「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

ペテロが「イエス」を知る過程

ペテロはイエスと接触している間に、イエスの身には愛すべき要素がたくさんあり、彼が倣うに値するところがたくさんあり、彼に供給を得させるところがたくさんあるのを見た。彼はイエスの身には神の所是がたくさんあり、愛すべきところがたくさんあるのを見た。しかし初めのうち、彼はイエスを知らなかった。ペテロは二十歳からイエスにつき従い始め、六年間ずっとつき従っていたのである。その六年の間、彼はずっとイエスを知らなかった。彼はただイエスに敬服したため、喜んで彼につき従ったのである。その時、イエスはガリラヤの海辺で彼を召したのである。イエスはペテロに尋ねた。「バルヨナ・シモン、あなたはわたしにつき従いたいか。」ペテロは答えて言った。「天の父に遣わされた者なら、わたしは必ずつき従います。聖霊に示された者なら、わたしは必ず認めます。わたしはあなたにつき従いたいです。」当時、ペテロはほかの人から、イエスという者があり、彼はいちばん大きな預言者であり、神の愛する子であるということを聞いた。そのため、ペテロはずっと彼を探そうと思い、彼と会う機会を求めようと思っていた(あの時、聖霊はそのように導いたからである)。ペテロはイエスに会ったことがなく、ただイエスについてのことを少し聞いただけであるが、知らず知らず心の中でイエスを渇仰し、仰ぎ見るようになり、ずっと、いつの日かイエスに会えることを望んでいた。イエスはどのようにペテロを召したのか。彼もほかの人からペテロという人があると聞いたのであり、聖霊に「ガリラヤの海辺に行きなさい。バルヨナ・シモンという者がいる」と教えられたのではない。イエスは、バルヨナ・シモンという者があり、しかも彼の教えを聞いた人があり、彼も天国の福音を宣べ伝える者であり、ほかの人がそれを聞いた後、みな涙を流して激しく泣き、とても感動を受けたということを、ほかの人から聞いた。イエスはそのことを聞いた後、その人についてガリラヤの海辺に行った。ペテロは召されてからすぐイエスにつき従った。

イエスにつき従っていた時、彼はイエスに対してたくさんの意見を持っていて、いつも自分の目で評価していた。霊に対する認識は彼が少し持っていたが、そんなにはっきりしていなかった。だから、彼は「天の父に遣わされた者なら、わたしは必ずつき従います。聖霊に示された者なら、わたしは必ず認めます」という言葉を言ったのである。イエスのしたことは彼が分からず、またはっきり理解していなかった。彼は一定の期間イエスにつき従った後、イエスのしたこと、言ったことに興味を持ち、イエスという人にも興味を持つようになった。彼はイエスという人は親しみやすくて尊敬に値すると思っていて、イエスと接触したくなり、一緒にいたくなった。イエスの言葉を聞いて、彼は供給、助けを得ることができた。イエスにつき従っていた間、ペテロはイエスの行い、言葉、振る舞い、表情、すべての生活を目で見ていて、心に刻みつけた。彼はイエスが普通の人と違うことをよく知っていた。彼の人性の殻はとても正常であるけれども、彼は人に対する愛に満ちあふれており、人に対する憐れみに満ちあふれており、人に対する寛容に満ちあふれており、彼のしたこと、言ったことはみな非常に人のためになった。ペテロはイエスの身から彼が見たことのないものを見、彼が持ったことのないものを得た。ペテロは、イエスが立派な姿を持っておらず、非凡な人性を持っていないが、彼が尋常でない特殊な味に満ちていることを見た。ペテロはそれを完全に言い表すことはできないが、イエスの表現がいかなる人とも異なることを知っていた。なぜなら、イエスのしたことは正常な人のとあまりにも異なっていたからである。