「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

受肉した神と使われる人との本質的な違い

神の霊は地上に来てあちこち捜し求めながら長年に渡り働いていた。歴代にわたって神は多くの人を利用して彼の仕事をしてきたが、しかし神の霊は今まで適当な安息の地がない。そういうわけで、神は異なる人の身を行き巡って彼の仕事をしていた。まとめて言えば、神の仕事はみな人を通してしたのである。つまり、長年来、神の仕事は今まで停止しておらず、ずっと人の身に展開されており、ずっと今まで行われていたのである。神がこんなに多くの言葉を言い、こんなに多くの仕事をしたが、人は依然として神を知らない。それは、神が人に現れたことがなく、しかも神は形も姿もないからである。だから、神はあらゆる人に「実際の神」の実際の意義を認識させるという仕事を成就するしかない。これに達するには、神の霊が実際に人に現れ、人の間で働かなければならない。つまり神の霊が形を帯びて、骨も肉もあり、形も姿もある生身の人間として人の間を歩き、人と共に生活し、時には人に隠れ、時には人に現れなければならない。こうしてこそ、人の神に対する認識が深まることができる。神がただ肉体の中で働けば、仕事を完全にやり遂げることはできない。肉体の中で一定の期間働いて、肉体の人が果たすべき職分を果たし終え、つまりイエスのように、正常な人性の中で一定の期間働いて、すべき仕事を全部やり遂げたら、肉体から離れ、肉体の姿を帯びて霊界で働くのである。あなたたちはみな「道……(五)」にこんな言葉があるのを覚えているだろう。「わたしは父がわたしにこう言われたのを覚えている。地では父のみこころを行い、父の委託を遂行することだけを求めなさい。ほかはあなたと関係がないと。」この言葉からあなたは何が分かったのか。神は地上に来て、神性の中での仕事だけをする。これは受肉した神に対する天の霊の委託である。彼は来て、ただ至る所で話すのであり、異なる方式で異なる立場に立って言葉を言い、声を発し、主に人に供給し、人を教えることを目的とし、働く原則とする。人と人の関係や、人の生活の中の細かい事柄には、彼はかまわない。彼の主な職分は霊を代表して言葉を言い、声を発することである。つまり、神の霊は実際に肉体において現れた後、人に命を供給し、真理を解き放すだけで、人の仕事に手を出さず、すなわち人性の仕事に参与しないのである。人であれば神性の仕事をすることができず、神であれば人の仕事に参与しない。神は地上に来て、長年働いていたが、ずっと人を利用して仕事をしたのである。それでも、彼らは受肉した神とは言えず、神に使われる人としか言えない。だが、今日の神は直接神性の立場に立って言葉を言い、霊の声を発し、霊を代表して働くことができる。同様に神の霊に支配されて肉体の中で働く者であるのに、なぜ歴代のそんなに多くの人は神に使われたが神と呼べないのか。今日も神の霊が直接肉体の中で働くのであり、イエスの時も神の霊が肉体の中で働いたのであるが、この両者は神と呼ばれる。この中には何の違いがあるのか。世々から、神に使われる人はみな正常な思惟、正常な理知があり、身を持し世に処する原則を弁えており、正常な人の観念があり、正常な人が備えるべきものをすべて備えており、多数の者は才能が衆に秀でており、生まれつき聡明である。神の霊がこの人たちの身に働くのは、賜物に属する彼らの才能を利用して働くのであり、彼らの使用できる部分を利用し、彼らの長所を生かして神に仕えさせるのである。しかし神の本質は、観念がなく、思惟がなく、人間の意志が混じっておらず、正常な人が備えているものさえ完全には備えていない。つまり、身を持し世に処する原則にさえ通じていないのである。今日地上に来た神はこのようであり、その働きと言葉には人間の意志が混じっておらず、人の思惟がないのであり、直接霊の本意を表し、直接神を代表して働くのである。霊が出てきて働くのだから、人間の意志が少しも混じっていないのである。