真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

キリストの言葉の記録

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

いかにして神の肉と霊の同一性を理解するか

「神は人類の心の奥深くを見られます。神の肉と御霊はひとつです。神が人間の言うことを全て知っておられるのであれば、私が今神を信じていることを、神は知っておられるでしょうか。」と聞く者が居ます。この疑問に答える際には、いかにして肉となった神、そして神の霊と肉の関係を理解するかが関与します。「神は実践的なお方です」と言う者も居ます。「神は実践的なお方です。けれども神の肉と御霊は一体なので、神はそのことを知っておられるはずです。」と言う者も居ます。神を理解することは、第一に神の本質と聖霊の属性を理解することで、人間は、神の肉が特定の物事を知っているか、神の霊が特定の物事を知っているかを判断しようとしてはなりません。神は賢明で素晴らしく、人間の想像を越えます。あなたが就寝すると、あなたの霊は去り、その後戻ってきたと考えてみてください。あなたは、霊がどこへ行っていたか分かるでしょうか。自分の中の霊に触れることが出来るでしょうか。自分の霊が何をしているか、分かるでしょうか。あなたがたが明瞭に理解していない物事は、肉、霊、そして自らの肉の中の霊が具現化された人です。神が受肉し、霊が肉により具現化された時、その結果となる人の本質は神性であり、人類や人類のからだに宿る霊の種とは完全に異なるものなのです。これら2種類の人は、完全に異なります。人間の本質とその霊はその個人に付随しています。神の肉には神の霊が付随していますが、神には依然としてあらゆる能力があります。神が肉にあって業を行っている間、神の霊も随所で機能しています。こうした全能性の性質は、聞いて理解することや、明瞭に理解することは出来ません。それを明瞭に理解する方法はありません。肉が神の業を行う時に、聖霊が教会で業を行う方法を理解するだけで、あなたには十分です。霊の特徴として、全能であるということがあります。神は全宇宙を支配し、神が選んだ者達を救い、また肉が業を行っている時、それと同時に、下にある者達すべてを啓くために働きます。霊が下にあるもの達に業を行っている時、肉には霊が無いとは言えません。もし無いと言ったならば、それは神の受肉を否定しているのではないでしょうか。けれども、肉が知らない事柄もあります。こうした不知は、キリストの平常的かつ実践的側面です。肉の中に神の霊が正しく現実化されているということは、神自身がその肉の真髄であることを証明するものです。神の霊は、神の肉における実践的側面が知らない特定の事柄を、すべて既に知っているので、神は既にそれを知っていると言えるでしょう。あなたが、肉の実践的側面を理由に、この霊の側面を否定し、その肉が神自身であることを否定するのであれば、あなたはパリサイ人と同じ過ちをおかしています。「神の肉と御霊が一体であられるなら、私達が福音を伝える時に、一度に何人を神のために勝ち取ったかを、神は知っておられるだろうか。神は知っておられるかも知れない。御霊と肉は一体であられると言われているではないか。御霊が知っておられるので、肉もそれを知っておられる。なぜなら御霊と肉は同一だから。」と言う者も居ます。そのような言い方は、肉を否定しています。肉は神の実践的かつ平常的側面を具現化します。肉が知り得る物事と、知る必要のない物事があります。それが神の平常的かつ実践的側面です。「御霊は知っておられるので、肉もまた知っておられるに違いない。」と言う者も居ます。そうした発言は現実性の範囲外であり、その者は、そうした発言により肉の本質を否定しています。受肉した神に関する物事には、人間の想像と異なる物事もあります。人間が想像するように、目に見えず、触れることもできず、神秘的で、空間や地理に抑制されずに物事を知ることができるといったことが受肉した神ではない。それならば、それは肉ではなく霊の存在です。イエスが釘で十字架にはり付けられてから復活した後、イエスは戸を通り抜けることが出来ましたが、それは復活したイエスでした。復活前のイエスは、壁を通り抜けることは出来なかったでしょう。そのようなことは全く有り得ないのです。イエスは空間や地理、時間に制限されていました。それが肉の平常的な側面です。

