「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

三位一体の神は存在するのか

イエスが受肉したという事実があってから、人は初めて、天には父だけでなく、子もおり、霊さえもいることを知った。つまり、人の伝統的な観念では、天にはひとりの神、すなわち聖なる父、聖なる子、聖霊からなる三一の神がいると思っている。人々は次のような観念を持っている。神はひとりの神であるが、このひとりの神は三つの部分からなっている。つまり、ひどく重い伝統的観念を持つ人たちが思っているような聖なる父、聖なる子、聖霊である。この三部分を総合したものこそ神のすべてであり、聖なる父がいなければ、神のすべてではなく、同様に聖なる子、聖霊がいなければ神のすべてではない。彼らの観念では、聖なる父だけでは神と呼ばれず、聖なる子だけでも神と呼ばれず、聖なる父、聖なる子、聖霊が一体となってこそ神自身と呼ばれることができる、と思っている。今になって、すべての宗教の信徒、またあなたたちの中のつき従っている一人一人さえもこのように思っている。だが、このような認識が正しいかどうか、だれもはっきり言えない。なぜなら、あなたたちは神自身のことについてはいつも迷霧の中にいるからである。観念的な認識であっても、あなたたちはそれが正しいかどうかを知らない。なぜなら、あなたたちが宗教的な観念にあまりにもひどく伝染され、宗教の伝統的な観念をあまりにも深く受け入れ、あまりにもひどく毒されたからである。だから、これについては、あなたたちも悪影響を受けたのである。なぜなら、三一の神、つまり聖なる父、聖なる子、聖霊からなる三位一体の神は全然存在しないからである。これは人の伝統的な観念であり、人の誤った認識である。何世紀にもわたり、人々はみな、自分の頭と観念で想像し、自分自身で造り上げた、これまで見たことのない三位一体の神を、ずっとこのように信じてきた。長年来、多くの霊的な偉人たちが「三位一体の神」の「真意」を解釈してきたが、その本人たちでさえ位格が異なる三一の神についてどっちつかずの解釈ではっきりしない。「神」の「構成」がどうなっているのか、人はみなさっぱりわけが分からない。いかなる大人物もはっきり解釈することができない。彼らの多くは教理上、文字上で理解できるだけであり、その含意をすっきりと理解できる人は一人もいない。なぜなら、人の心の中のこういう「偉大な三一の神」は全然存在しないからである。というのは、人は「神の本来の姿」を見たことがないからである。神の横になるところには一体どんなものがあるのか、「神の家の中」は一体何万代、何億代続いているのか、また神の本来の構成は一体いくつの部分に分けているのかを調べるために、幸運にも神の住まいに遊覧しに行ったことがある人は一人もいないからである。最も主要な調査は次のことである:聖なる父はいくつなのか、聖なる子はいくつなのか、聖霊は一体いくつなのか。彼らはどんな顔をしているのか。彼らは結局どのように分かれ、またどのように一つになるのか。残念ながら、かくも長年に渡ってこれらのことを調べ出せた人は一人もおらず、みな「推測する」だけである。なぜなら、天に昇ってひととおり遊覧してから全人類に「調査報告」を発表し、三一の神に関心を持つあらゆる熱心で敬虔な宗教の信徒たちに事実の真相を告げる人は一人もいなかったからである。もちろん、人がこんな観念を持つようになったのは、すべて人のせいではない。聖なる父ヤーウェが人類を創造する時、聖なる子イエスをそばに連れていなかったのがいけないのだ。あの時、二人ともヤーウェと呼ばれていたらよかったのに。ヤーウェ神が一時ミスをして、世界を創造する時、聖なる子、聖霊をそばに呼ばずに、自分一人で働いたのが咎められるべきだ。彼らが共に働いたなら、一つになったのではないか。もし初めから今までヤーウェという名があるだけで、恵みの時代にイエスという名が存在せず、或いは恵みの時代に神がやはりヤーウェと呼ばれたなら、神は人類に分割される苦しみを受けることはなかっただろう。もちろん、このすべてがヤーウェのせいだと責めるわけにもいかない。責められるべきなのは聖霊である。彼は何千年もずっとこのように働いていて、ヤーウェと呼ばれたり、イエスと呼ばれたり、聖霊と呼ばれたりしたため、人は頭が混乱してわけが分からなくなり、一体だれが神なのか分からなくなった。もし聖霊が一人で働けば、姿も形もなく、ましてイエスというような名もなく、人は触れることも見ることもできず、雷の鳴る音しか聞こえない。