つまり、受肉した神は直接神性を帯びており、人の思惟や人の観念がなく、人の処世の原則に通じていない。もし神性だけが働く(すなわち神自身が働く)なら、神の仕事は地上で展開されることができない。だから、神が地上に来たら神に使われる何人かの人が人性の中で神の神性の中での仕事に協力し、すなわち人性の仕事で神性の仕事を支えなければならない。さもないと、人は直接神性の仕事に接触することができない。イエスと何人かの弟子を例とすれば、イエスは世にいた時、古い律法を廃止し、新しい戒めを定め、言葉もたくさん言った。これらの仕事はみな神性の中でしたのである。その後、ペテロ、パウロ、ヨハネ彼らはイエスが言った言葉を基に仕事をしていた。言い換えれば、その時代に神は始めの仕事をして、恵みの時代を切り開いたのである。すなわち新時代を開き、古い時代を廃止したのであり、「神は初めであり、終わりでもある」という言葉も成就したのである。つまり、人は必ず神性の働きに基づいて人の仕事をしなければならない。イエスは地上で彼の言うべき言葉を言い終え、彼の仕事をやり遂げた後、人を離れ去った。その後、あらゆる人は、彼の言葉の中の原則を中心として働き、彼が言った真理によって実行したのであり、この人たちはみなイエスのために働いた人である。もしイエスだけが働いたなら、彼の言った言葉がいくら多くても、人は依然として接触できない。なぜなら、彼は神性の中で働いたのであって、神性の中での言葉しか言えず、正常な人が分かるように人に解釈することができないからである。だから、彼の後に来る使徒、預言者に彼の後の仕事を補足させなければならなかった。神が受肉して働くのはこういう原則である。言がなった肉体を通して話し、働いて、神性の中での仕事をやり遂げた後、神の心にかなう何人かの、或いはもっと多くの人を通して神の仕事を補足するのであり、すなわち神の心にかなう人を通して人性の中で牧し、注いで、あらゆる人に真理を得させるのである。

もし神が肉体となって神性の中での仕事をするだけで、神の心にかなう何人かの人を利用して自分に協力させなければ、人々はみな神の心意を理解することができず、神と接触することもできない。神の心にかなう正常な人を利用してこの仕事を全うし、諸教会を顧み、牧して、人の思惟、人の頭で想像できる程度に達するようにしなければならない。つまり、神の神性の中での仕事を、神の心にかなう何人かの人を通して「翻訳」し、解き、すなわち神性の言葉を人性の言葉に変えて、人々に理解させ、分からせなければならない。もしこのようにしなければ、人々は神の神性の中での言葉を理解することができない。なぜなら、神の心にかなう人は畢竟少ないのであり、人の理解力も劣っているからである。だから、神が受肉して働く時はこのような方式を採用するのである。もし神性の働きしかないなら、人は神を知ることができず、神と接触することもできない。なぜなら、人はみな神の言葉が分からないからである。神の心にかなう人を通してこれらの言葉を全部解き明かしてこそ、人は理解することができる。しかし、神の心にかなう人だけが人性の中で働くなら、人の正常な生活を支えることができるだけで、人の性質を変えることはできず、神の仕事も新たな始まりがあり得ず、古いことをむし返し、新鮮味のない話を繰り返すような仕事になってしまう。受肉した神が肉体の中にいる間、言うべき言葉を言い、すべき仕事をやり遂げ、後の人が彼の言った言葉に基づいて働き、経験してこそ、人は命の性質の変化を得ることができ、時代とともに歩むことができる。神性の中で働くのは神を代表するものであるが、人性の中で働くのは神に使われるものである。つまり、「受肉した神」と「神に使われる人」は本質的な違いがあり、受肉した神は神性の仕事をすることができるが、神に使われる人は神性の仕事をすることができない。時代が始まるごとに、神の霊は自ら話し、新時代を始め、人を新たな始まりへと導き入れる。彼が言葉を話し終えたら、神の神性の中での仕事は終わったのである。その後、人々は神に使われる人の導きの下で命の経験の中に入る。同様に、この段階でも神が人を新時代に導き入れて、人に新たな始まりを与える。その時、肉体における神の仕事も終わるのである。

