「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる

多くの人が神を信じているけれども、実際のところ宗教的信仰をしているのであって、決して神を愛することができない。人はロボットのように神につき従うばかりで、神に対して本当の渇仰の念を抱くことができず、愛慕の情を抱くこともできず、ただ黙って神につき従っているだけである。神を信じる人はとても多いが、神を愛する人はとても少ないのである。人はただ災いが臨むのを怖がるがゆえに神を畏れ、或いは神の偉大さのゆえに神に「敬服する」だけであり、人の畏れ、人の敬服には愛や真実な渇仰が少しも含まれていない。人はみな経験の中で真理の細かいところを求めるか、或いはいくらかの、あまり重要でない奥義を求めるのであり、もっと多くの人はただつき従っており、ただ祝福を受けるために水の濁りに乗じて魚を捕まえるだけであって、真理を求めるために、また神の祝福を受けるために真心をもって神に従うのではない。あらゆる人の神を信じる生涯は意義がなく、価値もないのであり、人はみな自分の思惑、自分の追求を持っており、神を愛するためにではなく、祝福を受けるために神を信じている。多くの人は勝手気ままなことをし、したい放題のことをするのであり、神の利益を考えたことがなく、神の心にかなうかどうか考えたこともない。このような人は神を愛することはおろか、本当の信仰さえ持たない。神の本質は人が信じるべきものであるだけではなく、さらに愛すべきものである。しかし、神を信じている多くの人はこの「秘密」を見つけることができない。人は神を愛する「勇気がなく」、またどのようにして神を愛するか分からない。人は今まで神の愛すべきところがとても多いことに気づいておらず、神は人を愛する神であり、人が愛すべき神であることに気づいていない。神の愛すべきところは彼の働きの中で現されるのである。人は経験の中でこそ彼の愛らしさを見つけることができ、実際の中でこそ彼の愛らしさを体験することができる。実際の生活で体験せず、観察しなければ、だれでも神の愛らしさを見つけることができない。神の愛すべきところはとても多いが、人が彼と実際に接触しなければ、見つけることができない。つまり、神が受肉しなければ、人は神と実際に接触することができないのであり、人が神と実際に接触することができなければ、彼の働きを経験することもできない。そうなると、人の神に対する愛には偽りと想像がたくさん混ざっていることになる。人は天の神を愛するよりは、地上の神を愛するほうが実際的である。なぜなら、天の神に対する人の認識は人の想像の中に築かれたのであって、自分の目で見て得たのではなく、自分が自ら経験して得たのでもないからである。神が地上に来たら、人は神の実際のわざと彼の愛すべきところを見ることができ、神のすべての、実際的で正常な性質を見ることができるようになる。これらは天の神に対する認識より何千倍も実際的である。人の天の神に対する愛がいくら大きくても、少しも実際的ではなく、人間の意思に満ちている。地上の神に対する人の愛がいくら小さくても、実際的であり、たとえその愛がわずかであっても実際的である。神は実際の働きによって人に認識を得させるのであり、これらの認識によって人の愛を得るのである。ペテロを例にあげよう。もし彼がイエスと一緒に生活しなかったなら、彼はイエスに対して愛慕の情を抱くはずがなかったのである。彼のイエスに対する忠心もイエスとの接触の上に築かれたのである。神は人に彼を愛することを要求した以上、自らこの世に臨んで人と共に生活するのであり、彼が人に見せ、経験させるのはみな神の実際である。

