏みにじられたからである。極みまで堕落したあなたたちを救おうとするなら、全力をもって呼びかけ、全力をもって裁かなければならない。こうしてこそ、あなたたちの氷のように冷たい心を呼び覚ますことができる。あなたたちの肉体、あなたたちの贅沢な欲望、あなたたちの貪欲、あなたたちの情欲はあなたたちの内にあまりにも深く根を下ろしており、これらのものはずっとあなたたちの心を制御している。そのため、あなたたちはこれらの封建的で堕落した思想の束縛から抜け出すことができず、現状を変える憧れがなく、暗やみの支配から抜け出す憧れもなくて、ただこれらのものに縛られているだけである。あなたたちはみな、このような人生がとても苦しく、このような世の中が暗黒すぎることは知っているが、あなたたちのうち、このような生活を変える勇気がある人は全然おらず、ただ、このような現実の生活から脱離し、魂が済度されて、平和でよい、天国のような環境の中で生きることを切望しているだけである。あなたたちは苦しみを受けて自分の今の生活を変えようと思わず、またこの裁き、刑罰の中で自分が進入すべき人生を求めようとも思わず、むしろ非現実的に、肉体から離脱したそのよい世界を空想しているのである。あなたたちが憧れている生活はみな、どんな苦しみも受けずに安易に得られる生活である。それはあまりにも非現実的である!なぜなら、あなたたちが待ち望んでいるのは、肉体の中で意義のある一生を生かし出すことができ、一生の中で真理を得ることができ、すなわち真理のために生きることができ、正義のために立つことができることではないからである。これはあなたたちが思っているような輝かしい一生ではなく、あなたたちはこのような人生は光り輝く一生ではなく、意義のある一生でもないと思っている。あなたたちから見れば、このように一生を過ごすのは本当につらいのである!今日あなたたちはこの刑罰を受けることができるけれども、あなたたちの追求は依然として今日真理を得、真理を生かし出すためではなく、今後美しくて、肉体から離脱した生活の中に入るためである。あなたたちは真理のために求めるのではなく、真理のために立つのでもなく、なおさら真理のために生きているのでもない。あなたたちは今日の進入のために追い求めるのではなく、いつも、「いつの日か」青空を眺めながら、しょっぱい涙を流すことを思っており、いつか天に戻ることができることを期待している。あなたたちは自分のこのような考えがすでに現実とかけ離れたことを知らないのか。あなたたちはいつも、救い主が大慈大悲であって、いつの日かきっと世の中で苦難にあえぐあなたを連れて行き、きっと侮られ圧迫されるあなたのために冤罪をすすぎ、仇をうつだろうと思っている。あなたの罪は少ないのか。天下に苦しみを受けている人はあなた一人だけなのか。あなたが自分でサタンの支配下に陥って苦しみを受けているのに、神があなたのために冤罪をすすがなければならないのか。神の要求を満足させることができない人はみな神の敵ではないか。神が受肉したことを信じない人はみな反キリストではないか。あなたのよい行為は何になるのか。あなたの神を礼拝する心に取って代わることができるのか。あなたがよいことを少しすれば神の祝福を受けることができるのではなく、あなたが侮られ、圧迫されれば、十分に神に、あなたのために冤罪をすすぎ、仇をうつことを求めることができるのではない。神を信じるのに神を知らないで善を行う人はみな刑罰を受けたのではないか。あなたはただ神を信じるだけであり、ただ神があなたのために冤罪をすすぎ、仇をうってくれ、神があなたを苦境から抜け出させてくれることを求めるだけである。しかしあなたは真理を相手にせず、また真理を生かし出すことを渇望せず、なおさらこの苦難の、むなしい人生から抜け出すことができず、むしろ肉体の中、罪の中に生きていて、神があなたのために冤罪をすすぎ、迷霧を払うことを待ち望んでいる。これはあり得ることか。あなたに真理があれば神に従うことができ、あなたに生かし出しがあれば神の言葉の表現になることができ、あなたに命があれば神の祝福を享受することができ、真理のある人は神の祝福を享受することができる。神は、ひたむきに彼を愛し、苦難にあえぐ人たちのために冤罪をすすぐのであり、もっぱら自分を愛してサタンに欺かれる人たちのために冤罪をすすぐのではない。真理を愛さない人は善があるのか。もっぱら肉体を愛する人は義があるのか。義、善はみな真理を指して言っているのではないか。みなひたむきに神を愛する人のために用意されているのではないか。真理を愛さず、死体の腐りきった人はみな悪を持っているのではないか。真理を生かし出すことができない人はみな真理の敵ではないか。あなたたちはまたどうだろう。