このように働くなら、もっと人類のためになるのではないか。今はどうしたらいいだろう。人の観念は積み重なって山となり、また合流して海となった。そのため、今日の神は我慢できなくなり、どうしたらよいか全く分からなくなった!以前、ヤーウェとイエスと彼らの間にいる聖霊の三人だけでも、どう「処理」すればよいか分からなかったのに、今日また「全能者」が加わり、彼もまた「神の一部分」だと言われている。彼は三位一体の神のどの位格の中に、何年混じり入り、隠れていたどの方であるのか、だれが知ることができようか。こんなことを人がどうして受け入れられようか。三一の神を解釈するだけでも一生かかるのに、今日「四一の神」がやって来た。これはまたどのように解釈すべきか。あなたは解釈できるのか。兄弟姉妹たちよ!あなたたちはこのような神をどのように今日まで信じてきたのか。わたしは本当にあなたたちに感心する。三一の神を信じるだけでも大変であるのに、今日の四一の神をあなたたちはこんなに平然と信じている。あなたたちを離させても、あなたたちは離れようとしない。これは本当に不思議である!あなたたちは本当にたいしたものだ!一人の人が「四人の神」を信じることができるばかりか、それを全く気にかけない。あなたたちはこれがしるしだと思わないのか。あなたたちがこんなに大きなしるしや奇跡を行うことができるとは思えない。実は、わたしがあなたたちに教えるのは、「三一の神」は全宇宙には全然存在しない。神には父がなく、子もなく、まして父と子が共に使う道具――聖霊という学説などはない。これは全然存在しない、世の中で最もでたらめな理屈である!しかし、このでたらめな理屈も「源」があるのであり、根拠がないわけではない。なぜなら、人であるあなたたちの「頭」も決して単純ではなく、その構想も道理がないわけではなく、かなり適切で、巧みであり、いかなるサタンも撃破できないほどだからである。残念ながら、それらはみな全然存在しない、でたらめな理屈である!あなたたちは全く事実の真相が見えていない。あなたたちはただ推理し、想像しているだけである。その後、筋道立った物語を作り上げて人の信頼をだましとり、一番愚かで、頭が鈍く、理智のない人たちを独占して、彼らにあなたたちの偉大で有名な「専門家の学説」を信じさせる。それは真理なのか。それは人が受け入れるべき命の道なのか。すべてでたらめな話だ!適切な言葉は一つもない!長年にわたり、「神」はあなたたちにこのように分割されている。あなたたちは代々と神を細かく分けていき、ついには公にひとりの神を三人の神に分けてしまった。今になって、人はもう神を一つにまとめ合わせることはできない。なぜなら、あなたたちが神を細かく分けすぎたからである!もしわたしが早めにこの仕事に取りかからなかったら、あなたたちがいつまで暴れるか分からない!このように分けて行けば、神はまだあなたたちの神であり得るのか。あなたたちは神を知ることができるのか。祖先に立ち返ることができるのか。もしわたしがもう少し遅く来たなら、あなたたちはイエスとヤーウェ「父子二人」をイスラエルへ追い返し、自分は神の一部だと言うかもしれない!幸いなことに今は世の終わりである。今日という待ちに待った日がとうとうやって来た。わたしが自ら来てこの段階の仕事をしたからこそ、あなたたちは「神自身」を分割する仕事を止められたのである。そうでなかったら、あなたたちはやたらに神を分けて、あなたたちの中のあらゆるサタンをさえ机の上に祭ったはずである。これはみなあなたたちの手段である!「神」を分割する手段である!今でもあなたたちはまだ分けようとするのか。わたしは聞きたい:神はいったい何人いるのか。どの神があなたたちを救いに来るのか。あなたたちが一日中祈るのは一番目の神か、二番目の神か、それとも三番目の神なのか。あなたたちが一日中信じているのはいったいどの神なのか。父なのか、子なのか、それとも霊なのか。あなたが信じるのはいったいだれなのか。口を開けば神を信じると言っているが、実はあなたたちが信じているのは自分の「頭」である!あなたたちの心の中には全然神がない!それなのに、あなたたちの頭の中には多くの「三一の神」がいる!そうではないのか。