物事は、総合的に検討し、議論する必要があります。神の肉と霊は一体なので、霊が知っていたことを肉が知っていたと言うけれども、肉は平常的かつ実践的側面を具現化します。その上、もうひとつの問題があります。神が肉において業を行う時、それを行うのは神自身です。業は霊と肉の両方が行います。業は、おもに肉により行われ、肉が主体です。霊は、人間を啓き、導き、助け、守り、また人間を見守るために業を行う一方、肉はその業において主要な役割を担います。しかし、神が誰かを知る必要がある場合、それは単純な問題です。ある者が他者を知りたい場合、その者が他者による行動の邪悪さの程度を知ることは、その者がその行動を見ない限り出来ません。しかし、肉にある神は、下にある特定の個人がどのように行動するかを常に感じ取り、裁きを下すことが可能です。神にそうした認識が無いということは、あり得ません。神が特定の個人について知らないと言うのは解釈の問題ですが、神がその個人について何も知らずにいる、ということは有り得ません。たとえば、あなたがた各人が下にあってどのように振る舞い、何をするか、どのような邪悪な業を、どの程度行うかを、神は知り、理解しています。「神が全てをご存知ならば、私が今どこに居るかも知っておられるだろうか。」という者も居ます。神はそれを知らずにいます。なぜなら、それを知る必要が無いからです。あなたを真に理解することは、あなたが毎日どこに居るかを知ることではありません。それを知る必要はありません。あなたが本質的にどのような行動を取るかを理解すれば十分であり、神が業を行うには、それで十分です。神は、業の実施方法について実践的です。人間は、神がある者について知る時はその者の居場所、考えている事、話していること、後で取る行動、身なり、外観などを知っている筈だ、などと想像しますが、そのようなものではないのです。実際は、神が行う救いの業は基本的にそうした事柄を知ることが必要とされません。神は、その者の本質と、いのちの成長の過程を知ることのみに重点を置きます。神が受肉する時、その肉の表出する内容は実践的かつ平常的であり、人類の征服と救いの業を遂行されるために、そうした実践性と平常性が備えられています。しかし、肉の実践性と平常性は、神の霊が肉にある時における、神の最も平常的な表出だということは、あらゆる者にとって忘れてはならない事なのです。そうしたわけで、霊は知っているか、と尋ねるならば、霊は知っています。霊は知っていますが、そうした物事に霊は留意するかというと、霊はそうした物事には留意せず、神の肉は、あなたのそうした物事に関して留意することもありません。いかなる場合も、霊と肉は一体であり、それを否定できる者は居ません。あなたが心にひとつの思いを抱くとき、霊はあなたが考えていることを知っているのかと言ったら、当然霊は知っています。霊は心の奥深くを見て、人間が何を考えているかを知っていますが、神の業は、単に各人の考えを認識する事だけではありません。神は、むしろ人間の心にある考えを変えるために、肉にあって真理を表現します。一部の物事に関するあなたがたの考えは、未熟すぎます。神はあらゆる事を知っているべきだと考えます。神が知っているべきだと自分が想像する物事について、それを神が知らない場合、受肉した神を疑う者も居ます。それはひとえに、受肉した神の本質に関する人間の理解が不十分だからです。肉の業の範囲外にあり、神が気にかけない物事もあります。これは、神が業を行う方法の原則です。あなたがたは、これらのことが理解できたでしょうか。

あなたがたに尋ねますが、自分の霊はどのようなものであるか、知っているでしょうか。自分の霊を感じることが出来るでしょうか。自分の霊に触れることが出来るでしょうか。自分の霊の行いを感じとることが出来るでしょうか。あなたには分からないでしょう。そうした物事を感じ、触れることができるのであれば、それは自分の内部にある別の霊が強制的に何かを行い、言動を支配しているのです。それは外部からのものであり、あなた自身のものではありません。悪霊を持つ者は、これに関して深く経験しています。神の肉は神の実践的かつ平常的側面を具現化するものの、人間としては、神について自由に神のことを定義したり、神に関して結論付けたりすることは出来ません。神は身をひくくし、自身を隠し、人となります。神の業は想像を絶するものなのです。

前へ:真理の追求のみが真の神への信仰

次へ:真理が不在の場合、神の怒りを買いやすくなる

他のお気に入り