「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

言葉がすべてを成就する

異なる時代に神の言う言葉、する仕事も異なり、時代が変わるにつれて彼の言う言葉も違う。神は古いやり方にこだわらず、重複の仕事をせず、過去に未練を持たない。彼は常に新しく古くならない神であって、毎日新しい言葉を言う。あなたは今日守るべきものをすべて守らなければならない。これは人の責任、本分である。神の現時の光、実際の言葉を中心として実行するのは肝心なことである。神は古いやり方にこだわらず、彼はいろんな立場に立って話して、彼の知恵、全能を明らかにすることができる。彼が霊の立場に立って話しても、人の立場に立って話しても、第三者の立場に立って話しても、神はつまるところ神である。あなたは、彼が人の立場に立って話すからといって彼は神ではないと言ってはならない。ある人たちは、神が異なった立場に立って話すため、観念が出て来た。このような人は神に対して認識がなく、神の働きに対して認識がない。もし神がいつでも同じ立場に立って話すなら、神は人に規定されてしまうのではないか。神は人が自分を規定することを許すだろうか。彼がどの立場に立って話しても、彼の目的があるのである。もし神がいつでも霊の立場に立って話すなら、あなたは接触できるだろうか。だから、彼は第三者の立場に立って話してあなたに供給し、あなたを実際の中に導き入れるのである。神がするすべては適切であり、要するに、それはみな神がしたのである。だから、あなたが疑問を抱かないでほしい。神であれば、彼がどの立場に立って話しても神であり、これは永遠に変わらない真理である。彼がどのように働いても神であり、神の本質は変わるはずがない!ペテロはそんなに神を愛し、神の心にかなったが、神はペテロが主であり、キリストであると証ししなかった。なぜなら、本質が何であれば何であり、これは変えられないことだからである。神は働く時、古いやり方にこだわらないのであり、彼はいろいろな異なった働き方によって効果を収め、これによって人に彼に対していっそう認識を持たせる。彼のどの働き方も人が彼を知る助けとなるのであり、人を完全にするためであり、彼がどのような働き方を用いても人を築き上げ、人を完全にするためである。もしかすると、彼のある働き方が長い間続くかもしれないが、それは人の信仰を練磨するためでもある。だから、あなたたちは疑念を起してはならない。これらはみな神の働きの段取りであり、あなたたちはみな従わなければならない。

今は実際の中に入ることを語り、天にのぼることは語らず、王になって権力を握ることも語らず、実際への進入を追い求めることだけを語る。これを追い求めるのはいちばん実際的である。もし王になって権力を握ることを語れば、これは現実的ではない。人は好奇心が強い上に、依然として宗教的観念をもって神の今日の働きを評価しており、こんなに多くの働き方を経験したのに、相変わらず神の働きに対して認識を持たず、まだしるしや奇跡を求め、まだ神の言葉が実現するかどうかを見ようとする。これではあまりにも盲目ではないか。もし神の言葉が実現しなければ、あなたは依然として彼が神であることを信じることができるか。今、教会には、しるしや奇跡を見るのを待っているような人がたくんさんいる。神の言葉が実現すれば彼は神であり、神の言葉が実現しなければ彼は神ではないと、彼らは言っている。では、あなたは神の言葉が実現するがゆえに彼を信じるのか、それとも彼が神自身であるがゆえに彼を信じるのか。人は神を信じる観点を正さなければならない!神の言葉が実現しないのを見て逃げるなら、これで神を信じる者なんて言えるのだろうか。神を信じるには、すべてのことで神が左右するに任せ、神のすべての働きに従わなければならない。旧約で神が言った言葉はとても多いが、どの言葉が実現するのをあなたが自分の目で見たのか。あなたが見なかったからといって、あなたはヤーウェが神ではないと言えるのか。