三位一体という言い方によって三つの段階の仕事を評価するなら、三人の神がした仕事が異なるため、彼らは三人の神ということになる。もし誰かが三位一体の神は確かに存在すると言うなら、いったい三位一体とは何なのか、聖なる父とは何なのか、聖なる子とは何なのか、聖霊とは何なのか説明しなさい。聖なる父とはつまりヤーウェなのか。聖なる子とはつまりイエスなのか。また聖霊とは何なのか。父は霊ではないのか。子の本質も霊ではないのか。イエスの仕事は聖霊がしたのではないのか。当時ヤーウェがした仕事も、イエスと同じ霊がしたのではないのか。神は何人の霊を持つのか。あなたの言い方だと、聖なる父、聖なる子、聖霊は三位一体であり、つまり三人の霊がいるのであり、三人の霊はすなわち三人の神である。それなら、神は唯一の真の神ではなくなる。こんな神に神本来の本質があろうか。あなたは神がただひとりだと認めている。では、どうして彼に子と父がいるだろうか。これはみなあなたの観念ではないのか。神はひとりしかおらず、神の位格も一つしかなく、神の霊はひとりしかいない。これは聖書に「聖霊はただひとりであり、神はただひとりである」と書かれているとおりである。あなたが言う聖なる父、聖なる子が存在しようとしまいと、とにかく神はただひとりであり、あなたたちが思う聖なる父、聖なる子、聖霊の本質もみな聖霊の本質である。つまり、神はひとりの霊であるが、彼は受肉して、人々の間で生きることもできれば、すべてのものを超えることもでき、彼の霊はすべてを含む霊であり、どこにでも存在する霊であり、彼は肉体の中にいることもできれば、全宇宙にいることもできる。人々が神は唯一の真の神であると言うからには、神はただひとりであり、だれも勝手に彼を分けてはいけない!神はただひとりの霊であり、一つの位格だけあり、すなわち神の霊である。あなたが言ったように、聖なる父、聖なる子、聖霊がいるなら、それは三人の神ではないのか。聖霊は一つのことであり、聖なる子は別のことであり、聖なる父はまた別のことである。彼らの位格はそれぞれ異なり、しかも本質も違うのに、どうしてひとりの神の各部分であり得ようか。聖霊は霊である。これは人々には分かりやすいのである。それなら、聖なる父はさらに霊である。彼はこの世に下ったことがなく、受肉したこともなく、つまり人の心の中のヤーウェ神である。だから、彼も当然霊である。では、彼のこの霊と聖霊とはどんな関係にあるのか。父と子の関係なのか。それとも父の霊と聖霊の関係なのか。彼ら二人の霊の本質は同じなのか。それとも父が聖霊を道具として用いたのか。これはどう解釈すべきだろうか。聖なる子と聖霊はまたどんな関係にあるのか。霊と霊の関係なのか、それとも人と霊の関係なのか。これはみな解釈しようがないことである!もし彼らがひとりの霊であれば、三つの位格という言い方はない。それは彼らの霊が同じだからである。もし彼らの位格が違うなら、彼らの霊は強いのもあれば弱いのもあり、絶対に一人の霊であるはずがない。聖なる父、聖なる子、聖霊という言い方は一番ばかげている!こう言えば、すぐに神は分けられてしまい、三つに分けられた神はいずれも自分の地位があり、それぞれに自分の霊があることになる。それでも、ひとりの霊であろうか、ひとりの神であろうか。あなたはいったいだれが天地万物を造ったと思っているのか。聖なる父なのか、聖なる子なのか、それとも聖霊なのか。ある人は、彼らが一緒に造ったのだと言う。では、人類は聖霊が贖ったのか、聖なる子が贖ったのか、それとも聖なる父が贖ったのか。ある人は、聖なる子が人類を贖ったのだと言う。では、聖なる子の本質はだれなのか。神の霊の言がなった肉体ではないか。肉体が天の神を父と呼んだのは、造られた人の立場から言ったのである。あなたはイエスが聖霊によって身ごもられたことを知らないのか。彼の内側は聖霊である。あなたがどう言おうと、彼は天の神と同じひとりである。なぜなら、彼は神の霊の言がなった肉体だからである。聖なる子という言い方など全くない。すべてひとりの霊がした仕事であり、すべて神自身がした仕事であり、つまり神の霊がした仕事である。神の霊はだれか。聖霊ではないか。イエスの身に働いたのは聖霊ではないか。もし聖霊(すなわち神の霊)の働きでなければ、彼がした仕事は神自身を代表できるだろうか。イエスが祈った時、天の神を父と呼んだのは、一人の造られた人の立場からそう呼んだだけである。それはただ、神の霊が普通で正常な人の体を着て、被造物の殻を持ったからである。彼の内側は神の霊であったけれども、外見上はやはり正常な人であった。つまりイエス自身を含めてすべての人が言っていた「人の子」であった。人の子と言えば、普通で正常な家庭に生まれた人である(男であれ女であれ、とにかく外見は人である)。