真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

肉としての神の働きの主な目的

神が肉として到来したのは神のまことの業を人に見せるためである。形のない霊が肉により体現化され、人は神を目で見て、触れることができる。こうして、神に完全にされた者は、神を具現化して生き、神のものとなり、神の心に適う。神が地に現れたのは主に神のものとなる者の模範を示し、その型となるためである。人はこうして神を知り 神に触れ、神を見ることができる。そのとき初めて人は神のものとなる。

もし神が天の領域だけで語り、地に降りて来なかったら、人は神を知ることができず、空しい理論で神の業について説教するだけで、神の言葉の中にある現実を得ることはないだろう。神が地に現れたのは主に神のものとなる者の模範を示し、その型となるためである。人はこうして神を知り 神に触れ、神を見ることができる。そのとき初めて人は神のものとなる。神が地に現れたのは主に神のものとなる者の模範を示し、その型となるためである。人はこうして神を知り 神に触れ、神を見ることができる。そのとき初めて人は神のものとなる。

前へ:神はできるだけ多くの人々を救いたいと願っている

次へ:神は静かにすべての人を満たす

他のお気に入り