「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

完全にされる人に対する約束

神が人を完全にする道は何であるか。どの方面が含まれているのか。あなたは神に完全にされたいか。神の裁きと刑罰を受けたいか。これらの問題についてあなたはどのように認識しているのか。もし認識を語り出せなければ、あなたはまだ神の働きに対する認識がなく、全然聖霊の啓きがないことを証明している。このような人は完全にされることができない。ただ恵みを少し与えられて一時的に享受できるが、それは長引かない。神の恵みを享受するだけでは神に完全にされることができない。一部の人は、肉体が平安で、享受を得るし、生活が安逸で災いも不幸もないし、全家族が言い争わないで仲良く一緒に暮らすことに満足していて、これこそ神の祝福だと思っている。実は、これはただ神の恵みにすぎない。あなたたちは神の恵みを享受することだけに満足してはならない。これらの考えはあまりにも俗っぽい。あなたが毎日神の言葉を読み、毎日祈り、霊の中はとても享受があり、とても平安であっても、最後になってあなたが神の働き、神に対する認識を少しも語り出せず、経験が少しもない。いくら神の言葉を食べ飲みしても、ただ霊の中に平安と享受があると感じ、神の言葉がこの上なく甘く、いくら享受しても飽きないと感じるだけで、全然神の言葉に対する実際の経験がなく、全然神の言葉の実際を生かし出していない。このように神を信じるなら何を得られるだろうか。あなたが神の言葉の本質を生かし出すことができなければ、あなたの食べ飲みや祈りはみな宗教的な信仰である。このような人は完全にされることができず、神に得られることもできない。神に得られる人はみな真理を追い求める人である。神が得るのは人の肉体ではなく、人の所有物でもなく、人の内の、神に属するその部分である。だから神が人を完全にするのは、人の肉体を完全にするのではなく、人の心を完全にして、人の心が神に得られるようにするのである。つまり、神が人を完全にするという言葉の本質は、神が人の心が神に向き、神を愛することができるように、人の心を完全にするということである。

人の肉体はみな肉のもので、神は人の肉体を得ても何の役にも立たない。なぜなら、人の肉体はみな朽ちるべきものであり、神の嗣業を受け継ぐことができず、神の祝福を受け継ぐこともできないからである。もし神が人の肉体を得、人の肉体だけをこの流れの中に置くなら、名目上は人はこの流れの中にいるが、心がサタンに属する。それなら、人は神の表現になれるどころか、かえって神の足手まといになり、神が人を選んだのも意義がなくなる。神が完全にする人はみな神の祝福を受け継ぎ、神の嗣業を受け継ぐ者であり、すなわち神の所有、所是を受け入れ、自分の内の所有物とするし、神の言葉がすべて自分の内につくり込まれるようにして、神の所是をそのまま受け入れ、それによって真理を生かし出すのである。これが神に完全にされた人であり、神に得られた人である。このような人こそ神が与えた次のような祝福を受け継ぐ資格を持つことができる。

1.神のすべての愛を得る。

2.行なうことは全部神の心にかなう。

3.神の導きを得て、神の照らしの下で生き、神の啓きを得る。

4.地上で神に愛される姿を生かし出し、ペテロのように心から神を愛し、神のために十字架につけられ、しかも死で神の愛に報いる資格があり、ペテロのような栄光がある。

5.地上で人々から恋い慕われ、敬服され、羨まれる。

6.すべての死の陰の支配に打ち勝ち、サタンが働く機会がなく、神に占有され、新鮮で、活発な霊の中で生きて、飽き飽きしない。

7.神の栄光の日の到来を見たかのように、一生いつでも語り出せない興奮、感動を覚える。

8.神と共に栄光を受け、顔は神に愛される聖なる者の顔のようである。

9.地上で神に愛される者、すなわち神の愛する子になる。

10.姿が変わって神と共に第三の天に昇り、肉体を超越する。

神の祝福を受け継ぐことができる者こそ、神に完全にされ、神に得られる人である。今あなたは何か得たのか。神はあなたをどの程度まで完全にしたのか。神が人を完全にするのは随意に完全にするのではなく、みな条件があり、しかも人に見せる明らかな効果があるのである。人が想像したように、神を信じると神に完全にされ、神に得られ、地上で神の祝福を受け継ぎ、神の嗣業を受け継ぐことができるのではない。これはみな容易なことではない。まして姿が変わることはなおさらのことである。今、あなたたちが一番主に追い求めるべきことは、すべてのことで神に完全にされることであり、臨んだすべての人、事、物を通して神にあなたたちを完全にさせ、神の所是をあなたたちの内にさらに多くつくり込ませることである。まず地上で神の嗣業を受け継いでこそ、神のさらに多くの、さらに大きな祝福を受け継ぐ資格を持つことができる。これらはみなあなたたちが追い求めるべきことであり、あなたたちがまず分かるべきことである。すべてのことにおいて神に完全にされることを追い求めるほど、すべてのことにおいて神の手を見ることができるようになり、それゆえ異なる角度から、異なる事で、神の言葉の所是の中に入り、神の言葉の実際の中に入ることを積極的に追い求めることができる。あなたたちは罪を犯さず、観念がなく、処世の哲学がなく、人間の意志がないという消極的な状態に満足してはならない。神は多種多様な方式で人を完全にし、あなたがどのことにおいても完全にされる機会を得るようにし、積極的な面だけでなく、消極的な面でもあなたを完全にして、あなたがもっと豊かになるようにすることができる。毎日完全にされる機会があり、神に得られる時がある。このように一定の期間経験したら、あなたは大きく変わるはずであり、以前分からなかったたくさんのことを今自然に見極めることができる。人が教えさとす必要がなく、知らず知らずのうちに神があなたに啓いて、あなたがすべてのことで啓きを得て、細部にわたって経験するようにする。神はきっとあなたが左右に偏らないように導くはずである。こうすれば、あなたは神に完全にされる道につくことになる。

