小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

キリストの神としての本質を知らないことが人の神への反抗の根源である

1

キリストの神性は全ての人類に勝る。キリストは全ての被造物の中で最高の権威である。これこそが彼の神性、性質、存在そのものである。これらが彼を神と決定づけるものである。彼の人間性は普通であり、彼は違う角度から語り、一心に神に従うが、そうだからと言って、彼が神自身ではないとは言えない。

2

キリストの普通の人間性、愚か者たちはそれを欠点だと感じる。キリストが自分の神性を示したにも関わらず、彼らはキリストを認めることを拒絶する。キリストが従順で謙遜であればある程彼らはキリストを見下す。中にはキリストを排除し、偉大な人物たちを拝むことを望みさえする者もいる。受肉した神は神の意志に従う。彼の人間性は普通で本当である。受肉した神は神の意志に従う。彼の人間性は普通で本当である。これらが人が神を拒み神に逆らう根源である。彼の人間性は普通であり、彼は違う角度から語り、一心に神に従うが、そうだからと言って、彼が神自身ではないとは言えない。