あなたがこれらの暗やみの支配から逃れ、それらの汚れたものを脱ぎ捨てることができ、きよくなることができれば、あなたは真理を得たのである。それはあなたの本性が変わったのではなく、ただあなたが真理を実行することができ、肉体を裏切ることができるようになっただけである。これはきよめられた人が具備できるものである。征服の仕事をする主な目的は人をきよめて、人に真理を得させるためである。それは人の持っている真理が少なすぎるからである!この人たちの身に征服の仕事をするのは、一番意義深いのである。あなたたちはみな暗やみの支配下に陥り、しかも極めて深く被害された。この仕事をする目的は、あなたたちが人の本性を認識して、それによって真理を生かし出すためである。完全にされることは、あらゆる被造物が受け入れるべきことである。もしこの段階では完全にする仕事だけするなら、イギリスでしてもよく、アメリカでしてもよく、イスラエルでしてもよく、どの国の人の身にしてもいい。しかし征服の仕事をするのなら、選択をしなければならない。征服の仕事の中の最初の仕事は短期間の仕事であり、しかもこれによってサタンを辱め、全宇宙を征服するのである。これは第一段階の征服の仕事である。神を信じるすべての被造物はみな完全にされることができる、と言ってもいい。なぜなら、人が完全にされることは長期にわたって神に変えられた後、到達できるからである。しかし征服されることはそれと異なり、征服される者の標本、パターンは必ずいちばん後れており、いちばん暗黒なところに生きている人、いちばん卑しく、いちばん神を認めない人、いちばん神に背く人でなければならない。このような人だけが、神に征服される証しをすることができる。征服の仕事をするのは主にサタンを打ち負かすためであるが、人を完全にするのは人を得るためである。人が征服された後、証しをすることができるように、征服の仕事をこの所で行い、あなたたちの身に行ったのである。これは、あなたたちが征服された後、証しをすることができるためであり、神は征服された人によって、サタンを辱める目的を達成するのである。征服の主な方式は何であるか。罰し、裁き、呪い、明らかにすることであり、義なる性質で人を征服し、それによって人に口先だけではなく心から承服させるのであり、人にみな神の義なる性質によって口先だけではなく心から承服させるのである。人が言葉の実際、言葉の権威によって征服され、口先だけではなく心から承服するようになる、これが征服されたということである。完全にされた人は、征服された後、神に従うことができるだけではなく、認識があり、性質の変化を得、神に対して一定の認識を持ち、神を愛する道を経験し、真理に満ちており、どのように神の働きを経験するか分かり、神のために苦しみを受けることができ、自分の志がある。完全にされた人は、真理を経験することによって真理に対して実際の認識を持った人であり、征服された人は、真理は知っているが真理の真意を悟っていない人である。征服された後、人は従順になるが、これは裁きによってもたらされた効果である。多くの真理の真意は人が全然分からず、口では認めるが、真理に進入しておらず、真理を理解しただけで、真理に対する経験がない。完全にされる人に対してする仕事には、刑罰もあれば、裁きもあり、しかも命の供給が伴っている。真理に進入するのを重んじる人は完全にされる人であり、完全にされる人と征服される人との違いは、真理への進入があるかどうかにある。真理が分かり、真理に進入し、真理を生かし出す人は完全にされる人である。真理が分からない人、真理に進入しない人、すなわち真理を生かし出していない人は、完全にされることができない人である。このような人が今、完全に従うことができれば征服される人になる。