「御言葉は肉において現れる」選篇

戒告三則

神を信じる人として、すべてのことにおいて絶対に神に忠実であるべきであり、すべてのことにおいて神の心にかなうようにするべきである。しかしどの人もこのような道理は分かっているが、人の無知や謬妄または堕落などのさまざまな困難のゆえに、これらの、人にとっていちばん浅くて基本的な真理でさえ人は完全に生かし出してはいない。だから、あなたたちの結末を定める前にわたしはあなたたちにいくつかの事を教えなければならない。これらの事はあなたたちにとってみなきわめて重要なのである。これらの事を言う前にあなたたちはまずこんな問題が分からなければならない。わたしの言葉は全人類に向かって発した真理であり、もっぱらある人または特定の種類の人のために発したのではない。だから、あなたたちは真理の見地からわたしの言葉を受け入れるべきであり、しかもあなたたちの態度は必ずひたむきで誠実でなければならず、わたしの言葉のあらゆる字句とわたしの言うあらゆる真理をおろそかにしてはならず、軽蔑する態度でわたしのあらゆる言葉を扱ってはならない。あなたたちの生活の中で、わたしはあなたたちが真理と関係がないことをたくさんしたのを見た。だから、わたしは特別にあなたたちに要求する。みな真理のしもべになるべきで、邪悪と醜いものの奴隷になってはならず、真理を踏みにじり、神の家のあらゆるすみずみを汚してはならない。これはわたしがあなたたちに戒告しようとすることである。次にわたしが言いたい問題を言う。
第一、あなたたちの運命のために、あなたたちは自分が神に良しと認められるようにするべきである。つまり、あなたたちは自分が神の家の一員だと認める以上、すべてにわたって神を安心させ、何事においても神を満足させなければならず、すなわち事を行なう際に原則にかない、そして真理にかなうようにしなければならない。もしこれらができなければ、あなたは神に見捨てられ、あらゆる人から唾棄される対象になり、一旦あなたがこんな境地に陥ったら、あなたは神の家の一員であるとは言えない。これは神に良しと認められないということである。

第二、あなたたちはみな神が喜ぶのは誠実な人であることを知らなければならない。神には信実の本質があるから、彼の言葉は一貫して信頼できるのであり、彼のする事はなおさら申し分がなく、疑う余地がないのである。だから彼は彼に対して絶対に誠実な人を喜ぶ。誠実とは、心を神に渡し、 何事においても彼をごまかさず、何事においても彼に心を打ち明け、事実を隠さず、上の者の目をくらまし、下の者を騙すような人にならず、ただ神の機嫌を取るようなことをしないことである。要するに、誠実とは、事を行い、言葉を言う時水増しせず、神を騙さず、人を騙さないことである。しかし、わたしの言うのはとても簡単であるが、あなたたちにとっては難中の難事である。多くの人はむしろ地獄に落とされても、誠実な言葉を言いたがらず、誠実なことをしたがらない。だから、わたしがこれらの誠実でない人を別に処置するのも無理はない。もちろん、わたしはあなたたちが誠実な人になるのはどんなに難しいかをよく知っている。あなたたちはみなとても賢いのであり、みな小人の心で君子の腹を探るのがとても得意であるから、わたしの仕事はずっと簡単になった。あなたたちはみなおのおの胸に事を秘めているから、それでは、わたしはあなたたち一人一人を災いの中に置いて火の「教訓」を受けさせる。そうすればあなたたちは以後「腰を据えて」わたしの言葉を信じるであろう。最後に、わたしはあなたたちの口から「神は信実な神である」という言葉をしぼり出す。それからあなたたちは胸をたたき、大声で泣きながら「人の心は不実すぎる」と言うだろう。その時のあなたたちはどのような気持ちでいるのか。今のように有頂天にならないだろう!なおさら今のように「奥深くて計り知れない」のではないだろう!ある人は神の前では礼儀正しく振る舞い、とても「素直」であるが、霊の前ではきばをむき出し、つめを振るう、あなたたちはこのような人を誠実な人の列の中に並べるのか。もしあなたが偽君子であり、「交際」がとても上手な人であるなら、あなたが神を弄ぶ人に決まっているとわたしは言う。もしあなたの言葉には弁解と無用の弁明がとても多いなら、わたしはあなたが進んで真理を実行しようとする人ではないと言う。もしあなたがとても多くの、口に出しにくい内緒事を持っており、あなたがなかなか自分の秘密、つまり自分の困難を人に打ち明けて光の道を求めようとは思わないなら、わたしはあなたがとても救われにくい人であり、しかも暗闇の中で頭と足を出しにくい人であると言う。もしあなたが真理の道を求めるのがとても好きであるなら、あなたは常に光の中で生きている人である。もしあなたが喜んで神の家の中の奉仕者になり、黙々としており、勤勉で忠実であり、何も求めず、ただささげるだけなら、わたしはあなたが忠心な聖徒であると言う。なぜならあなたは報酬を求めず、ただ誠実な人になるだけだからである。もしあなたが自ら進んで告白し、自ら進んであなたの全存在を費やし、神のために命をささげて神の証しのために立つことができ、神を満足させることだけを知って、自分のためを思わず、或いは自分のために何か求めることを知らないほど誠実であるなら、わたしはあなたが光の中で潤される人であり、王国の中で永遠に生きる人であると言う。あなたは、自分に本当の信仰があるかどうか、本当の忠心があるかどうか、神のために苦しみを受けた記録があるかどうか、神に対して絶対的な従順があるかどうかを知るべきである。もしこれらがなければ、あなたにはやはり不従順、欺き、貪欲、怨みがある。あなたの心は決して誠実ではないだから、あなたは今まで神に高く評価されたことがなく、今まで光の中で生きたことがない。ある人の運命がどうであるかは、主にこの人に誠実でしかも真っ赤な心があるかどうか、純潔な魂があるかどうかにかかっている。もしあなたがとても不実な人であり、心根がとても悪辣な人であり、汚い魂のある人であるなら、あなたの運命の記録は人が懲罰されるところにあるに決まっている。もしあなたは自分がとても誠実であると言うが、今まで真理にかなうことをしたことがなく、誠実な言葉を一言も言うことができないなら、あなたはやはり神があなたに褒賞を与えるのを待っているのか。あなたはやはり神があなたを目の瞳のように扱うことを希望しているのか。それは非常に非現実的な考え方ではないか。あなたが何事においても神を欺くなら、神の家はあなたのような手癖が悪い人を受け入れるだろうか。