神は実際によって、事実を人に臨ませることによって人を完全にするのである。神の言葉が一部分を全うするが、それは導き、道を切り開く仕事に属する。つまり、神の言葉の中で、実行の道を見つけ、異象の面の認識を見つけ、これらのものが分かることによって、実際に実行する時、道があり、異象があり、しかも、神の言葉によって啓きを得ることができて、この事は神から出たのだと分かり、たくさんのことを見分けることができ、それが分かったら、すぐこの実際の中に入るのである。人は神の言葉によって実際の生活の中で神を満足させるのである。神は何事においてもあなたを導くのである。そのため、あなたは、実行する道があり、神がとても愛らしいと感じ、神があなたの身にした一歩一歩の仕事はみなあなたを完全にするためであることを見るようになった。あなたが神の愛を見ようと思い、本当に神の愛を体験しようと思うなら、深く実際に入り込み、深く現実の生活の中に入り込んで、神がどんなことをするのも愛であり、救いであり、人に汚れたものを脱ぎ捨てさせるためであり、人の中の、神の心を満足させることができないものを精錬するためであることを見ることができなければならない。神は言葉によって人に供給すると同時に、実際の生活の中で環境を按配して人に経験させる。もし人の食べ飲みした神の言葉が多くなったら、人は実際に実行する中で、多くの神の言葉によって生活の中の困難を全部解決することができる。つまり、あなたが神の言葉を持ってこそ、深く実際に入り込むことができるのであり、あなたが神の言葉を食べ飲みせず、神の働きを持たなければ、実際の生活の中で道がないのである。あなたが全然神の言葉を食べ飲みしなければ、ことが臨むと、どうすればいいか分からなくなる。あなたが神を愛することを知っているだけで、弁別力が少しもなく、実行の道が少しもなく、頭がぼんやりしていて、時には肉体を満足させることを、神を満足させることだと間違って思うこともある。これは、神の言葉を食べ飲みしなかったために生じた結果である。つまり、神の言葉の協力がなくて、ただ実際の中で模索すれば、人は全然実行の道を見いだすことができない。このような人は神を信じるとはどういうことであるか全然分からず、さらに神を愛するとはどういうことであるかも分からない。神の言葉の啓き、導きによって、あなたが常に祈り、模索し、求めて、自分の実行すべきものを探し出し、聖霊の働く機会を見つけ、神と本当に協力し、愚かな者にならない。こうしてこそ、あなたは実際の生活の中で道があり、本当に神を満足させることができる。あなたが神を満足させたら、あなたの中は神の導きがあるようになり、神は特別にあなたを祝福して、あなたに享受しているという感覚を持たせる。そのため、あなたは、今回神を満足させることができて、非常に光栄であり、内側が特別明るいのであり、気持ちが明るくて落ち着くのだと感じ、あなたの良心も慰められ、訴えられず、兄弟姉妹に会うと気持ちがすっきりする。これが神の愛を享受することであり、これこそ本当に神を享受するということである。人が神の愛を享受するのは、経験によって到達するのであり、苦しみを経験し、真理を実行することを経験することによって、神の祝福を受けるのである。もしあなたが神は本当にあなたを愛し、神は人のために実にたくさんの代価を払い、老婆心から忠告してそんなに多くの言葉を言い、ずっと人を救っている、と言うだけなら、これはただ人が神を享受する一面に過ぎない。もっと多くの実際の享受は、人が実際の生活の中で真理を実行することによって得るのである。真理を実行した後、気持ちが落ち着いており、明るいのであり、内側が非常に感銘を受け、神がとても愛らしいと感じ、自分の払った代価がとても値打ちがあると感じる。あなたが心血を注ぎ、代価を払った後、内側がとても明るくなり、自分が本当に神の愛を享受したと感じ、神が人の身に救いの仕事をしたのであり、神が人を精錬するのは人をきよめるためであり、神が人に試練を与えるのは、人に本当の愛があるかどうかを試すためであるということが分かるようになる。あなたがいつもこのように真理を実行すれば、あなたは段々神の多くの働きに対してはっきりした認識を持つようになる。その時、あなたは神の言葉があなたの前には水晶のように透明であると感じる。あなたが多くの真理をはっきり理解したら、このこともあのことも簡単に実行できると感じ、このことにも打ち勝つことができ、あの試みにも打ち勝つことができると感じ、すべてのことが全然問題にならないと感じ、そのため、あなたは特別に自由になる。その時、あなたは神の愛を享受したのであり、これは神の真実な愛があなたに臨んだのである。神が祝福するのは、異象があり、真理があり、認識があり、神に対して真実な愛がある人である。人が神の愛を見ようと思うなら、実際の生活の中で真理を実行しなければならず、苦痛に耐える心、苦痛を忍んで割愛しても神を満足させたいという心がなければならず、涙を流しても、神の心を満足させなければならない。そうすれば、神は必ずあなたを祝福する。あなたがこのような苦しみを受ければ、後で聖霊の働きを得ることができる。人は実際の生活を通して、神の言葉を体験することを通して、神の愛らしさを見ることができる。神の愛を体験してこそ、神に対して本当の愛を持つことができる。

