「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

終着点への準備をするために、十分な善行をしなければならない

 わたしはあなたがたの間で多くの仕事を成し遂げ、もちろん、語って来た。しかし、わたしの言葉や働きは終わりの日のわたしの働きの目的を完全に達成していないと感じる。終わりの日には、わたしの働きはある人や人々のためではなく、わたしの本来の性質を現わすためにある。しかし、無数の理由から―おそらく、時間が足りず、多忙を極めた仕事のスケジュールなどの理由で―わたしの性質により人がわたしのことを少しでも知るようにさせるには至らなかった。ゆえに、わたしの新しい計画、わたしの最後の働きへと前進して新しいページを開き、その結果、わたしを見る者たちはみな、わたしの存在のために胸をたたいて、とめどなく泣くだろう。わたしはこの世に人類の最後をもたらし、その後、わたしの性質をすべて人類に公布するからだ。そうして、わたしを知っている人たちもわたしを知らない人たちもすべて「喜んで見つめ」る。そして、確かに、わたしが人々の中に現れ、全てのものが増える地上に来たことを知るのである。これはわたしの計画であり、わたしの人類の創造以来、たったひとつの「告白」である。あなたがたにわたしの一挙一動を心から見つめて欲しいと願う。わたしの杖はもう一度、人類へと向けられ、わたしに敵対する者たちすべてに向けられるからだ。

天と共に、わたしは自分がしなければならない仕事を始める。そのため、わたしは人々の流れの中を旅し、天と地の間を動いて行く。だれもわたしの動きに注目する者はおらず、わたしの言葉に気づく者はいない。ゆえに、わたしの計画は依然として順調に進んでいる。あなたがたの感覚があまりにも鈍ってしまったため、わたしの仕事の段取りがあなたがたには少しも分からないだけである。しかし、ある日あなたがたはわたしの意図を理解するだろう。今日、わたしはあなたがたの中で生き、共に苦しんでいる。わたしは人間がわたしに抱く態度を長い間理解して来た。よりはっきりと伝えることを望まず、ましてやあなたがたを辱しめるために、さらに事例を挙げてあえて痛みを感じるようなことはしたくない。わたしの唯一の願いは、あなたがたが行ったことすべてを心の内に留め、再会した日にはそのひとつひとつをわたしの前で数え上げることができるようにすることである。わたしはあなたがたの誰をも濡れ衣を着せたくない。わたしは常に正しく、公正に、また責められるところがなく行動して来たからである。わたしはあなたがたも高潔であって欲しいと願っており、天と地、またあなたがたの良心に逆らうようなことをしないようにと願っている。これこそ、あなたがたに対する唯一の要求である。多くの人たちは自分たちが犯した甚だしい過ちに心穏やかではない。また多くの人たちはたった一つの良い行いすらしてこなかったことを恥じている。しかし、自分たちの罪を恥ずかしいとも思わず、それどころかますます悪くなる者たちも存在し、自分たちの醜い顔―まだ完全には暴露されていなかったが―を、わたしの性質を試そうと完全に引き剝がしている。わたしは、誰かの行動を気にすることも注目することもない。むしろ、わたしはわたしがしなければならないことをし、何らかの情報を得 、地上を歩き回り、わたしが興味のあることをする。大切な時には、一瞬も遅れることはなく、計画通りに人々の中でわたしの働きを再開し、それは楽々とまた簡潔に行われる。しかし、わたしの仕事のあらゆる段階で捨て去られる人たちもいる。わたしは彼らのお世辞や見せかけのへつらいを軽蔑するからである。わたしが忌み嫌う者たちは意図的であろうがなかろうが確実に捨てられる。つまり、わたしはわたしが軽蔑する全ての者が離れていくことを望んでいる。言うまでもなく、わたしの家に留まっている邪悪な者たちを見逃すことはしない。人を罰する日が近づいているため、いやらしいやつを全て投げ捨てたいとは思わない。なぜなら、わたし自身の計画があるからだ。

今こそ、わたしは一人一人のために終わりを決めるときであり、人に働きかける段階ではない。わたしの手帳にそれぞれの言葉や行動、わたしに従う者としての彼らの道、本来の属性や最後の行いなどを書き留める。このように、どのような人であってもわたしの手から逃れられなく、あらゆる人たちはわたしが定めるように同類の人たちと共にいるだろう。わたしは、一人一人の終着点を、年齢や年功序列、苦しみの量、とりわけ不幸の度合いではなく、彼らが真理を持っているかどうかに基づいて決める。これ以外に他の選択肢はない。神の御心に従わない人たちはすべて罰せられることをあなたがたは悟らなければならない。これは不変の事実である。よって、罰せられる者たちすべては神の義ゆえに罰せられるのであって、彼らの邪悪な行為の報いである。わたしは初めから、わたしの計画を全く変更していない。人には、わたしが話す対象も、わたしが本当に認めている人たちも減ってきているように感じるだけである。しかし、わたしの計画が決して変わらないようにしている。むしろ、常に変わったり、弱くなったりするのは人の信仰と愛である。人はわたしにへつらうことから、わたしに冷たくなったり、あるいはわたしを捨てたりすることさえ可能になるほどである。あなたがたに対するわたしの態度は、初めは熱くも冷たくもなく、それから嫌悪感を抱くようになり、最終的に罰を定める。しかし、懲罰の日、わたしは依然としてあなたがたを見るが、あなたがたはもはやわたしを見ることはできない。あなたがたの中での生活は退屈でつまらないとわたしはすでに感じているため、言うまでもなく、わたしはあなたがたの悪意に満ちた言葉による痛みを避け、あなたがたの卑劣な行為を避けて生きる違った環境を選んできた。そうすれば、あなたがたがわたしをいい加減に扱い、馬鹿にすることがないからだ。あなたがたから去る前に、わたしは真理に沿わないことをしないようにと依然として熱心に勧める。むしろ、あなたがたはすべての人が喜ぶようなことをし、すべての人やあなたがた自身の終着点に益があるようなことをするべきである。さもなければ、災いに苦しむ者は、他ならぬあなたがたとなるだろう。