ある人は、神の言葉がまだ実現していないのを見て逃げようとするが、だれでも逃げるつもりならさっさと逃げろ。止める者はいない!逃げて見ろ、あなたは自分が逃げられると思うのか。あなたは逃げてから必ず帰って来る。神は言葉であなたを支配するから、あなたが教会を離れ、神の言葉を離れたら生きられない。信じないなら、経験してみるがよい。あなたは勝手に離れられると思うのか。神の霊があなたを支配していて、あなたは離れられない。これは神の行政である!誰かが試してみたいなら、それでもよい!あなたがこの人は神ではないと言うなら、あなたは神に罪を犯すことをして彼がどうするかを見てみろ。あなたの肉体が死なず、依然としてご飯を食べ、服を着ることができるかもしれないが、しかしあなたは心中つらくてたまらないと感じ、精神的な圧力や苦痛を受ける。これが最大の苦しみである。精神的な苦痛や打撃を受けるなら、人は耐えられない。肉体的な苦痛を受けるなら、あなたが我慢できるかもしれないが、精神的な圧力を受け、長い間苦痛を受けるなら、あなたは全然耐えられない。今、あなたはしるしや奇跡などは見ることができないが、だれも逃げられない。なぜなら、神は言葉で人を支配するからである。触れることも見ることもできず、事実も臨んでいないが、人はどうしても逃げられない。これは神がすることではないか。今日神が地上に来たのは、人に命を供給するためであり、人が想像したように、彼は神と人との平和な関係を保つために、いつもしるしや奇跡を行なって人をあやすのではない。命の面を重んじないで、神にしるしや奇跡を行なわせることを重んじる者は、みなパリサイ人である!以前はパリサイ人がイエスを十字架につけたのである。もしあなたが自分の、神を信じる観点によって神を評価し、神の言葉が実現したら信じ、神の言葉が実現しなければ疑い、さらには神を冒涜するなら、これは神を十字架につけてしまうのではないか。このような人はみな、正業に就かず、安逸を貪る類である!

人には二つの大きな隘路がある。一つは神の働きに対して認識を持たないことである。人は否定的な態度を取っているのではないが、疑いの態度を取っているのであり、否定するのでもなければ、完全に認めるのでもない。もし人が神の働きに対して十分な認識を持っていたら、逃げることはない。もう一つは人が実際に対して認識を持たないことである。今、一人一人が接触しているのは神の言葉だけである。実を言うと、これからあなたはしるしや奇跡を見ようとしない方がいい。はっきり言っておくが、現段階ではあなたが見ることができるのは神の言葉だけであり、事実はないけれども、神の命はやはり人の内につくり込まれることができる。千年王国で、神は主にこの仕事をするのであって、この働きを見極められなければ、あなたは弱くなり、つまずいて、試練の中に陥ってしまい、ひどくなるとサタンに捕らえられてしまう。神が地上に来たのは、主に言葉を言うためだから、あなたが接触するのは神の言葉であり、あなたが見るのは神の言葉であり、聞くのは神の言葉であり、守るのは神の言葉であり、経験するのは神の言葉である。神が今度、言が肉体となったのは、主に言葉によって人を完全にするためである。彼はしるしや奇跡を行なわず、とりわけイエスがした仕事はしない。どちらも神であり、どちらも肉体であるけれども、彼らの職分は同じではない。イエスが来た時も一部分の仕事をし、少しばかりの言葉を言ったが、彼は主にどの仕事をやり遂げたのか。彼が主にやり遂げたのは、十字架につけられるという仕事である。彼は罪深い肉と同じ姿を取って、十字架につけられるという仕事をやり遂げ、全人類を贖い、全人類の罪のために、罪祭となった。彼は主にこの仕事をやり遂げたのである。最後に、彼は十字架の道を後人に指し示した。イエスが来たのは、主に贖いの仕事をやり遂げて、全人類を贖い、天国の福音を人にもたらし、しかも天国をもたらすためであった。だから、彼の後に来る人はみな「我々は十字架の道を歩み、十字架のために命をささげるべきである」と言った。