もし征服された人が真理を求めず、つき従っているが真理を生かし出しておらず、真理を見、真理を聞いただけで、真理を生かし出すことを重んじないと、完全にされることができない。完全にされる人は、完全にされる道にしたがって真理を実行するのであり、つまり完全にされる道における真理を実行するのであり、それによって神の心を満足させ、完全にされるに至るのである。征服の仕事が終わる前、最後までつき従う人たちはみな征服される対象であるが、完全にされる対象だとは言えない。完全にされる人は、征服の仕事が終わった後、真理を追い求め、神に得られることができる人であり、征服の仕事が終わった後、患難の中で立っていられ、真理を生かし出す人である。征服される人と完全にされる人は仕事の段取りによって、真理を固守する程度によって区分されるのであり、完全にされる道についていない人、すなわち真理のない人は最後には淘汰されるに決まっている。真理のある人、真理を生かし出す人こそ、完全に得られることができる。つまり、ペテロの姿を生かし出す人はみな完全にされる人であり、ほかはみな征服される人である。征服されるあらゆる人の身にする仕事は、呪い、刑罰、激しい怒りであり、この人たちの身に臨むのは義、呪いである。このような人の身に働くのは、遠慮なくさらけ出すのであり、彼のうちの堕落した性質をさらけ出すことによって彼が自分でそれを認識し、そして口先だけではなく心から承服するようにする。人が完全に従うようになったら、征服の仕事は終わるのである。多数の人がやはり真理を悟ることを追い求めないとしても、征服の仕事はすでに終わっている。

完全にされるには条件を備えなければならない。あなたの志、あなたの根気、あなたの良心によって、あなたの追求によって、命における経験を得、神の心を満足させる、このことはあなた自身の進入であり、完全にされる道で要求されることである。完全にする仕事はあらゆる人に対してすることができる。神を追い求める人はだれでも完全にされることができ、だれでも完全にされる機会、条件があり、これは決して定められていない。完全にされることができるかどうかは人の追求次第である。真理を愛する人、真理を生かし出すことができる人は必ず完全にされることができる。真理を愛さない人、神に良しとされていない人は、神の要求する命を持っていない人であり、つまり完全にされることができない人である。完全にする仕事はただ人を得るためであって、サタンと戦う一段階の仕事ではない。征服する仕事はただサタンと戦うためであり、つまり人を征服することによってサタンを打ち負かすのであり、これは主要な仕事であり、世々に渡ってしたことのない最も新しい仕事である。この段階の仕事の目的は主にあらゆる人を征服し、サタンを打ち負かすためだ、と言ってもいい。人を完全にする仕事は新しい仕事ではなく、神が肉体の中で働いている間のすべての仕事は主に征服するためである。例えば、恵みの時代に、十字架につけられて全人類を贖うことが主な仕事であり、「人を得る」ことは肉体の職分以外の仕事であり、十字架につけられた後にした仕事であった。イエスが来て働いたのは、主に十字架につけられることによって死の陰の束縛に打ち勝ち、サタンの権勢に打ち勝つため、すなわちサタンを打ち負かすためであった。ペテロはイエスが十字架につけられた後、完全にされる道を一歩一歩と歩むようになった。もちろん、イエスが働いていた間、彼も追随者の一員であった。しかし、彼はイエスが働いていた時完全にされたのではなく、イエスが仕事をやり遂げた後、次第に真理を悟って完全にされたのである。神が受肉して地上に来たのは、ただ短期間に一段階の肝心で重要な仕事をやり遂げるためであり、彼は長期間人と一緒に地上に住みながら、わざわざ人を完全にするのではなく、彼はこの仕事をしない。彼は人が徹底的に完全にされてから彼の仕事を完成させるのではない。これは彼が受肉した目的、意義ではない。彼が来たのはただ短期間の人を救う仕事をするためであり、人を完全にする長期間にわたる仕事をするためではない。人を救う仕事は代表性を持つのであって、新しい時代を展開させることができ、それは短期間に終わらせることができる。