「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

呼び名と身分について

神に用いられる者になろうと思うなら、神の働きに対して認識を持たなければならず、神の以前の働き(旧約、新約)に対しても認識を持たなければならず、さらに今日の働きに対して認識を持たなければならない。つまり、六千年の三段階の仕事のすべてに対して認識を持たなければならない。あなたに福音を宣べ伝えさせても、あなたが神の働きに対して認識を持たなければ、宣べ伝えることができない。彼らはあなたに尋ねるだろう。「聖書はどういうことか、旧約はどういうことか、イエスが当時した仕事、言った言葉はどういうことか、あなたたちの神は言わなかったのか。彼(神)がもし聖書の内幕を語り出せないなら、彼は神ではなく、彼が語り出せれば、わたしたちは信服する。」当時、イエスも彼の弟子たちに対して旧約についてたくさん語っり、彼らが読んだのはみな旧約であった。イエスが十字架につけられて数十年後、人は新約聖書を書きあげた。あなたたちが福音を宣べ伝えようとするなら、主に聖書の内幕と神がイスラエルでした仕事、すなわちヤーウェがした仕事を把握しなければならず、イエスのした仕事についても理解しなければならない。これはみなあらゆる人がいちばん関心を持つ問題であり、この二段階の働きはみな彼らに欠けているものである。福音を宣べ伝える時、まず今の聖霊の働きを語らないほうがいい。この段階の仕事は彼らが理解することができない。なぜなら、あなたたちが追い求めるのはいちばん高いものであり、つまり神を知り、聖霊の働きを知ることであり、この二つの方面のほかに、もっと高いものがないからである。もしあなたがまず高いものを語れば、彼は理解することができない。なぜなら、だれもこのような聖霊の働きを経験したことがなく、このような働きは歴史に前例がないのであり、人が安易には受け入れられないものだからである。彼らが経験しているのはみな以前の古いものであり、たまには少しばかりの聖霊の働きがあるが、彼らが経験しているのは聖霊の現在の働きではなく、神の現在の心意でもなく、彼らはやはりそれらの古い実行のし方によって実行しているのであり、新しい光、新しいものが少しもない。

イエスの時代に、聖霊は主にイエスの身に働いたのである。神殿の中で祭司服を着てヤーウェに仕えた人たち、彼らは真心をこめて忠実にヤーウェに仕えていたのであり、聖霊の働きもあったが、神の即時的な心意を探ることができず、ただ以前の古い実行のし方によってヤーウェに忠誠を尽くしていただけで、彼らには新しい導きがなかった。イエスが来た時、新しい仕事をもたらした。神殿の中の人たち、彼らには新しい導き、新しい仕事がなくて、神殿の中での奉仕は以前のそれらの古い実行のし方を維持することしかできなかった。彼らが神殿から出なければ、絶対に新しい進入があり得なかった。新しい仕事はイエスがもたらしたのであり、しかもイエスは神殿に入って働かず、ただ神殿外で働いただけである。なぜなら、神の働きの範囲はすでに変わり、神はもう神殿の中で働かなかったからである。人が神殿の中で仕えれば、現状を維持することしかできず、新しい仕事をもたらすことができない。同様に、今日の宗教界の人々も聖書を崇拝していて、もしあなたが彼らに福音を宣べ伝えたら、彼らはあなたと聖書について議論する。彼らが聖書について話す時、あなたがあっけにとられて、何も語り出せないなら、あなたたちがわけも分からずに神を信じているのだ、と彼らは思うだろう。聖書――「神の言葉」さえもあなたが知らないのに、神を信じるなんて言えるのか。彼らがまたあなたを見下げて言うだろう。「あなたたちが信じているのが神であるなら、彼はどうしてあなたたちと、旧約はどういうことか、新約はどういうことかを交わらなかったのか。彼が栄光をイスラエルから東の方にもたらしたのに、彼はどうしてイスラエルでした仕事を知らないのか、どうしてイエスのした仕事を知らないのか。あなたたちが知らないなら、彼があなたたちに教えていないということだ。彼はもう一度受肉したイエスであるのに、どうしてこれらを知らないのか。イエスはヤーウェのした仕事を知っていたのに、彼はどうして知らないのか。」その時になると、彼らはみなあなたにこれらを尋ねるはずである。彼らの頭の中にあるのはこれらばかりであるのに、これらの問題を尋ねないことがあろうか。この道の流れの中の人は今はもう聖書を重んじない。なぜなら、神の今日のこの一歩一歩の仕事にあなたたちはみなついて来たし、この一歩一歩の仕事をあなたたちはみな自分の目で見、すでに三段階の仕事をはっきり知ったからである。だから、あなたたちはやむを得ずそれを手放して、もう研究しなくなった。しかし、彼らは研究しないはずがない。彼らはこの一歩一歩の働きを知らないからである。ある人は尋ねるだろう。「受肉した神のする仕事は、以前のそれらの預言者、使徒たちがした仕事とどんな区別があるのか。ダビデも主と呼ばれ、イエスも主と呼ばれ、彼らのした仕事は同じでないけれども、呼び名は同じである。それなのに、どうして彼らの身分は同じではないのか。ヨハネが見たのは幻であり、それも聖霊から出たのであり、彼は聖霊が言おうとする言葉を語り出すことができたのに、なぜヨハネの身分はイエスの身分と異なるのか。」