もちろん彼は最初いくらかのほかの仕事をし、少しばかり話して、人に悔い改めさせ、罪を告白させたが、彼の職分はやはり十字架につけられることであった。彼の三年半の伝道も、後に十字架につけられるために用意されていたのである。イエスの何回かの祈りも、十字架につけられるためであり、彼が正常な人の生活を送り、三十三年半地上で生活したのは、主に十字架につけられる仕事をやり遂げるためであり、彼にこの仕事を引き受けられる力があるためであった。だから、神は十字架につけられる仕事を全部彼に託した。今日神は、言が肉体となってどんな仕事をやり遂げるのか。今日神が言が肉体となったのは、主に「言葉が肉体で現れる」という仕事をやり遂げるためであり、言葉で人を完全にし、人に言葉の対処を受けさせ、言葉の精練を受けさせる。彼の言葉の中で、あなたは供給を受け、命を得ることができ、彼の言葉の中で、あなたは彼の働き、彼のわざを見ることができる。神は言葉であなたを罰し、あなたを精錬するのだから、あなたが苦しみを受けても神の言葉のゆえに受けるのである。今日、神は事実でではなくて、言葉で働くのである。言葉があなたに臨んで初めて、聖霊はあなたの身に働いて、あなたに苦しみを受けさせ、またはあなたに快く感じさせる。神の言葉だけがあなたを実際の中に導き入れることができ、神の言葉だけがあなたを完全にすることができる。だから、あなたが少なくとも分かるべきことは、神が世の終わりにする仕事は、主に言葉で一人一人を完全にし、言葉で人を導くことである。彼の仕事はみな言葉によって行うのであって、事実であなたを罰するのではない。時には、一部の人が神に逆らっても、神があなたにそれほど大きな苦痛を受けさせず、あなたの肉体も刑罰を受けず、苦しみなどもないが、彼の言葉があなたに臨み、あなたを精錬すると、あなたは耐えられなくなる。そうではないか。「奉仕者」の時、神は人を底なしの穴に投げ込むと言ったが、人が本当に底無しの穴に落ちたのか。言葉で人を精錬するだけで、人は底無しの穴に入ったのである。だから、世の終わりに神は言が肉体となって、主に言葉ですべてを成就し、言葉ですべてを明らかにするのである。あなたは、彼の言葉の中でこそ彼の所是を見ることができ、彼の言葉の中でこそあなたは彼が神自身であるのを見ることができる。彼は言が肉体となって地上に来た後、ほかの仕事はせず、言葉だけを言う。だから、事実はいらず、言葉だけ言えば十分なのである。なぜなら、彼が来たのは主にこの仕事をするためであり、人に彼の言葉の中から彼の大能を見、彼の言葉の中から彼の至高を見、彼の言葉の中から彼が遜り、隠れているのを見、彼の言葉の中から彼のすべてを知るようにさせるからである。彼の所是、所有はみな彼の言葉の中にあり、彼の知恵、奇しさもみな言葉の中にあり、この中からあなたが神のいろいろな話し方を見ることができる。神はこんなに長い間仕事をしていたが、その多くは供給、さらけ出し、または対処であり、彼はどんな人にも軽々しく呪いをかけない。たとえ彼が呪うとしても、言葉で呪うのである。だから、神が受肉したこの時代に、あなたは、彼が再び病気を治し、悪霊を追い出すのを見ようとしてはならず、いつもしるしを見ようとしてはならない。それは何の役にも立たない!それらのしるしは人を完全にすることができない!はっきり言えば、今日受肉した実際の神自身は言葉を言うだけで事を行わない。これが真理である!彼は言葉であなたを完全にし、言葉であなたを養い、あなたに注ぐのであり、彼はまた言葉で働き、事実の代わりに言葉を用いて、人に彼の実際を認識させるのである。もしあなたが神のこういう働きを見極めたら、容易に消極的になることはない。あなたたちは消極的な面のものを重んじるべきではなく、積極的な面のものだけを重んじるべきである。つまり、神の言葉が実現してもしなくても、事実が臨んでも臨まなくても、とにかく神は人に彼の言葉の中から命を得させる。これは最大のしるしであり、さらに疑う余地のない事実である。これは神を知るのに最もよい証拠であり、しかもこれはしるしよりもっと大きなしるしである。これらの言葉だけが人を完全にすることができる。