だから、イエスが父と呼んだのは、あなたたちが当初天の神を父と呼んだのと同じで、造られた人の立場からそう呼んだのである。あなたたちはイエスが教えた主の祈りをまだ覚えているのか。「天におられるわたしたちの父よ……」彼はすべての人に天の神を父と呼ばせた。彼も天の神を父と呼んだ以上、あなたたちと平等な地位に立って天の神を呼んでいたのである。あなたたちも天の神を父と呼んだ以上、イエスは自分を、あなたたちと平等な地位にある、神が地上で選んだ一人の人(すなわち神の子)と見なしたのである。あなたたちが神を父と呼ぶのも、あなたたちが被造物だからではないか。イエスの地上での権威がどんなに大きくても、十字架につけられる前、彼はやはり聖霊(すなわち神)に支配された人の子であり、地上の被造物の一人に属したのである。彼はまだ仕事をやり遂げていないから、天の神を父と呼んだのである。これはただ彼の遜りと従順からである。しかし、彼が神(すなわち天の霊)をこう呼んだからといって、彼が天の神の霊の息子だと証明されるわけではない。これはただ彼の立つ立場が違うだけであり、位格が違うからではない。位格というような謬論は全然存在しない!十字架につけられる前のイエスは、肉体に制約された人の子であり、霊のすべての権威は持っていなかった。だから、彼は被造物の立場から父なる神の意志を求めるしかなかった。ゲツセマネの園の三回の祈りのように、「わたしの思いのままにではなく、御心のままになさって下さい」と。十字架につけられる前、彼はユダヤ人の王、人の子、キリストに過ぎず、栄光の体ではなかった。だから、彼は被造物の立場から神を父と呼ばなければならなかった。でも、あなたは神を父と呼ぶ者はみな聖なる子だと言ってはならない。さもないと、イエスがあなたたちに主の祈りを教えた後、あなたたちも「聖なる子」になってしまうのではないか。もしあなたたちがまだ納得しないなら、あなたたちが呼んでいる「父」はだれを指すのか言ってみなさい。もしイエスを指すなら、イエスの「父」はあなたたちの何にあたるのか。イエスが去った後、父と子という言い方はもうなくなった。この言い方はイエスが受肉した数年間だけ適用するのであり、それ以後、あなたたちが神を父と呼ぶ時は造物主と被造物の関係にあるのである。いつでも、聖なる父、聖なる子、聖霊は三位一体だという言い方はあってはならない。これは千古まれに見る謬論であり、存在しないのである!

多数の人はまた「創世記」の中の「……われわれの形に、われわれにかたどって人を造り」という神の言葉を思い浮かべるだろう。神が「われわれ」にかたどって人類を造ったのだと言った以上、「われわれ」は神が二人以上いることを意味しており、われわれと言った以上、神が一人だけではないのである。こうして、人は異なった抽象的な「位格」を思いつき、この言葉から聖なる父、聖なる子、聖霊が生まれた。では、聖なる父はどんな形なのか、聖なる子はどんな形なのか、また聖霊はどんな形なのか。まさか三つの形をかたどって合わせた後で今日の人類を造ったのではあるまい。そうなら、人の形はいったい聖なる父に似ているのか、聖なる子に似ているのか、それとも聖霊に似ているのか。いったい神のどの位格に似ているだろうか。人のこういう言い方は全く間違っており、筋道が通らない!これでは、ひとりの神が何人もの神に分けられることにしかならない。モーセが「創世記」を書いたのは、世界が造られて人類ができた後のことである。世界が造られた時、モーセという人は全然いなかった。モーセが聖書を書いた時は、創世から遠く隔たった時代なのに、彼が天の神がどう言ったかを知っていたはずがあろうか。神がどのように世界を造ったのか、彼は全く知らなかった。旧約聖書には聖なる父、聖なる子、聖霊という言い方はなく、ヤーウェ、唯一の真の神がイスラエルで働いたことだけが記されている。時代によって名が違うからと言って、一つの名が一つの位格であると証明されるわけではない。そうなら、神には無数の位格があることにならないか。旧約に記されているのは、ヤーウェの働きであり、神自身が律法時代にした一段階の初めての仕事であり、言うとそのように成り、命じるとそのように立つという神の働きである。ヤーウェは自分が聖なる父で、働くために来たのだと言ったことがなく、聖なる子が来て人類を贖うと預言したこともない。イエスの時になって、神が受肉して全人類を贖いに来たと言っただけで、聖なる子が来たとは言わなかった。時代が異なり、神自身のしようとする仕事が異なるため、異なる境地で働くことが必要とされている。