「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

ペテロの経験――刑罰、裁きに対する認識

ペテロは刑罰を受ける時こう祈った。「神よ!わたしの肉体は不従順なものです。わたしを罰し、裁いてください。わたしはあなたの刑罰、あなたの裁きを喜びとします。たとえあなたがわたしを見捨てても、わたしはあなたの裁きの中からあなたのきよさ、あなたの義なる性質を見ることができます。あなたがわたしを裁いて、ほかの人があなたの裁きの中からあなたの義なる性質を見ることができれば、わたしは十分満足します。あなたの性質の発表によって、あらゆる被造物があなたの義なる性質を見ることができ、しかもわたしがあなたの裁きによってあなたに対するもっと純潔な愛を得て、義人の姿を生かし出すことができさえすれば、あなたのこのような裁きは良いのです。なぜなら、それがあなたの善意だからです。わたしは自分の身に不従順なものがまだたくさんあって、やはりあなたの前に出る資格がないのを知っています。わたしはさらに多くあなたの裁きを受けることを望みます。環境が劣悪であっても、大きな患難に遭っても、あなたがどのようにしても、わたしにとっては貴重です。あなたの愛は本当に深いです。わたしはあなたが左右するに任せます。何の恨み言もありません。」これはペテロが神の働きを経験することによって得た認識であり、ペテロの神に対する愛の証しでもある。今、あなたたちが征服された後、どんな表現なのか。ある人はこう言う。「わたしが神に征服されたのは、神の極めて大きな恵み、極めて大きな高めのおかげです。今になって私は初めて気づきました。人生はむなしく、意義がないのです。生きていることは本当につまらなくて、死んだ方がましです。一生せわしなく立ち回り、子供を生み育ち、一代また一代とこのように生きていますが、最後には何も得られません。今日神に征服されてから分かったことは、人がこのように生きているのは何の価値もありません。それは本当に意義のない一生です。いっそ死んだ方がいいです!」このような被征服者は神に得られることができるだろうか。標本、模型になることができるだろうか。彼は反面教材に属するのであり、志がなく、向上心がない!このような消極的になりがちの人は、被征服者の一人だとしても、完全にされることはできない。ペテロは完全にされた後、すなわち寿命が終ろうとしていた時、こう言った。「神よ!もしわたしの寿命がまた何年か延びることができれば、わたしはさらに純潔にあなたを愛し、さらに深くあなたを愛したいです。」彼は十字架につけられる時も心の中で祈った。「神よ!今はあなたの時が来ました。つまり、あなたがわたしのために用意してくださった時が来ました。わたしはあなたのために十字架に上がって、この証しをしたいです。わたしの愛があなたの要求を満足させることができ、わたしの愛がさらに純潔になることを、わたしは望みます。今日わたしがあなたのために死に、あなたのために十字架につけられることができて、わたしの心は慰められ、落ち着きます。それは、わたしがあなたのために十字架につけられることができ、あなたの願いをかなえることができるからです。わたしは自分の全存在をあなたにささげ、自分の命もあなたにささげることができるため、この上なくうれしく思います。神よ!あなたは本当に愛すべき方です。もしあなたがわたしを生きつづけさせるならば、わたしはもっとあなたを愛したいです。わたしは生きている限り、あなたを愛します。わたしはさらに深くあなたを愛したいです。わたしは不義のゆえに、罪のゆえにあなたの裁き、あなたの刑罰、あなたの試練を受け、さらにあなたの義なる性質を見ました。これはわたしの幸いです。それは、わたしがさらに深くあなたを愛することができるからです。たとえあなたがわたしを愛しなくても、わたしはこのようにあなたを愛したいです。わたしはあなたの義なる性質を見ることを願っています。それは、これによってわたしはさらに意義のある人生を生かし出すことができるからです。今、生きているのがさらに意義があると、わたしは思っています。なぜなら、わたしはあなたのために十字架に上がるのだからです。あなたのために死ぬことは意義がありますが、わたしはまだ十分に満足しません。それは、あなたに対するわたしの認識が少なすぎるからです。わたしは、自分がまだ完全にあなたの願いをかなえることができず、自分があなたに返したのは少なすぎることを知っています。わたしは生きている間、わたしのすべてをあなたに返すことができませんでした。わたしがしたのはまだまだ足りません。今、思い返してみれば、いっそうあなたに負い目があると感じます。この時を用いて、わたしのあらゆる過ち、あなたに報いていないあらゆる愛を補うしかありません。」

人はみな意義のある人生を生かし出すことを追い求めるべきであり、現状に満足してはならない。ペテロの姿を生かし出すには、ペテロの認識、ペテロの経験を具備しなければならない。もっと高く、もっと深いものを追い求め、さらに深く神を愛し、さらに純潔に神を愛することを追い求め、価値があり、意義がある一生を送ることを追い求めるべきである。これこそ人生であり、これこそペテロのような人である。あなたは積極的な面で、進んで進入することを重んじるべきであり、一時的な安逸に満足したため消極的になり、後ずさりして、より深く、より細かく、より実際的な真理を疎かにすることがないようにすべきである。あなたは実際の愛を具備しなければならない。あなたはどうにかしてこういう堕落し、憂いも悩みもない、畜生のような生活から抜け出して、意義のある人生を生かし出し、価値のある人生を生かし出さなければならず、自分で自分を愚弄し、自分の一生をおもちゃにして弄んではならない。志があり、神を愛する人々にとっては、得られない真理がなく、立っていられない正義がない。あなたの一生はどのように送るべきか。あなたはどのように神を愛して、神の心を満足させるべきか。これらはみなあなたの一生の中で最も大きな事である。最も重要なのは、このような志、このような根気を持つべきことである。その気骨のない弱者になってはならず、意義のある人生を経験し、意義のある真理を経験するのを学ばなければならず、このように自分をごまかしてはならない。あなたの一生は知らず知らずのうちに過ぎ去ってしまう。あなたはまたこのような、神を愛する機会を得ることができるだろうか。死んだ後、神を愛することはあり得ることか。あなたはペテロのような志と良心を持ち、意義のある人生を送るべきであり、自分を弄んではならない!一人の人として、一人の神を追い求める人として、あなたは自分の一生を慎重に考慮すべきである。つまり、どのように自分を神にささげるべきか。どのように神を信じればさらに意義があるのか。神を愛する以上、どうすればもっと純潔に、もっと美しく、もっと善く神を愛することができるか。今、あなたは征服されることだけに満足してはならず、後の道をどのように歩むべきかを考えなければならない。あなたは完全にされたいという志、勇気を持つべきで、いつも自分がだめだと思ってはならない。真理が人を偏り見ることがあろうか。真理がわざと人と敵対することがあろうか。あなたが真理を追い求めれば、真理があなたを押し倒すことがあろうか。あなたが正義のために立てば、正義があなたを打ち倒すことがあろうか。あなたが本当に命を追い求めたいという志を持てば、命があなたを避けることがあろうか。あなたが真理を持たないのは、真理があなたを相手にしないからではなく、あなたが真理から遠ざかるからだ。あなたが正義のために立つことができないのは、正義が間違ったからではなく、あなたが正義は事実を歪曲したと思っているからだ。あなたが長年追い求めたが、命を得ていないのは、命があなたに良心を持たないからではなく、あなたが命に良心を持たず、あなたが命を追い払ったからである。あなたが光の中に生きているのに、光を得られなかったのは、光があなたを照らさなかったからではなく、あなたが光の存在に全く注意を払わなくて、光がこっそりと離れたからである。あなたが追い求めないのは、あなたが何の値打ちもない下賎な者だということが証明される。なぜなら、あなたは生活する勇気がなく、暗やみの勢力に反抗する精神がないからである。あなたはあまりにも意気地がなさすぎる!サタンの勢力の包囲攻撃から抜け出すことができず、ただこのように無事に一生を送り、このようにうやむやの中に死んでいくことに満足する。征服されることを追い求めるのはあなたがすべきことであり、あなたが果たすべき義務である。もしあなたが征服されることに満足するなら、あなたが光の存在を追い払っているのである。あなたは真理のために苦しみを受け、真理のために身をささげ、真理のために屈辱に耐え、もっともっと多くの真理を得るためにもっともっと多くの苦難を耐え忍ばなければならない。これはあなたが達成すべきことである。あなたは、家庭の和合を享受するために真理を捨ててはならず、一時的な享受のために一生の尊厳、一生の人格を失ってはならない。あなたはすべての美しく、善い物事を追い求め、さらに意義のある人生の道を追い求めるべきである。このようにろくろくとして世を過ごし、しかも追求の目標が全然ないなら、これは無駄に日を送ることではないか。あなたは何を得られるのか。あなたは一つの真理のためにすべての肉体の享受を捨てるべきであって、少しばかりの享受のためにあらゆる真理を捨ててはならない。このような人は人格がなく、尊厳がなく、生きている意義がない!