真理を実行すればするほど、真理を得ることができる。真理を実行すればするほど、神の愛を得ることができる。真理を実行すればするほど、神の祝福を受けることができる。あなたがいつもこのように実行すれば、あなたは次第に自分の身の上の神の愛を見ることができ、また、ペテロのように神を知り、しかも「神は天地万物を創造する知恵があるだけではなく、さらに人の身に実際の仕事をする知恵もある。彼は人が愛するに値する。それは、彼が天地万物を造ったためだけではなく、さらに、人を創造し、人を救い、人を完全にすることができ、しかも人に愛を施すことができるためである。彼には、人が愛するに値するところがたくさんある。」と言うことができる。ペテロはイエスに言った。「あなたは人が愛するに値します。それは、あなたが天地万物を創造したためだけではありません。あなたにはさらに多くの愛すべきところがあります。実際の生活の中でのあなたの行ない、振る舞い、わたしの内でのあなたの霊の感動、あなたのわたしに対する懲らしめ、責め、これらはさらに人が愛するに値します。」あなたが神の愛を見、また経験しようと思うなら、実際の生活の中で模索し、求め、しかも進んで自分の肉体を放棄しなければならず、このような志を立てなければならず、志のある人になって、何事においても神を満足させ、怠けず、肉体的な享楽をむさぼらず、肉体のためにではなく、神のために生きなければならない。もしかすると、今回神を満足させることができなかったのは、あなたが神の心意が分からなかったからであるかもしれないが、次回は少し大変であっても神を満足させるべきで、肉体を満足させてはならない。このように経験する過程の中で、あなたは神に対して認識を持つようになる。あなたはこれらのことを見ることができる。神は天地万物を造ることができ、言が肉体となって、人に実際に見せ、人と実際に接触することができ、彼は人の間を歩くことができると同時に、彼の霊はまた実際の生活の中で人を完全にして、人に彼の愛すべきところを見せ、人に彼の懲らしめ、彼の打ちたたき、彼の祝福を経験させることができる。いつもこのように経験すれば、実際の生活の中で神を離れることができなくなり、いつか神との関係が正常でなくなったら、あなたは責められ、自分を悔いることができる。あなたが神と正常な関係を持てば、どうしても神を離れたくない。いつか神があなたを見捨てると言ったら、あなたは怖くなり、神に見捨てられるより死んだほうがましだと言うだろう。このような感じがあると、あなたは神を離れることができなくなる。そうすれば、あなたは土台ができたし、本当に神の愛を享受したのである。

人はよく神に自分の命になってほしいと言うが、今、人はまだその程度まで経験していない。人はただ神があなたの命であり、彼が毎日あなたを導き、あなたが毎日彼の言葉を食べ飲みし、毎日彼に祈れば、彼はあなたの命になると言っているだけである。このような言葉を言う人は認識がまだ浅いのである。多くの人の内側にはまだ土台がないのであり、神の言葉が内側に蒔かれただけで、まだ芽が出ておらず、さらに実がなっていない。今、あなたはどの程度まで経験したのか。今、神はあなたに強いてここまで歩ませたので、あなたは神を離れられないと感じるのである。いつか、あなたがかなりの程度まで経験したら、神があなたに離れさせてもあなたは離れられず、いつも、内側に神を持たなければ生きられず、夫や妻、子供、家庭、父母、肉体的な享楽がなくてもいいが、神を離れたら生きられないと感じるであろう。あなたが神を持たなくなったら、あなたの命が取り去られたように感じ、神を持たなければ生きられないという程度まで経験したら、あなたは神を信じることに成功したのである。そうなら、神があなたの命となり、あなたの生存する土台となったのであり、あなたはもう神を離れられなくなる。あなたがこの程度まで経験したら、あなたは本当に神の愛を享受したのである。