「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

わたしは地上で多くの人を探してわたしの追随者にさせた。これらの追随者のうち、祭司になる者もあり、指導者になる者もあり、子になる者もあり、民になる者もあり、奉仕者になる者もある。わたしは人のわたしに対する忠心によって人を類別するのだ。人がみな各々その種類に従う時、つまり各種類の人の本性が明らかにされる時、わたしは各種類の人をその属すべき種類に入れ、そのふさわしい位置に置き、それによってわたしの人を救う目的が達成される。わたしは救おうとする人を、グループに分けて招集してわたしの家に戻らせ、これらすべての人にわたしの世の終わりの働きを受け入れさせ、同時に人を類別し、それからそれぞれの行いに応じて報いる。これがわたしの働きの段取りである。

今わたしは地上で生活しており、人の間で生活している。人はみなわたしの働きを経験しており、わたしの言葉を見ている。そんな中でわたしはすべての真理をわたしにつき従う各々の人に与えた。それは、人がみなわたしから命を得て、それによって歩むべき道を得るためである。なぜなら、わたしは命を与える神だからである。わたしの長年の働きの中で人はたくさん得て、たくさん捨てたが、それでも、わたしはやはり人が本当にわたしを信じてはいないと言うのだ。なぜなら、人は口先でわたしが神であると認めるだけで、わたしの口から出る真理に賛成せず、その上わたしが人に要求する真理を実行しないからだ。つまり、人は神がいると認めるだけで、真理があると認めない。神がいると認めるだけで、命があると認めない。神の名を認めるだけで、神の本質は認めない。わたしは人の熱心のゆえに人を憎み嫌う。なぜなら、人はただ甘い言葉でわたしを騙すだけで、真心をもってわたしを礼拝する人は一人もいないからだ。あなたたちの言葉は毒蛇の誘惑を帯びており、また甚だ傲慢で、全く天使長の「発現」である。あなたたちの行いはひどくぼろぼろになっている。あなたたちの贅沢な欲望、貪欲な存心は聞くにも堪えない。あなたたちはみなわたしの家のキクイムシになり、わたしの見捨てる対象になった。なぜなら、あなたたちはみな真理を愛する人ではなく、祝福を受けるのを好む人であり、天国に入るのを好む人であり、キリストが地上で権力を握る盛況を見たがる人だからである。あなたたちは考えたことがあるのか。あなたたちのような極めて堕落していて全く何が神なのかも知らない人がどうして神につき従う資格があるだろうか。どうして天国に入ることができるだろうか。どうして空前の盛況のよき情景を見る資格があるだろうか。あなたたちの口は、わたしを騙す言葉に満ち、汚れた言葉に満ち、わたしを裏切る言葉に満ち、傲慢な言葉に満ちている。あなたたちは真心のこもった言葉でわたしに話したことがなく、きよい言葉もなく、わたしの言葉を経験してわたしに従う言葉もない。あなたたちの信仰はいったいどうなのか。あなたたちの心は欲望と金銭に満ちている。あなたたちの頭は物質でいっぱいになっている。あなたたちは毎日どうすればわたしから何かを得ることができるかを考えており、毎日わたしから得た金銭と物質がどのくらいであるかを計算しており、毎日もっと多くの祝福があなたたちの身に下り、より多くより高い享受できるものを享受するのを待っているのだ。あなたたちが常に考えているのはわたしではなく、わたしからの真理でもなくて、あなたたちの夫(妻)、子供、あなたたちの衣食であり、あなたたちが考えているのはどうすればよりよいもの、より高いものを享受できるかである。あなたたちは自分の腹を満たしても依然として死体ではないか。自分のうわべを華麗に飾っても、依然として生気のない生ける屍ではないか。あなたたちは自分の腹を満たすために苦労して白髪まじりになるが、わたしの仕事のためにうぶ毛一本ささげる者もいない。あなたたちは肉体のために、子供のために駆け回り、あくせく苦労し、知恵を絞り尽くすが、わたしの心意のために焦り、心配する人は一人もいない。それでもあなたたちはわたしから何を得ようと思っているのか。

