「御言葉は肉において現れる」選篇

あなたはキリストに味方する道を求めるべきである

わたしは人々の間でたくさんの仕事をし、仕事をしている間に、たくさんの言葉も発した。これらの言葉はみな人が救われるための言葉であり、人がわたしに味方できるように発した言葉である。しかしわたしが地上で得たわたしに味方する人はあまり多くない。だからわたしは、人がみなわたしの言葉を宝愛しないと言う。なぜなら、わたしに味方する人がいないからである。そういうわけで、わたしのする仕事は、人がわたしを礼拝できるためだけでなく、それにもまして、人がわたしに味方できるためである。堕落された人々はみなサタンのわなの中に生きており、肉体の中に生きており、私欲の中に生きていて、わたしに味方できる人は全く一人もいない。わたしに味方するものだと自称する人たちはみな漠然とした偶像を崇拝する人である。彼らはわが名を聖とするけれども、彼らの歩む道はわたしに背いており、彼らの言葉は傲慢と自信に満ちている。なぜなら、彼らはもとからわたしに敵対するものであり、わたしに味方しないものだからである。彼らは毎日聖書の中でわたしの足跡を捜しており、何気なく「適当」なひとくさりの言葉を見つけて読み出したら切りがなく、しかもそれを「経」として暗誦する。彼らはどうわたしに味方するかを知らず、何がわたしに敵対することかも知らず、ひたすら「経」を読んでいるだけである。彼らは全然見たこともなく、見ることもできない渺茫とした神を聖書の中に限定し、暇な時にそれを手に取って読んでみる。彼らは聖書の範囲内でわたしの存在を信仰し、「わたし」と「経」を同一に扱い、「経」がなければ「わたし」がなく、「わたし」がなければ「経」もないと思っている。彼らはわたしの存在を決して気に掛けず、わたしの業も気に掛けず、むしろ一つ一つの経文を非常に、特別に気に掛けている。もっと多くの人々は、経文の預言がなければ、わたしがいかなるわたしがしようと思うこともすべきではないとさえ思っている。彼らは経文を大切に考えすぎている。彼らは文字を大切に考えすぎていると言ってもいい。そういうわけで、彼らは聖書の章節でわたしの一つ一つの言葉を評価し、聖書の章節でわたしを罪定めするのである。彼らが求めるのは、わたしに味方する道ではなく、真理に味方する道でもなく、聖書の文字と一致する道である。彼らは聖書と一致しないものはすべてわたしの働きではないと思っている。この人たちはみなパリサイ人の孝行な子孫ではないのか。ユダヤのパリサイ人たちはモーセの律法でイエスを罪定めした。彼らはその時のイエスに味方することを求めず、むしろ真剣に一句一句の律法を取り扱っていたのである。最後には、彼らはイエスが旧約の律法を守らず、イエスがメシヤではないという罪名で、もともと罪がないイエスを十字架につけてしまった。彼らの本質は何だろう。彼らは真理に味方する道を求めなかったのではないのか。彼らは「経文」の一字一句に留意しただけで、わたしの心意とわたしの働きの手順、働く方法を気に掛けなかった。彼らは真理を求める人ではなく、文字を固く守る人であった。彼らは神を信じる人ではなく、聖書を信じる人で、はっきり言えば、彼らはみな聖書の手先であった。聖書の利益を守るために、聖書の尊厳を守るために、聖書の声望を守るために、彼らはなんと慈しみ深いイエスを十字架につけてしまったのだ。彼らがこうしたのは、ただ聖書のために義憤を感じるのであり、ただ人の心の中での、聖書の一字一句の地位を守るためであった。だから彼らは自分の前途を棒に振っても、罪祭を得られなくても、経文の規定に合わないイエスを死刑にしようとしたのである。彼らはみな一句一句の経文の走狗ではないか。