神が人を罰し、裁くことは彼の仕事の必要であり、さらに人の必要である。人は罰され、裁かれてこそ、神を愛することができる。今、あなたたちは口先だけではなく心からも承服したが、ちょっとしたつまづきにあったら、すぐがっくりする。あなたたちの身丈がまだ小さすぎで、もっと多くこのような刑罰、裁きを経験して、さらに深い認識を得ることが必要である。今はただ神を畏れる心を多少持つようになり、また神を恐れ、これが真の神だと知っただけである。しかし、神に対する愛はやはりいくらも持たず、純潔な愛にはなおさら達していません。あなたたちの認識は浅すぎるのであり、あなたたちの身丈はまだ小さいのである。本当にある環境に遭ったら、やはり証しがなく、積極的な面での進入が少なすぎ、全然どのように実行すべきか分からない。多数の人は消極的で、受動的であり、ただ心ひそかに神を愛しているだけで、実行の道を持たず、はっきりした目標も持たない。完全にされた人は、正常な人間性を持っているだけではなく、彼の具備した真理は良心の枠を超えたし、良心の基準よりも高いのである。彼は良心をもって神の愛に報いただけではなく、さらに神を知ったのであり、神は愛らしいのであり、人が愛するに値するのであり、神には人の愛すべきところがたくさんあり、人が彼を愛せずにはいられない、ということを見たのである。完全にされた人が神を愛するのは、個人の志を果たすためであり、それは自発的な愛であり、報酬を求めない愛であり、取り引きのない愛である。彼はただ神を知り、神を愛することだけを重んじ、神が恵みを与えても与えなくても、神を満足させることができさえすれば満足するのである。彼は神と条件について話し合うのではなく、神を愛する上で良心によって考量するのでもない:もしあなたがわたしに与えてくれれば、わたしはあなたに愛を返し、もしあなたがわたしに与えてくれなければ、わたしもあなたに返すものがない。完全にされる人はいつもこう思っている。神は造物主であり、彼はこの仕事をわたしたちこれらの人の身にした。わたしは彼に完全にされるこの機会、この条件、この資格がある以上、意義のある人生を生かし出すことを追い求め、彼を満足させるべきである。これはペテロが経験したのと同じである。彼はいちばん弱い時こう祈った。「神よ!いつでもどこでも、私があなたを恋い慕っており、いつでもどこでもわたしがあなたを愛することを、あなたは知っています。しかし、わたしは身丈が小さすぎ、弱くて力がありません。わたしの愛はわずかしかなく、わたしのあなたに対する真心は本当に小さいです。あなたの愛と比べると、わたしはまったく生きている資格がありません。わたしはただ、一生を無駄に送らず、あなたの愛に報い、さらに自分のすべてをあなたにささげることを望むだけです。あなたを満足させることができさえすれば、被造物としてのわたしは心が平安であり、ほかには何の要求もありません。今、わたしは弱くて力がありませんが、あなたの委託を忘れることができず、あなたの愛を忘れることもできません。今、わたしはただあなたの愛に報いるだけです。神よ!わたしの心はたいへんつらいです。どうすればわたしの心の中の愛をあなたに返し、わたしの力の及ぶ限りを尽くし、あなたの願いをかなえ、わたしのすべてをあなたにささげることができるのでしょうか。人の弱さをあなたは全部知っています。わたしはどうすればあなたの愛に届くことができますか。神よ!あなたはわたしの身丈が小さく、わたしの愛がとても少ないことを知っています。このような環境の中で、わたしはどうすれば、わたしの力の及ぶ限りを尽くすことができるのでしょうか。わたしは、自分があなたの愛に報いるべきであり、自分のすべてをあなたにささげるべきだと知っています。しかし、今、わたしの身丈は小さすぎます。わたしを力づけ、わたしに信仰を加えて、わたしがさらに純潔な愛をあなたにささげることができ、さらに自分のすべてをあなたにささげることができるようにし、あなたの愛に報いることができるだけではなく、さらにあなたの刑罰、裁き、試練、およびもっと重い呪いを体験することができるようにしてください。あなたがわたしにあなたの愛を見せてくださって、わたしはあなたを愛せずにはいられません。今、わたしは弱くて力がありません。しかし、どうしてあなたを忘れられるでしょうか。あなたの愛、あなたの刑罰、あなたの裁きによって、わたしはあなたを知ることができました。しかし、わたしは自分があなたの愛を満足させることができないと感じます。それは、あなたがとても偉大だからです。わたしはどうすれば自分のすべてを造物主にささげることができるでしょうか。」彼にはこの要求があったが、しかし彼の身丈が足りなかった。その時のペテロは胸が刀でえぐられる思いで、たいへんつらかった。そのような環境の中で彼はどうすればいいか分からなかった。しかし、彼は続いて祈った。「神よ!人の身丈は小さく、人の良心はもろくて、わたしはあなたの愛に報いることしかできません。今、わたしはどうすればあなたの心を満足させ、わたしの力の及ぶ限りを尽くし、わたしのすべてを費やし、わたしのすべてをあなたにささげることができるか知りません。あなたが裁いても、罰しても、与えても、奪い去っても、わたしは恨み言が少しもありません。何度もあなたがわたしを裁き、罰する時、わたしの内にはいつも恨み言があり、どうしても純潔になれず、どうしてもあなたの願いをかなえられず、やむを得ずあなたの愛に報いたのです。わたしは今、なおさら自分を恨みます。」ペテロはさらに純潔な愛を求めるために、このような祈りをしたのである。彼は求めていたのであり、祈り求めていたのでもあり、さらに自分を責め、神に罪を告白していたのである。彼は神に負い目があると感じて、自分を恨んでいたが、それと同時に、幾分憂え悲しみ、消極的であった。彼は常に、自分がどうしても神の心を満足させることができず、自分の力の及ぶ限りを尽くすことができないと感じていた。このような環境の中で、ペテロはやはりヨブの信仰を追い求めていたのである。彼はこのことを見た。その時、ヨブの信仰がそんなに大きかったのは、ヨブがすべては神に与えられたのであって、神がすべてを奪うのも理の当然であり、神が自分の与えたいと思う者に与えるのは神の義なる性質であることを見たからである。だから、ヨブは何の恨み言も言わず、やはり神を褒め称えることができた。ペテロはまた自分を知った。彼は心の中で祈った。「今わたしはただ、良心をもってあなたの愛に報い、あなたに若干の愛を返したことだけに満足しません。なぜなら、わたしの思いが堕落しすぎて、あなたを造物主と見なすことができないからです。わたしは依然としてあなたを愛する資格がないから、わたしは、心から進んで自分のすべてをあなたにささげることができ、あなたのしたすべてに対して認識を持ち、何の選択もなしに従うことができることを望んでいます。わたしがあなたの愛を見ることができ、しかもあなたを賛美する声を出すことができ、あなたの聖なる名を褒め称えることができるようにしてください。あなたがわたしの身から大きな栄光を受けますように。わたしはあなたのためにこの証しに立ちたいです。神よ!あなたの愛はなんと貴重なことでしょう。また、なんと麗しいことでしょう。わたしがどうして悪しき者の手もとで生きたいことがありましょうか。わたしはあなたに造られたのではありませんか。わたしがどうしてサタンの支配下で生きていられましょうか。わたしは自分の全存在をあなたの刑罰の中に生きさせても、その悪しき者の支配下では生きたくありません。