「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

一体どのように地上の神を認識しているのか

あなたたちはみな神の前で褒賞を受けることを切に望み、神に目をかけられることを切に望む。これはあらゆる人の、神を信じた後の願望である。なぜなら、人はみな一心に高いものを追い求め、だれも人に後れをとりたくないからである。これは人情の常である。それだからこそ、あなたたちのうちの多くの人はひたすら天の神の機嫌を取るのである。しかし事実上あなたたちの神に対する忠心と誠実さは自分自身に対する忠心と誠実さにはるかに及ばない。どうしてこう言うだろう。わたしがあなたたちの神に対する忠心を全然認めず、さらにあなたたちの心の中のその神の存在を否定するからである。つまり、あなたたちが礼拝する神は全然存在せず、あなたたちが敬慕する渺茫とした神は全然存在しないのである。わたしがこのようにきっぱりと言うのは、あなたたちが本当の神からあまりにも遠く離れているからである。あなたたちに忠心があるのは、あなたたちの心の中にほかの偶像が存在するからである。しかし、あなたたちの目には大きくも小さくもない神、わたしに対しては、あなたたちはただ口先で認めるだけである。あなたたちが神からあまりにも遠く離れているという言葉は、あなたたちが本当の神とははるかに隔たっているが、渺茫とした神にはごく近いのであることを指すのである。大きくないというのは、あなたたちが今日信じているこの神は、見たところではただあまり「能力」がない人であり、あまり高大ではない人であるということである。小さくないというのは、この人は風を吹かせ、雨を降らせることができないが、神の霊を呼んできて天地を震動させるような仕事をすることができ、それは人にとってあまりにも理解しがたいということである。うわべから見れば、あなたたちはみなとても地上のこのキリストに聞き従っているようであるが、実質上あなたたちは彼を信じるのではなく、彼を愛するのでもない。つまり、あなたたちが本当に信じているのは、あなたたちの感覚の中のその渺茫とした神であり、あなたたちが本当に愛しているのは、あなたたちが朝な夕な思い慕う、あなたたちと会ったことのないその神なのである。このキリストに対するあなたたちの信仰はただ一分または二分であり、彼に対する愛はただゼロである。信仰とは信じ、信頼することであり、愛とは心の中で恋い慕い、仰ぎ見て、永遠に離れないことである。しかし今日のキリストに対するあなたたちの信仰と愛はこれらにはるかに及ばない。信仰に触れると、あなたたちはどのように彼を信じているのか。愛に触れると、あなたたちはまたどのように彼を愛しているのか。あなたたちは全然彼の性質を理解せず、なおさら彼の本質を知らないのに、あなたたちはどのように彼を信じているのか。あなたたちが彼を信じる実際はどこにあるのか。あなたたちはどのように彼を愛しているのか。あなたたちが彼を愛する実際はどこにあるのか。

多くの人は後へ引けずに、今日までわたしについて来た、この何年かの間に、あなたたちは「疲労」の苦しみをたくさん受けた、わたしは皆さんの天性と好みをよく知っている。皆さんと付き合うのが本当にことのほか難しい。しかし、残念なことは、わたしはあなたたちに関する情報をたくさん握ったが、あなたたちはわたしのことについて何も知らない。道理でほかの人はあなたたちがただ一時の気の迷いのため、ある人にだまされたと言うわけだ。案の定、あなたたちはわたしの性質を理解せず、なおさらわたしの思いを探り当てることができない。今になってあなたたちのわたしに対する誤解はもっとひどくなり、しかもあなたたちの信仰はやはり愚かな信仰である。あなたたちがわたしを信じているというより、あなたたちがわたしの機嫌を取り、わたしに媚へつらっていると言ったほうがいい。あなたたちの目的はとても簡単である――だれでもわたしに褒賞を与えられるなら、わたしはその者につき従い、だれでもわたしを大患難から逃れさせることができるなら、わたしはその者を信じる、彼が神であるかどうか、彼がどの神であるかは、わたしとは関係がない。このような人はあなたたちの間にはとても多い。しかもこのような状態はとてもひどいのである。いつかテストして、あなたたちのうち、キリストの本質を見極めたため彼を信じた者は何人いるかを見てみれば、おそらくわたしの意にかなう者は一人もいないだろう。皆さん、このような問題を考えてみなさい。あなたたちが信じている神はわたしとずいぶん違うなら、あなたたちが神を信じることの本質は何であるか。あなたたちが自分のいわゆる神を信じれば信じるほど、あなたたちはわたしとますます遠くなる。この問題の本質はまた何であるか。このような問題をあなたたちはきっと考えたことがない。しかしあなたたちはこの問題の重大性を考えたことがあるのか。このまま信じていけばどんな結果になるか、あなたたちは考えたことがあるのか。

