真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの証人

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

1.神は恵みの時代に人類を贖い、それならばどうして世の終わりに神はまだ神の裁きの働きを行う必要があるか。

1.神は恵みの時代に人類を贖い、それならばどうして世の終わりに神はまだ神の裁きの働きを行う必要があるか。

聖書の言葉

わたしはあなたがたの神となるため、あなたがたをエジプトの国から導き上った主である。わたしは聖なる者であるから、あなたがたは聖なる者とならなければならない』」。(レビ記11:45)

すべての人と相和し、また、自らきよくなるように努めなさい。きよくならなければ、だれも主を見ることはできない。(ヘブル人への手紙 12:14)

たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその人をさばかない。わたしがきたのは、この世をさばくためではなく、この世を救うためである。わたしを捨てて、わたしの言葉を受けいれない人には、その人をさばくものがある。わたしの語ったその言葉が、終りの日にその人をさばくであろう。 (ヨハネによる福音書 12:47-48)

関連する神の言葉

人にとって、イエスの磔刑は神の受肉の御働きを終結させ、全人類を罪から救い、神が黄泉の国の鍵を握られるのを可能にした。誰もが神の御働きは完全に成し遂げられたと考えている。実際は、神にとって、御働きのほんの一部が成し遂げられたにすぎない。神は人類の罪を救われただけである。人類を征服しておられず、ましてや人の中のサタンの醜さを変えていない。そのため神は次のように言われる。「人となった私の肉体は死の苦しみを経験したが、それは受肉の目標のすべてではなかった。イエスは私の愛する子で、私のために十字架にくぎで打ちつけられたが、彼は私の働きを完全には終了しなかった。彼が行ったのはほんの一部であった。」したがって、神は受肉の働きを続行する計画の第2回目を開始された。神の最終的意図は、サタンの手から救われたすべての人を完全なものにし、味方にすることであり、そのため、神は人の姿となるという危険を再び冒す準備をされた。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(6)」より

神の二回目の受肉を受け入れる人々はすべて神の国の時代に導かれ、直接神の導きを受け入れることができるだろう。イエスは人間のあいだでたくさんの働きをしたが、全人類の贖いを完了しただけで、人の贖罪のためのささげものとなり、人から堕落した性質のすべてを取り除くことはなかった。サタンの影響から完全に人を救うためには、イエスが贖罪のささげものとして人の罪を引き受けることが必要だっただけではなく、神にとっても、サタンによって堕落させられた人の性質を完全に取り除くためにもっと大きな働きを行うことが必要だった。そこで、人が罪を赦された後、神は人を新しい時代に導くために人間の姿に戻り、刑罰と裁きの働きを開始し、この働きは人をより高い領域に連れてきた。神の支配の下に従う人々はすべてより高い真理を享受し、より大きな祝福を受けるだろう。彼らは本当に光の中に生き、真理、道、命を得るだろう。

『言葉は肉において現れる』の「序文」より

前へ:神の働きの3段階は救われ完成される人々にとってどのように次第に深化するか。

次へ:ヨハネの黙示録で預言されたように、世の終わりの神の裁きの働きは大きな白い御座の裁きである。

他のお気に入り