小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

終わりの日に神の言葉は神の全能を示す

1

終わりの日の受肉の神は惠みの時代を終わらせ、人を照らし人を完全にする。言葉を語る。神についての曖昧な観念を人の心から取り除く言葉を。イエスは異なった働きをした。彼は奇跡を行い 病人を癒した。天の御国の福音を告げた。そしてすべての人を贖うために十字架にかけられた。それゆえ人は神は常にそうであろうという観念をいだいた。終わりの日の受肉の神は全てを言葉で成就し啓示する。彼の言葉の中にあなたは彼が何者であるのかを見る。彼の言葉の中にあなたは彼が神であることを見る。

2

終わりの日の受肉の神は神についての曖昧な観念を人の心から取り除く。神は言葉と業を通してすべての人々の間で働く。人が曖昧な神を信じるのではなく、現実の神を知るように、肉となった神の言葉を通して神は人を完成させ、すべてを成就する。これが神が正に終わりの日に達成する業だ。終わりの日の受肉の神は全てを言葉で成就し啓示する。彼の言葉の中にあなたは彼が何者であるのかを見る。彼の言葉の中にあなたは彼が神であることを見る。

3

肉となった神は言葉だけを話す。それが彼の地上での働きだから、彼の言葉から神の全てを見ることができる。神は力強く謙遜で至高の方であるのを。肉となった神は言葉だけを話す それが彼の地上での働きだから、彼の言葉から神の全てを見ることができる。神は力強く謙遜で至高の方であるのを。終わりの日の受肉の神は全てを言葉で成就し啓示する。彼の言葉の中にあなたは彼が何者であるのかを見る。彼の言葉の中にあなたは彼が神であることを見る。終わりの日の受肉の神は全てを言葉で成就し啓示する。彼の言葉の中にあなたは彼が何者であるのかを見る。彼の言葉の中にあなたは彼が神であることを見る。