だが、人を完全にするには、人を十分な程度まで完全にしなければならないから、それは長期にわたる仕事である。この仕事は、神の霊がしなければならないが、肉体の中で働いている間に言った真理を基礎とするのであり、或いはほかに使徒を起こして長期にわたる牧養の仕事をして、人を完全にするという目的を達成するのである。神は受肉してこの仕事をしない。彼はただ命の道を語って人に分からせ、人に真理を供給するだけで、ずっと人を伴って真理を実行するのではない、これは彼の職分内の仕事ではない。だから、彼は人が完全に真理を悟り、完全に真理を得る日まで人を伴うのではない。人が正式に命の真理の正しい軌道に乗る時、人が完全にされる正しい軌道に乗る時は、肉体における彼の仕事が終わる時であり、もちろん、彼が徹底的にサタンを打ち負かし、世に打ち勝つ時でもある。彼は人がその時、真理に入ったかどうかをかまわず、また人の命が成長したかどうかをかまわない。それらは彼の肉体がかまうべきことではなく、受肉した神の職分内の仕事ではない。彼は彼のすべき仕事をやり遂げてから、肉体における仕事を終わらせるのである。だから、神の言がなった肉体がする仕事は、ただ神の霊が直接することができない仕事、しかも短期間の救いの仕事であって、長期間の地上での仕事ではない。

あなたたちの素質を高めることはわたしの働きの範囲に属さない。あなたたちにこのように要求するのは、あなたたちの素質があまりにも劣っているからである。実は、これは完全にする仕事の範囲に属さず、これはあなたたちに対して行う付加の仕事である。今日あなたたちに対して行う仕事はあなたたちの必要に応じてするのであり、一人一人の状況に応じて適切な仕事をするのであり、それはすべての完全にされる人が進入すべき道ではない。あなたたちの素質が以前のいかなる完全にされた人の素質よりも劣っているので、この仕事をあなたたちの身にするのは、非常に大きな障害を受けるのであり、完全にしようとする対象が異なるので、あなたたちの間でいくらかの付加の仕事をするのである。もともと、神が地上に来たのは分に安んじて自分のすべき仕事をするためである。彼は余計な世話をやかず、人の家事、人の生活に参与せず、これらの取るに足りないささいなことは全然かまわず、それは彼の職分内の仕事ではない。しかし、あなたたちの素質はわたしの要求する素質とは大きな隔たりがあり、まったく比べられなくて、仕事にきわめて大きな障害をもたらした。しかも、この仕事は必ず中国この地の人の間でしなければならないが、あなたたちの教養があまりにも低いから、やむを得ずあなたたちに読み書きを学ぶよう要求するのである。わたしは以前あなたたちにこう教えた。これは付加の仕事であるが、あなたたちが到達しなければならず、これはあなたたちが完全にされるのに役立つのである。実は、あなたたちの教養、人としての常識、生活の常識はあなたたちがもとより備えるべきものであり、もともとわたしが要求すべきものではないが、しかしこれらさえあなたたちは備えていない。そのため、私は後から加える仕事をするしかない。あなたたちがわたしに対していろいろな観念を持っているにもかかわらず、わたしはやはりあなたたちに素質を高めなさいという要求を出した。わたしはわざわざこの仕事をするために来たのではない。なぜなら、わたしの仕事はあなたたちを征服することであり、裁きであなたたちに口先だけではなく心から承服するようにし、これによってあなたたちに進入すべき命の道を指し示すことだからである。こう言ってもいいが、言葉であなたたちを征服するためでなければ、あなたたちの教養が高いかどうか、生活上見識があるかどうかはわたしと全然関係がなく、このすべては、征服の仕事の効果のために、また今後人を完全にするために付加的に行ったのである。しかしそれは征服の仕事の段階の一つではない。今、あなたたちは素質が劣っており、また怠け、だらけており、愚かで、鈍く、鈍感で、ばかげていて、あまりにも不正常であるから、あなたたちにまず素質を高めるよう私は要求するのである。完全にされるには条件を備えなければならない。人が完全にされようと思うなら、冷静な思い、意義のある人生を生かし出そうという願望を持たなければならない。もしあなたが空しく生きたがらない人であり、真理を追い求める人であり、何をしても真剣な人であり、人間性がとても正常な人であるなら、あなたは完全にされる条件を備えたのである。