わたしは心身すべてをあなたの裁きにささげ、あなたの刑罰にささげたいです。わたしがきよくなり、自分のすべてをあなたにささげることができさえすれば。なぜなら、わたしはサタンを憎み、その支配下で生きたくないからです。わたしを裁くことによってあなたの義なる性質が発表されることができれば、わたしは何の恨み言もなしに甘んじて裁きを受けます。被造物の本分を尽くすことができさえすれば、わたしは一生あなたの裁きに付き添い、それによって、あなたの義なる性質を知り、悪しき者の支配から離脱することを望みます。」彼はいつもこのように祈り、いつもこのように求めて、比較的高い域に達した。彼は神の愛に報いることができただけではなく、さらに重要なことに、被造物の本分を尽くしたのであり、良心が咎められなかっただけでなく、良心の基準を超えたのである。彼のこのような祈りが絶えず神の前に届いたため、彼の志はますます高くなり、彼の神に対する愛もますます深くなった。彼はたいへんつらかったけれども、やはり神を愛することを忘れず、神の心意を知るために引き続き求めていた。彼の祈りの中にはこのような言葉があった。「わたしはあなたの愛に報いただけで、全然あなたのためにサタンの前で証しをしていません。わたしは全然サタンの支配から抜け出しておらず、やはり肉体の中で生きています。わたしは自分の愛によってサタンを打ち負かし、サタンを辱めて、あなたの心を満足させたいです。わたしは自分のすべてをあなたに渡したいです。サタンには少しも渡したくありません。サタンはあなたの敵だからです。」彼はこの面で求めれば求めるほど、感動を受け、これらのことに対する認識がますます高くなり、知らず知らずのうちに彼はサタンの支配から抜け出して、自分を完全に神に帰すべきだと認識した。これは彼が到達した域であった。彼はサタンの支配を超越し、肉体の享受、肉体の好みから脱離した。刑罰であれ、裁きであれ、彼はさらに深く体験しようとしていた。彼は言った。「たとえわたしがあなたの刑罰、裁きの中に生きるとしても、それがどんなにつらくても、わたしはサタンの支配下で生きたくなく、サタンの愚弄の中で生きたくありません。わたしはあなたの呪いの中に生きることを喜びとし、サタンの祝福の中に生きることを苦しみとします。あなたの裁きの中に生きていて、あなたを愛することができるため、わたしの心は大いに喜びます。あなたの刑罰、裁きはあなたの義であり、あなたのきよさでもあり、それはわたしをきよめるためであり、さらにわたしを救うためでもあります。わたしは、一生あなたの裁きの中に生きていて、あなたに顧みられても、一時もサタンの支配下で生きたくありません。わたしはあなたにきよめられることを望みます。苦しみを受けるとしても、サタンに利用され、愚弄されたくありません。被造物であるわたしはあなたに使用されるべきであり、あなたに占有されるべきであり、あなたに裁かれ、罰されるべきでもあり、あなたに呪われるべきでさえあります。あなたがわたしを祝福しようとする時、わたしの心はこのために喜びます。なぜなら、わたしはあなたの愛を見たからです。あなたは造物主であり、わたしは被造物です。わたしはあなたを裏切ってサタンの支配下で生きるべきではなく、サタンに利用されるべきでもありません。わたしは牛馬のようにあなたにこき使われるべきであり、サタンのために生きるべきではありません。あなたの刑罰の中に生きていて、肉体上の幸福がないとしても、あなたの恵みを失うとしても、わたしはやはりこれを享受とします。あなたの恵みがわたしに伴わないけれども、わたしはあなたの刑罰、裁きを享受とします。これはあなたの最もよい祝福であり、あなたの最も大きな恵みです。あなたがいつも威厳と激しい怒りをもってわたしを取り扱っても、わたしはあなたを離れられず、あなたを飽きることなく愛します。あなたの家で生きていて、あなたに呪われ、あなたに罰され、あなたに打たれるとしても、わたしはサタンの支配下で生きたくなく、ただ肉体のために奔走し、せわしなく立ち回りたくなく、なおさら肉体のために生きたくありません。」ペテロのこのような愛は純潔な愛であり、これは完全にされる経験であり、完全にされることの最高の域であり、これこそいちばん意義のある人生である。彼は神の刑罰、裁きを受け入れ、神の義なる性質を宝愛していた。これは彼のいちばん貴重なところであった。彼は言った。「サタンが物質的な享受を与えてくれますが、わたしはそれを貴重なものだと思いません。神の刑罰、裁きが臨む時、わたしはこれを恵みとし、これを享受、祝福とします。神の裁きがなければ、わたしは永遠に神を愛することができず、わたしはやはりサタンの支配下で生きており、やはりそれに制御され、それに掌握されています。それなら、わたしは永遠に真の人間になることができません。なぜなら、わたしは神を満足させておらず、自分のすべてを神にささげていないからです。たとえ神がわたしを祝福しなくて、わたしの内が慰めを失い、火のように燃え、平安がなく、喜びがなく、神の刑罰、神の懲らしめがずっとわたしを離れないとしても、わたしは神の刑罰、裁きの中から神の義なる性質を見ることができます。わたしはこれを喜びとし、これこそ人生の中でいちばん価値があり、意義があることです。彼の守り、彼の顧みが情け容赦のない刑罰、裁き、呪いと打ちたたきになっても、わたしはやはりこれらを享受とします。なぜなら、これらによってわたしはさらにきよくなることができ、これらによってわたしは変化を得ることができ、さらに神に近づき、さらに神を愛し、さらに純潔に神を愛することができ、これによってわたしは被造物の本分を尽くすことができ、神の前に出ることができ、サタンの支配から抜け出して、もはやサタンに仕えなくなるからです。いつか、わたしがサタンの支配下で生きなくなり、自分の持っているもの、自分の力を余すところなく神にささげることができましたら、十分満足です。神の刑罰、裁きがわたしを救ったのであり、わたしの一生は神の刑罰、神の裁きを離れられません。わたしが地上で生きていることは、サタンの支配下で生きているのと同じです。もし神の刑罰、裁きがわたしを顧み、守るのでなければ、わたしはずっとサタンの支配下で生きるようになり、意義のある人生を生かし出すことができず、その機会もありません。神の刑罰、裁きがわたしを離れない限り、わたしは神にきよめられることができます。神の厳しい言葉、義なる性質、神の威厳のある刑罰があるからこそ、わたしは大いに守られ、光の中に生き、神の祝福を得ました。わたしがきよめられ、サタンの支配から抜け出て、神の権威のもとで生きることができるのは、わたしの一生の中の最大の祝福です。」これはペテロの経験の最高の域であった。