こうして、代表する身分も異なるのである。人はヤーウェがイエスの父であると思っていたが、イエスはそれを認めなかった。彼は言った。「われわれはもともと父と子の関係ではない。わたしと天の父とは一つであり、父がわたしのうちにおられ、わたしが父のうちにおり、子を見た者は天の父を見たのである。」長々と話してきたが、父であれ子であれ、同じ霊であり、位格の区別はない。位格の違いとか、父、子、霊の関係とか、人がこう言い出すと、問題を複雑化させてしまう。位格となると、神を物質化してしまうのではないか。また、人が神を、一番目の神、二番目の神、三番目の神に分けたのは、人の想像であり、参考にする価値が少しもなく、現実ではない!もしあなたが彼に「神は何人いるのか」と尋ねれば、彼は「神は聖なる父、聖なる子、聖霊からなる三位一体の唯一の真の神である」と言う。あなたがまた彼に「聖なる父はだれか」と尋ねると、彼は「聖なる父は天にいる神の霊であり、すべてをつかさどる方であり、天の支配者である」と言う。「では、ヤーウェは霊なのか。」彼は「そうだ!」と言う。また「聖なる子はだれか」と尋ねると、彼は「もちろんイエスである」と言うだろう。「イエスはどういうことなのか、彼はどこから来たのか。」彼は「イエスはマリアから生まれたのであり、聖霊によって身ごもられたのである」と言う。「では、彼の本質も霊ではないのか。彼のした仕事も聖霊を代表するのではないのか。ヤーウェは霊であり、イエスの本質も霊であり、言うまでもなく、世の終わりにこの段階の仕事をする神もやはり霊である。彼らは位格の違いがあるのか。神の霊が異なる立場に立って霊の仕事をするのではないのか。」だから、位格の区別などない。イエスの時は聖霊によって身ごもられたのだから、疑いなく、イエスの仕事も聖霊の仕事である。ヤーウェが仕事をした最初の段階で、彼は受肉しなかったし、人に現れなかったので、人は彼がどんな姿か見られなかった。彼がどんなに高くても、どんなに大きくても、彼は霊であり、初めに人を造った神自身、すなわち神の霊である。彼は雲の中で人に話したが、ただひとりの霊であって、だれも彼がどんな姿か見られなかった。恵みの時代に神の霊が肉体の中に来て、ユダヤに受肉した時、人は初めて、彼の言がなった肉体の姿がユダヤ人の姿であることを見たのである。だが、彼らはヤーウェのおもかげを見いだすことは全くできなかった。しかし、彼は聖霊によって身ごもられたのであり、つまりヤーウェの霊自身によって身ごもられたのである。だから、生まれたイエスはやはり神の霊の化身である。あの時、人が見たのは、聖霊が鳩のようにイエスの上に下って来たことであり、それはイエスの専用の霊ではなく、聖霊であった。それなら、イエスの霊と聖霊は分けることができるだろうか。もしイエスはイエスであり、聖なる子であり、聖霊は聖霊であるなら、彼らがどうして一つであり得ようか。それでは、仕事ができなくなる。イエスの内側の霊と天の霊とヤーウェの霊は一つであり、それは聖霊と呼ばれ、神の霊とも呼ばれ、七倍強めた霊とも呼ばれ、すべてを含む霊でもある。神の霊はたくさんの仕事をすることができる。彼は世界を造ることができ、洪水で世界を滅ぼすこともでき、全人類を贖うこともでき、さらに全人類を征服し、全人類を滅ぼすことができる。この仕事はすべて神自身がする仕事であり、いかなる位格の神も代わりにすることはできない。彼の霊はヤーウェと呼ばれ、イエスと呼ばれることができ、全能者と呼ばれることもでき、主であり、キリストであり、人の子になることもできる。彼は天におり、地にもおり、全宇宙の上におり、万人の中にもいる。彼は天と地の唯一の支配者である!創世から今まで、この仕事は神の霊自身がしたのである。天での仕事であれ、肉体での仕事であれ、彼の固有の霊がしたのである。天上の被造物であれ、地上の被造物であれ、彼の全能の手に握られている。すべては神自身の仕事であり、だれも彼の代わりにすることはできない。天では彼は霊であり、神自身でもあり、人の間では彼は肉体であるが、やはり神自身である。彼の名が無数にあっても、やはり彼自身であり、すべて彼の霊の直接の発表である。十字架につけられて全人類を贖ったのは彼の霊の直接の仕事であり、世の終わりに諸国、諸方に告げたのも、彼の霊の直接の仕事である。いつであれ、神は全能の唯一の真の神、すべてを含む神自身としか呼ばれない。位格は全然存在しないのであり、聖なる父、聖なる子、聖霊という言い方はなおさら存在しないのである!天上、地上にひとりの神しかいない!

