小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の栄光は全ての被創造物の上にとどまる

1

今日は今までとは違う、なぜなら神が神の座から微笑みかけているから。神が征服した人々はひざまずき神を礼拝する。今日の神の民は今までとは違う。神の業は今の時代と神の栄光のためではないのか?神は何倍も努力し、その業は明るい未来のために明示される。その栄光が神が創造した人間の上にとどまる時に。

2

神はこれを規則、神の業の原則とする。神と協力したい全ての者よ、立ち上がって神のために尽力せよ。神の栄光がさらに天空を満たすように。神がただで与えた賜物を最大限に生かせ。神は何倍も努力し、その業は明るい未来のために明示される。その栄光が神が創造した人間の上にとどまる時に。

3

神の配慮の下にある全てのものは愛され守られている。そして、神がもたらす賜物を通して、神のために役立つ機会を分かち合う。神は全てのものを巧みに操ってその意志の全てを成し遂げる。神が選んだ場所と時に。

4

空を飛ぶ鳥は高きところの神の栄光であり、海と大洋は地上での神の行いである。全てのものの主人として人は神の栄光を表す。神は全てのものを営み、増やし、命で溢れさせる。神は何倍も努力し、その業は明るい未来のために明示される。その栄光が神が創造した人間の上にとどまる時に。神の栄光は全ての被創造物の上にとどまる。