ペテロがイエスと接触している間に見たことだが、イエスの性格も普通の人と異なっていて、彼はことを行う時、落ち着いていて焦らず、話す時、大げさにも控え目にも言わず、生活の中でも正常であるが人を羨ましがらせる性格を現しており、イエスの話しぶりは落ち着いていて上品であり、朗らかでもあれば物静かでもあるが、働く時には彼の尊厳を失わなかった。ペテロはこのことを見た。イエスは時には寡黙であり、時には話し出すと言葉がよどみなく続き、時にはとても喜んでおり、喜ぶとまるで白鳩のようにすばしこくて元気よく跳ね回り、時には憂え悲しんでものを言わず、憂え悲しむとまるでつぶさに辛酸をなめた母親のようであり、時には怒り、怒るとまるで敵を撃ち殺そうとする勇敢な戦士のようであり、時には吼える獅子のようでさえあり、時には彼は快活に笑い、時には彼は悲しんで泣きながら祈った。イエスがどのように生活しても、ペテロは彼に対して無限の敬と愛を持つようになった。ペテロはイエスが快活に笑うとうれしくなり、イエスが憂えると悲しくなり、イエスが激しく怒ると恐れ戦き、イエスの憐れみ、赦し、また彼の人に対する厳しい要求のために、ペテロはイエスに対して本当の愛、本当の畏れと本当の渇仰を持つようになった。もちろん、これらはみなペテロがイエスと何年か生活した後、次第に認識したのである。

ペテロはとても理知がある人であり、彼は生まれつき聡明で利口であったが、イエスにつき従っていた時、愚かなことも少なからずした。初めのうちは、彼はイエスに対して観念を少し持っていて、「人々はあなたが預言者だと言いますが、あなたが八歳になって物心がついた時、自分自身が神であることを知りましたか。あなたは自分が聖霊から身ごもられたことを知りましたか」と言った。イエスは答えて言った。「わたしは知らなかった!あなたはわたしがとても正常であるのを見ていないのか。わたしは正常な人と全く同じである。父が遣わしたのはもともと正常な人であって、非凡な人ではない。わたしのする仕事は天の父を代表することができるが、わたしの姿、わたしという人、わたしの肉体は完全に天の父を代表することはできず、一部分しか代表できない。わたしは霊から来たのであるが、やはり正常な人である。父が地上に遣わしたわたしは正常であって、非凡ではない。」ペテロはこの話を聞いてはじめて、イエスに対して認識を少し持つようになった。その後、イエスがたくさんの仕事をして、彼を教え、牧し、支えたため、彼は初めてイエスに対してさらに深い認識を持つようになった。イエスは三十歳の時、十字架につけられるという仕事をペテロに教えた。彼は、自分が来たのは一つの段階、すなわち十字架につけられるという仕事をして、全人類を贖うためだと言い、しかもペテロに人の子は十字架につけられて三日後に復活し、復活した後、人に四十日間現れると教えた。ペテロはこれらの言葉を聞くと憂え悲しみ、いつもこのことを気に掛けていた。その時から、彼はイエスともっと親しくなった。

一定の期間経験して、彼はイエスのしたすべては神の所是であることを認識し、そしてイエスが非常に愛らしいと感じた。彼にこのような認識があって初めて、聖霊は彼の中で啓いたのである。ある日、イエスは弟子たちと、彼について来たほかの人たちに尋ねて言った。「ヨハネ、あなたはわたしを何者だと言うのか。」ヨハネが答えた。「あなたはモーセです。」彼はまたルカに尋ねて言った。「ルカ、あなたはわたしを何者だと言うのか。」ルカは答えて言った。「あなたはいちばん大きな預言者です。」またある姉妹に尋ねて言った。「あなたはわたしを何者だと言うのか。」この姉妹は答えて言った。「あなたはとこしえからとこしえまでたくさんの言葉を言ったいちばん大きな預言者です。あなたの言った預言はだれよりも高く、あなたの知っていることはだれよりも多く、あなたは預言者です。」イエスはまたペテロに尋ねて言った。「ペテロ、あなたはわたしを何者だと言うのか。」彼は答えて言った。「あなたはキリストであり、生ける神の子です。