わたしの憐れみは、わたしを愛し、自分たちを否定する者たちにある。そして、邪悪な者たちにもたらされる罰はわたしの義なる性質の証明であり、それ以上にわたしの怒りの証である。災いがやって来ると、わたしに反抗する者たちすべてに飢饉や疫病が降りかかり、彼らは涙を流す。わたしに従う者として、長年あらゆる種類の悪事を犯してきた者たちは罪を免れることはできない。彼らも代々、ほとんど目にしたことのない災いのただ中で、絶えず恐怖と不安を抱き生きるだろう。そして、わたし以外の誰にも忠実に従ってこなかった人たちは、すべてわたしの力を喜び、拍手喝采する。彼らは言葉に表せないほどの満足感を体験し、わたしが人類にいまだかつて与えたことのない喜びの中で生活する。わたしは人の善行を宝とし、悪行を忌み嫌うからだ。わたしが初めて人類を導き始めたときから、わたしと同じ心を持った人たちの集まりが存在することを望んできた。そして、わたしは同じ心を持っていない人たちを決して忘れることはなく、それら悪事を働く人たちに報いをもたらし、それを味わう機会だけを待ち望みながら、彼らを心の中で憎んできた。遂にその日を迎え、もはや待つ必要はなくなった!

わたしの最後の仕事は人を罰することだけではなく、人の終着点を決めることでもある。さらに、わたしが行ってきたすべてのことに対して、あらゆる人たちから承認を受けることである。わたしはすべての人にわたしが行ってきたことは正しく、わたしの性質の表現であることを知って欲しいと思っている。人類を生み出したのは人ではなく、とりわけ大自然の行いではない。それどころか、すべてのものの中で、あらゆる生けるものを育むのはわたしである。わたしの存在なしには、人類は滅び、災害に苦しむだけであろう。だれも麗しい太陽や月、緑にあふれる世界を再び見ることはできないだろう。人類は極寒の夜や、避けられない死の影の谷に遭遇するだけだろう。わたしは人類の唯一の救いである。わたしは人類の唯一の望みであり、さらに、わたしは全人類がその存在を託すその者である。わたしがいなくては、人類はすぐに停滞してしまう。わたしがいなくては、たとえだれもわたしに注意していなくても、人類は大災害に苦しみ、あらゆる種類の霊に踏みつけられるだろう。わたしは、人が善行で報いてくれることだけを望みながら、誰もできない働きをしてきた。ほとんどの人たちはわたしに報いてくれないが、わたしはこの世での旅を終え、次にやって来る仕事を始める。わたしが長年人々の間で続けてきた旅は実を結び、わたしはそれを非常に喜ばしく思っているからである。わたしは人の数は気にせず、むしろ善行を気づかっている。いずれにしても、わたしはあなたがたが自分たちの終着点に備えて、十分な善行をするよう望んでいる。それから、わたしは満足する。さもなければ、あなたがたの誰も災いを免れないだろう。災いはわたしがもたらし、もちろんわたしが采配を振るものである。もしあなたがたがわたしの前で良い働きができないなら、災いの苦しみから免れることはないだろう。患難の時代には、あなたがたの行動と行いの全てが適切なわけではなかった。あなたがたの信仰と愛は、うわべだけのもので、あなたがたは恐れか意志の強さしか示してこなかったからだ。これに関しては、わたしは良いものと悪しきものとの評価のみをする。わたしの関心は引き続きすべてあなたがたの行動とふるまいについてであり、それに基づいてあなたがたの終着点が決められる。しかし、患難の時代に、わたしに全く不義であった者たちに、もはや憐れみは与えられないことを明白にしなければならない。わたしの憐れみはこれ以上延長されないからである。さらに、わたしは、かつてわたしを裏切った者は誰も好まず、ましてや友の利害を裏切る者たちと係ることを望まない。その人が誰であっても、これがわたしの性質である。あなたがたに伝えなければならない。わたしを悲しませる者は誰であっても、再び憐れみの対象となることはなく、これまで忠実であった者はとこしえにわたしの心に留まるだろうことを。