神に完全にされるには、神の言葉を食べ飲みすることだけに限ってはならない。このように経験するのは一方的すぎであり、含まれる面も狭く、人は小さな範囲の中に制限されるしかない。これでは、人は霊の中で必要としている多くの栄養が欠けてしまう。あなたたちが神に完全にされたいと思うなら、すべてのことでどのように経験するか分からなければならず、あなたに臨んだすべてのことで啓きを得なければならず、ことが臨むごとに、よいことであれ、悪いことであれ、あなたは益を得るべきで、消極的になってはならない。どうであろうと、あなたは神の側に立って物事を見るべきで、人の立場から分析したり、研究したりしてはならない(これは経験上の間違いである)。もしこの方法によって経験すれば、あなたの心は個人の命に対する負担に占められ、どんな時にも神の顔の光の中に生きるようになり、実行上めったに間違いが起こらない。このような人は大いに将来性がある。神に完全にされる機会はとても多い、それは、あなたたちが本当に神を愛する人であるかどうか、あなたたちに、神に完全にされ、神に得られ、神の祝福を受け継ぎ、神の嗣業を受け継ぐ志があるかどうかにかかっている。志があるだけではまだ足らず、あなたたちは、もっと多くの認識を持たなければならない。さもないと、あなたたちはいつも実行上間違いが起こる。神はあなたたち一人一人を完全にしたいのである。今から見れば、多くの人は神の働きを受け入れてからずいぶん長い時間が経ったが、ただ神の恵みを享受しているに過ぎず、神から肉体の安逸を少しもらいたいと思うだけで、もっと多く、もっと高い啓示は受けたがらない。これは人の心がずっと外にあることを証明している。人の働き、人の奉仕、または人の神に対する愛には、混じり気がいくらか少なくなったが、人の内の本質と人の後れている思想のゆえに、人はやはり肉体が平安を得、肉体が享受を得ることを追い求め、神が人を完全にする条件や目的はいったい何であるかには関心を持っていない。だから、多数の人の生活はやはり俗っぽく、堕落しており、少しの変化もない。神を信じることを全然真面目に取り合わず、まるでほかの人のために信じるようにいい加減にし、ただ行き当たりばったりに日を過ごし、良心をごまかして生き長らえている。すべてのことで神の言葉に入り、さらに多く、さらに豊富なものを得、神の今日の家の中でさらに富んでいる人になり、さらに多くの神の祝福を得ることを追い求める人はとても少ないのである。もしあなたが神の地での約束を受けることができるように、すべてのことで神に完全にされることを追い求め、すべてのことで年月を空しく送られることなく神に啓かれることを追い求めるなら、これは最もよい、積極的に進入する道である。こうしてこそ神に完全にされる資格や条件を持つことができる。あなたは本当に神に完全にされることを追い求める人であるか。あなたは本当にすべてのことで真剣な人であるか。あなたはペテロのような、神を愛する精神があるのか。あなたはイエスのような、神を愛する志があるのか。あなたはイエスを長年信じてきたが、イエスがどのように神を愛していたのかを見たのか。あなたが信じているのは本当にイエスであるか。あなたは今日の実際の神を信じているが、肉体の中の神がどのように天の神を愛しているかを見たのか。あなたが主イエスを信じるのは、イエスが人類を贖うために十字架につけられたことと、彼の行ったしるしや不思議が皆に認められた事実だからである。しかし人は、イエス・キリストに対する認識と本当の理解のゆえに彼を信じるのではない。あなたはイエスという名を信じているだけで、イエスの霊は信じていない。なぜなら、イエスがどのように神を愛していたのか、あなたは全く関心を持たないからである。あなたが神を信じるのは、幼稚すぎる。あなたは長年イエスを信じてきたが、どのように神を愛するか知らない。それなら、あなたは世の中でいちばん愚かな者ではないか。これは、あなたが「主イエス・キリストのご飯」を何年間無駄に食べたことを証明する。このような人はわたしが嫌うだけでなく、あなたが崇拝している「主イエス・キリスト」も嫌うだろうとわたしは信じている。このような人がどうして完全にされることができるだろうか。あなたは顔が赤くならないのか、恥ずかしく思わないのか。もう一度あなたの「主イエス・キリスト」に会わせる顔があるのか、わたしのこの言葉はどんな意味であるか、あなたたちはみな分かるか。