今の人はまたどうだろう。天国に入り、恵みを得るためには、人はむしろ、すでに来ている、真理を解き放つキリストをこの世から追い出そうとする。聖書の利益を守るためには、人はむしろ、完全に真理の到来を抹殺しようとする。聖書の永遠の存在を守るためには、人はむしろ、二回目に肉体の中に戻って来たキリストを再び十字架につけようとする。人の心がこんなに悪辣で、人の本性がこんなにわたしに敵対しているのに、どうしてわたしの救いを得られようか。わたしが人々の間で生活しているのに、人々はみなわたしの存在を知らず、わたしがわたしの光を人々の上に照らさせる時、人々は依然としてわたしの存在を知らず、わたしの激しい怒りが人々の上に下る時、人々はいっそうわたしの存在を否定する。人々はみな文字に味方し、聖書に味方することを求めているが、わたしの前に来て真理に味方する道を求める人は一人もいない。人はみな天にいるわたしを仰ぎ見ており、天にいるわたしの存在をとても気に掛けるが、肉体の中に生きているわたしを気に掛ける人は一人もいない。なぜなら、人々の間で生きているわたしは小さすぎるからである。聖書の文字に味方することだけを求める人たち、渺茫とした神に味方することだけを求める人たちは、わたしの目には卑しく映る。なぜなら、彼らが崇拝するのは死んだ文字であり、人に巨万の財産を与えることができる神であり、存在していない、人の言いなりになる神だからである。このような人はわたしから何を得られるだろうか。人の卑しさは全く口に出せない。わたしに敵対するこの人たち、切りがなくわたしからものを求めるこの人たち、真理を愛さないこの人たち、わたしに背くこの人たちはどうしてわたしに味方できるだろうか。

わたしに敵対する人はわたしに味方しない人であり、真理を愛さない人もわたしに味方しない人であり、わたしに背く人はなおさらわたしに敵対する人で、わたしに味方しない人である。わたしは、わたしに味方しないすべての人々が思う存分その悪行を現すように、彼らを悪しき者の手に渡して、悪しき者に彼らを堕落させる。最後には彼らをみな悪しき者に渡してそれに食い尽くされるようにする。わたしはわたしを礼拝する人がどれほどいるかを気にしない。言い換えれば、わたしはわたしを信仰する人がどれほどいるかを気にせず、ただわたしに味方する人がどれほどいるかを気にする。というのは、わたしに味方しない人はみなわたしを裏切る悪者であり、わたしの敵だからである。わたしはわたしの敵をわたしの家に「祭る」はずがない。わたしに味方する人たちは永遠にわたしの家でわたしに仕えるようになり、わたしに敵対する人たちは永遠にわたしの懲罰の中にあるだろう。聖書の文字を気に掛けるだけで真理を気に掛けない人たち、わたしの足跡を尋ね求めることを気にかけない人たちは、みなわたしに敵対する人である。なぜなら、彼らはわたしを聖書の中に制限し、わたしを聖書の中に限定したからである。彼らがこのようにするのは、わたしに対する極めて大きな冒涜である。このような人がどうしてわたしの前に来られるだろうか。彼らが重んじるのはわたしの業ではなく、わたしの心意でもなく、真理でもなく、文字であり、人を死なせる文字である。このような人がどうしてわたしに味方できるだろうか。