あなたたちの間でしたこれらの仕事は、仕事の必要によってあなたたちの身にしたのである。これらの人を征服した後、一団の人を完全にする。だから、今の多くの仕事はあなたたちを完全にするために用意されているのでもある。なぜなら、真理を渇仰する多くの人は完全にされることができるからである。もしあなたたちの身に一段階の征服の仕事をするだけで、以後働かないなら、真理を渇仰する一部の人たちを得られないのではないか。今の仕事は今後人を完全にするために道を切り開くのである。わたしのする仕事はただ征服することであるけれども、わたしの言った命の道はやはり今後人を完全にするために用意しておくものである。征服した後、仕事の中心は人を完全にすることであり、征服するのは完全にするために基礎を築くのでもある。人は征服された後こそ完全にされることができる。今は主に人を征服するのであり、今後は真理を求め、渇仰する人たちを完全にする。完全にされることは積極的な面における人の進入にかかわる:あなたは神に対する愛があるのか。あなたがこの道を歩んで、どの程度まで経験したのか。神に対するあなたの愛の純潔さはどの程度まで達したのか。真理をどれほど正確に実行することができるか。完全にされるには、各方面の人間性の常識を具備しなければならず、これは基本的な条件である。征服された後、完全にされることができない者は効力品であり、最後にはやはり硫黄と火の池に投げ込まれ、底知れぬ深みの穴に投げ込まれるのである。なぜなら、あなたの性質が変化していなくて、あなたがやはりサタンに属するものだからである。もし人が完全にされる条件を備えなければ、使用価値がないのであり、ろくでなしであり、道具であり、火の試練に耐えられない!今、神に対するあなたの愛はどれほどあるか。どれほど自分を恨んでいるのか。どの程度までサタンを認識したのか。あなたたちの志は強くなったのか。人性の生活は規則正しいのか。生活に変化が起こったのか。新しい生活があるのか。あなたの人生観は変わったのか。もしこれらが変わっていないなら、たとえあなたが退かなくても、完全にされることができず、あなたはただ征服されただけである。あなたがテストされる時、真理も具備しておらず、正常な人間性も持っておらず、畜生のように卑しいのであるなら、あなたはただ征服されたのであり、ただわたしに征服される対象である。人が飼っているロバのように、飼い主に鞭打たれた後、飼い主を見ると怖がり、敢えて発作を起こさない、あなたはこの征服された後のロバである。もし人が積極的な面のものがなく、ただ消極的で怖がり、何事をするにも引っ込み思案であり、どんなことをも見極められず、真理を理解することもできず、やはり実行の道がなく、なおさら神に対する愛がなく、どのように神を愛し、意義のある人生を生かし出すか、どのように真の人になるか、これらは一切分からないなら、このような人はどうして神について証しすることができるだろうか。これは、あなたが生きていても何の価値もなく、ただ一匹の征服されたロバであることを証明する。あなたが征服されたことは、あなたがもう大赤竜を裏切り、あなたがそれの支配下に服従しようとせず、あなたが神の存在を信じ、何の恨み言もなしに、神のすべての按配に従おうとするということだけを意味している。積極的な面では、あなたは神の言葉を生かし出すことができるのか、神を表現することができるのか。もしこれらができなければ、これはあなたが神に得られておらず、あなたがただ一匹の征服されたロバであることを証明する。あなたは何の取り柄もなく、聖霊の働きがなく、人間性の面で欠けているものが多すぎて、神に使われることができない。あなたは神に良しと認められ、異邦の畜生、生ける屍より百倍勝るに至らなければならない。この程度に達した人こそ、神に完全にされる資格がある。人間性があり、良心があってこそ、神の使用に適するのである。あなたたちが完全にされた時こそ、真の人だと言える。完全にされた人こそが意義のある人生を生かし出すことができる人であり、このような人こそ神についてさらに高らかな証しをすることができる。