イエスの言った言葉は完全に神を代表することができ、彼は完全に神を代表して働いていたのである。ヨハネが見たのは幻であり、彼は完全に神を代表して働くことができなかった。ヨハネ、ペテロ、パウロがたくさんの言葉を言い、イエスの言った言葉もとても多いのに、どうして彼らの身分は違うのか。それは主に彼らのした仕事が異なるからである。イエスが代表したのは神の霊であり、神の霊が直接働いたのであり、しかも彼が新しい時代の仕事、だれもしたことのない仕事をしたのである。彼は新しい道を開き、彼が代表したのはヤーウェ、神自身であった。しかし、ペテロやパウロやダビデは何と呼ばれても、ただ被造物を代表し、或いはイエスまたはヤーウェに遣わされた者を代表しただけである。だから、彼らのした仕事がいくら多くても、行った力ある業がいくら大きくても、ただ一人の被造物であり、神の霊を代表することはできない。彼らは神の名によって、或いは神に遣わされて働いたのであり、しかもイエスまたはヤーウェが開いた時代の中で働いたのであり、ほかの仕事をしたのではない。何といっても彼らはただ一人の被造物にすぎなかったからである。旧約で多くの預言者が預言を語り、預言書を書いたが、彼らが神であると言った人はいなかった。しかし、イエスがやってくると、彼が言葉を言う前に、神の霊は彼が神であると証しした。これはどうしてであるか、今あなたは知っただろう。以前それらの使徒、預言者はいろいろな手紙を書き、多くの預言を語ったが、後人はその中の一部分だけを選んで聖書に収めたのであり、もう一部分はとうになくなった。ある人が彼らの言ったことは完全に聖霊から出たのだと言うなら、どうしてよいものもあればよくないものもあるのか、どうして選ばれたものもあれば選ばれなかったものもあるのか。本当に聖霊の言葉であるなら、人に選ばれる必要があるのか。どうして四福音書に記されたイエスの言葉、仕事はそれぞれ異なるのか。これは記した人が間違いが起こったのではないか。ある人は尋ねるだろう。「パウロ或いは新約のほかの作者が書いた手紙、した仕事の中に人間の意志から出たものがあり、人の観念が混じり合っているなら、あなた(神)が今日言った言葉の中には人による混ざりけが少しもないのか、人の観念が少しもないのか。」神がこの段階でした仕事はパウロと使徒たち、預言者たちがした仕事と全く異なる。それは彼らの身分が異なるためだけではなく、主に彼らのした仕事が同じではないためである。パウロは撃たれて主の前にひれ伏した後、聖霊の導きの下で働いた人であり、彼は遣わされた人である。だから、彼は諸教会に手紙を書いたのであり、これらの手紙はみなイエスの教えに続くものであった。彼は主イエスの名によって、主に遣わされて働いたのである。しかし、神自身が来たら、だれかの名によって働くのではなく、ただ神の霊を代表して働くのである。神が来たら、人に完全にされることなしに直接働くのであり、だれかの教えに基づいて働くのではない。この段階の仕事の中で、神は個人の経験を語ることによって導くのではなく、直接彼の所有によって働くのである。例えば、奉仕者、刑罰の時代、死、神を愛することなどの仕事をしたが、これらはみな以前したことのない仕事であり、みなこの時代の仕事であって、人の経験によるものではない。わたしの言葉の中でどの言葉が人の経験によるものであるか。みな直接霊から出たもの、霊の発表ではないか。ただあなたの素質がとても劣っていてこれを見極められないだけだ!わたしの語った実際の命の道は、道を導くものであり、以前だれも語ったことのないものであり、これ以前にだれもこの道を経験したことがなく、まただれもこの実際を知らなかった。わたしがこれらの言葉を言う前に、これらの言葉を語り出した人はおらず、これらの経験を語った人はおらず、これらの詳細を語った人もおらず、これらの状態を指摘してこれらのものをさらけ出した人はなおさらいない。今日わたしが導いたこれらの道は前人が導いたことのない道である。もし人から出たのなら、さらに新しい道はあり得ない。たとえば、パウロやペテロはイエスが道を導く前に彼ら個人の経験がなかった。イエスがこの道を導いた後、彼らは初めてイエスの言った言葉、導いた道の基礎の上に立って経験し、したがってたくさんの経験を得て、それらの手紙を書いた。だから、人の経験は神の働きと同じではなく、神の働きは人の観念、人の経験によって語り出された認識と同じではない。わたしは一再ならず言っているが、今、わたしは新しい道を導き、新しい仕事をするのであり、わたしの言葉はヨハネと諸預言者たちの言葉と違い、わたしのすることも彼らのすることと違う。わたしは経験してからあなたたちに語るのではない。全くそのようではない。もしそのようにするなら、とっくにあなたたちの前途を台無しにしたのではないか。以前多くの人が語り出した認識もとても高いが、彼らの言ったことはみないわゆる霊的な人たちの認識に基づいて語り出したのであり、それは道を導くものではなく、人の経験、人の悟り、人の認識によるものであり、その中の一部は人の観念であり、あるものは人がまとめた経験である。今、わたしの働きの性質は彼らのと全く異なる。わたしはほかの人に導かれたことがなく、ほかの人に完全にされたこともない。しかもわたしの語ったもの、交わったものはすべての人と異なり、それはいままでだれも言ったことのないものである。今日あなたたちはだれでもわたしの語り出した言葉に基づいて働くのである。