「言葉が肉体で現れる」選篇

「言葉が肉体で現れる」選篇

「救い主」はもう「白い雲」に乗って再来した

数千年来、人々は救い主の降臨が見られることをずっと待ち望んでおり、救い主イエスが彼を何千年も渇仰し、待ち望んでいた人々の間に白い雲に乗って自ら降臨することが見られることを待ち望んでいる。また、救い主が戻って来て人と再会することを待ち望んでいる。つまり、何千年も別れていた救い主イエスが戻って来て、依然として彼がユダヤ人の間に行った贖いの仕事をし、人を憐れみ、人を愛し、人の罪を赦し、人の罪を担い、さらに人が犯したすべての過ちを負い、人を罪から救い出すことを待ち望んでいる。人々が待ち望んでいるのは、救い主イエスが依然として人の愛すべき、親しむべき、敬うべき救い主であり、いつまでも人に対して怒らず、責めず、人のすべての罪を赦し、担い、さらに依然として人のために十字架につけられることである。イエスが去ってから、彼につき従っていた弟子たち、及び彼の名によって救われたあらゆる聖徒たちはこのようにひたすら彼を想い、待ち望んでいる。恵みの時代にイエス・キリストから恵みを受けて救われたすべての人々は、救い主イエスが白い雲に乗り世の終わりのあるめでたい日に降臨してすべての人に現れることを待ち望んでいる。もちろん、これは今日イエス救い主の名を受け入れたすべての人が共に待ち望んでいることでもある。イエス救い主の救いを知っている全宇宙の下の人々はみな、イエス・キリストが突然来て、彼が世にいた時に言った「わたしは行ったのと同じ有様でまた来る」という言葉が「実現する」ことを「ひたすら待ち望んでいる」。人はみなこう思っている。イエスは十字架につけられて復活した後、白い雲に乗って天のいと高き者の右に帰ったのだから、同じく、世の終わりにやはり白い雲(白い雲とはイエスが天に帰ったとき乗った雲である)に乗りユダヤ人の姿で、ユダヤ人の服装で、彼を何千年も待ち望んでいた人類の間に降臨して、彼らに現れて、食べ物を与え、湧き出る生きた水を与え、恵みと慈しみに満ちて人の間で生活し、その様子は生き生きとしている……これらはすべて人々の観念の中で思っていることである。しかし、イエス救い主はそのようにしなかった。彼がしたのは人々の観念とまったく逆のことである。彼は彼の再臨を待ち焦がれている人々の間に降臨しなかったし、しかも「白い雲」に乗って万人に現れることもしなかった。彼はすでに来ていたが、人々は認識せず、来ていることも知らず、ただあてもなく彼を待っているだけである。彼がすでに白い雲(白い雲とは彼の霊、彼の言葉、彼のすべての性質と所是を指す)に乗って、世の終わりに完全にしようとする一団の勝利を得る人々の間に降臨していることを、だれが知るだろう!きよい救い主イエスは慈しみに満ち、人への愛に満ちているけれども、汚れに満ち、汚れた悪霊が群居する「神殿」の中で働くことはないと人は知ることができるだろうか。人はみな彼の降臨を待っているが、彼がどうして不義な人の肉を食べ、不義な人の血を飲み、不義な人の服を着て、彼を信じるが彼を知らずひたすら彼からゆすり取る人たちに現れることがあろうか。人々は救い主イエスは慈しみと憐れみに満ちており、しかも贖いに満ちた罪祭であることを知っているが、彼が正義と威厳と激怒と裁きに満ちた、権威を持つ、尊厳に満ちた神自身であることは知らない。だから人がひたすら救い主の再臨を待ち望み、渇望し、しかも人々の祈りは「天」を感動させたけれども、救い主イエスは彼を信じるが彼を知らない人たちには現れない。