神の経営計画は全部で六千年であり、仕事の違いによって、三つの時代に分けられる。第一の時代は旧約律法時代であり、第二の時代は恵みの時代であり、第三の時代は終わりの時代、すなわち王国時代である。どの時代も代表する身分が異なる。それはただ仕事が異なるためであり、すなわち仕事の必要のためである。第一段階はイスラエルで働いたのである。第二段階はユダヤで贖いの仕事を完成したのである。それは贖いの仕事をするためであった。だから、イエスが聖霊によって身ごもられたのであり、ひとり子であった。これはみな仕事の必要によって決められたのである。世の終わりに、神は異邦へ仕事を広め、異邦人を征服する仕事をする。それは、彼の名が異邦人の間で大いなるものとなるためである。彼は人を導いてすべての人生の正道を分からせ、すべての真理と命の道を分からせようとする。仕事はすべてひとりの霊がしたのであり、立つ立場が違うが、仕事の性質と原則はみな同じなのである。あなたが彼らのした仕事の原則、性質を見たら、あらゆる仕事はひとりの神がしたのだと分かる。ある人はまた「聖なる父は聖なる父であり、聖なる子は聖なる子であり、聖霊は聖霊であり、最後に彼らは一つになることができる」と言うだろう。では、あなたはどのようにして彼らを一つに合わせるのか。聖なる父と聖霊はどうすれば一つになれるのか。もしもともと二つであるなら、どう合わせてもやはり二つの部分ではないのか。合わせると言うのは、異なる二つの部分を集めて一つにすることではないのか。しかし、彼らが一つになる前は二つの部分ではないのか。ひとりの霊にはひとりの霊の本質があり、二人の霊をひとりの霊に合わせることはできない。霊は物質のものではなく、物質世界のものとは異なるのである。人から見れば、聖なる父はひとりの霊であり、聖なる子はひとりの霊であり、聖霊はまたひとりの霊であり、三人の霊が三杯の水のように一体になったら、一つに合わせられるのではないか。これは誤った解釈である!これは神を分けることではないか。聖なる父、聖なる子、聖霊がどうして一つになれるだろうか。彼らは異なる性質の三つの部分ではないか。またある人は、神はイエスが彼の愛する子だとはっきり言ったのではないか、と言う。「イエスは神の愛する子、神の心にかなう者である」という言葉は、もちろん神自身が言ったのであるが、それは神自身が自分の証しをしたのである。これはただ彼が別の立場から彼自身を証しし、天で霊の立場から彼の言がなった肉体を証ししたに過ぎない。イエスは彼の言がなった肉体であって、彼の天での息子ではない。あなたにはこれが分かるのか。「父がわたしのうちにおられ、わたしが父のうちにおる」というイエスの言葉は、彼らがもともとひとりの霊であることを指すのではないか。受肉したため、彼らが天の上と下に別れたのではないか。実は、彼らはやはり一つであり、どうであろうと、神自身が自分の証しをしていたのである。時代の違いのため、仕事の必要のため、また、経営計画の段階が違うため、人の彼に対する呼び名も違うのである。第一段階で働いた時、神はヤーウェと呼ばれていただけであり、彼はイスラエル人の牧者であった。第二段階で、受肉した神は主、キリストとしか呼ばれなかった。しかし、あの時、天の霊は彼を神の愛する子だと言っただけで、神のひとり子だと言わなかった。この言い方は全然存在しない。神にどうしてひとり子がいるのだろうか。そうなら、神は人になったのではないか。受肉したから、彼は神の愛する子と呼ばれた。こうして、父と子の関係ができた。それはただ、彼らが天と地に別れたからである。イエスが祈るのは肉体の立場から祈ったのである。彼は正常な人性を持つ肉体を着たのだから、肉体の立場から言った。「わたしの殻は一人の被造物である。