神が地上に来たのは、彼の正常な人性を完全にするためではない。神が来たのは、正常な人性の仕事をするためではなく、ただ正常な人性の中で神性の仕事をするためである。神の言う正常な人性は、人が想像したような正常な人性ではない。人の解釈のとおりなら、「正常な人性」とは、妻や夫や子供を持っているということであり、これによって、自分が正常な人であることが証明される。しかし神はそう思わない。彼の思う「正常な人性」とは、正常な人の思惟があり、正常な人の生活があり、正常な人から生まれるということである。だが、彼の正常な人性の中には、人の言うような妻や夫や子供を持っているということは含まれていない。つまり、人から見れば、神の言う「正常な人性」とは人性がなく、ほとんど情感がないということで、肉体的な要求がないようである。イエスのように、正常な人の殻があり、正常な人の姿を取っただけで、実質的には、正常な人のあるべきものを完全に備えてはいないのである。これらから見れば、受肉した神の本質の中には、完全な正常な人性を具備しておらず、正常な人の規則的な生活を支え、正常な人の理知を支えるための、人の具備すべきものを一部分具備しているだけである。しかし、これらは人が思っているような正常な人性とは関係がなく、神の言がなった肉体が具備すべきものである。しかしある人は、「受肉した神は妻や子供や家庭を持っていてこそ、正常な人性があると言える」と言い、また「もしこれらを持たなければ正常な人ではない」と言う。そうなら、わたしはあなたに尋ねたい。神が妻を持っているのか。神が夫を持つことがあろうか。神が子供を持つことがあろうか。これらは謬論ではないか。でも、神が受肉する時、岩の隙間から飛び出すわけがなく、空から落ちてくるわけもなく、正常な人の家庭で生まれるしかないから、彼は親や姉妹を持っているのである。これは受肉した神の正常な人性が具備すべきものである。イエスはその例である。彼は親を持っており、姉妹や兄弟も持っていた。これはみな正常なことだが、もし彼が妻や子供を持っていたなら、彼は神が求めるような、受肉した神の具備すべき正常な人性を持つのではない。そうなら、彼は神性を代表して働くことができなくなる。彼は妻や子供を持っていなかったが、正常な人から生まれ、正常な人の家庭の中で生まれたのだから、神性の仕事をすることができたのである。もっとはっきり言えば、神の思う「正常な人」とは、正常な家庭の中で生まれた人のことであり、このような人こそ、神性の仕事をする条件を具備している。しかし、彼が妻や子供或いは夫を持っていれば、神性の仕事をすることはできない。なぜなら「人」が要求する正常な人性を具備しただけで、「神」が要求する正常な人性は具備していないからである。神の思っていることは、往々にして人の認識とは大いに違い、かなり大きな隔たりがある。神のこの段階の仕事の中で、多くの仕事は人の観念に合わないのであり、人の観念と大いに違うのである。この段階の仕事は完全に神性が手を出してするのであり、人性が脇役を勤めるのだと言ってもいい。神は地上に来て自ら彼の仕事をし、人に手を出させないのだから、彼は自ら受肉して(完全ではない正常な人の身に)彼の仕事をするのである。今度受肉した機会を借りて、新時代を人にもたらし、神の次の段階の仕事を人に教えて、人に彼の言葉の中の道どおりに実行させる。そうすれば、神の肉体における仕事は終わるのである。彼は人を離れて人と別れ、引き続き正常な人性がある肉体の中に留まらないで、人を離れて彼のほかの一部分の仕事をする。そして、彼はこの一団の人の身に、彼の心にかなう人を通して、彼の地上での仕事を引き続き完成させる。だが、それは人性の中で行われるのである。