もしこれらの言葉、働きがなければ、だれがこれら(奉仕者、刑罰の時代……)を経験することができるだろうか、だれが認識を語り出すことができるだろうか。これらをあなたはまだ見極めることができないのか。どの段階の仕事の中でも、わたしが言葉を語り出したら、あなたたちはわたしの言葉に基づいて交わり始め、みなわたしが言った言葉にしたがって働くのであり、それはあなたたちのうちのだれかが考え出した道ではない。今日まで歩んできたのに、あなたはまだこんなに簡単明瞭な問題を見極めることができないのか。それはだれかが考え出した道ではなく、ある霊的な人のものの基礎の上に築かれているのでもなく、新たな道を切り開くのであり、イエスが言ったたくさんの時代遅れの言葉さえ廃止された。わたしの言う言葉はすべて天地を開闢するような仕事であり、別に家業を起こすのであり、わたしのする仕事、言う言葉はすべて新しいのである。これは今日の新しい働きではないか。イエスが当時働いたのもこのようであり、彼がしたことは神殿の中の人がしたのとは異なり、パリサイ人がしたのとも異なり、イスラエルの民全体がしたのとも異なった。だから、人は見た後、「それは神から出たのだろうか」と思って、敢えて確定しなかった。イエスはヤーウェの律法を守らず、彼が来た時、人に教えたのはすべて新しいものであり、それは旧約の昔の聖なる預言者たちが言ったのとは異なった。これらのために人は確定できなくなった。これはみな人の難点である。この段階の新しい働きを受け入れる前に、あなたたちのうちの多くの人が歩んだ道はみな、以前の霊的な人たちのものの基礎の上に立って実行し、進入したのである。しかし、今日わたしがする仕事はそれとは大いに違っている。だから、あなたたちは正しいかどうか確定することができなくなった。あなたが以前歩んだ道はどんな道であっても、あなたが以前だれのご飯を食べたとしても、或いはだれを「父」と認めたとしても、わたしが来て新しい仕事をして人を導く以上、わたしにつき従う者はみなわたしが言ったとおりに行なわなければならない。あなたがどの等級の「権門の子」であっても、あなたはわたしについて来なければならず、あなたの以前の実行のし方によって実行してはならない。あなたの「義父」は退位すべきであり、あなたはあなたの神の前に出てあなたの得るべき分を求めるべきである!あなたのすべてはわたしの手にあるから、あなたはあなたの「義父」をそんなに盲信しないほうがいい。彼はあなたを完全に掌握することができない。今日する仕事はすべて別に家業を立てるのであり、今日語るのは明らかに前のものの基礎の上に築かれているのではなく、新たに始めたのである。もしあなたがそれはすべて人が打ち立てたのだと言うなら、あなたは救えないほど盲目な人である!

イザヤ、エゼキエル、モーセ、ダビデ、アブラハム、ダニエルこの人たちはイスラエルの選民の中のリーダーまたは預言者であった。なぜ彼らは神と呼ばれなかったのか、聖霊はどうして彼らを証ししなかったのか。どうしてイエスが働き、話すと聖霊は彼を証ししたのか。どうしてほかの人を証ししなかったのか。同じく人であり、肉体であり、みな主と呼ばれていた。彼らがどのように呼ばれても、彼らの働きは彼らの所是と彼らの本質を代表し、彼らの所是、彼らの本質は彼らの身分を代表する。呼び名は彼らの本質と関係がない。彼らが発表し、生かし出したものが彼らの本質を代表するのである。ある人が「主」と呼ばれることは、旧約の中ではごく普通のことで、どのように呼んでもいい。しかし、彼らの本質と本来の身分は永遠に変わることがない。それらの偽キリスト、偽預言者、人を惑わす者たちの間にも、神と呼ばれる人がいるのではないか。どうして彼らは神ではないのか。彼らは神の仕事をすることができず、彼らはもともと人であり、人を惑わす者であり、もともと神ではないからである。だから、彼らは神の身分がない。ダビデも十二部族の中で主と呼ばれたのではないか。イエスも主と呼ばれた。どうしてイエスだけが神の言がなった肉体と呼ばれたのか。エレミヤも「人の子」と呼ばれたのではないか。イエスも「人の子」と呼ばれたのではないか。どうしてイエスは神を代表して「十字架につけられる」ことができただろうか。それは彼らの「本質」が異なるためではないか。彼らのした仕事が異なるためではないか。ただ一つの呼び名がそんなに大切であるのか。イエスも「人の子」と呼ばれたが、彼は神の初めての受肉であり、政権を担当し、贖いの仕事をやり遂げるために来たのである。この点だけでも、イエスの身分、本質が同様に「人の子」と呼ばれる人と異なることが証明される。今日、あなたたちのだれが敢えて聖霊に使われる人の言った言葉はみな聖霊から出たのだと言うのか。だれが敢えてこのように言うのか。もしあなたがこのように言うなら、なぜエズラの預言書は取り去られたのか、なぜ昔の聖なる預言者たちが書いた書物もみな取り去られたのか。それらはみな聖霊から出たものであるなら、なぜあなたたちは敢えて随意に選ぶのか。あなたは聖霊の働きを選ぶ資格があるのか。イスラエルの中でのほかの多くの物語も彼らに取り去られた。もしあなたが昔記されたそれらの書はみな聖霊から出たのだと思うなら、なぜ一部分の書は取り去られたのか。それらが全部聖霊から出たものであるなら、みな残しておいて、諸教会の兄弟姉妹たちに配って見せるべきであり、人間の意志によって随意に取り去ったり選んだりしてはならない。