「ヤーウェ」という名前はわたしがイスラエルで働いた時つけた名前であり、その原意は、人を憐れみ、人を呪い、また人の生活を導くことができるイスラエル人(すなわち神の選民)の神、力強く、知恵に満ちた神である。「イエス」はもともとインマヌエルであり、その原意は、慈しみと憐れみに満ちた、人を贖う罪祭であり、彼は恵みの時代の仕事をした者であり、恵みの時代を代表する者であり、経営計画の中の一部の仕事だけを代表するのである。つまり、ヤーウェだけがイスラエルの選民の神であり、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、モーセの神であり、イスラエルのすべての民の神でもある。だからその時代のイスラエル人はユダ族以外、みなヤーウェを礼拝し、祭壇の上にいけにえをささげ、神殿の中で祭司の長い服を着てヤーウェに仕えていた。彼らが待ち望んでいたのはヤーウェの再現である。イエスだけが人類の贖い主であり、人類を罪から贖い出した罪祭である。つまり、イエスという名前は恵みの時代から来たのであり、恵みの時代の贖いの仕事のために存在するのである。イエスという名前は恵みの時代の人が新たに生まれ救われるためにあるもので、全人類を贖うためにつけられた固有の名前でもある。だから「イエス」という名前は贖いの仕事を代表するのであり、恵みの時代を代表するのでもある。「ヤーウェ」という名前は律法の下のイスラエルの民のためにつけられた固有の名前である。どの時代にも、どの段階の仕事の中でも、わたしの名前は代表的な意義があり、何の根拠もないのではない。つまり、どの名前も一つの時代を代表するのである。「ヤーウェ」は律法時代を代表し、イスラエル人たちの自分の礼拝する神に対する尊称である。「イエス」は恵みの時代を代表し、恵みの時代のすべての贖われた人の神の名前である。もし人が世の終わりに相変わらず、救い主イエスが降臨し、しかもユダヤの時の姿で降臨することを待ち望むなら、六千年の経営計画全体は贖いの時代にとどまり、もう前に進むことはできず、しかも世の終わりが永遠に到来することがなく、時代が終わることもない。なぜなら「イエス救い主」はただ人類を贖い、人類を救う者であり、わたしがつけた「イエス」という名前はただ恵みの時代のあらゆる罪人のための名前であって、全人類を終わらせるための名前ではないからである。ヤーウェ、イエス、メシヤはいずれもわたしの霊を代表するけれども、これらの名前はただわたしの経営計画の中の異なる時代を代表するだけで、わたしのすべては代表しない。地上の人が呼ぶわたしの名前は、わたしのすべての性質と所是を言い尽くすことはできず、ただ時代によってわたしに対する呼び名が違うだけである。だから、終わりの時代、すなわち最後の時代が来る時、わたしの名前はやはり変わるのである。それはヤーウェではなく、イエスでもなく、なおさらメシヤではなく、力強い全能の神自身と呼ばれるのであり、この名前で全時代を終わらせるのである。かつてわたしはヤーウェと呼ばれたことがあり、メシヤと呼ばれたこともあり、人はわたしを敬愛して救い主イエスと呼んだこともある。だが、今日わたしはもう人がこれまで知っていたヤーウェとイエスではなくて、世の終わりに戻って来た、時代を終わらせる神であり、わたしのあらゆる性質に満ちあふれ、しかも権威と誉れと光栄に満ちて地の果てに立ち上がった神自身である。人はわたしと接したことがなく、今までわたしを知らず、わたしの性質を知らない。天地創造の時から今まで、だれ一人わたしに会ったことがない。すなわち、世の終わりに人々に現れたが人々の間に隠れている神であり、生き生きと人の間に住んでおり、激しく照りつける太陽のようであり、炎のようでもあり、力に満ち、権威に満ちている。わたしの言葉に裁かれない人は一人もおらず、裁かれない物も一つもなく、燃える火の下では、きよめられない人は一人もおらず、きよめられない物も一つもない。最後に、万国は必ずわたしの言葉によって祝福され、またわたしの言葉によって粉々に打ちくだかれる。世の終わりのあらゆる人に、わたしが救い主の再臨であり、全人類を征服する全能の神であることを見せ、また人々に、わたしが人の罪祭となったことがあるが、世の終わりに万物を焼き払う激しく照りつける太陽の火となり、万物を明らかにする義の太陽でもあることを見せる。これがわたしの世の終わりの仕事である。わたしがこの名前をつけ、またこのような性質を持っているのは、あらゆる人にわたしは義なる神であり、激しく照りつける太陽であり、炎でもあることを見せ、あらゆる人にわたし――唯一の真の神を礼拝させ、また人々にわたしの本来の姿――ただイスラエル人の神であるだけではなく、ただ贖い主であるだけでもなく、天と地と海の中のあらゆる被造物の神であることを見せるためである。