わたしは肉体を着て地上に来たのだから、天からはるかに遠く離れている。」だから、彼は肉体の立場から父なる神に祈るしかなかった。これは彼の本分であり、神の霊が受肉して備えるべきものである。彼が肉体の立場から父に祈ったからと言って、彼が神でないとは言えない。彼は神の愛する子ではあるが、やはり神自身である。なぜなら、彼はただ霊の言がなった肉体であり、その本質はやはり霊だからである。人から見れば、彼は神自身であるのに、どうして祈るのか。それはただ、彼は受肉した神であり、肉体の中に生きている神であって、天の霊ではないからである。人から見れば、聖なる父、聖なる子、聖霊はみな神であり、彼ら三人が一つになってこそ、唯一の真の神と呼ばれることができ、その力もとても強くなるのである。またある人は、これこそ七倍強めた霊であり、聖なる子が来て祈るのは、その霊に祈ったのだと言う。実は、彼は被造物の立場から祈ったのである。なぜなら、肉体は不完全なもので、肉体となったら完全ではなくなり、多くの弱さがあって、肉体の中で働く時、大きな妨害を受けるからである。だから、彼は十字架につけられる前に、父なる神に三回祈った。この三回の祈りの前にも、彼はたびたび祈っていた。弟子たちの間で祈り、一人で山に登って祈り、漁船の上でも祈り、多くの人の間でも祈っていた。パンを裂く時、彼は祈り、人を祝福する時、彼は祈った。彼はなぜこのようにしたのか。彼が祈ったのは霊であり、肉体の立場から霊に祈り、天の神に祈ったのである。だから、人から見れば、その段階の仕事でイエスは聖なる子となった。この段階では、彼は祈らない。これはなぜだろう。彼がもたらしたのは、言葉の仕事であり、言葉の刑罰と裁きであって、彼は祈る必要がない。彼の職分は言葉を言うことであり、彼は十字架にもつけられず、また政権を握る者たちの手に渡されず、直接働けばいいからである。イエスはその時、天の国が来るように、父のみこころが行われるように、父なる神に祈った。彼は後の仕事のために祈ったのである。この段階では、天の国がすでに来ているのに、まだ祈る必要があるのか。彼がするのは時代を終わらせる仕事であって、これ以上新しい時代がないのに、次の段階のために祈る必要があるのか。その必要はないだろう!

人の言い方には矛盾するところがたくさんある。もちろん、これらはみな人の観念である。もしわたしが追及しなければ、あなたたちはみな正しいと思っている。三位一体の神というような言い方はみな人の観念であることを、あなたたちが知らないのか。人が完全に認識してはいないものには、みな混じりけがあり、人の意思が多すぎるものである。これは、被造物は神のする仕事を全然解釈できないことを証明している。人の頭から出たものは多すぎ、それらはみな論理や思惟から出たものであり、真理と抵触するものである。あなたの論理によれば、神の仕事を徹底的に分析することができるのか。ヤーウェのした仕事をことごとく見極めることができるのか。人であるあなたが一目で見抜くことができるのか、それとも神自身が永遠から永遠まで見通すことができるのか。あなたが古い昔のとこしえから将来のとこしえまで見通すことができるのか、それとも神が古い昔のとこしえから将来のとこしえまで見通すことができるのか。あなたはどのように解釈するのか。あなたは何の資格があって神のことを解釈するのか。あなたは何に基づいて解釈したのか。あなたは神なのか。天地万物は神自身が創造したのである。あなたが創造していないのに、何を勝手に解釈しているのか。今でも、あなたはやはり三一の神を信じているのか。あなたは疲れを感じないのか。あなたに信じてほしいのは、三人の神ではなく、一人の神である。やはり軽いほうがいい。なぜなら「主の荷は軽い」からである。