王国時代が始まると、神は言葉を解き放し始めた、以後はこれらの言葉が次第に実現する。その時は人の命が熟した時でもある。神は言葉で人の堕落した性質をさらけ出すのであり、こうするのはさらに実際的かつ必要である。ただ言葉だけで行うのは、人の信仰を完全にするためでもある。なぜなら、今は言葉時代であって、人の信仰が必要であり、人の志と協力が必要だからである。世の終わりに、言が肉体となった神の仕事は言葉で仕え、供給することである。言が肉体となった神が言葉を全部語り終えて初めて、実現し始めるのである。彼が話している間に、彼の言葉は実現しない。なぜなら、彼が肉体にいる間に、彼の言葉は実現することができず、それは人が、神は肉体であって、霊ではないのを見、肉眼で神の実際を見るためだからである。いつか、彼の仕事が終わり、彼が地上で言うべき言葉を全部言い終えたら、言葉は実現し始めるのである。今は実現する時代ではない。というのは、彼がまだ言葉を言い終えていないからである。だから、神がまだ地上で言葉を言うのが見えたら、あなたは神の言葉が実現するのを待たないほうがいい。神が話さなくなり、彼の地上での仕事が終わったその時に、彼の言葉は実現し始める。彼が地上で言った言葉の一部分は、命への供給であり、もう一部分は預言である、すなわち後の事、彼がしようとする事と、まだやり遂げていない事の預言である。イエスの言った言葉の中にも預言があり、彼は命を供給すると同時に、預言もした。今は、言葉と事実が並行するということなど言わない。なぜなら、人の肉眼で見られることと、神の成就した事実とはかなり大きな差があるからである。神の仕事が完成した後、彼の言葉が実現し、事実は言葉の後にあるとしか言えない。言が肉体となった神が世の終わりに地上に来たのは、言葉を言う職分を尽くすためだけであり、言葉を言う職分を尽くすのは、言葉を言うだけであり、ほかの事は彼と関係がない。神の仕事が変わると、言葉は実現し始める。今は、まずこれらの言葉であなたを完全にする。彼が全宇宙の下で栄光を受ける時、彼の仕事は完成し、言うべきことは言い終わり、あらゆる言葉は事実になる。神は世の終わりに地上に来て、言葉を言う職分を尽くすことによって人に彼を認識させ、人に彼の言葉の中から彼の所是を見、彼の知恵と彼のあらゆる奇しい業を見るようにさせる。王国時代に、神は主に言葉ですべての人を征服する。以後、各宗各界、各邦各派に臨むのも言葉であり、神はただ言葉で征服して、あらゆる人に彼の言葉が権威や威力を持っていることを見せる。だから今、あなたたちが向かい合うのは神の言葉だけである。

神がこの時代に言っている言葉は、律法時代に言った言葉とは決して同じではなく、神が恵みの時代に言った言葉とも異なる。恵みの時代には言葉の仕事をせず、ただ十字架につけられて全人類を贖うことだけに触れていた。聖書には、ただイエスはなぜ十字架につけられたのか、十字架につけられるのにどんな苦しみを受けたのか、人はどのように神のために十字架につけられるべきかだけに触れている。その時代に、神がしたことはすべて十字架につけられるという仕事を中心としていた。王国時代に、言が肉体となった神は言葉を言って、彼を信じるあらゆる人を征服する。これが「言葉が肉体で現れた」ということである。神は世の終わりに、この仕事をするために来たのであり、「言葉が肉体で現れる」実際の意義を成就するために来たのである。彼は言葉を言うだけで、事実が臨むことはめったにない。これが言葉が「肉体」で現れることの本質である。言が肉体となった神が言葉を語り出すこと、これが言葉が肉体で現れるということであり、つまり「言葉」が「肉体」の中に来たということである。「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。言葉が肉体となった。」神は世の終わりに、この仕事(言葉が肉体で現れるという仕事)をなし遂げようとする。