「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

「千年王国はすでに到来した」の小議

千年王国という異象に対してあなたたちはどう思うのか。ある人はいろいろと考えて、「千年王国は地上で千年であり、教会の中の年齢の高い人がまだ結婚していないから、結婚すべきではないか。うちはお金がないから、稼ぐべきではないか……」と言う。千年王国とは、一体どういうことか、あなたたちは分かっているのか。人はそれを見極められないので、精錬を少なからず受けた。実は、千年王国はまだ正式に到来していない。人を完全にする段階では、千年王国はただ小さな影にすぎない。神の言う「千年王国」の時には、人はもう完全にされたのである。以前、人はみな聖なる者のように、秦の地で立つということに言及したことがある。人が完全にされた時、神の言うような聖なる者になり、その時こそ千年王国が到来したのである。神が人を完全にすることは人を清めることであって、人が清められれば清められるほど、神に完全にされる。あなたの中の汚れた要素、不従順の要素、反抗の要素、肉的なものが全部取り除かれ、清められた時、あなたは神に喜ばれる者(すなわち聖なる者)になる。あなたが神に完全にされて聖なる者になった時、あなたは千年王国の中にいたのである。今は王国時代である。千年王国時代には、人はみな神の言葉に頼って生き、あらゆる国の人々が神の名で呼ばれるようになり、神の言葉を読みに来る。その時になったら、ある者は電話をかけたり、電報を打ったり……いろいろな手段で神の言葉を受け入れ、あなたたちも神の言葉の下に帰するが、それはみな人が完全にされた後のことである。今は言葉で人を完全にし、精錬し、人に啓き、人を導くのであり、今は王国時代であり、人を完全にする段階であり、千年王国時代とは関係がない。千年王国時代には、人はもう完全にされ、人の中の堕落した性質はみなきよめられたのであり、その時、神の言う言葉は一歩一歩人を導き、神が世の初めから今までした仕事の奥義を全部明らかに示し、しかも神がそれぞれの時代にしたこと、毎日したこと、人の中でどのように導いたのか、神が霊界でした仕事、霊界の動きを全部人に教える。その時こそ、本当の言葉時代である。今はただそれの小さな影にすぎない。人は完全にされず、きよめられなければ、地上で千年生きることができない。肉体は朽ちるべきものであって、人の中がきよめられて、サタンや肉体に属するものがなくなってこそ、地上で生きながらえることができる。この段階では、あなたはまだそれを見極めることができず、あなたたちが今経験しているのは、地上で生きている限り、毎日神を愛し、神のために証しすることである。

「千年王国はすでに到来している」は預言に属するのであり、預言者が言った預言に相当し、神が今の時点で先のことを預言したものである。以後の神の言葉は今の神の言葉とは違って、以後の言葉は時代を導くものであり、今の言葉は人を完全にし、人を精錬し、対処するものである。以後の言葉時代は今の言葉時代とは違う。今、神の言うすべての言葉は、どんな方式で言っても、それは人を完全にするためであり、人の中の汚れをきよめて、人を聖くさせ、神の前で義人とならせるためである。今言う言葉と以後言う言葉とは異なり、王国時代に言う言葉は、人にすべての訓練に入らせ、すべてにおいて正しい軌道に乗らせ、すべての汚れたものを脱ぎ捨てさせる。これは神がこの時代にしていることである。神の言葉が一人一人の中で土台となり、一人一人の命となり、人の中には常に神の言葉の啓き、導きがあり、人が神の心を思いやらない時、人の中には神の言葉の責め、懲らしめがある。今の言葉は人の命となり、直接人に必要なものを供給するためのもので、あなたの中の欠乏はみな、神の言葉によって供給され、神の言葉を受け入れたあらゆる人は、神の言葉を食べ飲みすることによって啓きを得るのである。後に言う言葉は、全宇宙の人を導くためのものであり、今はただ中国でこれらの言葉を言うのであって、全宇宙に言う言葉を代表せず、千年王国が到来した時初めて、神は全宇宙に向かって声を発するのである。あなたが分かるべきことは、神が今言う言葉はすべて人を完全にするためであり、神がこの段階で言う言葉は人に必要なものを供給するためであって、あなたにいくらかの奥義を知らせるか、或いはしるしや奇跡を見せるためではないということである。彼がそんなに多くの方式を用いて話すのは、人に必要なものを供給するためである。今はまだ千年王国時代になっておらず、言わば千年王国時代は神が栄光を受ける日である。ユダヤでの、イエスのその段階の仕事が完成した後、神は彼の仕事を中国大陸に移し、彼はまた別に計画を立てて、あなたたちの身にほかの一部分の仕事をし、言葉で人を完全にする仕事をして、言葉で人にたくさんの苦しみを受けさせ、またたくさんの神の恵みを得させる。この段階の仕事で、一団の勝利を得る者をつくる。彼がこの一団の勝利を得る者をつくった後、この人たちが彼の業を証しすることができ、しかも実際の生かし出しがあり、実際に彼を満足させることができ、死に至るまで彼に忠実であられる。そうすれば、神は栄光を受けるようになる。神が栄光を受ける時、即ちこの一団の人が完全にされた時が千年王国時代である。

