「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

あなたは生き返った人であるか

正常な人間性を生かし出し、完全にされた時、あなたは預言も言えず、奥義も語り出せないが、あなたが表現し、生かし出すのは人の形である。神が人を造った。その後、人はサタンに堕落させられて、みな死んだ人になった。だから、あなたが変化したら、「死んだ人」と同じでなくなる。神の言葉が人の霊を生かして、人を再び蘇らせ、人の霊が蘇ったら、人は生き返ったのである。死んだ人というと、霊のない死体のことであり、霊がもう死んだ人のことである。人の霊が生かされたら、人は生き返ったのである。以前聖者に言及したが、それは生き返った人を指すのであり、サタンの支配下にいるが、サタンに打ち勝った人を指すのである。中国の選民は大赤竜の残酷非道な迫害、欺きを経験した。そのため、人の精神がひどく踏みにじられ、人は生きていく勇気が全然ない。だから、人の霊を呼び覚ますには、人の本質から着手して仕事をし、人の本質から少しずつ人の霊を呼び覚まさなければならない。いつか人が生き返ったら、何の障害もなくなり、すべてが滞りなく通じるようになる。今はまだその程度に達していない。多数の人の生かし出しは、死亡の雰囲気に満ちており、人は死亡の雰囲気に包まれている。人の足りないところは多すぎる。一部の人の言葉と挙動は死亡を帯びており、彼らが生かし出すのはほとんど全部死亡である。もし今、人に公に神について証しさせれば、この仕事は失敗に終わるであろう。なぜなら、人がまだ完全に生き返っておらず、あなたたちの中には死人が多すぎるからである。今、一部の人はこう言う。「どうして神は今、しるしや奇跡を行なって急いで異邦に向かって仕事を広めないのか。」死人は神について証しすることができず、生きている人は神について証しすることができる。しかし、今の人は大部分が死人であり、大勢の人は死亡の覆いの下に生きており、サタンの支配下に生きていて、勝利を得ることができない。これでは、どうして神について証しすることができるだろうか。どうして福音の仕事を広めることができるだろうか。

