小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

何者も神の業を妨げることはできない

神の業、神の業。誰も神の業を妨げることはできない。

1

神がアブラハムに息子が生まれると約束した時、彼は、そんなことはありえないと思った。ばかげていると思った。人が何をしようと、どう思おうと、神には関係がない。全ては神の時と計画により進められる。これが神の業の原則だ。神の救いの計画はものや人に影響されない。全ては計画どおり、時)にかなってなされる。誰も神の業を妨げることはできない。誰も神の業を妨げることはできない。

2

神は人の思いに干渉せず、人が信じず理解しなくとも、その計画と業をあきらめない。神の思いと計画により、ものごとは為される。聖書にあるように、神はイサクの誕生を選んだ。神の救いの計画はものや人に影響されない。全ては計画どおり、時にかなってなされる。誰も神の業を妨げることはできない。誰も神の業を妨げることはできない。

3

人のふるまいや行い、乏しい信仰や思想が、神の業を妨げたり影響したりしただろうか?いや、絶対にない。神は人の愚かさ、反抗、観念を無視する。神はただやらなねばならぬことを為す。これが神の性質、神の絶対主権だ。神の救いの計画はものや人に影響されない。全ては計画どおり、時にかなってなされる。誰も神の業を妨げることはできない。神の救いの計画はものや人に影響されない。全ては計画どおり、時にかなってなされる。誰も神の業を妨げることはできない。誰も神の業を妨げることはできない。誰も神の業を妨げることはできない。