イエスは地上に来て三十三年半いたのであり、彼が来たのは、十字架につけられるという段階の仕事をするためであり、十字架につけられることによって、神は一部分の栄光を受けた。神は肉体の中に来た時、へりくだって隠れることができ、極めて大きな苦しみを耐え忍ぶこともできる。彼は神自身であったけれども、すべての屈辱を耐え忍び、すべての誹謗を耐え忍び、極めて大きな苦痛を耐え忍んで十字架につけられ、贖いの仕事をなし遂げた。その段階の仕事が終わった後、人は神が極めて大きな栄光を得たのを見たけれども、それは神の全部の栄光ではなく、ただイエスの身から受けた神の一部分の栄光に過ぎない。イエスはすべての苦しみを耐え忍ぶことができ、へりくだって隠れることができ、神のために十字架につけられることができたが、神は一部分の栄光しか得ておらず、彼の栄光はイスラエルで得たのである。神はまた一部分の栄光があるが、それはつまり、地上に来て実際に働いて一団の人を完全にすることである。イエスのその段階の仕事の中で、超然たることを少し行ったが、その段階では、ただしるしや奇跡を行うためだけではなく、主に、イエスが苦しみを受け、神のために十字架につけられることができ、しかも神を愛するために極めて大きな苦しみを耐え忍ぶことができ、神が彼を見捨てたけれども、彼は神のみこころのために喜んで自分の一生をささげたことを、人に見せるためであった。神がイスラエルで仕事を終え、イエスが十字架につけられた後、彼はすでに栄光を受けたのであり、神はすでにサタンの前で一歩の証しをしたのである。しかし、神はどのように中国に来て受肉したのか、あなたたちは知らず、また見ていない。では、あなたたちはどこから神がすでに栄光を受けたのを見ることができるか。あなたたちの身に神は征服の仕事をたくさんし、しかもあなたたちがしっかり立つことができれば、神のこの仕事は成功を収めたことになり、これが神の一部分の栄光である。あなたたちはこの点を見ただけで、まだ神に完全にされておらず、まだ心を神に完全にささげてはいない。この栄光を、あなたたちはまだ完全に見ておらず、ただ神がすでにあなたたちの心を征服し、あなたたちがもう彼を離れられず、最後まで神につき従おうとする心が変わらないということを見ただけである。これが神の栄光である。どこから神の栄光を見ることができるか。神の働きが人の身にもたらされた効果から見ることができる。つまり、神が本当に愛しいことが見え、しかも人の心の中に神があって、人が神を離れたくなくなったら、これが神の栄光である。諸教会の兄弟姉妹たちの意欲が高まってきて、みな心から神を愛することができ、神のする仕事の威力が極めて大きく、言葉の威力が類なく、言葉が権威を持っていて、中国大陸この鬼の城の中でも、彼の仕事が展開できるということが見え、人には弱さがあるけれども、人の心が神の前にひれ伏し、神の言葉を受け入れたがっており、人は弱くて資格がないけれども、神の言葉は本当に愛すべきで、本当に人が宝愛するに値するということが見える。これが神の栄光である。いつの日か、人がみな神に完全にされて、みな神の前に降服することができ、しかも完全に神に従い、自分の前途と運命をすべて神の手に渡すことができれば、神の第二部分の栄光は全部受けたことになる。つまり、実際の神の仕事が全部やり遂げられ、神の中国大陸での仕事が一段落つき、すなわち神に選び定められたこの人たちが全部完全にされたら、神は栄光を受ける。神は第二部分の栄光を東の方に移したと言ったが、人は肉眼で見ることはできず、神が仕事を東の方にもたらしたということは、彼がすでに東の方に来たということであり、これが神の栄光である。今はそれがまだ成就していないが、彼は成就しようとするからには、必ず成就することができる。神は中国でこの仕事を成就しようとする。彼はもうあなたたちを完全にしようと思い定めたので、今、人の退路をみな塞いでしまい、すなわち人の心を征服したのである。それで、あなたはついて行きたくてもついて行きたくなくてもついて行かなければならない。あなたたちが神に得られる時、神は栄光を受けるのである。今、神はまだ完全に栄光を受けていない。なぜなら、あなたたちはまだ完全にされておらず、心は神に向けたが、まだ多くの肉体の弱さがあって、神を満足させることができず、神の心を思いやることもできず、あなたたちに脱ぎ捨てるべき消極的なものがまだたくさんあるからである。