「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

千年御国は訪れた

この一団に神がなさろうとしている働きが何かを見ただろうか。千年御国にあってもなお、人々は御言葉に従い続けなければならず、将来も神の言葉はカナンの良き地で人々の生活を直接導くであろうと神は言われた。モーセが荒野にいたとき、神は直接彼に指示を与え、語られた。神は天から人々に食べ物と水とマナを送り与えられた。今日も神は人々を楽しませるため自ら食べ物と飲み物を送り与え、人々を罰するため自ら呪いをかけてこられた。このように、神の仕事のすべての段階は神によって自ら行われる。今日、人々は事が発生するのを待ち望み、しるしや奇跡を見ようとするが、そのような人々はすべて打ち捨てられる可能性がある。神の働きは益々現実となっているからである。神が天から降りてこられたことを知る人は誰もおらず、神が天から食べ物や栄養となるものを下さったことに人々はまだ気づいていないが、神は実際に存在するのであり、人々が思い描く千年御国の熱い場面も、神が自ら言葉を発せられる。これは事実であり、これだけが神とともに地上において支配することである。地上における神との支配は肉を意味する。肉でないものは地上にはないので、第三の天に至ろうとする人々の努力は無駄になる。いつか全宇宙が神に戻るとき、全宇宙における神の仕事の中心は神の声に従うだろう。他の場所では、ある人は電話で、ある人は飛行機に乗って、ある人は船で海を渡って、またある人はレーザーを使って、神の御言葉を受け取るだろう。誰もがあこがれ、渇望し、神に近づき、神の前に集い、そして神を礼拝する。これらすべてが神の御業なのである。覚えておきなさい。神がどこかよそで新しく始めることは決してない。神はこの事実を成し遂げられる。彼は全宇宙のすべての人々を彼の前に迎え、地上の神を礼拝させる。他の場所での神の仕事は終わり、人々は真理の道を求めなければならなくなるだろう。それはヨセフのようだ。みな食べ物を求めて彼のもとを訪れ、頭を垂れた。彼は食べ物を持っていたためである。飢饉を避けるために、人々は真理の道を求めなければならない。宗教界全体が飢えており、今日の神のみが、人の喜びのために提供される、枯れることのない生ける水の泉であり、人々は彼のもとに来て彼を頼るだろう。その時神の御業は明らかにされ、神は栄光を受けるだろう。宇宙の至るところにいるすべての人々が、この目立つ訳でもない「人」を礼拝するだろう。これは神の栄光の日ではないだろうか。いつか、老牧師たちは生ける水の泉から、水を求めて電報を送ることだろう。彼らは年老いているが、彼らが軽蔑しているこの人に礼拝をしにやってくるだろう。彼らは口々に認め、心の中で信頼するだろう。これはしるしと不思議ではないだろうか。御国全体が喜ぶ時は、神の栄光の日であり、あなたがたのもとに来て神のよい知らせを受ける者は皆神によって祝福され、これらの国々とこれらの民は神によって祝福され、顧みられるだろう。将来の方向性は次のようになる。神の口から御言葉を得る者は、地上で歩むべき道を知っており、ビジネスマンや科学者であれ、あるいは教育者や実業家であれ、神の言葉のない人には、一歩進むことさえ難しく、彼らは真理の道を求めることを余儀なくされるだろう。「真理とともに世界中を歩む。真理なくしては、どこへも至ることができない。」とはこのことを言うのである。事実はこうである。神は道(つまり御言葉全て)で全宇宙を支配され、人を治め征服される。人は常に、神が仕事を行われる方法に大きな変化が起きることを望んでいる。率直に表現すれば、神が人を支配するのは言葉を通してであり、あなたは望むと望まざるとを問わず、神の言われること[a]をしなければならない。これは客観的な事実であり、すべてのものはこれに従わなければならず、避けることのできない、全ての者に知られた事実である。