これは人が完全にされた後、到達すべき状態であり、あなたがこの程度に到達できなければ、意義のある人生を生かし出すことはできない。人が肉体の中に生きていることは、この世の地獄で生きているのと同じである。もし裁き、刑罰がなければ、人はサタンと同じように汚れているのに、どうしてきよくなることができるだろうか。ペテロはこう思っていた。神の刑罰、裁きは人にとって最も良い守り、最も大きな恵みである。神が人を罰し、裁いてこそ、人は覚醒することができ、肉体を憎み、サタンを憎むことができる。神の厳しい懲らしめによって、人はサタンの支配から脱離し、自分の小さな世界を離れて、神の顔の光の中に生きることができるようになる。刑罰、裁きは実に最上の救いである!彼は祈って言った。「神よ!あなたの刑罰、裁きがわたしに伴う限り、わたしはあなたがまだわたしを離れていないことが分かります。たとえあなたがわたしに喜びを与えず、平安を与えず、わたしを苦しみの中で生きさせ、繰り返しわたしを打ちたたくとしても、あなたがわたしを離れていない限り、わたしの心は落ち着きます。あなたの刑罰、裁きは今日わたしの最も良い守り、最も大きな祝福になりました。あなたがわたしに恵みを与えることはわたしに対する守りです。あなたが今、わたしに恵みを与えられますが、この恵みはあなたの義なる性質の現れであり、刑罰であり裁きでもあり、さらに試練であり、苦しい生活です。」彼が肉体の享受を放棄してさらに深い愛を求め、さらに大きな守りを求めることができたのは、彼が刑罰、裁きから得た恵みはとても多かったからである。人が一生の中できよめられ、性質が変えられ、意義のある人生を生かし出し、被造物の本分を果たそうと思うなら、自分がサタンの縛り、サタンの支配から抜け出て、神の光の中に生きることができるように、神の刑罰、裁きを受け入れ、神の懲らしめ、打ちたたきが自分を離れないようにしなければならない。あなたは、神の刑罰、裁きは光であり、人を救う光であり、人にとって最も良い祝福であり、最も大きな恵みであり、最も良い守りであることを知らなければならない。人はサタンの支配下で生きており、肉体の中で生きていて、もしきよめられず、守りを得られなければ、ますます堕落するはずである。人が神を愛しようと思うなら、きよめられ、救われなければならない。ペテロは祈って言った。「神よ、あなたがわたしを親切に扱う時、わたしは喜び、慰めを得ます。あなたがわたしを罰する時、わたしの心の中はさらに慰めを得、喜びを得ます。わたしには弱さがあり、言葉では言い表せない苦しみがあり、涙があり、憂え悲しみがありますが、わたしが憂え悲しむのはわたしの不従順のゆえであり、わたしの弱さのゆえであることを、あなたは知っています。わたしはあなたの心を満足させることができないため泣き、あなたの要求を満足させることができないため憂え悲しみ、悔いますが、それでも、わたしはこの境地に達したく、わたしの全力を尽くしてあなたを満足させたいです。あなたの刑罰はわたしの守りとなり、あなたの刑罰はわたしの最上の救いとなり、あなたの裁きはあなたの包容と忍耐にまさります。あなたの刑罰、裁きがなければ、わたしはあなたの憐れみと慈しみを享受することができません。今になってわたしは、あなたの愛は天を超え、すべてにまさることをもっと見ました。あなたの愛は憐れみと慈しみであるだけではなく、さらに刑罰と裁きです。わたしがあなたの刑罰と裁きの中から得たのはとても多いです。あなたの刑罰、裁きがなければ、だれ一人きよめられることができず、だれ一人造物主の愛を体験することができません。わたしは数百回の試練を受け、数百回の患難を受けて、九死に一生を得るほどでしたが、わたしは本当にあなたを知り、極めて大きな救いを得ました。あなたの刑罰、裁き、あなたの懲らしめがわたしを離れると、わたしは暗やみの中に生き、サタンの支配下で生きるようになります。人の肉体は何の益があるのでしょうか。あなたの刑罰、裁きがわたしを離れるのは、あなたの霊がわたしを見捨てるのと同じであり、またあなたがもうわたしと共におられないのと同じです。それなら、わたしはどうして生きていけるのでしょうか。あなたがわたしに病を与え、わたしの自由を奪うとしても、わたしは生きていけますが、あなたの刑罰、裁きがわたしを離れると、わたしは生きていけません。刑罰、裁きを失うと、わたしはあなたの愛を失うのです。あなたの愛はとても深くて、わたしは言葉では表現できません。あなたの愛を失うと、わたしはサタンの支配下で生きるようになり、あなたの栄光の顔を見ることもできなくなります。それなら、わたしはどうして生きていけるのでしょうか。このような暗やみの中で、このような生活の中でわたしは歩んでいけません。あなたがわたしと共におられれば、あなたを見たのと同じなのに、わたしがどうしてあなたを離れられるのでしょうか。わたしは心からあなたにお願いしますが、わたしの最大の慰めを奪わないでください。あなたのほんの少しの慰めの言葉であっても。わたしはあなたの愛を享受しました。今はもうあなたから遠ざかることができません。それでは、わたしはどうしてあなたを愛せずにいられるのでしょうか。わたしはあなたの愛のゆえに悲しみの涙をたくさん流しましたが、でも、わたしは常に、このような生活はさらに意義があり、さらに自分を充実させることができ、さらに自分を変えることができ、さらに被造物が具備すべき真理を得ることができると思います。」

人は一生サタンの支配下で生きていて、自分でサタンの支配から抜け出すことができる人は一人もいない。人はみな汚れた世界の中に生きており、堕落の中に生きており、虚しさの中に生きていて、何の意義もなく、何の価値もない。人はみな肉体のために、情欲のために、サタンのためにこのように何の心配も憂いもなく生きていて、何の生きがいもない。人は自分をサタンの支配から抜け出させる真理を見つけることはできない。人はみな神を信じ、聖書を読んでいても、どうすればサタンのこの支配の拘束から離れることができるか分からない。世々から、このような秘訣を見つけ、探り出すことができる人はとても少ない。だから、人はサタンを憎み、肉体を憎んでも、どうすれば人を陥れるこのサタンの支配から抜け出すことができるか分からない。あなたたちは今、やはりサタンの支配下にいるのではないか。不従順のことをしでかしてからでも悔いず、なおさら自分が汚れており、不従順であると思わず、神に逆らってからでも平気であり、全然不安を感じない。あなたが不安を感じないのはあなたの堕落のゆえではないか。あなたが不安を感じないのはあなたの不従順のゆえではないか。人はみなこの世の地獄の中で生きており、サタンの暗やみの支配下で生きている。全地の幽霊は人と共に住んでおり、人の肉体を蝕んでいる。地上にいるあなたは美しい天堂の中に生きているのではない。あなたがいる地は悪魔の領域であり、この世の地獄であり、黄泉の国でもある。人はきよめられなければ、みな汚れに属するのであり、神に守られず、顧みられなければ、やはりサタンの捕虜であり、裁かれず、罰されなければ、なおさらサタンの暗やみの力の抑圧から抜け出すことができない。あなたが現した堕落した性質、生かし出したそれらの不従順な行ないは、あなたがやはりサタンの支配下で生きていることを十分に証明する。あなたの思い、考えがきよめられず、あなたの性質が裁かれず、罰されなければ、あなたの全存在はやはりサタンの支配下に掌握されており、あなたの思いはサタンに制御され、あなたの考えはサタンに左右され、あなたの全存在はサタンの手の中に掌握されている。今、あなたはペテロの基準までどれほどの距離があるのか、あなたは知っているのか。あなたは素質を備えているのか。あなたは今の裁き、刑罰に対してどれほど認識したのか。ペテロが認識したのは、あなたはどれほど認識したのか。今でもあなたが認識していないのに、今後は認識できるだろうか。あなたのような、怠けており、意気地がない者は、全然刑罰と裁きを認識することができない。もしあなたが肉体の平安、肉体の享受を追い求めるなら、あなたはきよめられることができず、最後になってあなたはやはりサタンに帰する。なぜなら、あなたが生かし出すのはサタンであり、肉体だからである。今の状況から見れば、多くの人は全然命を追い求めず、つまり、きよめられることを重んじず、もっと深い命の経験の中に入ることを重んじないのである。