「言葉が肉体で現れる」選編

「言葉が肉体で現れる」選編

将来の使命にどのように取り組むべきか

あなたは年代ごとの神の性質を時代の特徴を踏まえて表現できるだろうか。神の働きに関するあなたの経験を通して、神のご性質を詳しく述べることができるだろうか。あなたはそれをどのようにして適切且つ的確に述べることができるだろうか。もし述べることが出来るなら、他の人たちがあなたの体験から学ぶことができる。あなたの見たもの、経験したものを、義に飢え渇き、守り導いてくれる羊飼いを待っている哀れでかわいそうな宗教熱心な信者たちにどのようにして伝えるだろうか。どんな「人物」があなたに羊飼いとなってもらおうと待っているのだろうか。想像できるだろうか。あなたは自分の肩にある荷の重さ、使命、責任などを理解しているだろうか。あなたは歴史上での自分の使命感を持っているだろうか。次の時代の良き主人としてどのように奉仕するだろうか。あなたは主人としての意識を強く持っているだろうか。全ての物の主人についてどのように説明するだろうか。それは本当に世界の全ての生き物と全ての物体の主人であるのだろうか。次にすべき事を、どのような計画で進めるだろうか。何人の人たちがあなたに羊飼いとなってもらいたいと待っているのだろうか。あなたに任された任務は重くないか。彼らはみじめで、哀れで、盲目で、途方に暮れ、そして暗闇の中で泣き叫んでいる。「どっちに行ったらいいのか」と。光が流星のように突然降りて来て、長年人々を圧迫してきた暗闇の力をまき散らしてくれることをどれほど彼らが待ち望んでいることか。どんなに切に望み、日夜どんなに思いこがれているか、誰が知ることができるだろうか。深く耐え忍んでいる人たちは暗闇の地下牢に閉じ込められたまま、光がひらめく日でさえも解放される望みはない。彼らが泣かない日がいつ来るだろうか。全く安息を与えられたことのないこれらのもろい霊はまことにそのような不幸をこうむっている。彼らは長い間無情なロープと凍ったままの歴史で封印をされてきた。誰が一体彼らの叫び声を聞いたことがあるだろうか。誰がそのみじめな顔つきを見たことがあるだろうか。神の心はどれほど深く悲しまれ、心配されているかを考えたことがあるだろうか。神はご自身の手で創られた罪のない人類がそのような苦しみにあっているのを見ていられるだろうか。何といっても、人類は毒された不幸な人たちである。彼らは今日まで生きながらえたけれども、悪者に長い間毒を盛られていたと誰が思っただろうか。あなたは自分も犠牲者であることを忘れてしまったのか。あなたの神への愛で、生き残った人たちを救うために喜んで努力しようと思わないだろうか。ご自身の肉と血のように人類を愛される神に恩返しするために全力で取り組みたいと思わないだろうか。神に用いられて並外れた人生を生きることをどのように理解しているだろうか。あなたは「敬虔で神に仕える人」の意義深い人生を送るための決意と自信を本当に持っているだろうか。