これは全経営計画の中の最後の項目である。だから、必ず神が地上に来て、彼の言葉を、全部肉体の中で現さなければならない。今日しているのは何であるか、今後するのは何であるか、神が成就するのは何であるか、終わりの時に人の落ち着き先は何であるか、どんな人たちが救われるか、どんな人たちが滅びるかなどなど、これらの終わりの時にすべき仕事を全部はっきり言った。これらはみな「言葉が肉体で現れる」実際の意義を成就するためである。以前、発布した行政、発布した憲法、どんな人たちが滅びるか、どんな人たちが安息に入るか、これらの言葉はみな実現するのである。言が肉体となった神は、世の終わりに主にこの仕事をやり遂げて、神に定められた人はどこに帰するか、そうでない人はどこに帰するか、民と子たちはどうやって分けるか、イスラエルはどうなるのか、エジプトはどうなるのかを、人に分からせる。今後、これらの言葉は一々成就するのである。神の働きの歩調は速くなり、神は言葉を言うという方式によって、時代ごとにしようとすること、世の終わりに言が肉体となった神がしようとすること、尽くそうとする職分を、みな人に公にする。これらの言葉はみな「言葉が肉体で現れる」実際の意義を成就するためである。

前にわたしは、「しるしや奇跡を見ようとする者はみな、見捨てられる者であり、完全にされる対象ではない」と言ったことがある。神がこんなに多くの言葉を言ったのに、人はこの仕事に対して少しも認識がなく、こんなところまで来たのに、人はまだしるしや奇跡を求めている。あなたが神を信じるのは、しるしや奇跡を見ることを追い求めるためであるか、それとも命を得るためであるか。イエスも当時、たくさんの言葉を言ったが、それらは今までまだ実現していない。あなたはイエスが神ではないと言えるのか。彼はキリストであり、神の愛する子だと、神が証ししたのに、あなたはそれを否認できるのか。神は今言葉だけを言う。これをはっきり認識しなければ、あなたは立っていられない。あなたは彼が神であるがゆえに彼を信じるのか、それとも彼の言葉が実現するかどうかによって彼を信じるのか。あなたはしるしや奇跡を信じるのか、それとも神を信じるのか。神は今、しるしや奇跡を行わない。では、彼は一体神であるのか、神ではないのか。もし彼の言った言葉が実現しなければ、彼は一体神であるのか、神ではないのか。神の本質は、言葉が実現するかどうかによって決まるのか。どうして一部の人はいつも神の言葉が実現してから彼を信じるのか。これは神に対して認識がないのではないか。このような観念を持つ人は、みな神を否む人である。彼らは観念で神を評価して、神の言葉が実現したら神を信じ、実現しなければ神を信じず、いつもしるしや奇跡を追い求める。これは現代のパリサイ人ではないのか。立っていられるかどうかは、あなたが実際の神に対して認識があるかどうかにかかっている。これは相当肝心なことである!神の言葉の実際があなたの身に増し加わるほど、あなたが神の実際に対して認識を持つほど、試練の中で立っていられる。あなたがしるしや奇跡を見ようとすればするほど、立っていられなくなり、試練の中できっとつまずく、しるしや奇跡は基礎ではなく、神の実際こそが命である。一部の人は神の働きがもたらそうとする効果も知らず、終日頭がぼんやりしていて、神の働きに対する認識を得ることを追い求めず、いつでも神が彼の欲望を満たしてから、神をよく信じることを追い求め、また、神の言葉が実現したら、彼は命を追い求め、神の言葉が実現しなければ、彼は命を追い求めるはずがないと言う。人が神を信じるのは、しるしや奇跡を見ることを追い求め、天国に入り、第三の天に上ることを追い求めるためである。自分が神を信じるのは実際の中に入ることを追い求め、命を追い求め、神に得られることを追い求めるためだと言っている人はいない。このような追求は何の価値があるのか。神を知ることを追い求めず、神を満足させることを追い求めない人たちは、神を信じる人ではなくて、神を冒涜する人である!