これこそ正しいやり方である。パウロ、ヨハネこの人たちの経験の中に個人の認識が混じっているというのは、彼らの経験と認識がサタンから出たのだということではなく、ただ彼らには個人の経験と個人の認識によるものがあるということである。彼らは当時の現実の経験と背景によって認識したのに、だれが敢えて自信をもってそれらは完全に聖霊から出たものだと言うのか。もし四福音書が完全に聖霊から出たのなら、なぜマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ彼ら四人が当時のイエスのした仕事について語ったことはみな違っているのか。信じないなら、あなたたちは、ペテロが三度主を否認するということについての聖書の中の記録を見てみなさい。彼らが書いたのはみな違っているのであり、それぞれ「特色」がある。見識のない多くの人はこう言う。「言葉が肉体となった神も人だから、彼の言った言葉は完全に聖霊から出たのだろうか。彼がパウロ、ヨハネの言葉に人間の意志が混じっていると言うなら、まさか彼の言葉には人間の意志が混じっていないのか。」この言葉を言う人はみな盲目であり、見識のない者だ!あなたたちが四福音書をよく読んでみなさい。イエスのやり遂げたこと、言った言葉についての彼らの記録は、全く人によってそれぞれ違い、それぞれの認識がある。もし書を書いた人が書いたものが完全に聖霊から出たのなら、同じであるはずであり、一致するはずなのに、どうして異なるところがあるのか。もし人がこれらを見極められなければ、あまりにも愚かではないか。あなたに神について証しさせれば、あなたはどのように証しするのか!あなたのこのような認識では、神について証しすることができるのか。もしほかの人があなたに、「あなたがヨハネ、ルカ彼らの記録に人間の意志が混じっていると言うなら、あなたたちの神が言った言葉には人間の意志が混じっていないのか」と尋ねたら、あなたははっきり解釈することができるか。ルカ、マタイ彼らはイエスの言った言葉を聞き、イエスのした仕事を見た後、個人の認識を語り出し、回想録を書くように、いくらかのイエスの働きの事実を記した。それでは、あなたは彼らの認識が完全に聖霊の啓示に属すると言えるのか。聖書以外にも、多くの霊的な人の認識は彼らのより高いのに、どうして後人に採択されなかったのか。彼らも聖霊に使われる者ではないか。あなたはこのことを知っておきなさい。今日の仕事は、イエスの言葉に基づいてわたし自身の認識を語るのではなく、イエスの仕事の背景に基づいてわたしの認識を語るのでもない。イエスはその時どんな仕事をしたのか、今日わたしはどんな仕事をするのか。わたしのすること、言うことはみないまだかつてないものである。今日人が歩んでいる道はみな前人が歩んだことのない道であり、歴代の人々が歩んだことのない道であり、今日開かれた道である。これはみな霊の働きではないか。以前のリーダーたちは、聖霊の働きがあったけれども、みなほかの人のものに基づいて働いたのである。しかし、神自身の働きはそれと異なる。イエスのその段階の仕事もこのようであり、 彼は自分で新しい道を開いたのである。彼は来た後、天国の福音を語り、人が悔い改め、罪を告白すべきだと言った。イエスが仕事をし終えた後、ペテロ、パウロ彼らはイエスの仕事を継続して働き始めた。イエスが十字架につけられて天に上った後、彼らはその霊に遣わされて十字架の道を宣べ伝え始めた。パウロの語ったものがとても高くても、イエスの言葉に基づいて語ったのである。たとえば、忍耐、愛、受苦または頭を覆うこと、洗礼を受けること、或いはほかの守るべき規定などなど、これらはみなイエスの言葉に基づいて語ったのである。彼らは新しい道を開くことができなかった。彼らはみな神に使われた人だったからである。

あの時、イエスは言葉を言い、働く時、規定を守らなかったし、彼は聖書の旧約の律法の仕事にしたがって働いたのではなく、恵みの時代のすべき仕事にしたがって働いたのであり、彼は自分がもたらした仕事にしたがって働き、彼自身の計画にしたがって働き、彼の職分にしたがって働いたのであって、旧約の律法にしたがって働いたのではない。彼はどのことをしても旧約の律法にしたがってしたのではなく、彼は預言者の言葉を実現するために働いたのではない。どの段階の仕事の中でも、神がわざわざ古い預言者の預言を実現するために来たのではなく、神が来たのは規定を守り、或いはわざわざ古い預言者の預言を成就するためではない。しかし、彼のする仕事は古い預言者の預言を妨げず、彼の以前の仕事をもかき乱さず、彼の働きの際立った特徴はいかなる規定をも守らず、彼自身のすべき仕事をすることである。彼は預言者ではなく、預言家でもなくて、「 行動家」であり、実際に彼のすべき仕事をし、彼の新しい紀元を切り開き、彼の新しい仕事を展開する。もちろん、イエスが来て仕事をした時も、旧約の古い預言者が言った言葉を少なからず実現し、神が今する仕事も旧約の古い預言者の預言を成就したが、ただ今日あなたたちとその「古い暦」をめくらないだけである。なぜなら、わたしがもっと多くの仕事をしなければならず、もっと多くの言葉をあなたたちに言わなければならないからである。これらの仕事、これらの言葉はそれらの聖書の章節を解釈することよりもずっと重要である。というのは、その仕事はあなたたちにとってあまり意義がなく、あまり価値がなく、あなたたちを助け、あなたたちを変えることができないからである。わたしが新しい仕事をするのは、聖書の中のどれかの章節を実現するためではない。もし神が地上に来て働くのは、ただ聖書の中の古い預言者の言葉を実現するためであるなら、言葉が肉体となった神が偉大なのか、それとも古い預言者が偉大なのか。いったい古い預言者が神を支配するのか、それとも神が古い預言者を支配するのか。この言葉をあなたはどう解釈するのか。