あなたは天から来られたのであり、もともと地に属さないのです。あなたは被造物と同じではありません。わたしたちは地上におり、あなたもわたしたちと共に地上におられますが、あなたは天に属するのです。あなたは世に属さず、地にも属しません。」これは聖霊が彼の経験を通して彼に啓いたのである。それで、彼はこのような認識を持ったのである。彼はこの啓きを得た後、イエスのしたすべてにいっそう感心し、イエスがいっそう愛らしいと感じ、いつもイエスと別れるのは名残惜しいと思っていた。だから、イエスが十字架につけられて復活した後、初めてペテロに現れた時、ペテロは非常に喜んで、「主よ!あなたはとうとう復活しました!」と言った。そして、彼は泣きながらいちばん大きな魚をとって、イエスのためにそれを料理した。だが、イエスはにっこり笑って、何も言わなかった。ペテロはイエスが死んだ後復活した人だと知っていたけれども、彼はその中の奥義を知らなかった。ペテロが魚を持ってきて、イエスに食べさせた時、イエスは断らなかった。またものを言わず、座って食べることもせず、突然消えた。その時、ペテロはびっくりして、復活したイエスは以前のイエスと異なることを知った。ペテロはこれを知った後、大変つらい思いをしていたが、当時、彼は主が自分の仕事をやり遂げたため慰めを得た。そして、彼は、イエスのその段階の仕事が完成し、イエスが人と共にいる時間がもう終わり、人が自分の道を歩み始めるべきであるということを知るようになった。イエスは彼に教えて言った。「わたしの飲んだ苦杯をあなたは飲まなければならず(これはイエスが復活した後言ったのである)、わたしの歩んだ道をあなたは必ず歩まなければならず、あなたはわたしのために命を捨てなければならない。」当時の働き方は今と違って、面と向かって話すのではなく、恵みの時代に聖霊の働きはとても隠れていたのである。そのため、ペテロも苦しみを少なからず経験し、時には、「神よ!わたしには命のほかに、何もありません。わたしの命はあなたの手には何の値打ちもないけれども、わたしはそれをあなたにささげたいです。人はあなたを愛する資格がなく、人の愛、人の心は何の値打ちもないけれども、わたしはあなたが人の気持ちが分かると信じます。人の肉体はあなたに受け入れられないけれども、わたしの心があなたに受け入れられるように願います」と言うほどであった。彼はこう祈ると励まされた。特に「わたしは心を全部神にささげたいです。わたしは神のために何もできないけれども、忠実に神を満足させ、誠心誠意神のためを思います。神がきっとわたしの心を探ると信じています」と祈る時はそうであった。彼はこう言った。「わたしは一生ほかのことを求めず、ただ神を愛する思い、心の願いが神に受け入れられることだけを求めます。わたしは主イエスとこんなに長い間接触しましたが、彼を愛したことがありません。これはわたしのいちばん負い目のあるところです。わたしは彼と一緒にいたけれども、彼を知らず、しかも陰でくだらない言葉を言いました。これらを思い出すと、さらに主イエスに負い目があると思います。」彼はいつもこの面において祈った。彼がこう言った。「わたしは塵にも及びません。わたしは何もできません。わたしができるのは、ただ忠実な心を神にささげることだけです。」

ペテロの経験の中には一つの高潮があった。その時、彼の肉体はほとんど力が抜けて動けなくなったが、イエスはやはり彼の中で彼を励まし、また、彼に一度現れたことがあった。彼が極めて苦しい時、非常に心を痛める時、イエスは彼に教えて言った。「あなたはかつてわたしと共に地におり、わたしもかつてあなたと共に地にいた。以前、わたしたちは共に天にいたけれども、それは畢竟霊界でのことである。今、わたしは霊界に戻ったが、あなたは地上にいる。わたしは地に属さないので、あなたも地に属さない。しかし、あなたは地上で自分の機能を果たさなければならない。あなたは奴隷である以上、自分の本分を尽くさなければならない。」