今、あなたたちは神を信じるとは、一体どういうことか分かったのか。神を信じることは、しるしや奇跡を見ることなのか。天国に入ることなのか。神を信じるのは容易なことではない。今はそういう宗教的な信じ方を廃止すべきである。神が力ある業を行なうことを求め、神が病気を治し、悪霊を追い出すことを求め、神に平安と十分な恵みを与えてもらうことを追い求め、肉体の前途を得、肉体の安逸を得ることを求めるのが、宗教的な信じ方であり、こういう信じ方が漠然とした信仰である。今日、実際に神を信じるとは、どういうことだろうか。すなわち神の言葉を受け入れてあなたの命の実際とし、神の言葉の中から彼を知って、本当に彼を愛するに至ることである。もっとはっきり言えば、神を信じるのは、あなたが神に従うことができ、神を愛し、被造物の尽くすべき本分を尽くすことができるためであり、これが神を信じる目的である。神の愛しさを認識し、神の気高さを認識し、神が被造物の身にする仕事は救い、成就であることを認識しなければならない。これは神を信じるのに少なくとも具備すべきものである。神を信じるのは主に、肉体の生活の中から神を愛する生活の中に入り、天然の中に生きる状態から神の所是の中に生きる状態へ移行し、サタンの支配下から出て来て、神の顧みと守りの下に生きることであり、肉体に従わないで、神に従うことができ、そして、あなたの全心が神に得られ、あなたが神に完全にされて、堕落したサタン的な性質から脱離することである。神を信じるのは主に、神の大能、神の栄光があなたの身に現されるようにし、それによって神のみこころを行い、神の計画を成就して、サタンの前で神について証しすることができるためである。神を信じるのは、しるしや奇跡を見るためであるべきではなく、個人の肉体のためであるべきでもない。神を知ることを追い求め、神に従うことができ、ペテロのように死に至るまで従うことができるためであるべきであり、主にこれを達成するためである。神の言葉を食べ飲みするのも神を知り、神を満足させるためである。神の言葉を食べ飲みすることによって、神に対していっそう認識を持つようになって初めて、あなたは神に従うことができる。神に対して認識を持ってこそ、神を愛することができ、この目的を達成することこそ、人が神を信じる上で持つべき目的である。もしあなたが神を信じながら、いつでもしるしや奇跡を見ようと思うなら、あなたの神を信じる観点は正しくないのである。神を信じるのは主に、神の言葉を受け入れて命の実際とすることである。人が神の口から出た言葉をみな実行し、みな自分の身に実際化することができれば、神の目的が達成された。人が神を信じるには、神に完全にされること、神に従順であること、すべてのことにおいて神に従うことを追い求めるべきである。あなたが神に従い、怨み言を言わず、神の心を思いやり、ペテロの身丈まで達し、神が言ったようにペテロの風格を持つようになった時、神を信じることが相当高い程度に達したのである。これはあなたが神に得られたことを表している。

神は全宇宙の下で仕事をしている。彼を信じる人はみな彼の言葉を受け入れ、彼の言葉を食べ飲みしなければならない。神がしるしや奇跡を行なうのを見ることによって、神に得られる者は一人もいない。代々、神は言葉で人を完全にするのである。だから、あなたたちはいつでもしるしや奇跡に心をおいてはならず、神に完全にされることを追い求めるべきである。旧約律法時代に、神は一部の言葉を言い、恵みの時代に、イエスはまたたくさんの言葉を言った。イエスがたくさんの言葉を言い終えてから、後の使徒、預言者たちは、人にイエスが定めたそれらの律法と戒めに基づいて実行させ、イエスが言ったそれらの原則どおりに経験させた。世の終わりに、神は主に言葉で人を完全にするのである。彼はしるしや奇跡で人を制圧して、人に信服させるのではない。そうすれば、神の大能を明らかにすることができない。もし、しるしや奇跡だけを行なうなら、神の実際を明らかにすることができず、人を完全にすることもできない。