当時、イエスは正式に職分を尽くす前に、彼につき従う弟子たちと同じように、ときどき神殿の中で集会に参加し、歌い、賛美し、旧約聖書を読んだ。彼が洗礼を受けて水の中から上がった後、霊は正式に「彼の上に降って」働き始め、彼の身分と彼の尽くすべき職分を明らかにした。この前には、マリア以外に、だれも彼の身分を知らなかった、ヨハネも知らなかった。彼が洗礼を受けた時は二十九才であった。彼が洗礼を受けた後、天が開けて、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者」という声が天から聞こえた。彼が洗礼を受けた後、聖霊はこのように彼を証しし始めた。洗礼を受ける二十九才前に、彼はずっと正常な人の生活を送っていて、食事をすべき時は食事をし、普通の人と同じように寝、服を着、ほかの人と異なるところが少しもなかった。もちろんこれは人の肉眼で見ればそうだったのである。彼は時には弱くなることがあり、時にはある事を見極められないこともあった。それは聖書に「彼の年と彼の聡明と知恵とは共に増した」と書かれているとおりである。この言葉は、彼は一人の普通で正常な人性を持っている人であり、正常な人とは特殊な区別がなく、彼も正常な人の成長過程を経ったのであり、特殊なところが少しもなかったということを証明しているだけである。しかし、彼には神の顧みがあり、神の守りがあり、彼は洗礼を受けた後、試みを受け始め、それから職分を尽くし始め、働き始め、しかも力、知恵、権威を持つようになった。これは、彼が洗礼を受ける前に聖霊が彼の身に働いていないか、或いは聖霊が彼の内にいなかったということではない。彼が洗礼を受ける前も聖霊は彼の内に住んでいた、ただ正式に働いていなかっただけである。なぜなら、神が働くのは時があるのであり、しかも正常な人はみな正常な人の成長過程を経なければならないからである。聖霊はずっと彼の内に住んでいて、彼が生まれた時は、ほかの人と異なり、明けの明星が現れた。彼が生まれる前、御使いが夢でヨセフに現れて、マリアは男の子を産む、その子は聖霊によって身ごもられた、と教えた。イエスが洗礼を受け終わった時は、聖霊が働き始めた時でもあり、聖霊が彼の上に下ったばかりであるわけではない。聖霊が鳩のように彼の上に下ったというのは、彼が職分を尽くし始めたことを指すのである。彼は前から神の霊を持っていたが、時が来ていないから働き始めなかったのである。霊は軽々しく働かないのであり、洗礼を受けるという方式によって彼を証ししたのである。彼が水の中から上がると、霊は正式に彼の身に働き始めた。それは、神の言がなった肉体が職分を尽くし始め、贖いの仕事をし始め、つまり恵みの時代が正式に始まったことを予表しているのである。だから、神がどんな仕事をするのも時があるのである。イエスは洗礼を受けた後も何か特別な変化がなく、やはり彼のもとの肉体であった。ただ彼は働いて彼の身分を明らかにし始め、しかも権威と力に満ちていただけである。この点だけは以前と異なるのであり、身分が異なり、すなわち地位に明らかな変化が起こったのである。これは聖霊の証しであり、人のした仕事ではない。最初は人はそれを知らなかったが、聖霊がこのように証ししてはじめて、人は少し知るようになった。聖霊が証しする前に、イエスがとても大きな仕事をしたとしても、神自身の証しがなければ、彼のした仕事がいくら大きくても人は彼の身分を知ることができない。なぜなら、人の肉眼ではそれを見極めることができないからである。だから、必ず聖霊に証しされるという段階を経なければならない。さもないと、神が受肉した時、だれも彼を知ることができない。もし聖霊が証しした後も彼が以前のように働き、何の変わりもないなら、やはり効果を収めることができない。これは主に聖霊の働きの部分を明らかにするためでもある。聖霊が証しした後、聖霊が彼の内側から現されるようにして、彼が神であり、彼の内に神の霊があり、神が証ししたのは間違いがないことを、あなたにはっきり見せなければならない。これも証しが正しいことを立証することができる。もし以前した仕事と以後した仕事がみな同じであるなら、彼が受肉した時果たす職分を際立たせることができず、聖霊の働きの部分を際立たせることもできない。そうすれば、明らかな区別がないから、人は聖霊の働きだと見分けることができなくなる。彼を証しした後、聖霊は自分の証しを守らなければならないから、彼の知恵となり、権威となり、しかも以前と異ならなければならなかった。もちろん、これは洗礼の効力ではなく、洗礼はただ一つの儀式であり、ただ洗礼を受けるという方式で彼の職分を尽くし始める時間を明らかにしたにすぎない。このような仕事は神の大能を明らかにし、聖霊の証しを明らかにするためであり、聖霊の証しだから、聖霊は最後まで責任を負う。