あなたと神との関係が、神はあなたの命、あなたの愛であるという程度まで密接である時、あなたは神に祈って言うだろう。「神よ!わたしはもうあなたを離れられません。あなたはわたしの命です。わたしはすべてを失ってもいいですが、あなたを失うと、わたしは生きていけません。」これは人の本当の身丈であり、実際の命である。一部の人は強いられていままでついて来たのであり、つき従いたくてもつき従いたくなくてもつき従わなければならなくて、いつもジレンマに陥った感じがする。神があなたの命であり、神が取り去られたらあなたの命が奪われたのと同じであり、神があなたの命であり、あなたが神を離れられないという程度まであなたは経験しなければならない。そうすれば、あなたは本当に神に対して実際の経験を持ったのである。その時、またあなたに神を愛させれば、あなたの愛は本当の愛であり、単一で純潔な愛である。ずっと経験して、いつかあなたの命がかなりの程度まで成長したら、あなたは神に祈る時も、神の言葉を食べ飲みする時も、内側は神を離れられず、忘れようにも忘れられなくなる。神があなたの命となったら、あなたがこの世を忘れ、妻や子供を忘れてもいいが、神であるなら、あなたは簡単には忘れることができず、絶対に忘れることができない。これはあなたの本当の命であり、神に対する本当の愛である。あなたが、すべてにまさって神を愛することができ、神を愛するのが第一であるという程度まで神を愛していれば、あなたはすべてを捨てることができ、しかも喜んで神のすべての対処、手入れを受け入れることができる。あなたがすべてにまさって神を愛することができれば、あなたは実際の中に生き、神の愛の中に生きることができる。

神が人の中で命となると、人は神を離れられなくなる。これは神のわざではないのか。これはいちばん有力な証しである!神がかなりの程度まで働いたら、神が人を奉仕者だと言っても、人を罰しようとすると言っても、或いは人を死なせようとすると言っても、人は退かない。そうすれば、人は神に征服されたのである。もし人が実際の経験の中で、証しにしっかり立つことができ、立場にしっかり立つことができ、神の側に立って、どんなことがあっても退かず、神を愛する人と正常な関係を持つことができ、ことが臨むと、完全に神に従うことができ、しかも死に至るまで神に従うことができれば、真理を得たのである。あなたの実際の生活の中での実行、表現が神の証しである。それが人の生かし出しであり、神の証しでもある時、あなたは本当に神の愛を享受したのであり、あなたがその程度まで経験したら効果を収めたのである。あなたは実際の生かし出しがあり、あなたの一挙一動がほかの人に感心され、ほかの人の目にはあなたの身なりは普通であるが、あなたの生かし出しは非常に敬虔であり、あなたが神の言葉について交わる時、神の導きがあり、神の啓きがあり、話す時、神の心意を語り出し、実際を語り出すことができ、奉仕に関する多くの霊的なことについて分かり、話す時おっとりしており、品行が方正でまじめであり、しかも騒がず気ままに振舞わず、ことが臨む時、神の按配に従い、証しにしっかり立つことができ、ことを処理する時、穏当であり、慌てず急がない。このような人は本当に神の愛を見たのである。ある人は若いけれども、その外側の振る舞いから見れば、中年の人のようであり、成熟しており、真理があり、ほかの人に敬服される。このような人は証しがあり、まさに神の表現である。つまり、かなりの程度まで経験したら、内側に神に対する認識を持つようになり、外側の性情も落ち着くようになる。多くの人は真理を実行せず、証しにしっかり立つことができない。このような人の身には神の愛がなく、神の証しがない。神はこのような人をいちばん憎む。彼が食べ飲みするのは神の言葉であるが、表現するのはサタンであり、神の言葉はサタンに醜悪化された。このような人の身には神の愛が見られず、彼が表現するのはみなサタンである。もしあなたがいつも心を神の前に落ち着かせ、いつも周りの人、事、物を注意深く観察し、しかも神の負担を思いやり、いつでも神を畏れる心を持てば、神は常にあなたの中で啓く。教会にはこうような人がいる。彼は「監督官」に属するのであり、もっぽらほかの人の悪いところを見て、そして学び、真似る。彼は弁別力がなく、罪を憎み嫌わず、サタンに属するものを憎まず、嫌がらない。このような人の中にはサタンのものでいっぱいであり、最後には神に完全に見捨てられてしまう。神の前にいつも神を畏れる心を持つべきである。話す時やことを行う時、程合いを知っており、いつでも神に逆らいたがらず、神を悲しませたがらず、神があなたの身にした仕事が徒労に帰することを望まず、以前受けた苦しみ、実行したものが無駄になることを望まず、前の道でなおいっそう努力し、なおいっそう神を愛したがるような人は、異象を土台とした人であり、進歩向上を求める人である。