ペテロは自分がまた神のそばに戻ることができるのを聞いたため慰めを得た。当時、彼は肉体の極度の苦痛のため、ほとんど床についたきり起きられなくなった。彼はずいぶん悔いて、「わたしは甚だ堕落していて、神を満足させることができません」と言った。イエスは彼に現れて言った。「ペテロ、あなたがわたしの前で立てた志を忘れたのか。わたしの言った言葉をあなたは本当に忘れたのか。あなたがかつてわたしの前で立てた志を忘れたのか。」ペテロはイエスだと分かって、すぐベットから起き上がった。イエスは彼を慰めて言った。「わたしが地に属さないことを、わたしはすでにあなたに教えた。あなたはこれが分からなければならない。しかし、わたしはまたあなたに『あなたも、もともと地に属さず、世に属さない』という言葉を教えたことがあるが、あなたはそれを忘れたのか。今はあなたのすべき仕事があるので、あなたはそれほど悲しみ、苦しむ必要がない。人と神は同じ世界の中に共にいることができないけれども、わたしにはわたしの、あなたにはあなたの仕事がある。いつかあなたの仕事が終わった時、わたしたちは必ず同じ境地にいるのであり、わたしは必ずあなたを導いて、あなたが永遠にわたしと共にいるようにする。」ペテロはそれを聞いて慰められ、安心した。彼はこの苦しみは自分が受けるべきものであり、自分が経験すべきものだと知った。その後、彼は啓発を受けた。イエスはいちばん肝心な時のたびに、特別に彼に現れ、特別に彼に啓き、特別に彼を導き、彼の身にたくさんの仕事をした。ペテロはどのことでいちばん悔いていたのか。イエスは一度彼に聞いたことがある(しかし、聖書に記されているのと異なる)。ペテロが「あなたは生ける神の子です」と言ってまもなく、イエスは彼に尋ねて言った。「ペテロ!あなたはわたしを愛したことがあるか。」ペテロはその言葉がどんな意味であるかを知っていて、こう言った。「主よ!わたしは認めます。わたしはかつて天の父を愛したことがありますが、あなたを愛したことはありません。」その後イエスは言った。「人が天の父を愛さなければ、どうして地上の子を愛することができるだろうか。人が父なる神が遣わした子を愛さなければ、どうして天の父を愛することができるだろうか。人が本当に地上に来た子を愛してこそ、本当に天の父を愛することができる。」ペテロはこの言葉を聞いて、自分の欠けたところを自覚した。彼はいつもその時に言った「わたしは天の父を愛したことがありますが、あなたを愛したことがありません」という言葉のゆえに悔いて激しく泣いた。イエスが復活して天に昇った後、彼はなおさらこのことのゆえに悔いて憂え悲しんだ。自分の以前の働き、今の身丈を回想して、彼は常にイエスの前に出て祈り、いつでも神の心を満足させることができず、神の基準に達することができないため、悔いて神に負い目があると感じていた。これらのことは彼のいちばん大きな負担となった。彼は言った。「そのうち、わたしは必ずわたしの所有、所是をあなたにささげ、何であれいちばん貴重なものをあなたにささげます。」彼はこう言った。「神よ!わたしには一つの信仰、一つの愛しかありません。わたしの命は何の値打ちもなく、わたしの肉体も何の値打ちもありません。わたしには一つの信仰、一つの愛しかありません。思いの中にあなたに対する信仰があり、心の中にあなたに対する愛があります。わたしがあなたに捧げるのはこの二つだけで、ほかには何もありません。」ペテロはイエスのそれらの言葉のゆえに非常に励まされた。なぜなら、イエスは十字架につけられる前に、彼に「わたしは世に属さず、あなたも世に属さない」と言ったことがあるからである。その後、ペテロがかなりの程度まで苦しんでいた時、イエスは彼に注意して言った。「ペテロ、あなたは忘れたのか。わたしは世に属さず、ただ仕事のために先に離れ去った。あなたも世に属さない。これをあなたは本当に忘れたのか。