わたしはたくさんの言葉を発し、それと同時にわたしの心意、わたしの性質も発した。それでも人はやはりわたしを知ることができず、わたしを信じることができず、或はわたしに従うことができない。聖書の中に生きている人々、律法の中に生きている人々、十字架の上に生きている人々、規定の中に生きている人々、わたしの今日の働きの中に生きている人々、これらの人々のうちだれがわたしに味方するものであるか。あなたたちは祝福を受け、褒賞を受けることばかり思っている。しかしあなたたちは一体どうすればわたしに味方できるか、どうすればわたしに敵対しないかを考えたことがない。あなたたちに対するわたしの失望はとても大きい。なぜなら、わたしがあなたたちに与えたのはとても多いが、あなたたちから得たのはあまりにも少なすぎるからである。あなたたちの欺き、傲慢、貪欲、贅沢な欲望、裏切り、不服、どれがわたしの目から逃れられるのか。あなたたちは、わたしをごまかし、わたしを騙し、わたしを辱め、わたしを欺き、私から強要し、わたしのいけにえをゆすり取る。これらの悪行がどうしてわたしの懲罰から逃れられようか。これらの悪行はみな、あなたたちがわたしに敵対する証拠で、みなあなたたちがわたしに味方しない証拠である。あなたたちはそれぞれ自分がとても多くの面でわたしに味方するのだと思っているが、それではこれらの動かぬ証拠はだれに対照するのか。あなたたちは自分で、わたしに対してとても誠実でとても忠実であると思っており、自分でとても善良で、同情心に富んでいると思っており、自分でわたしに対する貢献がとても多いと思っており、自分でわたしのためにしたことが十分に多いと思っている。しかしあなたたちは自分の行為をチェックしたことがあるか。わたしが言うのは、あなたたちの傲慢は十分に多く、あなたたちの貪欲は十分に大きく、あなたたちのごまかしは十分に多く、あなたたちのわたしを騙す技巧は十分に優れて、あなたたちの下劣な存心と卑劣な手段は十分に多い。しかしあなたたちの忠心はあまりにも少なく、あなたたちの真心はあまりにも小さく、あなたたちの良心はなおさらない。あなたたちの心はあまりにも悪辣で、いかなる人も見逃さず、わたしさえも例外ではない。あなたたちは子供のために、夫のために、自分の身を守るためにわたしを門の外に置いておき、あなたたちが気に掛けるのはわたしではなく、あなたたちの家庭、あなたたちの子供、あなたたちの地位、あなたたちの前途、あなたたちの享受である。あなたたちは話す時、わたしのことを考えたことがあるのか。物事を行う時、わたしのことを考えたことがあるのか。寒い天気にあなたたちが思い出すのは子供であり、夫であり、妻であり、親である。暑い天気にもあなたたちが思い出すのはわたしではない。本分を尽くす時、あなたが考えるのはあなたの利益、あなたの身の安全、あなたの家族全員のことである。あなたがした事はどれがわたしのためであるのか。あなたはわたしのことを考えたことがあるのか。あなたはいつわたしのために、わたしの仕事のためにすべてを惜しまなかったのか。あなたがわたしに味方する証拠はどこにあるのか。あなたがわたしのために忠誠を尽くす実際はどこにあるのか。あなたがわたしに従う実際はどこにあるのか。あなたが祝福を求めない存心はどこにあるのか。あなたたちはみなわたしを騙し、みなわたしを欺き、みな真理を弄び、みな真理の存在を隠し、みな真理の本質を裏切っている。あなたたちがこのようにわたしに敵対しているのに、将来あなたたちを待っているのは何であろうか。あなたたちはただ渺茫とした神に味方することを追い求め、漠然とした信仰を追い求めるだけで、キリストに味方しない。このような悪行があるあなたたちは悪人と同じように、当然の報いを受けるのではないか。その時になると、あなたたちはキリストに味方しない者はだれもその憤りの日から逃れられないことを知るはずであり、また、キリストに敵対する人はどんな報いを受けるかを知るはずである。その日が来たら、あなたたちの神を信じて祝福を受けようとする夢、あなたたちの天国に入ろうとする夢はすべて破れてしまう。しかしキリストに味方する人たちはそうではない。彼らはたくさんのものを失い、たくさんの苦しみを受けたけれども、わたしが人類に施したすべての遺産を得るようになる。最後には、あなたたちはわたしだけが義なる神であり、わたしだけが人類をよい落ち着き先にもたらすことができることが分かるはずである。