職分を果たす前、イエスも至る所で道を聞き、道を語り、福音を宣べ伝え、何か大きな仕事をしなかった。それは、彼が職分を果たす時が来ていないからであり、また、神自身が肉体の中にへりくだり隠れていて、時が来る前に全然働かないからである。洗礼を受ける前に、彼が働かなかったのは二つの原因がある。一つの原因は、聖霊が正式に「彼の上に下って働いて」いなかった(すなわちまだ彼に働く力と権威を与えていなかった)からである。彼が自分の身分を知っていても彼が以後しようとする仕事をすることができず、必ず洗礼を受ける日まで待たなければならなかった。これは神の時であり、だれも変えることができず、イエス自身さえも例外ではなく、彼自身は彼自身の仕事を妨げるはずがない。もちろん、これは神がへりくだる面であり、神の働きに法則がある面でもあり、彼の霊が働かなければ、だれも彼の仕事に手を出すことができない。もう一つの原因は、彼が洗礼を受ける前に、彼はただ一人のごく平凡で普通な人であり、正常で普通な人とどんな区別もなかったからである。これも神が受肉した時、超然としていない面である。神の言がなった肉体は神の霊の按配に背かず、みな段取りを踏んで、とても正常に働くのであり、彼の働きが権威があり、力があったのはただ洗礼を受けた後のことであった。つまり、受肉してもどんな超然たる行為もなく、正常な人の成長の法則に従うのである。もしイエスがずっと前から彼自身の身分を知り、しかも洗礼を受ける前に至る所で大いに働き、あらゆる正常な人と異なり、非凡に見えたのなら、ヨハネが仕事をすることができないだけではなく、神の次の段階の働きも展開させることができない。そうなら、神のしたことが間違いが起こったということを説明し、人から見れば、神の霊と神の言がなった肉体は同じ源から出たのではない。だから、聖書に記されたイエスの仕事はみな洗礼を受けた後した仕事であり、つまり三年の間の仕事であった。聖書には彼が洗礼を受ける前にどんな仕事をしたかが記されていないのは、洗礼を受ける前に彼はこの仕事をしておらず、彼はただ一人の普通の人であり、一人の普通の人を代表していたからである。職分を尽くす前、彼は正常な人と全く同じであって、人は何か特別なところを見出すことができなかった。二十九歳の後、イエスははじめて自分が一つの段階の仕事をやり遂げるために来たのだと知った。その前に、彼自身も知らなかったのは神のする仕事は超然としていないからである。十二歳になった彼が、礼拝堂で集会に参加していた時、マリアが彼を捜しに来た。彼はただ子供のように、「お母さん!わたしが父のみこころを大事にすべきであることを知らなかったのですか」と言った。もちろん、彼は聖霊によって身ごもられたのだから、どうして特別なところが少しもないことがあろうか。だからと言って、彼が超然としていることを証明するわけではなく、彼はただいかなる幼稚な子供よりも神を愛していただけである。外側から見れば、彼は人であったけれども、彼の本質はやはり特殊であり、一般のものとは違っていた。しかし、本当に聖霊が彼の身に働き、彼が神自身であると感じたのは、洗礼を受けた後であった。三十三歳の時になってはじめて、彼は聖霊が彼の身に十字架につけられる仕事をしようとすることを本当に知った。三十二歳の時には彼は内情を少し知っていただけである。「マタイによる福音書」に書いてあるように。「シモン・ペテロが答えて言った、『あなたこそ、生ける神の子キリストです。……』この時から、イエスは、自分が必ずエルサレムに行き、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえるべきことを、弟子たちに示し始めた。」彼はずっと前から自分のすべき仕事が何であるか知っていたのではなく、特定の時間に知ったのであり、生まれると完全に知ったのではなく、聖霊が彼の身に働いたのは一歩一歩と行なったのであり、それには過程があったのである。もし初めから彼が自分は神であり、キリストであり、受肉した人の子であって、十字架につけられる仕事を完成すべきだと知っていたなら、なぜその前に彼は働かなかったのだろうか。なぜイエスは弟子たちに彼の果たすべき職分を教えてから、憂え悲しみを感じ始め、しかもそのために切に祈ったのだろうか。なぜヨハネが彼のために道を切り開き、彼に洗礼を授けてから彼は以前分からなかった多くのことが分かるようになったのか。このすべては、それは言が「肉体」となった神がした仕事であることを証明する。だから、彼が何かを知り、それに到達するには一定の過程が必要となる。なぜなら、彼は神の言がなった肉体であり、彼が働くのは霊が直接働くのと異なるからである。