わたしはあなたに二回言ったことがあるが、あなたは覚えていないのか。」ペテロはそれを聞いて言った。「わたしは忘れていません。」イエスはまた言った。「あなたは私と天で楽しく過ごしたことがあり、一時一緒にいたことがある。あなたはわたしを恋い慕い、わたしもあなたを恋い慕う。被造物はわたしの目には取るに足りないものであるが、無邪気で、愛らしい人をわたしがどうして愛さないことがあろうか。あなたはわたしの約束を忘れたのか。あなたは地でわたしの委託を引き受けなければならず、あなたに頼んだわたしの委託をあなたは遂行しなければならない。そのうち、わたしは必ずあなたをわたしのそばに連れてくる。」その後、ペテロはこのためにもっと大きな励ましを受け、もっと大きな啓発を受けた。だから、彼は十字架の上でこう言うことができた。「神よ!わたしは何よりもあなたを愛します!あなたがわたしを死なせても、わたしはやはりあなたを愛します。あなたがわたしの魂をどこに連れて行っても、あなたの前の約束によって成就してもしなくても、以後どのようにしても、わたしはあなたを愛し、あなたを信じます。」彼がしっかりと守っていたのは信仰であり、本当の愛であった。

ある日の夜、ペテロとほかの何人かの弟子がイエスと共に漁船にいた。ペテロはイエスに一つのいちばん幼稚な質問をした。「主よ!私には長い間、一つの疑問がありました。今、聞きたいです。」イエスは言った。「何かあったら言いなさい!」彼は言った。「律法時代の仕事はあなたがしたのですか。」イエスは「この子、とても幼稚である!」と言わんばかりに笑った。イエスはわざと言った。「わたしがしたのではない。ヤーウェがしたのであり、モーセがしたのである。」ペテロはそれを聞いて言った。「ああ、そうですか。それはあなたがしたのではないのだ。」ペテロがこう言った後、イエスは何も言わなかった。ペテロはひそかに考えていた。「あなたがしたのではないのか。道理であなたは来た後、律法を全部廃止したわけだ。なるほど、あなたがしたのではないのか」と。それで、彼の気持ちも「落ち着いた」。このことがあってから、イエスはペテロがとても幼稚であることを知った。当時、ペテロは認識がなかったので、イエスはほかに何も言わず、直接彼を反駁しなかった。ある日、イエスが会堂で道を語る時、大勢の人が集まり、ペテロもその中にいた。イエスは一編の道を語った。彼はこう語った。「とこしえからとこしえまでおられるその方、来るべきその方は、恵みの時代に贖いの仕事をし、全人類を贖って罪悪から抜け出させようとする。しかし、彼が人を導いて罪悪から抜け出させるには規定の束縛を受けない。彼は律法から出てきて、恵みの時代へ邁進しようとする。彼は全人類を贖おうとし、彼は律法時代から出てきて恵みの時代へ邁進しようとする。だが、人々は彼を知らず、彼はもともとヤーウェから来たのであることを知らない。モーセがした仕事はヤーウェから与えてもらったのであり、 モーセはヤーウェのした仕事によって律法を定めたのである。」彼はこれらを言い終えてから、また語った。「恵みの時代にいるが、恵みの時代の戒めを廃止した人は災いである。彼らは必ず神殿の中で神に滅ぼされ、必ず火が彼らに臨む日がある。」その時、ペテロはこれらの言葉を聞いた後、少し分かるようになった。ペテロの一定の期間の経験の中で、イエスが彼の身にいくらかの牧し、支える仕事をし、彼と親しく語り合ったので、ペテロはイエスに対して認識を少し持つようになった。イエスがあの日語った道を思い出し、また、自分が漁船でイエスに出した質問とイエスの答え、それにイエスの笑いを思い出して、彼は全部分かった。その後、聖霊が彼に啓いたので、彼はイエスが生ける神の子だと知ったのである。ペテロの認識は聖霊の啓きによって得たのだが、しかし、それは過程があるのであった。彼は自分の質問を通して、またイエスの一回の語りを通して、その後、イエスの彼に対する特別な交わり、牧養を通して、イエスが生ける神の子だと認識したのである。