小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

受肉した神は普通の人ではない

終わりの日の神の業は全てこの普通の人を通してなされる。神はあなたにあらゆるものを授ける。あなたの全てのものは神の手の中にある。このような人が、あまりに平凡すぎて言及するに値しないということがありえるだろうか?神の真理はあなたを納得させるほどには十分ではないのだろうか?

終わりの日の神の業は全てこの普通の人を通してなされる。何故あなたは、神の業の形跡を見出すことが出来ないのか?神がその計画の中で明らかにする真理の中に。神が導く道は、歩くに値しないのか? なぜ神を拒み、避けるのか?神の業はあなたの目を満足させないのか?受肉した神は普通の人ではない。そうだ、確かに普通の人ではない。

終わりの日の神の業は全てこの普通の人を通してなされる。神はあなたにあらゆるものを授ける。あなたの全てのものは神の手の中にある。神は真理を表現し与える。あなたに辿るべき道があるということも、全てこの人の故である。受肉した神は普通の人ではない。そうだ、確かに普通の人ではない。神は普通の人ではない。