わたしはいつも慌てず急がず働き、人がどのように付き従おうと、わたしはわたしの手順と計画通り働くのだ。だから、あなたたちがいくらわたしに背いても、わたしはやはりわたしの仕事をやめず、わたしの言うべき言葉を言う。わたしは定めておいた人々をわたしの家に招集し、わたしの言葉を聞く対象とする。それから、わたしの言葉に従い、わたしの言葉を渇仰する人をみなわたしの玉座の前に帰させ、わたしの言葉を裏切り、わたしに聞き従わず、従順でなく、公然とわたしに逆らう人を捨て置いて最後に懲罰する。人はみな堕落の中で生きており、悪しき者の手の下で生きている。だからわたしにつき従う人のうちに真理を渇仰する人は多くない。つまり、多くの人は真心をもってわたしを礼拝するのではなく、真理をもってわたしを礼拝するのでもなく、堕落、不従順、欺瞞によってわたしの信任を得るのである。だからわたしは「招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」と言うのだ。招かれる者はみな極めて堕落した人であり、みな同じ時代に生活する人だが、選ばれる者はただ一部の、真理を信じ認める人、真理を実行する人であり、この一部の人はほんのわずかで、この人たちの間でわたしはさらに多くの栄光を受ける。これらの言葉に照らし合わせた後、あなたたちは自分が選ばれた者であるかどうか知ることができるか。あなたたちの終わりはどうなるだろうか。

わたしにつき従う人はとても多いが、心からわたしを愛する人はそんなに多くないとわたしは言ったことがある。ある人はこう言うかもしれない、「もしわたしがあなたを愛さないなら、こんなに多くの代価が払えるのでしょうか。もしわたしがあなたを愛さないなら、今までつき従えるのでしょうか」。あなたの理由は無論とても多く、あなたの愛は無論とても大きいが、あなたがわたしを愛する本質はどこにあるのか。「愛」とは、純真で無欠の感情のことであり、心をもって愛し、心をもって感じ、思いやることである。「愛」には条件がなく、わだかまりもなく、隔たりもない。「愛」には疑いがなく、騙しもなく、狡猾さもない。「愛」には距離がなく、いかなる混じりけもない。あなたが愛を持っているなら、騙すはずがなく、恨み言を言うはずもなく、裏切るはずもなく、背くはずもなく、何かを求めるはずもなく、何かを得ることも求めず、どれほど得られるかも考えない。あなたが愛を持っているなら、喜んでささげ、喜んで苦しみを受けるはずであり、わたしに味方するはずであり、わたしのためにあなたのすべてを捨て、あなたの家庭と前途と青春と婚姻を捨てるはずである。さもないと、あなたの愛は愛ではなく、欺きであり、裏切りなのだ!あなたはどんな愛を持っているのか。それは本当の愛なのか、偽りの愛なのか。あなたはどれほど捨てたのか。あなたはどれほどささげたのか。わたしがあなたから得た愛はどれほどであるのか。あなたは知っているのか。あなたたちの心の中は悪に満ち、裏切りに満ち、欺きに満ちている。では、あなたたちの愛にはどれほどの混じりけがあるのか。あなたたちは、わたしのために自分がもう十分に多くのものを捨てたと思っており、わたしに対する愛はもう十分だと思っている。しかし、あなたたちの言行にはどうしていつも不従順と欺きを帯びているのか。あなたたちはわたしにつき従っているが、わたしの言葉を認めない、これも愛なのか。あなたたちはわたしにつき従っているが、わたしを見捨てる、これも愛なのか。あなたたちはわたしにつき従っているが、わたしを信用しない、これも愛なのか。あなたたちはわたしにつき従っているが、わたしの存在を受け入れられない、これも愛なのか。あなたたちはわたしにつき従っているが、わたしの身分によってわたしを取り扱わず、至るところでわたしを困らせる、これも愛なのか。あなたたちはわたしにつき従っているが、すべてのことでわたしをごまかし、わたしを騙す、これも愛なのか。あなたたちはわたしに仕えるが、わたしを恐れない、これも愛なのか。あなたたちは何事でもわたしに敵対する、これも愛なのか。あなたたちの奉献は確かにとても多いが、わたしがあなたたちに要求したことはあなたたちが実行したことがない、これも愛なのか。よく計算してみれば、あなたたちはわたしを愛する表現が少しもない。こんなに長い年月の働き、こんなに多くの言葉を供給したのに、あなたたちは一体どれほどのものを得たのか。これはあなたたちが深く追憶するに値しないのか。わたしがあなたたちに忠告する――わたしに招かれる者は堕落されていない者ではないが、わたしに選ばれる者は心からわたしを愛する者である。だからあなたたちは自分の言行を慎み、自分の存心、思いを反省してそれが限界を超えないようにし、終わりの時に自分の力の及ぶ限りに自分の愛をわたしの前にささげるべきだ。そうでなければ、わたしの激しい怒りは永遠にあなたたちから離れることはない!