彼は一日か二日で認識したのではなく、その中には過程があり、それらは後の経験の中で彼の助けとなった。なぜほかの人の身に完全にする仕事をしないで、ペテロの身にその仕事をしたのか。それは、彼だけがイエスが生ける神の子だと認識し、ほかの人は誰も知らなかったし、多くの弟子たちがイエスにつき従う時得た認識も少なくなかったが、それは畢竟浅かったからである。だから、ペテロはイエスに完全にされる者の見本となったのである。イエスがペテロに言った言葉は、今日の人に言った言葉でもある。今、人のすべての認識、命の進入はペテロのそれの程度に達しなければならない。神はこの要求によって、この道によって一人一人を完全にするのである。なぜ今、人に真実な信仰と真実な愛を持つように要求するのか。ペテロが経験したものは、あなたたちも経験しなければならず、ペテロが経験して得た効果は、あなたたちの身に明らかにされなければならず、ペテロが経験した苦しみは、あなたたちも必ず経験するようになる。あなたたちが歩んでいる道は、ペテロが歩んだ道であり、あなたたちが受けている苦しみは、ペテロが受けた苦しみであり、あなたたちが栄光を受け、本当の人生を生かし出した時は、ペテロの姿を生かし出した時でもある。道は同じであり、これによってあなたたちを完全にするのである。しかし、この人たちの素質はペテロより少し劣っている。なぜなら、時代が異なるため、人の堕落した程度も異なるからであり、また、ユダヤは古文化が悠久な国だからである。だから、あなたたちはできるだけ自分の素質を高めなければならない。

ペテロという人はかなり賢明であり、何をするにしても鋭敏であり、またとても誠実であった。彼は打撃を少なからず受けた。十四歳から社会に接触し始め、学校に通うかたわら教会堂に通っていた。彼は熱心がとても大きく、集まるのが好きであった。あの時は、イエスがまだ正式に働いておらず、恵みの時代はまだ始まったばかりであった。ペテロは十四歳から宗教の人士たちと接触し始め、十八歳に宗教の上層部の人物と接触したが、その後、宗教の内部の混乱した内幕を見て、そこから出て来た。彼はその人たちが曲がったことや欺きを行ない、互いに腹を探り合って暗闘するのを見て、極度に憎み嫌った(当時、聖霊もそのようにしたのであり、彼を完全にしようとして、特別に彼を感動させ、いくらかの特別な仕事をしたのである)。それゆえ、彼は十八歳に教会堂を脱退した。彼の父母は彼を迫害し、彼に信じさせなかった(彼の父母は悪魔、不信派であった)。最後に、ペテロは家出して、至るところで魚を取り、至るところで伝道していた。彼は二年間伝道して、多くの人を導いた。今あなたは、ペテロが歩んだ道は一体どんな道であるか、はっきり見なければならない。もしあなたがペテロの歩んだ道をはっきり見たら、現在の仕事を確信することができ、恨み言を言ったり消極的になったり、何かを望んだりするようなことはない。あなたはペテロの当時の気持ちを汲み取らなければならない:彼は死ぬほど悲しくなったが、前途など求めず、祝福を受けることなど求めず、この世の名利、裕福、栄耀栄華を追い求めないで、最も意義のある人生を生かし出すこと、すなわち神の愛に報い、自分のいちばん貴重なものを神にささげることだけを追い求め、そうすることで彼は十分な満足を得た。彼は常にイエスに祈って言った。「主イエス・キリストよ、わたしはあなたを愛したことがありますが、真心をもってあなたを愛したことはありません。わたしは口先ではあなたを信じると言いますが、真心をもってあなたを愛したことはありません。わたしはあなたを仰ぎ見、あなたを崇拝し、あなたを恋い慕ったことがあるだけで、あなたを愛したことがなく、本当にあなたを信じたことがありません。」彼は常に祈って志を立て、常にこれらの言葉に励まされ、これを原動力としていた。その後、彼が一定の期間経験してから、イエスは彼を試した。