今あなたたちが直面している問題はとても多いが、しかしあなたたちは問題を解決するのが下手である。こういう状態が続けていけば、損をするのはあなたたち自身なのである。わたしはあなたたちを助けて問題を認識させる。しかし問題そのものはあなたたちが自分で解決しなければならない。

わたしは他人を疑わない人を高く評価し、また進んで真理を受け入れる人がとても好きであり、この人たちをわたしは非常に顧みている。なぜなら、この二種類の人はわたしの目には誠実な人だからである。もしあなたが不実な人であれば、あなたは何事においても、どの人に対しても用心し、猜疑する。だから、あなたのわたしに対する信仰も疑いの基礎の上に築かれるのであり、このような信仰は永遠にわたしに認められることができないのである。本当の信仰がなければ、本当の愛はなおさら言うまでもない。あなたが神をさえ疑い、勝手に推し量るなら、あなたは疑いなくいちばん不実な人である。あなたは、神も人のように人の罪を許さず、人のように度量が小さく、人のように不公平であり、人のように正義感がなく、人のように手段が悪辣であり、陰険で狡猾であり、また人のように邪悪や暗やみを好むだろうと、いろいろ邪推する。人にこれらの考えがあるのは、人が神に対して全然認識がないからではないか。このような信仰はまったく罪を作るのだ!ある人は、わたしが好きな人はただ、機嫌を取り、媚へつらうのがうまい人たちであり、これらが下手な人は神の家でも歓迎されず、立っていられないとさえ思っている。これはあなたたちの長年来の認識であるか。あなたたちの収穫であるか。あなたたちのわたしに対する認識は、これらの誤解だけではなく、さらにあなたたちの神の霊に対する冒涜、天に対する中傷である。だからわたしは、あなたたちのこのような信仰は、あなたたちにわたしからさらに遠く離れさせ、あなたたちにさらにわたしに敵対させるだけだと言う。長年の働きの中であなたたちも多くの真理を見たが、しかしわたしの耳に入ったのは何であるか、あなたたちは知っているのか。進んで真理を受け入れる人はあなたたちのうちに何人いるか。あなたたちはみな自分が進んで真理のために代価を払うことができると思っているが、しかし本当に真理のために苦しみを受ける者は何人いるか。あなたたちの心の中にあるものはすべて不義である。だから、あなたたちは、何者も同じように不実であり、同じように曲がっていると思っており、さらに、神の言がなった肉体も正常な人と同じように善良な心、情け深い愛がないとさえ思っており、ひいては、天の神だけが高い道徳、憐れみ深く、情け深い本性を持っているとさえ思っている。しかも、このような聖人は存在しないのであり、世の中はただ暗やみと邪悪に支配されており、神はただ人の美しい憧憬の対象であり、人がでっち上げた伝説の中の人物であると思っている。あなたたちの心の中では、天の神はとても正直であり、とても正しく、しかもとても偉大であり、人が礼拝し、仰ぎ見るに値するが、地上のこの神はただ天の神の身代わりと道具であり、この神は天の神と同一視されることができず、なおさら天の神と同列に論じることができない。神の偉大さと誉れに触れると、それは天の神の栄光である。人の本性と堕落に触れると、この地上の神もそれにあずかるのである。天の神は永遠に高大であり、地上の神は永遠にちっぽけな存在であり、軟弱で無能である。天の神は情感がなくて義だけがあるが、地上の神は私心だけがあって、少しも公平ではない。天の神は曲がったところが少しもなく、永遠に信実であるが、地上の神は永遠に不誠実な一面がある。天の神は極めて人を愛するが、地上の神は人に対して行き届いた世話をせず、さらには人をかまわずに放っておく。これらの錯謬な認識は、長い間あなたたちの心にとどまっているものであり、今後もあなたたちが持ち続ける誤った認識でもある。あなたたちは不義な人の位置に立ってキリストのするすべてのことを見るのであり、悪人の立場に立ってキリストのすべての仕事と彼の身分、本質を評価するのである。あなたたちはとても大きな過ちを犯し、また前人ができなかったことをした。それはすなわち、あなたたちが一貫して天にいる、冠をかぶった高大な神に仕えるだけで、あなたたちが全然見られないほどちっぽけな神に「かしずか」ないことである。これはあなたたちの犯した罪ではないか。あなたたちが神の性質を犯す典型的な事例ではないか。あなたたちはとても天の神を崇拝し、高大な姿をあがめ尊び、言葉遣いが上品な人に敬服し、喜んで、たくさんのお金を与える神に聞き従い、何事においてもあなたの願いを満たす神を懐かしむ。あなたは、ただこのような一人の高大でない神を崇拝しないのであり、ただこのような一人の、人々から重く見られることのできない神と付き合うのを嫌うのであり、ただこのような一人の、あなたに一銭も与えたことのない神のために尽くしたいとは思わず、ただこのような一人の愛らしくない神を恋い慕うことができない。あなたは、このような神によっては、大いに見聞を広めることができず、貴重な宝物を手に入れたように喜ぶことができず、なおさら願いがかなえられるようにすることができない。では、あなたはどうして彼につき従っているのか。このような問題をあなたは考えたことがあるか。

