小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

受肉の神は人類を新しい時代に導き入れる

1

受肉の神は「人間にはヤーウェの後姿しか見えなかった」時代を終わらせ、人間の漠然とした神への信仰の時代を終結させる。特に、最後の受肉の神の業によって神は全人類を、全人類をより現実的で、より実践的でより素晴らしい時代に導き入れる。

2

神はただ律法と教義の時代を完結するだけでなく、もっと重要なことは、人間にとって神は実在し、普通な方であり、義であり、聖なる方であることを明らかにすること。救いの計画を紐解き、人類の奥義と行き先を現し、神は人類を創造し救いの計画を完了し、数千年にわたって隠されてきた神を明らかにする。神は漠然とした時代を完結する。神は漠然とした時代を完結する。全人類が神の顔を探し求めることを願ったが、 それができなかった時代を、神は締め括る。神は全人類が、全人類がサタンに仕えていた時代を終わらせる。そして、全人類を全く新しい時代に導き入れる。この全ては、神の霊ではなく、肉となった神の業の結果である、神の霊ではなく。