これではどうして完全にされることができるだろうか。命を追い求めない者は、完全にされる機会がない。神を知ることを追い求めず、性質の変化を追い求めない者はみな、サタンの暗やみの支配から抜け出すことができない。神を知ること、性質の変化へと至る進入に真剣に取り組まず、宗教を信仰する人のように、ただ儀式を守り、礼拝をするなら、徒労に終わるのではないか。もし人が神を信じるのに命に関することに真剣に取り組まず、真理に進入することを追い求めず、性質の変化をも追い求めず、なおさら神の働きを認識することを追い求めなければ、完全にされることができない。完全にされようと思うなら、神の働きの意義、特に刑罰、裁きの意義が分からなければならない。神が刑罰、裁きを人の身に行なうのは何のためであるか、あなたは受け入れることができるか。このような刑罰の中であなたはペテロのような経験と認識を得ることができるか。もしあなたが神を知り、聖霊の働きを認識することを追い求め、性質の変化を追い求めれば、あなたは完全にされる機会がある。完全にされる人にとって、征服の仕事は絶対必要なものである。人は征服されてから、初めて完全にされる仕事を経験することができる。もしあなたが征服される役を務めるだけなら、あなたはあまり価値がないのであり、やはり神の使用に適さない。福音が拡大される時、あなたはあなたの分をささげることができない。あなたが命を追い求めず、自分を変え、新しくすることを追い求めないから、あなたは実際の命の経験がないのである。この一歩一歩の働きの中で、あなたは奉仕者にも引き立て役にもなったことがあるが、最後にあなたがペテロになることを追い求めず、ペテロが完全にされた道にそって追い求めなければ、性質の変化の経験はあり得ない。もしあなたが完全にされることを追い求める人であれば、あなたは証しをすることができる。あなたはこう言うだろう。「神のこの一歩一歩の働きの中で、わたしは神の刑罰、裁きの仕事を受け入れ、そのため、たくさんの苦しみを受けたけれども、わたしは神がどのように人を完全にするかを知り、神のする仕事を得、神の義を認識しました。彼の刑罰がわたしを救いました。彼の義なる性質がわたしの身に臨んだため、わたしは祝福を得、恵みを得ました。彼の裁き、刑罰がわたしを守り、わたしをきよめました。もし神の刑罰、裁き、神の厳しい言葉がわたしに臨まなかったら、わたしは神を知ることができず、救われることもできません。今日わたしが分かったことは、一人の被造物として、ただ造物主が造った万物を享受すべきだけではなく、さらに重要なのは、被造物である限り、神の義なる性質、神の義なる裁きを享受すべきです。なぜなら、神の性質は人が享受するに値するのであり、サタンに堕落させられた被造物として、神の義なる性質を享受すべきだからです。彼の義なる性質の中には、刑罰があり裁きもあり、さらに極めて大きな愛があります。今、わたしは神の愛を完全には得ていないけれども、幸運なことに、それを見ることができました。これはわたしにとって祝福です。」これは完全にされるのを経験する人が歩んでいる道であり、語る認識である。このような人はペテロのような人であり、ペテロのような経験がある人であり、このような人は命を得た人、真理のある人でもある。人は最後まで経験したら、きっと裁きの中で完全にサタンの支配から抜け出て、神に得られることができる。

征服された人は、なんら高らかな証しなど持たず、サタンに恥をかかせただけで、神の言葉の実際は生かし出していない。もしあなたが二回目の救いを得ておらず、罪祭を得ただけで完全にされていないなら、それはとても大きな損失である。あなたたちは自分が進入すべきこと、自分が生かし出すべきことを知って、そして進入すべきである。最後になって、あなたが完全にされることができなければ、あなたは真の人間ではない。その時、あなたは後悔先に立たないであろう。最初、神が造ったアダム、エバはきよい人であった。つまり、エデンの園の中で彼らはきよくて、汚されておらず、しかもヤーウェに忠実であり、ヤーウェを裏切ることを知らなかった。なぜなら、サタンの支配によるかき乱しがなく、サタンの毒素がなく、彼らは一番きよい人類だったからである。彼らはエデンの園の中で生活していたのであり、汚れに汚されておらず、肉体に占有されておらず、彼らはヤーウェを畏れていたのである。その後、サタンに誘惑されたため、毒蛇の毒素を持ち、ヤーウェを裏切る心を持つようになり、サタンの支配下で生きるようになった。最初、彼らはきよくて、ヤーウェを畏れていたのである。これこそ人なのだ。その後、彼らはサタンに誘惑されて、善悪の知識の木の実を食べたので、サタンの支配下で生きるようになり、次第にサタンに堕落させられ、したがって、人の本来の姿を失った。最初の人類はヤーウェの息があったのであり、不従順が少しもなく、心の中には邪悪がなかった。その時の人は真の人類であった。人はサタンに堕落させられて、畜生になり、心に思いはかっているのは悪いこと、汚ればかりであって、善がなく、聖がない。これはサタンではないか。あなたが多くの働きを経験したが変化しておらず、きよくなっておらず、やはりサタンの支配下で生きており、やはり神に対して従順がなければ、あなたは征服されただけで完全にされていない人である。なぜ完全にされていないと言うだろう。命を追い求めず、働きを認識することをも追い求めないで、ただ肉的な享楽を貪り、一時的な安逸を貪るだけであって、命の性質が変化しておらず、神が造った人の本来の形に復していないからである。このような人は生ける屍であり、霊のない死人である!霊の中のことに対する認識を得ることを追い求めず、きよくなることを追い求めず、真理を生かし出すことを追い求めず、消極的な面で征服されることだけに満足していて、真理を生かし出し、発表することができず、きよい人類になることができないような人は、救われていない人である。なぜなら、人は試練の中で真理がなければ立っていられず、試練の中で立っていられる人こそ救われた人だからである。わたしが求めるのは、ペテロのような人であり、完全にされることを追い求める人である。今日の真理は、渇仰し、尋ね求める人たちに与えられるのであり、この救いは、神に救われることを渇望する人たちに与えられるのであり、この救いは、あなたたちに得られるものだけではなく、あなたたちが神に得られるためのものでもある。あなたたちが神を得るのは、あなたたちが神に得られるためである。今日わたしがあなたたちに言った言葉は、あなたたちがみな聞いた。あなたたちはみなこの言葉に従って実行すべきである。最後にあなたたちがこの言葉を実行することができれば、わたしがこの言葉によってあなたたちを得たことになり、それと同時にあなたたちもこの言葉を得、すなわちこの極めて大きな救いを得たことになる。あなたたちがきよめられたら、真の人間になるのである。あなたが真理を生かし出すことができず、完全にされた人の姿を生かし出すことができなければ、あなたが人ではなく、生ける屍であり、畜生であると言ってもいい。なぜなら、あなたは真理がなく、すなわちヤーウェの息がないからである。だから、あなたは霊のない死人である!征服された後は証しをすることもできるが、あなたが得たのはただ少しばかりの救いであり、あなたはまだ霊のある、生きている人になっていない。あなたは刑罰、裁きを経験したが、あなたの性質は新しくされておらず、変えられておらず、あなたはやはり古き人であり、サタンに属する人であり、きよめられた人ではない。