神はしるしや奇跡で人を完全にするのではなく、言葉で人に注ぎ、人を牧して、人にすべてにおいて神に従い、しかも神を知るようにさせるのである。これは神が働き、話す目的である。神はしるしや奇跡を行なうという方式によって人を完全にするのではなく、言葉で人を完全にし、いろいろな働き方によって人を完全にするのである。神が言葉で精錬しても、対処しても、手入れしても、供給しても、要するに、さまざまな異なった立場に立って言った言葉で人を完全にするのであり、これによって、人に神の働きに対していっそう認識を持たせ、神の知恵、奇しさに対していっそう認識を持たせる。世の終わりに、神が時代を終わらせようとする時、人は完全にされたのである。その時、人はしるしや奇跡を見る資格を持つようになる。あなたが神に対して認識を持つようになったら、神がどのようにしても、あなたは従うことができる。その時、あなたがしるしや奇跡を見ることができるのは、あなたが神の実際に対してどんな観念も持たないからである。今、あなたは堕落した人であって、まだすべてにおいて神に従うことができないのに、あなたはしるしや奇跡を見る資格があるだろうか。神がしるしや奇跡を行なう時は、神が人を罰する時であり、王朝が交代する時でもあり、さらに神が時代を終わらせる時でもある。神の仕事が正常に進められている時、彼はしるしや奇跡を行わない。しるしや奇跡を行なうことは、極めて容易な事であるが、それは神の働く原則ではなく、神が人を経営する目的ではない。もし人がみなしるしや奇跡を見たし、神の霊的な体も人に現れたのなら、人はみな「信じた」のではないのか。東の方から一団の勝利を得る者を得、彼らは大きな苦難を通って来た者だと、言ったことがあるが、この言葉はどういう意味だろうか。つまり、得られたこの人たちは裁かれ、罰され、対処され、手入れされ、しかもさまざまな精錬を受けて初めて、本当の従順を持つようになったのであり、この人たちの「信仰」は漠然としたものではなく、実際的なものであり、彼らはしるしや奇跡など見たことがなく、力ある業など見たこともなく、そんなに高い字句教理を語り出すことができず、そんなに高い悟りを語り出すこともできないが、実際があり、神の言葉があり、神の実際に対する真実な認識があるということである。このような一団の人はいっそう神の大能を明らかにすることができるのではないか。神が世の終わりにする仕事は実際の仕事である。イエスの時代には、彼は人を完全にするために来たのではなくて、人類を贖うために来たのである。だから、彼は人々が彼につき従うように、力ある業を少し行なった。彼は主に、十字架につけられるという仕事をやり遂げるために来たのだから、しるしを行なうのは決して彼の職分内の仕事ではなく、これらのしるしや奇跡はみな働きの効果に達するためにした仕事であり、つけ加えたものであって、全時代を代表する仕事ではなかった。旧約律法時代にも、神はしるしや奇跡を少し行なった。しかし今、神がしているのは実際の仕事であって、彼は絶対にしるしや奇跡を行なわない。彼がしるしや奇跡を行なうと、彼の実際の仕事はかき乱されてしまい、続けてすることができなくなる。もし彼が言葉で人を完全にすると言いながら、かえってしるしや奇跡を行なうなら、人が本当に信じるかどうかを明らかにすることができるだろうか。だから、神はそのようにしないのである。人の中の宗教的なものは多すぎる。神が世の終わりに来たのは、人の中のあらゆる宗教的観念や超然としているものを取り除くためであり、人に神の実際を認識させて、漠然とした、非現実的かつ全然存在しないとも言える神の姿を取り除くためである。だから今、あなたが実際に対して認識を持っていれば、それこそが宝物なのである!真理はすべてを圧倒するが、今、あなたは真理をどれぐらい具備したのか。しるしや奇跡を行なうのはみな神であるのか。邪悪な霊もしるしや奇跡を行なうことができるのに、それらもみな神であるのか。人が神を信じる上で尋ね求めるのは真理であり、追い求めるのは命であって、しるしや奇跡ではない。これはあらゆる人の、神を信じる目的であるべきである。