わたしがあなたたちに教えようとする三番目の事柄は、どの人も神を信じる生涯の中で神に逆らい、神を欺くようなことをしたことがあるということである。しかし一部のことは過失として記録されないが、一部のことは赦されることができない。なぜなら、多くのことは行政を犯すことであり、つまり神の性質を犯すことだからである。自分の運命に関心を持っている多くの人は、これらのことはどんなことであるかと尋ねるだろう。あなたたちは、自分の本性がみな傲慢で高ぶるのであり、甘んじて事実に従おうとしないのであることを知るべきである。だから、あなたたちがみな反省した後、わたしは追い追いあなたたちに教える。わたしはあなたたちに行政の内容をよく理解し、神の性質をよく認識するように勧める。さもないとあなたたちはみな自分の口をつぐみがたく、口から出任せにまくしたて、大いに弁舌をふるって、知らず知らずのうちに神の性質を犯し、知らず知らずのうちに暗闇の中に落ち込んで、聖霊の臨在を失い、光を失ってしまう。なぜなら、あなたたちは事を行う原則を欠いているからである。やってはいけない事をあなたが行い、言ってはいけないことをあなたが言ったなら、あなたは当然の報いを受ける。あなたが知るべきなのは、あなたが話し、ことを行うのに原則がないが、神がことを行い、話すのにとても原則があるのである。あなたが報いを受けるのは、あなたが神を怒らせたのであって、人を怒らせたのではないからである。もしあなたが一生の中で、神の性質を何度も犯したなら、あなたは地獄の子に決まっている。人から見れば、あなたはいくつかの、真理に適わないことをしたに過ぎず、それぐらいのことだと思うかもしれないが、あなたは知っているのか、神の目にはあなたはもう罪祭を失った人である。なぜなら、あなたが神の行政を犯したのは一回だけではなく、しかもあなたは悔い改め、改心する現れがないからである。だからあなたは神が人を懲罰する地獄に落とされるほかない。少数の人々は神につき従っている間、原則に悖ることをいくらかしたが、後で対処され、導かれ、知らず知らずのうちに自分の堕落を自覚し、それから実際の正しい軌道に乗り、いまでも着実に付き従っている。これらの人は最後に残される人である。しかしわたしが求めるのは誠実な人である。もしあなたが誠実な人であり、そしてまた事を行うのに原則がある人であるなら、あなたは神の気心の知れた人になれる。もしあなたが事を行う時、神の性質を犯さず、神の意志を求め、神に対する畏れの心があるなら、あなたの「信仰」は合格したのである。神を畏れない人、恐れ戦く心を持たない人は非常に神の行政を犯しやすい。多くの人は熱心をもって神に仕えるのであり、彼らは神の行政を理解せず、なおさら神の言葉の真意を悟らない。だから、彼らは熱心のゆえに、しばしば神の経営をかき乱すようなことをし、ひどいのは除名されて、もう神につき従う機会がなくなり、地獄に落とされて神の家と何の関係もなくなる。この人たちは無知な熱心をもって神の家の仕事をし、最後には神の性質の怒りに触れる。人はみな官府のだんなさまに仕えるしきたりを神の家で発揮するのであり、また、自由自在に運用しようと妄想するが、結局神の性質が羊のようではなく、獅子のようであるとは夢にも思わなかった、だから初めて神と交際する人はみな神と「交流する」ことができない。なぜなら、神の心は人の心と違うからである。あなたはたくさんの真理を理解してはじめて絶えず神を認識することができる。このような認識は文字、教理ではなく、あなたが神の心を理解するための宝物となり、あなたが神に喜ばれるための証拠となることができる。あなたが認識の実際がなく、また真理をあまり装備していないなら、あなたの熱心な奉仕は神に嫌われ、憎まれるほかない。今あなたは、神を信じるのは神学を学ぶのではないことを知っただろう! 

わたしがあなたたちに戒告した言葉は多くないけれども、わたしの言ったこれらのものはみな、あなたたちには一番欠けているものである。あなたたちが知るべきなのは、今わたしが言葉を言うのは、人の間での、わたしの最後の働きのためであり、人の結末を定めるためである。わたしはこれ以上役に立たない仕事をしたくなく、またこのように朽木のような人たちを導きたくもなく、なおさら下心を抱いている人たちを導きたくない。もしかするといつかはあなたたちがみな、わたしがこれらの言葉を言った時のなみなみならぬ苦心と、わたしの人類に対する貢献が分かるかもしれないし、もしかするといつかはあなたたちが一つの道理を悟って自分の結末を定めるかもしれない。