完全にされた人こそ価値があるのであり、このような人こそ本当の人生を得たのである。いつか、だれかがあなたに尋ねるだろう。「あなたは神の働きを経験しました。では、神の働きは一体どのようにしたのか聞かせてください。ダビデは神の働きを経験した後、ヤーウェの御業を見ました。モーセもヤーウェの御業を見ました。だから、彼らはヤーウェの御業を述べることができ、ヤーウェの奇しさを述べることができました。あなたたちは受肉した神がした仕事を見ましたが、あなたは彼の知恵を語り出すことができますか。彼の働きの奇しさを語り出すことができますか。神はあなたたちにどんな要求を出したのですか。あなたたちはどのように経験したのですか。あなたたちは世の終わりに神の働きを経験しましたが、あなたたちの最大の異象は何ですか。あなたたちはそれを語り出すことができますか。神の義なる性質をあなたたちは語り出すことができますか。」これらの問題に対してあなたはどのように答えるのか。もしあなたが、「神は本当に正しいです。彼はわたしたちを罰し、裁いて、情け容赦もなくわたしたちをさらけ出します。神の性質は真に人が犯してはなりません。神の働きを経験した後、わたしはわたしたちが畜生と同じであることを知りました。わたしは本当に神の義なる性質を見ました」と言うなら、彼はまたあなたに尋ねるだろう。「あなたは神に対してまたどんな認識がありますか。命の進入の面では、一体どのように実行したのですか。あなたは個人の志を持っていますか。」あなたは答えて言う。「被造物はサタンに堕落させられた後、畜生になり、まるで一匹のロバのようです。今日神の手の中に生きている以上、造物主の心を満足させなければなりません。わたしは彼の教え通り行い、何の選択もありません。」あなたがただこのように大まかに言えば、ほかの人は分からない。彼があなたに、働きに対してどんな認識があるのかを尋ねるのは、あなた個人の経験を尋ねるのであり、あなたが刑罰、裁きを経験した後どんな認識があるのかを尋ねるのである。これらはみなあなた個人の経験を指して言っているのであり、真理に対する認識を語ってもらうためである。もし語り出せなければ、あなたが今の仕事に対して全然認識がないことが証明される。もしあなたがいつももっともらしい言葉を言うか或いは誰でも知っているような言葉を言って、その中に細部にわたる経験がなく、なおさら実質的な認識、本当の証しがないのなら、ほかの人はあなたに信服しない。あなたは消極的につき従う人になってはならず、好奇心を満足させることを追い求める人になってはならない。あなたがこのように熱くもなく冷たくもないなら、あなたを葬り去るはずであり、あなたの命の成長を遅らせるはずである。あなたはこの消極的で受動的な状態から抜け出て、進んで積極的なものを追い求め、自分の弱いところを克服して、真理を得、真理を生かし出さなければならない。あなたの弱さは怖くなく、あなたの欠点は最大の問題ではない。あなたのこの、冷たくもなく熱くもない、真理を求めない心があなたの最大の問題であり、あなたの最大の欠点である。あなたたち一人一人の最大の問題は現状に満足し、消極的に待つという惰弱な心理である。これこそあなたたちの最大の阻みであり、真理を追い求める上での最大の敵である。もしあなたが、ただわたしの言葉がとても奥深いため従順になったのなら、あなたは本当に認識がある人ではなく、真理を宝愛する人でもない。あなたのこのような従順は証しとは呼べない。わたしはあなたのこのような従順を良しとしない。ある人はあなたに尋ねる。「あなたの神は一体どこから来たのですか。あなたの神の中の本質は何ですか。」あなたは言うだろう。「彼の本質は刑罰、裁きです。」「神は人に憐れみと慈しみを与える神ではないでしょうか。あなたは知らないのですか。」あなたは言う。「それはほかの人の神であり、宗教の中の人が信じる神であり、わたしたちの神ではありません。」あなたのような人に福音を宣べ伝えさせると、真理の道は歪曲されてしまう。それなら、あなたは何の役に立つのか。ほかの人がどうしてあなたから真理の道を得られるだろうか。あなたが真理を持たず、しかも真理を語り出すことができず、なおさら真理を生かし出すことができないなら、神の前に生きる資格などあるのか。あなたがほかの人に福音を宣べ伝え、真理を語り、神を証しする時、彼を言い負かすことができなければ、彼があなたを言い負かしてしまう。それなら、あなたは廃品になってしまうのではないか。こんなに多くの働きを経験したが、あなたがやはり真理をはっきりと述べることができなければ、あなたはごくつぶしではないか。何の役に立つのか。あなたたちはこんなに多くの働きを経験したのに、神に対して何の認識もないのか。神に対してどんな本当の認識があるかと聞かれると、あなたは答えに詰まって言葉が出なくなる。そうでなければ、たいしたことのない言葉を語って適当にその場をごまかして、神は力強い方であるとか、自分がこんなに大きな祝福を得たのは本当に神に高められたおかげであるとか、自分の目で神を見ることができるのは本当にこの上ない光栄であるとか言う。あなたが語ったのは何の価値があるのか。全部役に立たない無駄話だ!あなたはこんなに多くの働きを経験したが、神に高められるのが真理であることしか知らないのか。あなたは神の働きを知らなければならない。こうしてこそ本当の証しを持つことができる。真理を得ていない人がどうして神について証しすることができるだろうか。

こんなに多くの仕事、こんなに多くの言葉があなたの身に効果に達していなくて、仕事が広められる時、あなたが本分を尽くせないなら、恥を受け、慙愧するようになる。その時、あなたは神に対する負い目がとても多く、神に対する認識が浅すぎると感じるだろう。今は神が働いている時である。あなたが認識を得ることを追い求めなければ、以後追い求めても遅いのである。最後にあなたが認識を語り出せず、腹の中が空っぽで、何もないなら、あなたはどうやって神に申し開きをするのか。神に顔向けできるのか。今は努力して追い求めるべきであり、最後にペテロのように、神の刑罰、裁きがとても人のためになり、もし神の刑罰、裁きがなければ、人は救われることができず、この汚れた地で、汚泥の中でますます深くはまり込むばかりであることを認識することができなければならない。人はみなサタンに堕落させられて、互いに腹を探り合って暗闘し、互いに踏みにじり、神を畏れる心を失った。人の不従順は大きすぎ、観念は多すぎ、人はみなサタンに属しているのである。人は神の刑罰、裁きを離れると、その堕落した性質がきよめられることができず、救われることもできない。受肉した神が肉体の中で働く時に発表するのは霊の発表であり、彼のする仕事は霊のする仕事に従ってするのである。もし今日あなたがこれらの仕事に対して認識を持たなければ、あなたはあまりにも愚かであり、失うのが多すぎる!あなたが神の救いを得ていないなら、あなたの信仰は宗教的な信仰であり、あなたは宗教的なクリスチャンに属するのである。あなたは規定を堅く守るがゆえに聖霊の新しい働きを失ってしまう。ほかの人は神を愛するのを追い求めることによって真理を得、命を得ることができるが、あなたは信仰によって神に良しとされるどころか、かえって悪を働く人になり、荒らす忌むべき事をする人になり、サタンの笑い種、サタンの獲物になった。神は、人が信仰するための神ではなく、人が愛し、礼拝し、追い求めるための神である。今、あなたが追い求めなければ、いつかは言うだろう。