神の段階ごとの働きは同じ流れに沿って行われたのである。だから、神の六千年の経営計画は、創世から今まで、一歩一歩が繋がっている。もし道を整える者がなければ後継者がなく、後継者があるから、道を整える者があるのであり、仕事はこのように一歩一歩と伝わってきたのである。前の段階の仕事と繋がって、後ろの仕事が続き、もし道を切り開く者がなければ、仕事は展開されることができず、神は続けて働くことができない。どの段階の仕事もほかの仕事を妨げず、順序正しく続いてきて、一つの流れを形成したのであり、みなひとりの霊がしたのである。しかし、道を切り開く者であれ、継続する者であれ、その身分を決めることはできない。あなたはそう思わないのか。ヨハネは道を切り開いた者であり、イエスは継続した者である。これはイエスの身分がヨハネの身分より低いことを証明することができるか。あなたはヤーウェがイエスの前に働いたのだと言っている。だからと言って、あなたはヤーウェがイエスより偉大だと言えるのか。道を整える者であるか、それとも継続する者であるかは決して重要ではなく、いちばん主要なのはやはり働きの本質と代表する身分である。あなたはそう思わないのか。神が人の間で働こうとするからには、必ず道を整える人を起こして働かせなければならない。ヨハネは伝道し始めた時、「主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ。悔い改めよ、天国は近づいた」と言った。初めから彼はこの道を語った。なぜ彼はこの言葉を語ることができたのか。もし天国の福音を宣べ伝える時間から見れば、ヨハネが先に宣べ伝え、イエスが後で宣べ伝えたのである。人の観念のとおりだと、ヨハネが新しい道を切り開いたので、もちろんヨハネがイエスより偉大なのである。しかし、ヨハネは自分がキリストだと言わなかったし、しかも神も彼が神の愛する子だと証ししておらず、ただ彼を用いて道を切り開き、主の道を備えただけである。彼はイエスのために道を整えたものであって、イエスの代わりに仕事をすることができず、人の仕事もみな聖霊に支えられていたのである。

旧約時代にはヤーウェが道を導いたのであり、ヤーウェの働きは全旧約時代を代表し、イスラエルでしたすべての仕事を代表するのであった。モーセはただ地上で補助的な仕事をしていただけであり、彼の働きは人性における協力であった。当時はヤーウェが声を発し、言葉を言って、モーセを召したのであり、イスラエルの民の中でモーセを起こして、モーセにこの人たちを荒野に連れていき、そしてカナンに導き入れるよう命じた。それはモーセが自分でしたのではなく、みなヤーウェが自ら指示したのである。だから、彼は神と呼ばれることができない。彼も律法を定めたが、この律法はヤーウェ自身が発布し、モーセの口を通して語り出されたのである。同様に、イエスも戒めを定め、しかも旧約の律法を廃止し、新時代の戒めを定めたが、どうしてイエスは神自身であるのか。これは別のことであり、当時モーセのした仕事は時代を代表したのではなく、新しい道を切り開いたのでもなく、ヤーウェが前で導いて彼に指示してしたのであり、彼はただ使われた人にすぎなかったからである。イエスがやってきた時、ヨハネはすでに一段階の、道を整える仕事をし、天国の福音を宣べ伝え始めた(これは聖霊がこのようにし始めた)のだから、イエスは来てから直接彼自身の仕事をした。しかし、彼の仕事はモーセの言葉、働きととても大きな違いがあった。同様に、イザヤはそんなに多くの預言を語ったのに、どうして彼は神自身ではないのか。イエスはそんなに多くの預言を語らなかったのに、どうして彼は神自身であるのか。イエスが当時した仕事は、だれも敢えてそれが完全に聖霊から出たのだと言わず、完全に人間の意志から出たのだとも言わず、だれも敢えてそれが完全に神自身がしたのだと言わなかったのであり、これらのことを人は分析できなかった。イザヤがしたそれらの仕事、語ったそれらの預言も、聖霊から出たのであって、直接彼自身から出たのではなく、ヤーウェの黙示から出たのだと言ってもいい。イエスはそんなに多くの仕事をしておらず、そんなに多くの言葉を言っておらず、そんなに多くの預言も語っておらず、人から見れば、彼はそんなに高い道を語っていないが、彼は神自身であり、これは人が解釈できないことである。いまだかつて、ヨハネを信じた人はおらず、イザヤを信じた人もおらず、ダビデを信じた人もおらず、彼らをダビデ神やヨハネ神だと言って、彼らを神と呼ぶ人もおらず、だれもこのように言わず、イエスだけをキリストと呼ぶのである。これは神の証し、彼の担当した仕事と彼の果たした職分によって区分するのである。聖書の中のこれらの大人物、アブラハム、ダビデ、ヨシュア、ダニエル、イザヤ、及びヨハネ、イエスこの人たちがした仕事によってあなたは、いったいだれが神自身であるか、どの部類の人が預言者で、どの部類の人が使徒であるかを見分けることができる。だれが神に使われる者であるか、だれが神自身であるか、これは彼らのした仕事の本質と種類によって見分け、確定すべきである。これらさえあなたがはっきり見分けることができなければ、これは、あなたが神を信じるとはどういうことかを知らないことを証明する。イエスが神であるのは、彼がとても多くの言葉を言い、とても多くの仕事をし、特に彼が多くのしるしを行なったからである。同様に、ヨハネもとても多くの仕事をし、とても多くの言葉を言い、モーセもそうであったが、どうして彼らは神と呼ばれなかったのか。アダムは直接神によって造られたのであるのに、どうして神と呼ばれず、被造物と呼ばれるだけであるのか。もしほかの人があなたに「神が今日とても多くの仕事をし、とても多くの言葉を言ったので、彼は神自身であるなら、とても多くの言葉を言ったモーセも神自身であるべきではないか」と尋ねたら、その時あなたは彼にこう反問しなさい。「神は当時イエスが神自身であると証ししたが、ヨハネが神自身であると証ししなかったのはなぜだろう。ヨハネはイエスより先に仕事をしたのではないか。ヨハネのした仕事が大きいか、それともイエスのした仕事が大きいか。