もし世の終わりに救い主が降臨し、依然としてイエスと呼ばれ、しかも依然としてユダヤで生まれ、ユダヤで働くなら、わたしがイスラエル人だけを造り、イスラエル人だけを贖い、異邦とは無関係であることが証明される。そうすれば、「わたしは天地万物を造った主である」とわたしが言ったこの言葉と矛盾するのではないか。わたしがユダヤから離れ、しかも異邦で働くのは、わたしがイスラエル人の神であるだけではなく、あらゆる被造物の神だからである。わたしが世の終わりに異邦に現れたのは、わたしがヤーウェ――イスラエル人の神であるだけではなく、異邦のわたしのあらゆる選民の造物主だからである。わたしはイスラエルを造り、エジプトを造り、レバノンを造っただけではなく、イスラエル以外のあらゆる異邦をも造った。だからわたしはあらゆる被造物の主である。わたしがイスラエルをわたしの仕事の発源地とし、ユダヤとガリラヤをわたしの贖いの仕事の拠点とし、異邦をわたしが全時代を終わらせる根拠地としただけである。わたしはイスラエルで二つの段階の仕事(律法時代と恵みの時代の仕事)をし、イスラエル以外の全地でまた二つの段階の仕事(恵みの時代と王国時代の仕事)をした。わたしは異邦で征服の仕事をするのであり、それによって時代を終わらせる。わたしをイエス・キリストと呼びながら、わたしが世の終わりにまた新しい時代を開き、より新しい仕事を展開したことを知らずに、ひたすら救い主イエスが降臨するのを待っているような人がいれば、わたしはその人を、わたしを信じない人、わたしを知らない人、偽ってわたしを信じる人と呼ぶ。このような人がどうして「救い主イエス」が天から下って来るのを見ることができるだろう。彼らはわたしが降臨するのを待っているのではなく、ユダヤ人の王が来るのを待っているのであり、わたしがこの汚れた古い世界を徹底的に滅ぼすことを待ち望むのではなく、イエスが再来して彼らを贖うこと、すなわちイエスが再び全人類を汚れた不義の地から贖い出すことを待ち望むのである。このような人がどうしてわたしの世の終わりの仕事を成就するための人類になれるだろうか。人の望むことはわたしの願いをかなえることができず、わたしの仕事を成就することもできない。なぜなら、人はただわたしの以前の仕事を仰ぎ慕い、懐かしむだけで、わたしが常に新しく古くならない神自身であることを知らず、ただわたしがヤーウェであり、イエスであることを知っているだけで、わたしが人類を終わらせる最後のその者であることを知らないからである。人が望むことと知ることは人の観念の中のものであり、人の肉眼で見たものだけであって、わたしのした仕事と一致せず、食い違うのである。もし人の考えどおりにするなら、わたしの仕事はいつ終わりを告げることができるのか。人類がいつ安息に入ることができるのか。わたしはどうやって、第七日、この安息日に入ることができるのか。わたしは自分の計画と目的によって働くのであって、人の考えによって働くのではない。