真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神の取り扱いはその人の態度で決まる

I

神は決然としてことを為す。神の目的と原則は、いつも簡潔明瞭だ。企みや策略など全くなく、すべてが純粋で完璧だ。言い換えれば、神の本質には闇も悪も全くない。

II

邪悪な行為が神を怒らせる時、 誠に悔い改めなければ、神は彼らの上に怒りを注ぐ。神に背き続けるなら、彼らが滅ぼされるまでその憤りはやまない。これが神の性質だ。言い換えれば、神の憐れみ、憤りは人の行いと神への態度による。

III

神が人に怒りを燃やし続けるなら、その人の心は間違いなく神に背いている。それは、彼が本当に悔い改め、神の前にひざまずき、本当の信仰を持たないから。彼は神の憐れみ、寛容を得たことがない。

人が神の配慮、憐れみ、寛容をよく受けるなら、その人の心の中には間違いなく、神への本当の信仰がある。また彼の心は神に敵対していない。よく悔い改め、たとえ、神の懲らしめが降りかかっても、神の怒りは注がれない。言い換えれば、神の憐れみ、憤りは人の行いと神への態度による。

前へ:神の二つの受肉の意義

次へ:神は人間を救うために全ての代価を払った

他のお気に入り