人から見れば、イエスよりヨハネのほうが偉大であるが、どうして聖霊はイエスを証しして、ヨハネを証ししなかったのか。」これは今日も同じである!モーセがイスラエルの民を導いた当時、ヤーウェが雲の中で彼に話したのであり、モーセが直接話したのではなく、ヤーウェが直接導いたのである。これは旧約の時、イスラエルで行われた仕事である。モーセの内にはその霊がなく、その所是がなく、彼はその仕事をすることができなかったから、彼がしたことはイエスがしたことと大いに異なっている。それは彼らのした仕事が違うからである!神に使われる者であるか、預言者、使徒であるか、それとも神自身であるかは、働きの性質から見分けるべきである。そうすれば、あなたは疑問を抱かなくなる。聖書に小羊だけが七つの封印を解くことができると記されている。世々から、それらの大人物のうち、聖書を解釈する人は少なくないが、あなたは彼らがみな小羊であると言えるのか。あなたは彼らが解釈したのは完全に神から出たのだと言えるのか。彼らはただ「聖書を解説する専門家」であって、彼らには小羊の身分がないのに、どうして七つの封印を解く資格があるだろうか。「小羊だけが七つの封印を解くことができる」のは確かであるが、彼が来たのは単に七つの封印を解くためだけではない。この仕事はそんなに大事ではなく、ただ彼がついでにこの仕事をするだけである。彼自身のする仕事は彼自身がはっきり知っているから、多くの時間を費やして聖書を解釈する必要があるのか。六千年の仕事の中に「小羊が聖書を解釈する時代」を加えることがあろうか。彼が来たのは新しい仕事をするためであり、以前の仕事については少しだけ解釈して、人に六千年の仕事の内幕を分からせれば十分であり、そんなに多くの聖書の章節を解釈する必要がなく、肝心なのはやはり現在の仕事である。あなたが知るべきことは、神はわざわざ七つの封印を解くために来たのではなくて、救いの仕事をするために来たのである。

あなたはただイエスが世の終わりに来ることを知っているだけである。だが、彼はいったいどのように来るだろうか。あなたたちのような罪人が、贖い戻されたばかりで、変えられず、神に完全にされなくて、神の心にかなうことができるだろうか。あなたのような現在の古き人、イエスがあなたを救い出したのは確かであり、あなたが罪に属さないのは神の救いのおかげである。しかしこれは、あなたに罪がなく、汚れがないことを証明するわけではなく、あなたが変えられなければどうしてきよくなれるだろうか。あなたの内側はやはり汚れで満ちていて、利己的かつ下劣であるのに、イエスと一緒に降臨しようと思っていて、そんな素晴らしいことがあると思っているのか。あなたは神を信じることで一つの過程が欠けているから、ただ贖われただけで、変えられてはいない。神の心にかなう者になるには、どうしても神が自ら働いてあなたを変え、きよめることが必要となり、さもないと、贖われただけのあなたはきよくなることができない。そうすれば、あなたは神と共に幸せな日々を過ごす資格がない。なぜなら、あなたは神が人を経営する仕事の中で一段階の仕事、すなわち変えられ、完全にされるという肝心な一段階の仕事を経験していないからである。だから、あなたのような、贖われたばかりの罪人は直接神の嗣業を受け継ぐことができない。

もしこの段階の新しい仕事の始まりがないなら、あなたたちこれらの偉大な布教家、説教家、聖書を解説する専門家及びいわゆる霊的な偉人はどの程度まで発展するか分からない!この段階の新しい仕事の始まりがなければ、あなたたちが語るのはみなそれらの古臭いものではないか。玉座に登ることでなければ王としての身丈を用意することであり、自分を捨てることでなければ自分の体を打ちたたくことであり、忍耐することでなければすべてのことで学課を学ぶことであり、謙遜することでなければ愛することである。これはやはり古い調べを繰り返し弾くことではないか。みな形式だけを変えて実質を変えないのである!頭を覆い、パンを裂くのでなければ手を置いて祈り、病気を治し、悪霊を追い出すのである。これでは、新しい仕事をすることができるのか。発展の見込みがあるのか。あなたがこのように導いていけば、人は規定を堅く守り、或いは決まったパターンに従って神を信じることになる。あなたたちは自分の仕事がすごく高いと思っているが、これはみなそれらの古代の「老人」が残した教訓、教えであることを知らないのか。あなたたちが言うこと、することはみな老人の遺言ではないか、老人の臨終の委託ではないか。あなたは自分のするのが歴代の使徒、預言者を超え、万有をさえ超えると思っているのか。この段階の仕事が始まると、あなたたちがウイットネス・リーの「王になって玉座に登ることを追い求める」という仕事を崇拝するのを制止し、この人たちのすさまじい気焔を食い止め、人がこの段階の仕事に手を出すことができなくなった。もしこの段階の仕事がなければ、あなたたちはますます深くはまり込んで、救いようがなくなるだろう。あなたたちの間の古いものは多すぎる!幸いなことに今の仕事があなたたちを引っ張り戻した、さもないと、あなたたちがどうなるか分からない!神は常に新しく古くならない神であるのに、あなたはどうして新しいものを求めないのか、どうしていつもそれらの古いものを堅く守っているのか。だから、聖霊の今日の働きを認識するのがいちばん肝心なことである!