それによって、彼のイエスを渇仰する心はさらに奮い立った。彼は言った。「主イエス・キリストよ!わたしはなんとあなたを恋い慕うことでしょう。わたしはあなたに会うことを渇望しています。わたしの足りないところが多すぎて、あなたの愛に報いることができません。どうか早くわたしを取り去ってください。あなたはいつわたしを必要としますか。いつわたしを取り去りますか。わたしはいつまたあなたに会えますか。わたしはこれ以上肉体の中で生きたくなく、これ以上堕落したくなく、また、これ以上背きたくないです。わたしは自分のすべてをあなたにささげたいです。一日も早くあなたにささげたいです。これ以上あなたを悲しませたくありません。」当時、彼はこのように祈ったが、イエスが彼のどんなところを完全にしようとするか分からなかった。彼が試練を受けて極めて苦しかった時、イエスはまた彼に現れて言った。「ペテロ、わたしはあなたを完全にして一粒の実にならせようとする。それはわたしに完全にされた後の結晶であり、わたしは享受しようとする。あなたは本当にわたしのために証しすることができるか。わたしがあなたに要求したことを、あなたは行ったのか。わたしの言った言葉を、あなたは生かし出したのか。あなたはわたしを愛したことがある。あなたはわたしを愛しているけれども、わたしを生かし出したのか。あなたはわたしのために何をしたのか。あなたは自分がわたしの愛を受ける資格がないことを認識したが、わたしのために何をしたのか。」ペテロは自分がまだイエスのために何もしていないと分かり、また以前神のために命を捨てると神に誓ったことを思い出したので、恨み言がなくなり、その後の彼の祈りはこれよりずっとよくなった。彼はまた祈って言った。「主イエス・キリストよ!わたしはかつてあなたを離れたことがあり、あなたもかつてわたしを離れたことがあり、わたしたちはかつて別れたことがあり、一緒にいたこともあります。だが、あなたはすべてにまさってわたしを愛します。わたしは何度も何度もあなたに背き、あなたを悲しませました。これらをわたしがどうして忘れられるでしょうか。あなたがわたしの身にした仕事、わたしに託したことを、わたしはいつでも心にかけていて、今まで忘れたことがありません。あなたがわたしの身にした仕事のために、わたしはもう全力を尽くしました。わたしが何をすることができるかをあなたは知っており、わたしがどんな機能を果たすことができるかを、あなたはさらに知っています。わたしはあなたが左右するに任せ、自分のすべてをあなたにささげたいです。わたしがあなたのために何をすることができるかは、あなただけが知っています。サタンがこのようにわたしを愚弄し、わたしはあなたに背いたこともありますが、あなたがそれらのことのゆえにわたしの過ちを覚えることがなく、それらのことによってわたしを取り扱うこともないと、わたしは信じています。わたしは自分の一生をあなたにささげたいです。わたしは何も求めず、ほかの望みと思惑などもありません。わたしはあなたの意志によって行い、あなたのみこころによって行うことだけを求めます。わたしはあなたの苦杯を飲み、あなたが左右するに任せたいです。」

あなたたちの歩んでいる道を、あなたたちははっきり知らなければならない。あなたたちが今後歩む道はどんな道であるか、神が成就しようとするのは何であるか、あなたたちの身に託したのは何であるか、あなたたちははっきり知らなければならない。いつの日か、試練があなたたちに臨むかもしれないが、その時あなたたちがペテロの経験から啓発を受けることができれば、あなたたちがペテロの道を歩み始めたことが証明される。ペテロは本当の信仰と愛のゆえに、神に対する忠心のゆえに神に良しとされたのであり、彼の誠実さと、神を渇仰する心のゆえに神に完全にされたのである。もしあなたに本当にペテロのような愛と信仰があれば、あなたもきっとイエスに完全にされることができる。