あなたのしたことは、このキリストに罪を犯しただけではなく、さらに天の神に罪を犯したのである。わたしは、これはあなたたちが神を信じる目的ではないだろうと思う!あなたたちがとても神を喜ばせたいと思っているが、しかしあなたたちは神からとても遠く離れている。これはどういうことだろう。あなたたちは彼の言葉を受け入れるだけで、彼の対処や手入れを受けず、なおさら彼のすべての按配に従うことができず、また完全には彼を信じることができない。これはまたどういうことだろう。しょせん、あなたたちの信仰はみな空の卵殻のようなもので、永遠にひよこを孵すことはない。なぜなら、あなたたちの信仰はあなたたちに真理をもたらし、命を得させたのではなく、あなたたちに夢幻のような期待と希望をもたらしたのだからである。あなたたちが神を信じるのはこの期待と希望のためであって、真理と命のためではない。だからわたしはこう言う。あなたたちが神を信じる過程は卑屈に、破廉恥に神の機嫌を取る過程にすぎず、本当に神を信じるとは言えない。このような信仰は、どうしてひよこを孵すことがあろうか。つまり、このような信仰では、どうして成果を収めることができるだろうか。あなたたちが神を信じるのは、神を利用して自分の目的を達成するためである。これはさらに神の性質を犯した事実ではないか。あなたたちは天の神の存在を信じ、地上の神の存在を否定する。しかしわたしはあなたたちの観点に賛成しない。わたしは、着実に地上の神に仕える人たちを良しとするだけで、全然地上のキリストを認めない人たちを、決して良しとしない。この人たちがいくら天の神に忠実であっても、最後には悪者を懲罰するわたしの手から逃れられない。この人たちが悪者であり、神に逆らう悪者であり、全然進んでキリストに従おうとしない悪者である。もちろんこれらの悪者の中には、キリストを知らず、なおさらキリストを認めないあらゆる人が含まれている。あなたが天の神に忠実でさえあれば、勝手にキリストを扱ってもかまわないと思っているのなら、それは間違いだ!あなたがキリストを知らなければ天の神を知らないのであり、あなたがいくら天の神に忠実であっても、ただの空論にすぎず、ただの偽りにすぎない。なぜなら地上の神は人が真理を得るのに有利であり、人がもっと深く認識するのに有利であるだけではなく、人を罪に定めるのにさらに有利であり、それから事実を捕まえて悪者を懲罰するのに有利だからである。この中の利害関係はあなたは分かったのか、あなたは体験会得したのか。あなたたちには一日も早くこの真理が分かってほしい――神を認識するには天の神だけではなく、さらに地上の神を認識しなければならない。本末をわきまえなくてはならず、主客転倒してはならない。こうしてこそ本当に神との関係をよくすることができ、またあなたと神の関係がさらに近くなり、あなたの心が神の心とさらに近くなることができる。もしあなたが長年神を信じてわたしと長い間付き合ったが、わたしとの関係がやはりとても疎いであるなら、わたしは、あなたはきっと常に神の性質を犯し、あなたの結末はきっと見当がつかないと言う。もしあなたがわたしと長年付き合ったが、人間性があり、真理がある人にならなかったばかりではなく、かえって悪習が習い性になったのであり、極めて傲慢になったばかりではなく、またわたしに対してもっと深い誤解を持っており、さらにわたしをあなたの幼い時の仲間だとさえ思うなら、あなたの病はもう表面的な病ではなく、もう骨髄に入ったのであり、あなたは葬儀の支度をするがよい!あなたはもうわたしにあなたの神になってもらうように頼む必要がない。なぜなら、あなたはもう死罪を犯し、赦されない罪を犯したからである。たとえわたしがあなたを赦しても、天の神はどうしてもあなたの命を取ろうとする。なぜなら、あなたが神の性質を犯したことは一般的な問題ではなくて、性質上とても重大だからである。その時になったら、わたしが前もってあなたに教えなかったと文句を言わないでほしい。わたしはやはりあなたたちにこの言葉を教えたい。あなたがキリスト、すなわち地上のこの神を普通の人として付き合うようになった時、つまりあなたがこの神を一人の人だと思った時は、あなたが黄泉の客となる時である。これは皆さんに対するわたしの唯一の忠告である。