暗やみの支配下に生きている人は、みな死亡の中に生きている人であり、みなサタンに占有された人である。もし人が神に救われず、神に裁かれず、罰されなければ、この死亡の力から抜け出すことができず、生きている人になることができない。このような死人は神について証しすることができず、神に使われることもできず、なおさら王国に入ることができない。神が求めているのは生きている人の証しであり、死人の証しではない。彼は、死人が彼のために働くことではなく、生きている人が彼のために働くことを要求するのである。死人とは、神に逆らい、神に背く人のことであり、霊的に無感覚になって、神の言葉を理解できない人のことであり、真理を実行せず、神に対して忠心が少しもない人のことであり、サタンの支配下に生きていてサタンに利用される人のことである。死人の表現は真理と対立しているのであり、神に背いているのであり、卑しく、卑劣で、悪辣で、横暴で、狡猾で、陰険である。このような人は神の言葉を食べ飲みしても神の言葉を生かし出すことができない。このような人は生きていても生ける屍であり、呼吸している死人である。死人は全然神を満足させることができず、なおさら神に絶対的に従うことができず、神を騙し、神を冒涜し、神を裏切ることしかできない。死人が生かし出すのは、全部サタンの本性の現れである。人が生きている人、神を証しする人、神に良しと認められる人になりたいなら、必ず神の救いを受け入れ 甘んじて神の裁きと刑罰の下に服従し、甘んじて神の手入れと対処を受け入れなければならない。こうしてこそ、神の要求するすべての真理を実行することができ、神の救いを得ることができ、本当に生きている人になることができる。生きている人は神に救われた人であり、神に裁かれ、罰された人であり、進んで自分をささげ、喜んで神のために命を捨てる人であり、喜んで神のために一生を費やす人である。生きている人の神に対する証しこそサタンを辱めることができ、生きている人こそ神の福音の仕事を広めることができ、生きている人こそ神の心にかなう人であり、生きている人こそ真の人である。もともと神が造った人は生きている者であったが、サタンに堕落させられたため、人は死亡の中に生き、サタンの支配下に生きるようになった。こうして、人は霊のない死人になり、神に逆らう敵になり、サタンの道具になり、サタンの捕虜になった。神が造った生きている人が死人になったため、神は証しを失い、彼が造った、唯一の、彼の息を持っている人類を失った。神が彼の証しを奪い返し、自分の手で造ったがサタンに捕えられた人を奪い返そうとするなら、人を復活させて生きている人にならせなければならず、あらゆる人を奪い返して彼の光の中に生きさせなければならない。死人はすなわち霊のない人であり、無感覚極まりない人であり、神に逆らう人であり、さらに神を知らない人である。このような人は神に従うつもりは全然なく、背き、逆らうだけで少しも忠実でない。生きている人は、霊が蘇った人であり、神に従うことを知る人であり、神に忠実な人であり、真理と証しがある人であり、このような人こそが神の家の中で神に喜ばれる人である。神が救うのは、生き返ることのできる人であり、神の救いを見ることのできる人であり、神に忠誠を尽くすことのできる人であり、進んで神を求める人であり、神が受肉したことを信じる人であり、神が現れたことを信じる人である。一部の人は生き返ることができるが、一部の人は生き返ることができない。これは人の本性が救われることができるかどうかにかかっている。多くの人は、神の言葉をたくさん聞いたとしても神の心意が分からず、神の言葉をたくさん聞いたとしても実行に移すことができず、真理を少しも生かし出せないばかりか、故意に神の仕事をかき乱し、神のために何の仕事もできず、神のために費やすことができないばかりか、かえってこっそりと教会の金を使い、神の家で無駄飯を食う。これらの人はみな救いようのない死人である。神は彼の働きの中にいるすべての人を救うのである。だが、一部分の人は神の救いを得ることができず、少数の人だけがこの救いを得ることができる。なぜなら、多数の人はみな完全に死んでいる人であり、救いようがないほど死んでいる人であり、サタンに完全に利用された人であり、本性が悪辣極まる人だからである。その少数の人も完全に神に従うことができる人ではなく、初めから神に絶対的に忠実な人ではなく、初めから神を極みまで愛する人ではなく、神の征服の仕事のゆえに神に従うことができ、神の極めて大きな愛のゆえに神を見、神の義なる性質のゆえに性質の変化を得、神の実際的で正常な仕事のゆえに神を認識した人である。神のこのような働きがなければ、これらの人がいくらよくてもやはりサタンに属し、死亡に属しているのであり、やはり死人である。今日これらの人が神の救いを得ることができるのは、彼らが進んで神に協力することができるからにほかならない。

生きている人は、神に対する忠心のゆえに神に得られて神の約束の中に生きるようになり、死んだ人は、神に対する反抗のゆえに神に見捨てられて神の懲罰や呪いの中に生きるようになる。これは神の義なる性質であり、いかなる人も変えられないことである。人は自分の求めのゆえに神に良しとされて光の中に生きるようになり、自分の詭計のゆえに神に呪われて懲罰に陥るようになり、自分の悪行のゆえに神に懲罰されるようになり、自分の渇仰と忠心のゆえに神の祝福を得るようになる。神は義なる神で、生きている人を祝福し、死人を呪って、死人が永遠に死亡の中にいて、永遠に神の光の中に生きることができないようにする。神は生きている人たちを彼の国の中に、彼の祝福の中にもたらして、永遠に彼と共にいるようにし、それらの死人を永遠の死亡の中に投げ込み、これらの死人は滅びる対象であり、永遠にサタンに帰される対象である。どんな人に対しても、神は絶対に不当な扱いをしない。だれでも真心をもって神を求める者は必ず神の家に残り、だれでも神に背き、神に味方しない者は必ず神の懲罰の中に生きる。もしかすると、あなたは神の言がなった肉体がする仕事を確信できないかもしれないが、その日になったら、神の肉体が直接人の結末を定めないで、神の霊が人の落ち着き先を定める。その時、人は神の肉体と神の霊とは一つであるということ、彼の肉体は誤ったことをせず、彼の霊はなおさら誤ったことをしないということが分かるであろう。最後に、彼は必ず生き返った人たちを彼の国にもたらす。しかも、その人たちは一人でも多くなく、一人でも少なくない。また、彼は必ず生き返っていない死人たちをサタンの穴に投げ込むであろう。