「あの時、ちゃんと神につき従い、ちゃんと神を満足させ、命の性質の変化を追い求めればよかったのに。あの時、神に従わず、神の言葉を認識するのを追い求めなかったことを、わたしはとても後悔している。その時、神はそんなに多くの言葉を言ったのに、わたしはどうして追い求めなかったのだろう。わたしは本当に愚かである!」あなたはかなりの程度まで自分を憎むはずである。今、あなたはわたしの言った言葉を信じず、また重んじないが、いつかこの仕事が広められ、あなたがそれを全部見た時になったら、あなたは後悔し、唖然とするだろう。祝福があるのにあなたがどのように享受するか知らず、真理があるのにあなたが追い求めない。これは自分から気まずい結果を招くのではないか。今は次の段階の仕事がまだ展開されていないけれども、現在あなたに要求するもの、あなたに生かし出させるものは余計なものではない。こんなに多くの仕事、こんなに多くの真理は、あなたが認識するに値しないのか。刑罰と裁きはあなたの霊を呼び覚ますことができないのか。刑罰と裁きはあなたに自分を憎ませることができないのか。あなたはサタンの支配下で生きていて、平安を得、喜びを得、肉体の安逸を少し得ることだけに満足するのか。これはいちばん卑しい人ではないか。救いを見たのに、救いを得ることを追い求めない人は、いちばん愚かな人であり、肉体をむさぼる人であり、サタンを享受する人である。あなたは、神を信じることで何の困難もなく、何の患難もなく、何の苦しみもないことを望んでいる。あなたはいつもこれらの何の値打ちもないものを追い求めるのであり、かえって命を一文の値打ちもないものだと見なし、個人的な贅沢な考えを真理の前に置く。あなたという人はあまりにも価値がない!あなたが豚のように生活しているなら、豚や犬の類のものと何の区別があるのか。真理を追い求めないで肉体を愛する人はみな畜生ではないか。霊のない死人はみな生ける屍ではないか。あなたたちの間でどれだけの言葉を言ったのか。あなたたちの間でした仕事は少ないのか。あなたたちの間であなたたちに供給したのはどれほどであるか。あなたはどうして得ていないのか。あなたは何の恨み言があるのか。あなたが得ていないのは、あなたがあまりにも肉体を宝愛するからではないか、あなたの考えが贅沢すぎるからではないか、あなたがあまりにも愚かだからではないか。あなたがこの祝福を得られないのは、神があなたを救わなかったせいだと言えるのか。あなたは神を信じた後、平安を得ることだけを追い求めている。子供が病気にかからないとか、夫にはいい仕事があるとか、息子がよい結婚相手を見つけることができるとか、娘が良家に嫁ぐことができるとか、あなたの牛や馬があなたのためによく田畑を耕すことができるとか、一年中天候が順調であるとか、あなたはこれらだけを追い求めている。あなたは安逸に生活することだけを追い求めている。たとえば、あなたの家が平安であるとか、風があなたの体に当たらないとか、砂があなたの顔を打たないとか、あなたの作物が洪水に見舞われないとか、すべての災いがあなたに臨まないとか、「神の懐」に生きていて、気楽な住まいで生活するなどである。あなたのようなふがいない人は、ひたすら肉体を追い求めている。あなたはまだ心があるのか、まだ霊があるのか。あなたは畜生ではないのか。真理の道を値なしに与えられたのに、あなたは追い求めない。あなたは神を信じる者であるのか。真の人生があなたに与えられたのに、それを追い求めないなら、あなたは豚や犬の類のものではないか。豚は人生を追い求めず、きよくなることを追い求めず、何が人生であるかが分からず、毎日腹いっぱいに飲み食いしてからぐっすり眠る。真理の道はあなたに与えられたが、あなたが得ておらず、両手は空っぽのままである。このような豚のような生活をあなたは続けていきたいのか。このような人は生きていて、何の意義があるのか。あなたは卑劣で卑しい生活を送っており、汚れ、淫乱の中に生きており、何の追求目標もない。あなたの一生はいちばん卑しい一生ではないか。何の面目があって神に会えようか。このように経験していけば、やはり何も得るところがないのではないか。真理の道はあなたに与えられたが、最後にあなたが得られるかどうかは、あなた個人の追求次第である。人はみなこう言っている。「神は義なる神で、人が最後までつき従いさえすれば、彼はきっと人を偏り見ない。彼は最も正しいのだから、人が最後までつき従えば、彼が人を振り捨てることはないだろう」。わたしはどんな人をも偏り見ず、しかも義なる性質をもってあらゆる人を裁くのである。だが、人に対するわたしの要求には、適当な条件が付いていて、だれでもそれを満たさなければならない。あなたがいくら年功があっても、いくら古株であっても、わたしはこれらを見ない。わたしはただ、あなたがわたしの道を行う人であるかどうか、真理を愛慕う人であるかどうかだけを見る。もしあなたが真理を持たず、かえってわたしの名を辱め、わたしの道にしたがって行わず、ただ何の心配も憂いもなしにつき従っているなら、その時になって、わたしはあなたの悪にしたがってあなたを撃ち、懲罰する。あなたは何か言い訳する言葉があるのか。あなたは神が正しくないと言えるのか。だれでも今日わたしの言った言葉を全部守る者があれば、その人はわたしに良しとされる。あなたは自分がずっと神につき従いながら、苦しみを受け、風の日も雨の日も働き続け、神と甘苦を同じくし、患難を共にしたと言っているが、神の言葉はあなたが生かし出していない。あなたは毎日神について走ればよいと思っていて、意義のある人生を生かし出すつもりはない。あなたはこう言っている。「いずれにせよ、わたしは神が義なる神だと信じる。わたしは彼のために苦しみを受け、彼のために道を走り、彼のためにささげたので、功労はなくても辛労はあり、彼はきっとわたしを覚える。」神が義なる神であるのは確かであるが、この義の中には混じりけがなく、人の意志がなく、肉体が混じっておらず、人の取り引きも混じっていない。彼に背き、逆らい、彼の道を守らない者はみな懲罰を受けるのであり、だれでも赦されず、だれでも見逃されない!ある人は尋ねる。「わたしは今、あなたのために走っていますが、最後にあなたはわたしに祝福を少し与えてくれるでしょうか。」では、わたしはあなたに聞くが、わたしの言った言葉をあなたは守ったのか。あなたの言う義は取り引きの上に築かれたのであり、あなたはただ、わたしが義なる者であって、だれをも偏り見ず、だれでも最後までつき従う者は必ず救われ、必ずわたしの祝福を得ることができる、と考えているだけである。「最後までつき従う者は必ず救われる」というわたしの言葉は含意があるのである。最後までつき従う人はわたしに完全に得られた者であり、わたしに征服された後、真理を求めることによって完全にされた者である。あなたはいくつの要求を達成したのか。あなたは最後までつき従うという要求を達成しただけである。ほかの要求は達成したのか。あなたはわたしの言葉を行ったのか。わたしが五つの要求を出したが、あなたは一つの要求しか達成しなかった。ほかの要求はあなたは達成する気がなかった。あなたはただいちばん簡単で楽な道を探して、射幸心によって追い求めている。わたしの義なる性質はあなたのような人に対しては、ただ刑罰であり、裁きであり、義なる報いであり、悪を働くすべての人に対しては、義なる懲罰である。わたしの道を行わない者は、たとえ最後までつき従っても罰されるのである。これこそ神の義である。