聖霊は人々に感覚を与える。神の言葉を読んだ後、人々の心は揺るがず、安らかであり、一方で神の言葉を得ない人は虚しさを感じる。これは御言葉の力である。人々はそれらを読まねばならない。読後には豊かになり、それなしにはいられなくなる。それはアヘンを摂取するようなものである。それは人々に力を与え、それなしではどうしようもなくなり、力を失う。これは今日の人々の傾向である。御言葉を読むことは人々に力を与える。それらを読まなければ、物憂げになるが、読後は直ちに病床から立ち上がる。これが地上の神(御言葉)の支配の意味である。一部の人は立ち去りたがるか、神の仕事にうんざりしている。それでも彼らが御言葉から離れることはできない。人々がどれほど弱いものであっても、神の言葉に頼って生きなくてはならず、どんなに反抗的であっても、あえて神の言葉から離れようとはしない。御言葉が真にその力を示すときは、神が支配し、権力を行使するときであり、このように神は働かれる。結局のところこれが、神が仕事を行われる手段であり、誰もそれを離れることはできない。御言葉は無数の家に広がり、すべてのものに知られるようになり、このようにしてのみ、神の仕事は全宇宙に広まる。つまり、神の仕事を全宇宙に広げるには、御言葉が広められなければならない。神の栄光の日に、御言葉はその力と権威を示すだろう。大昔から今日まで語られてきたすべての御言葉が成就し、現実となるだろう。このようにして、栄光は地上で神のものとなる。つまり、神の言葉が地上で全てを支配するようになる。悪者はすべて神の口から語られる御言葉によって罰せられ、義人はすべて神の口から語られる御言葉によって祝福され、すべては神の口から語られる御言葉によって確立され成就される。また、いかなるしるしや不思議も神は示されない。すべてが御言葉によって成就され、御言葉は事実を生み出すだろう。老若男女問わず、地上にいるすべての人は御言葉を称え、御言葉の下にすべての人々は服従する。御言葉は肉に現れ、地上の人々の目に、鮮明にかつ真実味を持って映るだろう。これが、言葉が肉になるということである。神は主に、「言葉が肉になる」という事実を成し遂げるために地上に来られた。つまり神は、御言葉が肉から発されるよう来られたのである(神が直接天から語られた旧約のモーセの時代とは異なる)。その後、千年御国時代にはそれぞれの言葉が成就し、人々の目に見える事実になり、少しの誤りもなく、おのおのの目で見ることになるだろう。これが、神の受肉の最高の意味である。つまり御霊の働きは、肉体を通し、言葉を通して達成される。これは「言葉が肉になる」および「言葉の肉における出現」の真の意味である。神だけが聖霊の意志を語ることができ、肉における神のみが聖霊に代わって語ることができる。神の言葉は受肉した神の中に明らかにされ、他のすべての人はそれらによって導かれる。誰もそこから外れることはなく、みなこの範囲内にいる。これらの御言葉からのみ、人々は知ることができる。このようにして得ない者たちは、天から発せられた御言葉を得られると夢みている。これが、受肉した神に示された権威であり、全ての人を信服させるのである。最も優れた専門家や牧師でさえ、これらの言葉を話すことはできない。彼らはこれらに従わねばならず、誰も新しく始めることはできない。神は言葉によって全宇宙を征服される。肉体によってではなく、受肉した神の口から発せられた御言葉によって、全宇宙にいるすべての人を征服する。これこそ、言葉は肉となるということであり、これこそ、肉における言葉の出現である。人々には、神がさほど多くの仕事をなしておられないように見えるかもしれないが、神が言葉を発されるだけで、人々は完全に納得し、圧倒される。事実がなければ、人々は喚き散らし、御言葉があれば、彼らは沈黙する。神はこの事を必ず成し遂げられるだろう。地上への御言葉の到来を達成することは、神の長年に亘る計画だからである。実際、私が説明する必要はない。地上に千年御国が到来したということは、地上に御言葉が到来したということである。天国から新しいエルサレムが降るのは神の言葉の到来であり、神の言葉が人の中で生き、人間の全ての行動や内なる考えの全てに伴うことである。これはまた、神が成し遂げられる事実であり、千年御国の素晴らしい光景である。これは神によって定められた計画である。御言葉は千年の間地上に現れ、それらは神のすべての御業を明らかにし、地上での神のすべての仕事を完了させ、それにより人類のこの段階は終わりを迎える。

注:
a. 原文は「神の言われること」を省略している。