神を畏れる心をもって神を信じ、神の言葉を経験するような人の身には神の救いと神の愛が見られる。このような人は神を証しすることができる。彼が生かし出すのは真理であり、証しするのは真理であり、神の所是、神の性質であり、彼は神の愛の中に生きていて神の愛を見たのである。人が神を愛しようと思うなら、神の愛らしさを体験し、神の愛らしさを見なければならない。こうしてこそ、人の神を愛する心が奮い起こされることができ、神のために忠実に費やしたいという心が奮い起こされることができる。神は人に文字によって、想像によって自分を愛させることはない。彼は、人に彼を愛することを強いるのではなく、人に自発的な愛を持つようにし、人に彼の働きや言葉の中から彼の愛らしさを見た後、人の内側で彼に対する愛が生じるようにするのである。こうしてこそ、人は神のために真実な証しをすることができる。人が神を愛するのは、ほかの人に奮い立たせられたからではなく、一時の感情的衝動にかられたからでもなく、神の愛すべき要素を見、神には人が愛するに値するところがとても多いのを見、神の救い、神の知恵、神のくすしい業を見たので、神に対して本当の賛美を発し、神に対する本当の渇仰の念を生じ、神を得なければ生きていけないという激情が奮い起こされたからである。本当に神について証しする人が、神のために高らかな証しをすることができる原因は、彼の証しは神に対する本当の認識、本当の渇仰の基礎の上に築かれたからであり、感情的衝動によってではなく、神に対する認識、神の性質に対する認識によって証しをするのだからである。神に対して認識を持ったので、必ず神を証ししなければならず、必ず神を渇仰するあらゆる人が神を知り、神の愛らしさを知り、神の実際を知るようにしなければならないと感じる。この証しは、人の神に対する愛と同じように自発的であり、実際があるのであり、実際の意義と価値があるのであって、受動的ではなく、中身や意義がないのではない。本当に神を愛する人こそいちばん価値があり、いちばん意義がある人生を送ることのできる人であり、本当に神を信じる人であるというのは、この人たちが神の光の中に生きることができ、神の仕事のために、神の経営のために生きることができるのであり、闇の中にではなく、光の中に生きているのであり、無意義な生活の中でではなく、神に祝福される生活の中で生きているのだからである。神を愛する人こそが神について証しすることができる人であり、神の証人であり、神に祝福される人であり、神の約束を受け継ぐことができる人である。神を愛する人は神の知己であり、神に愛される人であり、神と共に幸せを享受することができる人である。このような人こそが永遠に生きる人であり、永遠に神の顧みと守りの下に生きる人である。神は人に愛される神であり、あらゆる人が愛するに値する神であるが、あらゆる人が神を愛することができるわけではなく、あらゆる人が神について証しし、神と共に王権を握ることができるわけでもない。本当に神を愛する人は、神について証しすることができる人であり、神の仕事のために全力を尽くすことができる人である。だから、この人たちは天下をあまねく歩き回ることができ、しかもだれも敢えて逆らわない人であり、地上で王権を握ってすべての民を支配することができる人である。この人たちは、世界の諸方から集まってきた人であり、世界の諸方から来た、言葉と肌の色が異なるが、生存の意義と神を愛する心は同じである人であり、同じ証しのある人であり、共通の志と望みのある人である。神を愛する人は天下をあまねく歩き回ることができ、神を証しする人は全宇宙を縦横無尽に駆け回ることができ、このような人はみな神に愛される人であり、神に祝福される人であり、このような人は永遠に神の光の中に生きるであろう。