この義なる性質が発表されて人を罰する時になったら、人は呆然としてしまい、神につき従っていた時に彼の道を行わなかったことを後悔するだろう。「その時は、ただつき従って苦しみを少し受けただけで、神の道を行わなかった。わたしはもう言う言葉がない。刑罰を受けよう!」しかし、心の中ではこう思う。「どうせわたしは最後までつき従ってきた。あなたがわたしに刑罰を受けさせても、そんなに重い刑罰を受けさせることはない。この刑罰を受けた後、あなたはやはりわたしを救う。わたしはあなたが義なる方であることを知っている。あなたがずっとこのようにわたしを取り扱うはずがない。何と言っても、わたしは滅びる者と違うので、滅びる者は重い刑罰を受けるが、わたしは少し軽い刑罰を受ける。」義なる性質はあなたが言ったようではなく、だれでもちゃんと罪を告白する者は、軽く処置するのではない。義は聖であり、人が犯してはならない性質でもある。汚れた者、変えられなかった者はみな、彼に憎まれる対象である。義なる性質は法律ではなく、行政であり、王国の行政である。このような行政は、真理がなく、変えられなかったあらゆる人にとっては義なる懲罰であり、救われる余地がないのである。なぜなら、人々がおのおのその種類に従う時、神が悪を行う者を罰し、善を行う者を賞するのであり、その時は人類の落ち着き先が明らかにされる時であり、救いの仕事が終わる時であり、神がもう人を救う仕事をせず、悪を働くすべての人に報いるのだからである。またある人はこう言う。「常に神のそばにいるこの人たちは神がみな覚えている。姉妹と言うとその中にわたしがあり、兄弟と言うとその中にわたしがあり、わたしたちのだれも神は忘れない。わたしたちこれらの人はきっと神に完全にされる対象である。下の人たちは神がみな覚えていない。彼らの中の、神に完全にされる人数はきっと神と常に接触するわたしたちの中のそれより少ない。わたしたちこれらの人はだれでも神に忘れられることはない。わたしたちはみな神に良しと認められる者であり、きっと神が完全にしようとする者である。」あなたたちはみなこのような観念を持っている。これが義であるのか。あなたは真理を実行したのか。あなたはあろうことかこのようなデマを飛ばすのだ。あなたは本当に恥知らぬ者だ!

今一部の人は神に使われることを追い求めているが、征服された後でも、人はやはり直接神に使われることができない。人を使う時になって、あなたがやはり神が今言った言葉を実行できないなら、あなたは完全にされていないのである。つまり、神は人を完全にする期限になって、人が淘汰される者であるか、それとも使われる者であるかを決めるのである。征服された者はただ消極的で否定的な例であり、標本、模型である。しかし、それはただ消極的な引き立て役に過ぎない。命があり、性質が変化し、内側も外側も変えられた者こそ完全にされたのである。今、征服されることと完全にされることの中で、あなたは一体どれを選ぶのか、あなたはどれに到達したいのか。今、あなたは完全にされるのに必要な条件をいくつ備えたのか。備えていない条件はどれとどれか。あなたはどのように装備し、どのように自分の不足を補うべきか。あなたはどうすれば完全にされる道を歩むことができるのか。どうすれば完全に従うことができるのか。あなたは完全にされることを求めるが、では、あなたはきよくなることを追い求める人であるか。あなたは刑罰、裁きによって守られることを追い求める人であるか。あなたはきよめられることを追い求めるが、あなたは刑罰と裁きを受けたいか。あなたは神を知ることを求めるが、あなたは刑罰、裁きに対して認識がある人なのか。今、あなたの身に行われる仕事の多くは、刑罰、裁きである。あなたの身に行われるこれらの仕事に対して、あなたはどのように認識しているのか。あなたが経験した刑罰、裁きは、あなたをきよめたのか、あなたを変えたのか、あなたの身に効果を収めたのか。呪いとか、裁きとか、さらけ出しとかの今日のこんなに多くの仕事に対して、あなたはうんざりするのか、それともそれが大いにあなたのためになると思うのか。あなたは神を愛しているが、その原因は何であるか。ほんのわずかな恵みのゆえに神を愛するのか、平安と喜びを得たため神を愛するのか、それとも刑罰、裁きがあなたをきよめたため神を愛するのか。あなたが神を愛する原因はいったい何であるか。ペテロはどんな条件を備えて完全にされたのか。彼は完全にされた後、主にどんな表れがあったのか。ペテロは主イエスを恋しく思ったから彼を愛したのか、彼を見ることができなかったから彼を愛したのか、あるいは彼に責められたから彼を愛したのか、それとも患難の苦しみを受けて、自分の汚れ、不従順を知り、主のきよさを知ったからさらに主イエスを愛したのか。神に対する彼の愛がさらに純潔になったのは、刑罰、裁きのゆえであるか、それとも何かほかのもののゆえであるか。その原因は一体どれであるか。あなたが恵みのゆえに、今の少しばかりの祝福のゆえに神を愛するなら、これは本当の愛であるか。あなたはどのように神を愛すべきか。彼の義なる性質を見て、本当の愛が生じ、口先だけではなく心から完全に承服し、彼に対して多少認識を持つことができるように、刑罰、裁きを受けるべきではないか。あなたはペテロのように「いくら神を愛しても満足ができない」と言えるのか。あなたが追い求めるのは、罰され、裁かれた後、征服されることであるか、それとも罰され、裁かれた後、きよめられ、守られ、顧みられることであるか。あなたが追い求めるのは一体どれであるか。あなたの一生は意義のある一生であるか、それとも価値がなく、意義がない一生であるか。あなたが必要とするのは肉体であるか、それとも真理であるか。あなたが必要とするのは裁きであるか、それとも安逸であるか。あなたはこんなに多くの働きを経験して、神の聖さと義を見た。では、あなたはどのように追い求めるべきか。あなたは一体どのようにこの道を歩むべきか。あなたはどのように神を愛することを実行すべきか。刑罰、裁きはあなたの身に効果を得たのか。あなたが刑罰、裁きに対して認識があるかどうかは、あなたの生かし出し、あなたの神に対する愛の程度によって判断するのである!あなたは口では神を愛すると言うが、生かし出すのが古い堕落した性質であり、神を畏れる心が少しもなく、良心のかけらもない。このような人は神を愛する人であるのか。このような人は神に忠実であるのか。刑罰、裁きを受けた人であるのか。あなたは口では神を愛し、神を信じると言うが、やはり自分の観念を抱いて捨てず、働き、進入し、言葉を言う時、また生活の中で神を愛する表れが少しもなく、神を畏れる心もない。これは刑罰、裁きを受けた人であるのか。このような人はペテロであるのか。ペテロのような人は認識だけがあって生かし出しがない人であるのか。今、人は本当の人生を生かし出すよう要求されたが、その目的を達するにはどんな条件を備えるべきか。ペテロの祈りは口先だけの祈りであるのか。心の奥底から出た言葉ではないか。ペテロは祈るだけで真理を実行しない人であるか。あなたの追求は一体だれのためであるか。あなたはどうすれば刑罰と裁きの中で守られ、きよめられることができるか。刑罰と裁きはみな人にとって無益なのか。裁きはみな懲罰であるのか。平安、喜び、物質的な祝福、一時の安逸だけが人の命のためになるのか。人が安逸で快適な環境の中に生きていて、裁きのない生活をしているのなら、きよめられることができるのか。人が変化し、きよくなろうとするなら、完全にされることをどのように受け入れるべきか。あなたは今どの道を選ぶべきか。