受肉した神はいつも人と一緒にいられない。なぜなら、神はもっと多くのすべき仕事があるからである。彼は肉体の拘束を受けることがなく、肉体を離れて彼のすべき仕事をするのだが、肉体の姿を帯びて働くのである。地上に来た神は、正常な人のあるべき姿を持ってから死んで、人を離れるのではない。彼の肉体の年齢に関わらず、彼の仕事が終わったら彼は去り、人を離れるのである。彼には年齢という言い方がない。彼は人の寿命によって日にちを数えるのではなく、彼の仕事の段取りによって、彼の肉体の中での命を終わらせるのである。ある人は、神が肉体となったら、十分な程度まで成長して大人になり、年を取って、肉体が死にそうになる時去ると思っているかもしれない。これは人の想像に過ぎず、神はこのように働かない。彼が肉体の中に来たのは、ただ彼のすべき仕事をするためであって、正常な人の生活を送るためではない。すなわち、父母から生まれ、大きくなって大人になり、そして結婚して独立し、子供を産み育てるか或いはつぶさに辛酸をなめるなどなど、この一切の正常な人の活動に従事するためではない。神が地上に来たのは、神の霊が肉体の中にもたらされたのであり、肉体の中に来たのである。しかし、彼は正常な人の生活を送るのではなく、ただ神の経営計画の中の一つの項目を完成するのであり、その後、人を離れるのである。彼が肉体の中に来た時、神の霊が彼の肉体の正常な人性を完全にするのではなく、神が定めた時になって、神性が直接働くのである。彼がすべき仕事をやり遂げ、職分を果たした後、彼の肉体の寿命が尽きるべきかどうかにかかわらず、神の霊の、この段階での仕事が終わると、受肉した神の命も終わるのである。つまり、肉体が何歳まで生きることができるか、地上でいつまで生活することができるかはみな、霊の仕事によって決まるのであり、人の思っているような正常な人性とは関係がない。イエスはその例である。彼は三十三年半、肉体の中にいたのであり、肉体の寿命から言えば、彼は死ぬべきではなかったし、去るべきでもなかった。しかし、神の霊はそれをかまわず、彼の仕事が終わると、肉体を連れ去り、肉体は霊について消え去った。これは神が肉体の中で働く原則である。だから、厳密に言えば、受肉した神は正常な人性がない。つまり、彼が地上に来たのは正常な人の生活を送るためではなく、正常な人の生活があった後、仕事をするのではなくて、正常な人の家庭の中で生まれさえすれば神性の仕事をすることができるのである。彼の仕事には人間の意志が少しも混じっておらず、肉体的なものを帯びず、社会のにおいはなおさらなく、人の思惟、人の観念に関係せず、人の処世哲学にはなおさら関係しない。これが神が受肉してしようとする仕事であり、受肉した実際の意義でもある。神が地上に来たのは、主に一段階の肉体のすべき仕事をするためで、彼はほかの煩わしい過程を経ないのであり、正常な人の経験を具備しないのである。受肉した神がすべき仕事は、正常な人の経験を含まない。だから、神が肉体の中に来たのは、ただ肉体のすべき仕事を完成するためであり、ほかは彼と関係がなく、彼はそんなに多くの煩わしい過程を経ないのである。彼の仕事が終わったら、彼の受肉の意義も終わる。彼がこの段階の仕事をやり遂げたら、彼の肉体のすべき仕事が終わり、彼の肉体の職分も果たし終わったのである。しかし、彼はずっと肉体の中で働くわけにはいかず、彼はほかの所に行って働き、肉体から出なければならない。こうしてこそ、彼の仕事は全面的に行われることができ、よりよく展開されることができる。神は彼のもとの計画どおりに働くのであり、自分はどんな仕事をすべきか、どんな仕事を終わらせたか、みな掌を指すようによく分かっている。あらゆる人は神に導かれて神の定めた道を歩んでおり、だれも逃れられない。神の霊の導きに従う人だけが安息の中に入ることができる。もしかすると後の仕事の中で、神が肉体の中で話して人を導くのではなくて、形も姿もある霊が人の生活を導くかもしれない。こうしてこそ、人が実際に神に触れ、神を見ることができ、よりよく神が要求する実際の中に入って実際の神に完全にされることができる。これは神が成し遂げようとする仕事であり、彼が既に計画しておいたことである。あなたたちはみなこの中から自分たちの歩むべき道を見つけなければならない!